村田真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村田 真一
読売ジャイアンツ 一軍ヘッドコーチ #89
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 (1963-12-05) 1963年12月5日(53歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1981年 ドラフト5位
初出場 1984年5月12日
最終出場 2001年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (2002 - 2003, 2006 - )

村田 真一(むらた しんいち、1963年12月5日 - )は、日本の元プロ野球選手捕手)、プロ野球指導者(コーチ)、野球解説者兵庫県神戸市出身。

愛称は「チュウ」(練習で泥だらけになった姿から「ドブネズミ」と呼ばれていたが、そんなあだ名を聞いたら親が泣くぞという理由でネズミの鳴き声である「チュウ」となった)。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

小学5年から野球を始める[1]。本人は嫌がったが6年から中学、高校でも捕手を任され、滝川高校では強打のキャッチャーとして知られる[1]。高校時代、遠征試合で後にチームメイトとなる川相昌弘と顔を合わせている。

1981年ドラフト5位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団。同年の高校出ドラフト入団選手に槙原寛己山本幸二吉村禎章がおり、「この3人には負けたくない」と思っていたという[1]

1年目の1982年、一軍の捕手が病気になったため村田が代わりに昇格するが、当時は山倉和博が全盛期だったことと、基本的に二軍の正捕手を上げると試合が成り立たないという理由から出番に恵まれなかった[1]。3年目の1984年に一軍で初出場するが、右肩を痛めたこともあり、一軍と二軍を往復した。この間、有田修三中尾孝義といった他球団から実績のあるベテラン捕手が入団したこともあり、出番は少なかった。一時は一塁手に転向するという話も出たが、捕手に拘りたいとの理由で断った。4年目の1985年、肩の痛みが限界に達し各地の医者を訪ねるが原因が判らず野球を辞めようと思っていた頃、二軍監督だった須藤豊の勧めでアメリカに渡り手術を受ける。

1990年に正捕手の座を掴みチームの連覇に貢献し、ベストナインを獲得する活躍を見せた。特にこの頃は左投手と「甲子園の阪神戦」に強く、1990~1992年の3年間、33本塁打のうち24本塁打を左投手から放ち、阪神甲子園球場での阪神戦では72打数27安打、打率.375 6本塁打と打ちまくった(なお、東京ドームでの阪神戦は62打数16安打、打率.258 3本塁打)。1992年はシーズン途中に中尾との交換トレード西武ライオンズから移籍してきた大久保博元に正捕手の座を奪われ、34試合出場に留まった。1993年は正捕手の座に返り咲くことに成功。1994年5月18日の対広島戦では槙原とのバッテリーで完全試合を達成。6回あたりから誰も槙原に声をかけなくなったが、仲の良かった村田は無理だと思いつつ「狙ってみろよ」と言っていたという[1]

1991年8月13日の対大洋戦で1試合8盗塁を許すなど肩は弱かった。また、例えリード通りの球が来なくて打たれても、投手の責任にせず「私の責任です」と常に言う捕手であった。宮本和知の著書である『プロ野球超プレイ笑プレイ』ではその人柄を絶賛され、「当時のエース達もここぞという試合では、信頼できる村田さんを女房役に指名することが多かった」と語られている。

一方で、死球を受けて負傷する事も非常に多かった。1994年5月11日のヤクルト戦で西村龍次から頭部へ死球を受け、激昂し西村へ詰め寄ろうとしたが数歩歩いた所で倒れ込み、担架で退場、そのまま病院へ送られる。この後西村への報復死球、グラッデンへのビーンボールなどでたて続けに大乱闘が起こり、この事が危険球退場ルールが作られるきっかけとなったと言われている。

1999年4月9日には、斎藤隆(当時・横浜)から顔面に死球を受け、顔面骨折で入院した。見舞いに訪れた元木大介が言葉を無くすほど顔面が変形していたという。また、元木によると、清原和博が冗談のつもりで見舞い用果物としてバナナ1本を用意していったが、あまりの顔の変形のためにバナナを差し出すことができなかったという。本人は早く治すために、リスクは少ないが全快には時間がかかる全身麻酔を取りやめ、激痛が伴う部分麻酔で手術を行うことを要求したという。この時は「俺は顔を見せる商売じゃないんだから別にいいんだよ」と語ったが、さすがに顔の骨をドリルで削る音には耐えられず、のちに「今度やるなら絶対に全身麻酔やな」と語っている。

2000年にはリーグ優勝の原動力となっただけでなく、日本シリーズでも優秀選手賞を受賞する活躍を見せ、攻守でチームの日本一に大きく貢献した。

2001年には即戦力ルーキーとして阿部慎之助が入団。実質的に阿部の専任コーチとなり、出番は激減。同年、斎藤雅樹・槙原とともに現役引退。

スター選手の多い巨人では地味な存在で、通算11年間正捕手を務めながら、前述の有田・中尾・大久保の移籍組のほか、吉原孝介村田善則杉山直輝といった生え抜きのライバルが多く、規定打席に到達したことは1回もなかった。しかし投手陣からの絶大な信頼、安定したリード、打率こそ低いもののパンチの効いた打撃を武器に2000年までマスクを被り、第2次長嶋政権の中心となった。この間チームは1994年、1996年、2000年の3回リーグ優勝し、1994年、2000年は日本一になった。2000年の日本シリーズでは優秀選手にも選出されている。日本プロ野球史上、規定打席に到達せずに年俸1億円プレイヤーとなった野手の第1号である。捕手としての出場試合数「1087」は森祇晶、阿部慎之助、山倉和博に続く歴代4位の球団記録である[1]

引退後[編集]

2002年から2003年まではバッテリーコーチを務めた後、2004年からはテレビ朝日スポーツ報知の解説者を務めた。テレビ朝日では主にバックネット裏からの解説を担当し、関西の系列局朝日放送ABCテレビ)における全国ネットの阪神タイガース対巨人戦中継でも、基本的に自社の解説者しか使わない方針であるが、巨人OBで関西人ということが買われて解説に起用されることがあった。

2006年から2007年までは再びバッテリーコーチをつとめた。2008年からは、もともと打撃優先型捕手だった経験を買われ、打撃コーチを務め、2011年は再度バッテリーコーチへ就任した。バッテリーコーチとしては、投手をリードするにあたって必要以上に裏をかくようなことはせず、投手の特性を把握・依存し、長所を最大限に生かすリードを教えていた。2012年からは再び打撃コーチを務める。2014年5月20日の埼玉西武ライオンズ戦からバッテリーコーチの役割を兼任する。監督の原辰徳は「コーチそのものは全く変わっていない。チームが勝つためという中で、配置を変えたところがあるということ」と説明した。2015年は総合コーチ、2016年からはヘッドコーチを務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 巨人 17 41 40 7 9 3 1 2 20 5 0 0 0 1 0 0 0 8 0 .225 .220 .500 .720
1988 25 34 33 0 5 1 0 0 6 0 0 0 1 0 0 0 0 12 2 .152 .152 .182 .333
1989 12 31 29 1 4 0 0 1 7 5 0 0 1 0 1 0 0 10 1 .138 .167 .241 .408
1990 84 243 209 23 57 15 1 13 113 44 0 1 0 4 29 5 1 63 5 .273 .358 .541 .899
1991 111 369 320 43 79 18 0 17 148 42 1 0 3 3 40 8 3 88 14 .247 .333 .463 .796
1992 34 92 86 9 20 6 0 3 35 9 0 1 0 0 5 0 1 28 0 .233 .283 .407 .690
1993 88 283 258 23 61 13 0 6 92 28 0 3 2 0 21 6 2 61 10 .236 .299 .357 .656
1994 120 380 330 29 82 12 0 10 124 41 1 1 5 3 36 2 6 88 5 .248 .331 .376 .706
1995 116 387 339 29 90 16 0 13 145 38 0 0 6 1 38 7 3 77 12 .265 .344 .428 .772
1996 99 305 265 15 55 14 2 5 88 26 0 0 9 2 26 5 3 62 8 .208 .284 .332 .616
1997 75 148 128 9 21 5 0 1 29 6 0 0 1 0 17 4 2 32 4 .164 .272 .227 .499
1998 107 339 298 26 80 9 1 7 112 47 0 0 5 5 29 8 2 60 11 .268 .332 .376 .708
1999 91 277 237 23 49 5 0 9 81 28 0 0 7 5 24 1 4 53 6 .207 .285 .342 .627
2000 101 252 225 17 46 7 0 7 74 34 0 0 9 1 15 2 2 65 5 .204 .259 .329 .588
2001 54 96 84 6 15 2 0 4 29 14 0 0 2 1 9 2 0 30 1 .179 .255 .345 .601
通算:15年 1134 3277 2881 260 673 126 5 98 1103 367 2 6 51 26 290 50 29 737 84 .234 .308 .383 .690

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1984 17 16 14 2 .125
1988 20 3 3 0 .000
1989 11 12 8 4 .333
1990 82 36 25 11 .306
1991 110 68 57 11 .162
1992 27 23 17 6 .261
1993 82 52 36 16 .308
1994 119 52 34 18 .346
1995 115 91 65 26 .286
1996 95 54 38 16 .296
1997 73 36 27 9 .250
1998 106 63 43 20 .317
1999 91 55 44 11 .200
2000 98 51 38 13 .255
2001 41 32 23 9 .281
通算 1087 644 472 172 .267

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (1982年 - 1990年)
  • 9 (1991年 - 2001年)
  • 89 (2002年 - 2003年、2005年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『巨人の魂 ジャイアンツOBからの提言』

参考文献[編集]

  • 『巨人の魂 ジャイアンツOBからの提言』長谷川晶一、東京ニュース通信社、2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]