テリー・ウィットフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テリー・ウィットフィールド
Terry Whitfield
Terry Whitfield Giants.jpg
サンフランシスコ・ジャイアンツ時代
(1978年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州 ブライス
生年月日 (1953-01-12) 1953年1月12日(69歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
197 lb =約89.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1974年9月29日
NPB / 1981年4月4日
最終出場 MLB / 1986年5月23日
NPB / 1983年11月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

テリー・バートランド・ウィットフィールドTerry Bertland Whitfield , 1953年1月12日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。NPBでの登録名は「テリー」。

経歴[編集]

1971年MLBドラフト1巡目(全体の19番目)でニューヨーク・ヤンキースに指名され契約。1974年9月29日にメジャーデビュー。1977年サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。

1981年3月、テリーはジャイアンツを退団し、西武ライオンズへ入団する。西武は前年の1980年は前期こそ最下位であったが、スティーブ・オンティベロスが加入した後期は一転、終盤に失速するまで首位に立つなり、最終順位は4位だったが首位と2ゲーム差の僅差だった[1]。これを見た堤義明オーナーは「スティーブ一人で優勝争いができたのなら、それ以上の大リーガーをもう一人加えたらもっとよくなるのではないか」と考え、フロントに対しスティーブ以上の大物のメジャー・リーガーを獲得するよう命じた[1]。これを受け、中村芳夫球団渉外担当が2月中旬よりアメリカに渡り、ジャイアンツとの間でテリーの獲得に成功したのだった[1]

テリーは3月3日に来日し、翌4日に西武ライオンズとの間で3年契約、年俸5千万円でサインし、西武への入団が正式に発表された[2]。西武はジャイアンツからテリーを獲得するにあたって、トレードマネーや本人へ支払う年俸、滞在費などの付帯条件を合わせると3億円近くを投じたとされる[1]。テリーはジャイアンツで前年までの4年間レギュラー外野手であり、前年に入団したスティーブに続くメジャー・リーグの大物選手の西武への入団は、親会社の西武グループの資金力やチーム強化への強い姿勢を対外的に誇示するものとして、当時野球ファンやマスコミの話題を呼んだ[1]

初球に強い打者で、その積極性が好成績につながっていた。性格も明るく、優勝後のビールかけの際にはユニークな日本語でインタビュアーに応答していた。

また、幼い頃に貧しく野球観戦ができなかった体験を基に、西武ライオンズ球場の年間予約席の一区画をポケットマネーで買い取り、「テリーズ・ボックス」と名づけて恵まれない子供を招待する心遣いや、日本で覚えた「礼」を重んじる精神から、ホームランを打った際、ホームイン後にヘルメットを取って観客席に向かい一礼する、といった優しさや礼儀正しさも多くのファンから共感を得ていた。

1983年オフ、西武フロントは3年契約が切れるテリーとの契約延長を望み、保留名簿にもテリーを載せていた。ところが、テリーは西武の保有権の下にあるにもかかわらず、テリーの代理人はメジャーの数球団と入団交渉を行っていたという[3]。西武は当初、これを年俸の交渉のつり上げのための駆け引きと見ていたが、テリーの代理人と改めて交渉したところ、テリーは残留の条件として「広岡達朗監督の選手管理から自由であること」を要求した[4]。だが西武はチーム運営の観点からこれを一切認めず再契約しないことを決定し、テリーは西武を退団することになった[4]

1984年1月12日、ロサンゼルス・ドジャースはテリーと3年契約、年俸20万ドルでサインしたと発表し、テリーはメジャー復帰を果たした[5]。テリーは記者会見にて、西武を退団したのは家庭の事情とメジャー復帰を希望していたことを挙げた[5]1986年に現役を引退した。

2013年現在は、サンフランシスコにて野球教室をしている。

2019年8月7日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で西武ライオンズOBとして『SAVE LIONS DAY』の始球式に登場[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 NYY 2 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
1975 28 84 81 9 22 1 1 0 25 7 1 0 0 2 1 0 0 17 2 .272 .274 .309 .582
1976 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1977 SF 114 352 326 41 93 21 3 7 141 36 2 3 2 2 20 1 2 46 4 .285 .329 .433 .761
1978 149 543 488 70 141 20 2 10 195 32 5 11 17 3 33 5 2 69 9 .289 .335 .400 .734
1979 133 445 394 52 113 20 4 5 156 44 5 4 7 4 36 6 4 47 15 .287 .349 .396 .745
1980 118 348 321 38 95 16 2 4 127 26 4 2 4 2 20 3 1 44 6 .296 .337 .396 .733
1981 西武 123 512 469 69 148 23 3 22 243 100 5 6 0 5 38 6 0 40 12 .316 .363 .518 .881
1982 122 484 453 53 123 15 4 25 221 71 6 9 2 6 20 0 3 44 16 .272 .303 .488 .791
1983 129 531 485 76 135 22 3 38 277 109 2 2 0 5 38 2 3 59 19 .278 .331 .571 .903
1984 LAD 87 200 180 15 44 8 0 4 64 18 1 4 2 0 17 2 1 35 5 .244 .313 .356 .669
1985 79 110 104 8 27 7 0 3 43 16 0 0 0 0 6 1 0 27 2 .260 .300 .413 .713
1986 19 19 14 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 5 2 0 2 1 .071 .316 .071 .387
MLB:10年 730 2106 1913 233 537 93 12 33 753 179 18 24 32 13 138 20 10 288 44 .281 .330 .394 .724
NPB:3年 374 1527 1407 198 406 60 10 85 741 280 13 17 2 16 96 8 6 143 47 .289 .333 .527 .860
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 51 (1974年)
  • 44 (1975年 - 1976年)
  • 45 (1977年 - 1986年)

関連情報[編集]

野球以外での表彰[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 週刊ベースボール1981年3月23日号「12球団週間報告 焦点 電光石火の入団 ウイットフィールド大リーグの現役三番打者」p83
  2. ^ 日刊スポーツ1981年3月5日2面「ホイットフィールド改め『テリー』 西武新外人 強烈!弾丸デビュー 3年契約 年俸5千万円 」
  3. ^ 日刊スポーツ1983年12月10日1面「テリー米復帰 協定違反だ! 帰国広岡怒る 西武解雇へ」
  4. ^ a b 日刊スポーツ1983年12月16日2面「広岡管理野球批判と特別待遇要求 ついにテリー解雇 西武」
  5. ^ a b 日刊スポーツ1984年1月14日2面「前西武テリー ド軍入り 年俸20万ドルで3年契約」
  6. ^ 西武レジェンドOBウィットフィールド氏が始球式 背番号「45」でノーバウンド投球披露 Full-Count

関連項目[編集]

外部リンク[編集]