カリル・アル・ガムディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリル・アル・ガムディ
Khalil Ibrahim Al Ghamdi.jpg
個人情報
フルネーム Khalil Ibrahim Al Ghamdi
誕生日 (1970-09-07) 1970年9月7日(49歳)
出身地 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
ジッダ
他職業 教員
国際
リーグ 役割
2003- FIFA選出 審判員

カリル・イブラヒム・アル・ガムディアラビア語: خليل إبراهيم الغامدي‎ ハリール・イブラーヒーム・アル=ガームディー, : Khalil Ibrahim Al Ghamdi, 1970年9月7日 - )はサウジアラビア出身のサッカー審判員。アラビア語英語を話すことが出来る。副業として、リヤドで教師を務めている。現在、2014 FIFAワールドカップの審判候補リストに名前を連ねている[1]

担当した主な国際大会[編集]

北京オリンピック[編集]

北京オリンピックでは1試合を担当した。

FIFAクラブワールドカップ2006 [編集]

FIFAクラブワールドカップ2006では2試合を担当した。

アフリカネイションズカップ2010[編集]

アフリカネイションズカップ2010では、唯一の非アフリカ人審判として1試合を担当した。

2010 FIFAワールドカップ[編集]

2010 FIFAワールドカップでは2試合を担当した。

エピソード[編集]

2012年6月12日、W杯最終予選オーストラリア対日本戦の主審を務めた。日本は恣意的な判定により、内田がPKをとられ、そのシュートが決まり、勝ち点3を逃すことになった。ちなみにこの試合、1-1の同点での後半ロスタイムにも日本にチャンスとなるFKを与えたが、本田圭佑がボールをセットする途中で試合終了の笛を鳴らすなど、最後まで疑問の残る試合となった。 南アW杯でも笛を吹いており、そのときはチリ対スイス戦でイエローカードを9枚、レッドカードを1枚出した。フランス対メキシコ戦ではイエローカードを6枚、同じ年のACL川崎対メルボルンではイエローカードを9枚、レッドカードを2枚出した[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]