フランチャイズ・プレイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランチャイズ・プレイヤーは、スポーツ用語で長期にわたって同一のチームの第一線で活動し続ける選手を指す。狭義では入団から引退まで同一のチームに、最狭義ではプロデビューから引退まで出身地・出身校の地元チーム一つだけに在籍し続けた選手を指す。サッカーではバンディエラBandiera旗頭)とも呼ばれる。NFLではフランチャイズ・プレイヤー制度として制度化されている。

概要[編集]

長期に亘って同一のチームで選手として活動を続けることはプロスポーツでは困難であり、選手側には相応の実力の維持が要求される。選手分配ドラフトフリーエージェントにおける人的補償などの際にプロテクトされるほどチームから実力が認められているとその傾向が強くなる(ただし、プロテクト名簿は非公開)。一方で、実績に伴って契約金年俸が高騰したために選手が残留の意志を表明しても放出されるケースも少なくない(これらの原資は主催試合の入場料、ファンクラブの年会費、公式グッズの売り上げであり、在籍させるとチームやファンに負担が掛かる)。伝統を重んじるチームに多い傾向にあり、そのようなチームでは監督などに当該チームのフランチャイズプレイヤーだった人物を起用する傾向がある。

近年はフリーエージェントなど移籍制度の充実により長期に亘って同一のチームで活動する選手は少なくなっており、フランチャイズ・プレイヤーはチームを象徴する選手を指す言葉として使用される。逆に複数のチームを渡り歩き活躍する選手はジャーニーマン

新人時代を他球団で過ごし、移籍後の球団で長期間活動し引退した選手はフランチャイズ・プレイヤーの範疇に含まれることが多いが、逆に長期間同一球団で活動したにもかかわらず現役晩年に移籍した選手はフランチャイズ・プレイヤーの範疇に含まれない場合もある。たとえば、南海ホークスのフランチャイズ・プレーヤーとして広瀬叔功(1955年 - 1977年在籍)が下記にあげられているが、広瀬よりも野村克也(1954年 - 1977年、解雇されたため1978年から他球団に移籍)のほうが在籍期間が長い(ただし野村は一軍出場のない年が1年ある)。

NFLのフランチャイズ・プレイヤー制度[編集]

NFLのフランチャイズ・プレイヤー制度はフリーエージェント制度の対抗策として導入された制度であり、フランチャイズ・タグおよびトランジション・タグと呼ばれる。各チームは重要な選手と複数年契約を結んで確保しようとするが、その交渉がまとまらないときにとりあえず一年だけ確保することができる。1チームにつき1人の選手にフラインチャイズ・タグをつけることができる。

日本プロ野球[編集]

現役[編集]

15シーズン以上在籍者 ※2021年シーズン

引退[編集]

20シーズン以上在籍者 ※球団名は引退時

※王貞治、福浦和也、岩瀬仁紀は出身地およびプロ入団までの球歴において、プロ所属チームの保護地域(王は読売ジャイアンツ:東京都、福浦は千葉ロッテマリーンズ:千葉県、岩瀬は中日ドラゴンズ:愛知県)の学校・チームに在籍しており、最狭義のフランチャイズプレイヤーにも該当する。

※梶本隆夫、広瀬叔功、王貞治、高木守道、鈴木啓示、東尾修、伊東勤、緒方孝市、三浦大輔は、引退後に指導者としても他球団に所属しないまま現役時の所属球団の監督に就任した。特に、梶本、広瀬、伊東、緒方は現役引退後も一度も退団することなく球団に所属し続けたまま監督に就任している。 (王、伊東はその後他球団の監督に就任。森昌彦、山田久志は現役時と異なる球団で監督に就任。)

  • 参考 入団時の球団に20シーズン以上在籍したが、その後他球団に移籍

メジャーリーグベースボール(MLB)[編集]

在籍期間は下部組織在籍期間も含む。

現役[編集]

引退・現役外[編集]

同一のチームで入団から引退までプレーした選手。在籍期間は下部組織在籍期間も含む。

サッカー[編集]

10シーズン以上在籍者

現役[編集]

Jリーグ[編集]

所属年数には下部組織在籍期間も含む。

プレミアリーグ[編集]

リーガ・エスパニョーラ[編集]

ブンデスリーガ[編集]

引退[編集]

Jリーグ[編集]

セリエA[編集]

プレミアリーグ[編集]

リーガ・エスパニョーラ[編集]

ブンデスリーガ[編集]

バスケットボール(NBA)[編集]

10シーズン以上同一フランチャイズのみに在籍したプレーヤー[編集]

* バスケットボール殿堂入り
^ 現役プレーヤー
シーズン プレーヤー ポジション チーム キャリア 注釈
21 ダーク・ノヴィツキー F ダラス・マーベリックス 1998-2019 [注釈 1][1]
20 コービー・ブライアント  *  G ロサンゼルス・レイカーズ 1996-2016 [注釈 2][2]
19 ティム・ダンカン  *  F / C サンアントニオ・スパーズ 1997-2016 [3]
19 ジョン・ストックトン  *  G ユタ・ジャズ 1984-2003 [4]
18 レジー・ミラー  *  G インディアナ・ペイサーズ 1987-2005 [5]
18 ユドニス・ハスレム  ^  F マイアミ・ヒート 2003–現在 [注釈 3][6]
16 マヌ・ジノビリ G サンアントニオ・スパーズ 2002- 2018 [注釈 4][7]
16 ジョン・ハブリチェック  *  F / G ボストン・セルティックス 1962-1978 [8]
15 ドルフ・シェイズ  *  F / C シラキュース・ナショナルズ/フィラデルフィア・76ers 1949-1964 [注釈 5][9][10]
15 ハル・グリア  *  G / F シラキュース・ナショナルズ/フィラデルフィア・76ers 1958-1973 [11]
14 ニック・コリソン F / C シアトル・スーパーソニックス/オクラホマシティ・サンダー 2004-2018 [注釈 6][12][13]
14 エルジン・ベイラー  *  F ミネアポリス/ロサンゼルス・レイカーズ 1958-1971 [注釈 7][14]
14 ジェリー・ウェスト  *  G ロサンゼルス・レイカーズ 1960-1974 [15]
14 ジョー・デュマース  *  G デトロイト・ピストンズ 1985-1999 [16]
14 デビッド・ロビンソン  *  C サンアントニオ・スパーズ 1989-2003 [注釈 8][17][18]
13 ビル・ラッセル  *  C ボストン・セルティックス 1956-1969 [注釈 9][19]
13 サッチ・サンダース  *  F ボストン・セルティックス 1960-1973 [20]
13 ウェス・アンセルド  *  C / F ボルチモア/キャピタル/ワシントン・ブレッツ 1968-1981 [21]
13 カルヴィン・マーフィー  *  G サンディエゴ/ヒューストン・ロケッツ 1970-1983 [22]
13 フレッド・ブラウン G シアトル・スーパーソニックス 1971-1984 [23]
13 アルヴァン・アダムス C / F フェニックス・サンズ 1975-1988 [24]
13 ラリー・バード  *  F ボストン・セルティックス 1979-1992 [注釈 10][25][26]
13 マジック・ジョンソン  *  G ロサンゼルス・レイカーズ 1979-1991、1996 [注釈 11][27]
13 ケビン・マクヘイル  *  F ボストン・セルティックス 1980-1993 [28]
13 アイザイア・トーマス  *  G デトロイト・ピストンズ 1981-1994 [29]
13 ジェフ・フォスター F / C インディアナ・ペイサーズ 1999-2012 [注釈 12][30]
12 サム・ジョーンズ  *  G / F ボストン・セルティックス 1957-1969 [31]
12 マイケル・クーパー G / F ロサンゼルス・レイカーズ 1978-1990 [32]
12 ジェームズ・ウォージー  *  F ロサンゼルス・レイカーズ 1982-1994 [33]
12 ネイト・マクミラン G / F シアトル・スーパーソニックス 1986-1998 [34]
12 リック・スミッツ C インディアナ・ペイサーズ 1988-2000 [35]
12 ステフィン・カリー  ^  G ゴールデンステート・ウォリアーズ 2009年–現在 [36]
11 ボブ・ペティット  *  F / C ミルウォーキー/セントルイス・ホークス 1954-1965 [37]
11 ジャック・トゥィマン  *  G / F ロチェスター/シンシナティ・ロイヤルズ 1955-1966 [38]
11 アル・アットルス G フィラデルフィア/サンフランシスコ・ウォリアーズ 1960-1971 [39]
11 ルディ・トムヤノビッチ F サンディエゴ/ヒューストン・ロケッツ 1970-1981 [40]
11 ジュリアス・アービング  *  F フィラデルフィア・76ers 1976-1987 [注釈 13][41][42]
11 マーク・イートン C ユタ・ジャズ 1982-1993 [43]
10 ヴァーン・ミッケルセン  *  F / C ミネアポリス・レイカーズ 1949-1959 [44]
10 ポール・アリジン  *  G / F フィラデルフィア・ウォリアーズ 1950-1952、1954-1963 [注釈 14][45][46]
10 アル・ビアンキ英語版 G シラキュース・ナショナルズ/フィラデルフィア・76ers 1956-1966 [注釈 15][47][48]
10 クリフ・ヘイガン  *  G / F セントルイス・ホークス 1956-1966 [注釈 16][49][50]
10 ウィリス・リード  *  F / C ニューヨーク・ニックス 1964-1974 [51]
10 ビル・ブラッドリー  *  G / F ニューヨーク・ニックス 1967-1977 [注釈 17][52][53]
10 トム・ボイアーウィンクル英語版 C シカゴ・ブルズ 1968-1978 [54]
10 アレン・リーヴェル英語版 G ヒューストン・ロケッツ 1979-1989 [55]
10 ダレル・グリフィス G ユタ・ジャズ 1980-1991 [注釈 18][56][57]
  1. ^ 1994年から1998年までドイツのクラブDJKヴュルツブルクでプレーし、1998年にミルウォーキー・バックスにドラフト指名され、ダラス・マーベリックスにトレード
  2. ^ シャーロット・ホーネッツに1996年NBAドラフトで指名され、レイカーズにトレード
  3. ^ 2002年 指名なし で、1年後でルーキーフリーエージェントとして契約した
  4. ^ 1999年にスパーズによってドラフト指名されたが、イタリアでのプレーを経て2002年にNBAデビュー
  5. ^ ニューヨークニックスに1948年にドラフト指名され、 1949年にNBAに移動した。
  6. ^ シアトル・スーパーソニックスに2003年にドラフト指名されたが、2003-04シーズンを怪我で、出場しなかった。
  7. ^ 1971年から72年のシーズンに9試合しかプレーしなかった後、怪我のために1971年11月に引退した
  8. ^ 1987年にスパーズによってドラフトされたが、アメリカ海軍に従軍していたために1989年にNBAデビュー。
  9. ^ セントルイスホークスに1956年にドラフトされ、セルティックスにトレード。
  10. ^ 1978年にセルティックスによってドラフトされたが、大学を卒業した後の1979年にNBAデビュー。
  11. ^ 1992年1月に引退したが、1995年から96年のシーズンに32試合をプレーした
  12. ^ ゴールデンステイト・ウォリアーズに1999年にドラフト指名を受け、ペイサーズにトレード
  13. ^ ミルウォーキーバックスに1972年にドラフト指名を受け、ABAでプレーすることを選んだ後、ABA-NBAの合併の1976年に76ersに加わった。
  14. ^ 兵役のために1952年-53シーズンと1953年-54シーズンは不出場
  15. ^ ミネアポリス・レイカーズに1954年に放出され、兵役のために1956年にNBAデビュー
  16. ^ ボストンセルティックスに1953年ドラフト指名を受けホークスに放出されたが、兵役のために1956年までリーグに参加していなかった
  17. ^ 1965年にニックスによってドラフト指名されたが、イギリスに留学していたために1967年までNBAに参加しなかった
  18. ^ 怪我のために1985-86シーズンは不出場

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Dirk Nowitzki Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  2. ^ Kobe Bryant Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  3. ^ Tim Duncan Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  4. ^ John Stockton Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  5. ^ Reggie Miller Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  6. ^ Udonis Haslem Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  7. ^ Manu Ginobili Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  8. ^ John Havlicek Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  9. ^ Dolph Schayes Bio”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2011年2月13日閲覧。
  10. ^ Dolph Schayes Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  11. ^ Hal Greer Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  12. ^ First-rounder needs shoulder surgery”. ESPN.com (2003年10月4日). 2011年6月5日閲覧。
  13. ^ Nick Collison Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  14. ^ Elgin Baylor Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  15. ^ Jerry West Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  16. ^ Joe Dumars Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  17. ^ Anderson, Dave (1987年5月18日). “Sports of the Times; The Robinson Plot Thickens”. The New York Times. 2011年6月5日閲覧。
  18. ^ David Robinson Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  19. ^ Bill Russell Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  20. ^ Tom Sanders Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  21. ^ Wes Unseld Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  22. ^ Calvin Murphy Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  23. ^ Fred Brown Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  24. ^ Alvan Adams Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  25. ^ Larry Bird Bio”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2011年6月5日閲覧。
  26. ^ Larry Bird Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  27. ^ Magic Johnson Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  28. ^ Kevin McHale Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  29. ^ Isiah Thomas Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  30. ^ Jeff Foster Statistics”. basketball-reference.com. 2011年2月13日閲覧。
  31. ^ Sam Jones Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  32. ^ Michael Cooper Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  33. ^ James Worthy Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  34. ^ Nate McMillan Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  35. ^ Rik Smits Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  36. ^ Stephen Curry Statistics”. basketball-reference.com. 2018年10月17日閲覧。
  37. ^ Bob Pettit Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  38. ^ Jack Twyman Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  39. ^ Al Attles Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  40. ^ Rudy Tomjanovich Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  41. ^ Julius Erving Bio”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2011年6月4日閲覧。
  42. ^ Julius Erving Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  43. ^ Mark Eaton Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月4日閲覧。
  44. ^ Vern Mikkelsen Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  45. ^ Paul Arizin Bio”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2011年6月5日閲覧。
  46. ^ Paul Arizin Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  47. ^ Suns Add Al Bianchi to Coaching Staff”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc (2002年2月18日). 2011年6月5日閲覧。
  48. ^ Al Bianchi Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  49. ^ McCallum, Jack (2008年10月24日). “Wait over, Oden is ready to go”. Sports Illustrated. Time Warner Company. 2011年6月5日閲覧。
  50. ^ Cliff Hagan Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  51. ^ Willis Reed Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  52. ^ Mann, Jack (1966年2月7日). “Just A Guy At Oxford”. Sports Illustrated. Time Warner Company. 2011年6月5日閲覧。
  53. ^ Bill Bradley Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  54. ^ Tom Boerwinkle Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  55. ^ Allen Leavell Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。
  56. ^ 1985–86: "The Mailman" Delivers A Winning Season”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2011年6月5日閲覧。
  57. ^ Darrell Griffith Statistics”. basketball-reference.com. 2011年6月5日閲覧。

関連項目[編集]