山東省体育中心体育場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山東省体育中心体育場
"省体"
アジアチャンピオンズリーグの試合
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 山東省済南市
位置 北緯36度38分48秒 東経117度0分21秒 / 北緯36.64667度 東経117.00583度 / 36.64667; 117.00583座標: 北緯36度38分48秒 東経117度0分21秒 / 北緯36.64667度 東経117.00583度 / 36.64667; 117.00583
起工 1987年
開場 1988年
修繕 2003年
所有者 山東省人民政府
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
山東魯能中国超級リーグ、1995-2012)
山東精花中国女子超級リーグ、2016-)
AFCアジアカップ2004
収容能力
43,000[1]
山東体育中心の外観

山東省体育中心体育場(さんとうしょうすぽーつせんたーきょうぎじょう、簡体字: 山东省体育中心体育场: Shandong Sports Stadium)は、中国山東省済南市にある多目的スタジアム

1987年に設立されたが、2003年に8300万かけて大規模改築し、中国でも有数の競技場となった。収容人数は55,000人。

設立以来は、1988年第一回中華人民共和国城市運動会と、AFCアジアカップ2004の会場として使用された。また、2011年9月、ロンドンオリンピック女子サッカーアジア予選の会場となった。

2012年までは中国超級リーグ(中国足球超級聯賽、国内リーグ1部に相当)に所属する山東魯能のホームスタジアムである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]