清田育宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清田 育宏
千葉ロッテマリーンズ #1
Ikuhiro Kiyota2011.jpg
2011年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県鎌ケ谷市
生年月日 (1986-02-11) 1986年2月11日(31歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 ドラフト4位
初出場 2010年5月24日
年俸 5,700万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

清田 育宏(きよた いくひろ、1986年2月11日 - )は、千葉県鎌ケ谷市出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

父の実家は鎌ケ谷市の名産である農家[2]市立柏高時代は投手で、球速は最速で140km/h前半。制球も良く、スカウトから注目されていたが、東洋大学へ進学。野球部でも投手を務めたが、大学3年間のプレー成績が不安定だったことから野手へ転向。4年春には打順4番で3本塁打・14打点の打撃成績を残しベストナインに輝いた。

大学卒業後はNTT東日本に入社した。野球部では入社1年目の2008年第79回・翌2009年には第80回と2年連続出場。特に第79回はJR東日本の補強選手として出場、この時後にチームメートとなる木村雄太東京ガスから補強)とも一緒にプレーしている[3]

2009年のプロ野球ドラフト会議にて、地元の千葉ロッテマリーンズから4位指名を受けた。また、清田と同い年の右打ち外野手である荻野貴司が1位指名を受けたこともあってロッテからの入団にためらいはあったものの[4]、1位と同等の年俸と背番号1を用意され無事入団にこぎつけた。

プロ入り後[編集]

2011年8月6日、QVCマリンフィールドにて

2010年は、春季キャンプで左脇腹を痛め開幕は二軍で迎えたが、5月末に荻野貴の右ひざ負傷により入れ替わりに一軍に昇格、1年目のレギュラーシーズン64試合に出場し打率.290という成績を残した。なお、後に荻野貴とは互いに連絡を取り合う仲になった[5]2010年の日本シリーズ第1戦で1958年長嶋茂雄以来52年ぶりとなる新人の初戦本塁打を打ち、一躍時の人になった。このシリーズは全7試合にフル出場し30打数10安打1本塁打6打点を記録、日本シリーズ新人選手通算最多打点のタイ記録を達成する活躍を見せMVPこそ今江敏晃に譲ったものの、優秀選手賞を獲得した。

2011年は、中堅手のレギュラーの座を岡田幸文に奪われ、前半戦は伊志嶺翔大、後半戦は角中勝也と併用され主に右翼手として出場、打率.244、本塁打3、打点25と途中怪我による離脱もあり成績を落とした。左投手相手には打率.330と強さを見せ、逆に右投手相手には打率.178とあまり打てなかった。また、本塁打は少なかったが規定打席未到達者の中ではトップタイ(リーグ14位タイ)の21二塁打を記録した。

2012年1月1日に高校時代の同級生と結婚した[6]。開幕一軍入りを果たし7月末までに65試合出場するも、打率.232と低調で8月初頭に出場選手登録を抹消された。1か月余りを二軍で過ごし、9月12日に一軍復帰したあとは.383の打率を残す等打撃も好調で、最終的な打率は.281、シーズン最後の2試合は4番打者として起用された。契約更改では400万円増の3000万円で更改した。

2013年は、故障防止のため10kgほど減量してシーズンに臨んだが、成績は伸びず前年よりも出場試合数を減らした。

2014年は、オープン戦で規定未満ながら打率.395と結果を残し、開幕スタメンの座を勝ち取った。4月4日から6日の北海道日本ハムファイターズ戦にかけて3打席連続で本塁打を放つ[7]など、序盤は長打力を発揮したものの確実性を欠き、一軍と二軍を行き来するシーズンとなった。出場試合数はプロ入り後最少となる24試合に留まり、打率も2割を切った。

2015年は、4月12日の対西武戦から右翼手のスタメンに定着。この年は追い込まれてからは足を上げずに打つノーステップ打法に変更し、コンパクトに振りぬき内角にも対応できるようになった。6月12日の対巨人戦ではバスターで本塁打を放つ離れ業を見せた。7月16日に第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出されたことが発表された[8]。9月10日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出されたことが発表された[9]。この年は、オールスターゲーム以後は、「3番・右翼手」としてほぼ固定起用された。最終的に、130試合に出場(うち125試合に先発)して、自身初めての規定打席到達を果たして、「打率.317(リーグ4位)、15本塁打」を記録。特に打率はパ・リーグの右打者では1位だった。ベストナイン、ゴールデングラブにも選出され、飛躍のシーズンとなった。

2016年は、開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出されたことが発表された[10]。シーズンでは、「3番・右翼手」として開幕スタメン。5月7日、対オリックス戦で、プロ初のサヨナラヒットを放った。しかし5月以後、徐々に調子を崩していき、7月13日に一軍登録を抹消された。終盤に戻ってくると調子を上げてきたが、9月8日の埼玉西武ライオンズ戦で郭俊麟から頭部死球を受け登録抹消。再び一軍に戻ってくると今度は9月21日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で美馬学から頭部死球を受け、同じ月に二度頭部死球を受けるという事態が起きた(美馬の時は自身二度目ということもあり、清田は激怒した)。最終的に、106試合に出場(うち95試合に先発)、「打率.225、6本塁打」と大きく成績を落として、規定打席にわずかに届かずであるなど、不本意なシーズンになってしまった。昨季と同様、右翼手としての起用が中心であった(82試合でスタメン出場)。CSファーストステージは福岡ソフトバンクホークスと対戦し、「1番・右翼手」として出場。第一戦目に千賀滉大、二戦目はリック・バンデンハークからそれぞれ初回先頭打者ホームランを放ち、CS史上初2試合連続初回先頭打者ホームランという記録を残す。しかしチームは敗れファイナルステージ出場とはならなかった。シーズンオフの12月3日に、300万円ダウンの年俸5700万円で契約更改したが、その際、「納得いく打席が少ない、本当に苦しい1年でした」と述べている[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 ロッテ 64 223 186 34 54 11 0 2 71 18 5 1 11 1 19 0 6 51 3 .290 .373 .382 .755
2011 78 262 238 16 58 21 0 3 88 25 2 1 3 3 15 0 3 63 2 .244 .293 .370 .663
2012 87 292 253 28 71 15 2 3 99 29 5 5 3 2 34 1 0 46 5 .281 .363 .391 .754
2013 68 223 184 23 47 9 2 3 69 18 3 2 6 2 29 0 5 51 5 .255 .359 .375 .734
2014 24 59 47 8 8 2 1 4 24 10 0 1 2 0 8 0 2 16 1 .170 .316 .511 .826
2015 130 548 489 67 155 38 4 15 246 67 10 4 0 2 54 0 3 93 11 .317 .387 .503 .890
2016 106 417 365 39 82 17 1 6 119 38 5 0 3 0 40 2 9 76 12 .225 .316 .326 .642
2017 79 263 231 28 47 8 1 3 66 21 3 0 5 0 24 0 3 61 8 .203 .287 .286 .573
NPB:8年 636 2287 1993 243 522 121 11 39 782 226 33 14 33 10 223 3 28 457 47 .262 .343 .392 .735
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



外野












2010 ロッテ 59 101 2 2 1 .981
2011 67 139 4 1 0 .993
2012 82 186 3 3 0 .984
2013 63 131 3 2 1 .985
2014 24 26 1 0 0 1.000
2015 126 232 4 0 0 1.000
2016 105 167 1 1 1 .994
2017 75 114 1 2 1 .983
通算 601 1096 19 11 4 .990

表彰[編集]

記録[編集]

その他

背番号[編集]

  • 1 (2010年 - )

登場曲[編集]

  • 「仲間」ケツメイシ(2010年)
  • 「BEAUTIFUL DAYS」SPYAIR(2011年)
  • 「人生は素晴らしい物語。」ハジ→(2011年 - )
  • 「yukiyanagi 雪柳〜We’re watching you〜」Micro ※2打席目(2016年 - )
  • 突然FIELD OF VIEW ※3打席目(2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロッテ清田300万減「納得いく打席が少なくて」”. 日刊スポーツ. 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ 佑に対抗ロッテ清田 鎌ケ谷は僕の町
  3. ^ 2年目の第80回は自チームで出場。
  4. ^ ロッテ4位清田、順位納得せず入団拒否も”. nikkansports.com (2009年11月5日). 2012年1月7日閲覧。
  5. ^ 疾走!:千葉ロッテ荻野貴司日記 拡大版 清田選手が大当たり/千葉 - 毎日jp毎日新聞)・スポーツちば 2010年11月6日(2010年11月11日時点のアーカイブ
  6. ^ ロッテ・清田、元日婚発表!高校時代の同級生と”. スポニチ Sponichi Annex (2012年1月4日). 2012年1月7日閲覧。
  7. ^ 清田2試合で3連発 4発目は「打ちたかったけど甘くない」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年4月7日). 2015年1月8日閲覧。
  8. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  9. ^ 「WBSC世界野球プレミア12」侍ジャパントップチーム候補選手45名を発表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年9月10日) 2015年9月20日閲覧
  10. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  11. ^ ロッテ清田300万減「納得いく打席が少なくて」”. 日刊スポーツ. 2017年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]