平川忠亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平川 忠亮 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒラ、タダアキ
カタカナ ヒラカワ タダアキ
ラテン文字 Tadaaki HIRAKAWA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-05-01) 1979年5月1日(39歳)
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 172cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF / DF
背番号 14
利き足 右足
ユース
0000-1991 庵原小学校
1992-1994 庵原中学校
1995-1997 清水商業高等学校
1998-2001 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2018 浦和レッドダイヤモンズ 336 (9)
代表歴2
2001 日本の旗 日本ユニバ 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2012年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

平川 忠亮(ひらかわ ただあき、1979年5月1日 - )は、静岡県静岡市出身の元プロサッカー選手。ポジションは、ミッドフィールダーディフェンダー

2002年の入団以来、浦和レッドダイヤモンズ一筋でプレーしたバンディエラである。

経歴[編集]

清水商業高校を経て筑波大学に入学、4年生時の2001年にはユニバーシアード日本代表でチームの主将を務めた。

2002年浦和レッドダイヤモンズに加入。本職は右サイドバックだったが、7月20日に行われたJ1ファーストステージ第10節コンサドーレ札幌戦で当時の監督、ハンス・オフトが本職ではない左アウトサイドとして抜擢し、プロ初先発を果たした。これ以降、この年は左アウトサイドのレギュラーとして定着した。

2003年も引き続き左アウトサイドのレギュラーとして定着、ナビスコカップ初優勝に貢献した。 また、11月8日に行われたJ1セカンドステージ第12節東京ヴェルディ1969戦で公式戦初得点を記録した。

2004年は左アウトサイドを本職とする三都主アレサンドロ清水エスパルスから加入したため、シーズン当初は負傷者が多く手薄だった3バックの右ストッパーなどで起用される時期もあった。その後、田中マルクス闘莉王の復帰、アルパイ・オザランの加入などで3バックの層が再び厚くなると、主に途中出場や三都主が日本代表での不在時の穴埋め等で起用されることが多くなった。また、セカンドステージからは右アウトサイドに永井雄一郎が定着したこともあり、ベンチを暖めることが多くなった。

2005年は前年と同じように三都主の代役という形で起用される形が多い中、前年より出場数は増えていたものの、10月29日に行われたJ1第29節川崎フロンターレ戦で途中出場した際に右大腿部を肉離れしてしまい、その後全ての試合に欠場し、天皇杯優勝をピッチで迎えることが出来なかった。

2006年は序盤戦こそベンチスタートが多かったが、中盤戦以降はそれまで右アウトサイドを務めていた山田暢久が一列前に上がったことにより、空いた右アウトサイドに平川が割り当てられレギュラーに定着、J1初優勝、天皇杯連覇に貢献した。

2007年山田暢久が再び右アウトサイドに配置され、また平川自身も度重なる故障に苛まれ、序盤戦はほとんど試合に出場することが出来なかった。しかし故障が癒えた夏場以降、調子を落としていた相馬崇人から左アウトサイドのポジションを奪取し、鋭いドリブル突破から得点に繋がるプレーを連発した。この時期の活躍に関しては当時、サッカー日本代表監督だったイビチャ・オシムも名指しで賞賛する程であった[1]。この年はリーグ戦は2位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ2007で初優勝を果たし、12月に行われたFIFAクラブワールドカップ2007では3位入賞を果たした。

2008年はチームは開幕2試合で監督が交代されるなど不安定なシーズンを送り結局、6年ぶりの無冠に終わったが、平川自身は特に大きな怪我もなく、左右のアウトサイドのレギュラーとしてリーグ戦では自身最多となる31試合に出場した。

2009年フォルカー・フィンケ監督による新体制の下、開幕戦で左サイドバックで先発出場を果たしたが、次節以降出場機会を失ってしまった。さらには度重なる故障に苛まれたこともあり、自身最低となる公式戦14試合出場にとどまった。

2010年、それまでのMF登録からDF登録に変更。この年は開幕から右サイドバックのレギュラーに定着、終盤戦は岡本拓也にポジションを譲ることもあったが、1年間大きな怪我もなくフル稼働した。

2011年からはチームの副将に就任[2]。前年に引き続き右サイドバックのレギュラーとして開幕戦に先発出場したが、東日本大震災での中断期間中に行われたモンテディオ山形とのトレーニングマッチで故障し戦線離脱、復帰後は不調の宇賀神友弥に替わり左サイドバックとして先発出場を続け、監督が堀孝史に交代後は高橋峻希の離脱もあり再度右サイドバックにポジションを移すなど、左右のサイドバックのレギュラーとして活躍した。

2012年、監督がミハイロ・ペトロヴィッチへと変わったものの、シーズンを通して右ウイングバックのレギュラーとして出場した。

2013年2014年も右ウイングバックのレギュラーを張っていたが、2015年には関根貴大が台頭して出場機会が減少。

2016年には更に駒井善成が加入、自身の怪我も重なったことでリーグ戦出場がゼロとなってしまった。

2018年11月、2018年シーズン終了を以て現役引退することを表明した[3]

2019年より、浦和レッドダイヤモンズトップチームのコーチに就任。シーズン当初はレッズユースのコーチに就いていた[4]が、トップチームにて大槻毅ヘッドコーチの退任[5]に伴い欠員が生じた為、3月14日よりトップチームに合流した[6]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 浦和 28 J1 22 0 7 0 0 0 29 0
2003 14 30 1 9 0 1 0 40 1
2004 22 1 9 0 4 0 35 1
2005 26 2 10 0 0 0 36 2
2006 28 1 8 1 4 0 40 2
2007 19 0 1 0 0 0 20 0
2008 31 1 2 0 2 0 35 1
2009 11 0 2 0 1 0 14 0
2010 26 0 3 0 3 0 32 0
2011 24 1 2 0 3 0 29 1
2012 31 1 1 0 3 0 35 1
2013 27 0 5 0 0 0 32 0
2014 25 1 4 0 0 0 29 1
2015 8 0 2 0 1 0 11 0
2016 0 0 1 0 0 0 1 0
2017 3 0 1 0 1 0 5 0
2018 3 0 0 0 0 0 3 0
通算 日本 J1 336 9 67 1 23 0 426 10
総通算 336 9 67 1 23 0 426 10

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2007 浦和 14 10 0 1 0
2008 4 0 -
2013 5 0 -
2015 4 0 -
2016 1 0 -
2017 0 0 0 0
通算 AFC 24 0 1 0

その他の国際公式戦

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッドダイヤモンズ

代表[編集]

ユニバーシアード日本代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]