中尾孝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中尾 孝義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県加西郡北条町(現:加西市
生年月日 (1956-02-16) 1956年2月16日(63歳)
身長
体重
173 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1980年 ドラフト1位
初出場 1981年4月4日
最終出場 1993年10月24日
日本シリーズ第2戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

中尾 孝義(なかお たかよし、1956年2月16日 - )は、兵庫県加西郡北条町(現:加西市)出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督・スカウト。

愛称は「一休さん」。

経歴[編集]

滝川高では3年次の1973年、三番・捕手で夏の甲子園県予選の決勝に進出するが、東洋大姫路に惜敗して甲子園出場を逸する。2年下のチームメートに中堅手島田芳明がいた。中尾と同学年のエース・江川卓を擁する作新学院高と練習試合を行った際、練習試合ということもあって江川は直球しか投げず、三振の山を築く。しかし中尾だけはファウルで何球も粘り、ついに根負けした江川がカーブを投じ、タイミングを外された中尾は三振した。この事により、中尾は「江川にカーブを投げさせた男」として同校で語り継がれた。高校卒業時の1974年、江川らと共に慶應義塾大学を受験するも不合格となり、江川は法政大学2部に合格。中尾は一浪して1975年も再び慶大を受験したが、再度不合格となった。2浪はせずに進路変更して専修大学へ入学。東都大学リーグ通算97試合出場、353打数106安打、打率.300、13本塁打、59打点、ベストナイン4回選出。1978年春季リーグでは、同期の堀田一彦や1年生の山沖之彦ら強力投手陣とバッテリーを組み、25季ぶりの優勝に貢献して最高殊勲選手に選ばれた。同年の日本選手権では、決勝で明大に敗れ準優勝。1977年から2年連続で日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。大学卒業後は堀田や大学受験の仲間であった堀場秀孝と共にプリンスホテルへ入社し、1年目の1979年都市対抗熊谷組の補強選手として出場。中心打者として勝ち進み、1回戦の大倉工業戦、2回戦の新日鐵大分戦、3回戦の東芝府中戦と3戦連続で本塁打を放つ。決勝の三菱重工広島戦では2打席連続本塁打を放つが、9回に逆転され準優勝にとどまる。中尾は補強選手ながら奮闘が認められて久慈賞を獲得し、2年目の1980年にはプリンスホテルを悲願の都市対抗初出場に導くが、2回戦の新日鐵釜石戦で延長13回の熱戦の末に敗退。プリンスホテルのチームメートには住友一哉石毛宏典金森栄治などがいる。1980年のドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。1年目の1981年当時は木俣達彦が正捕手に君臨していたが、木俣がブロックなどプレーに消極的という情報を聞くと、他球団のOBに助言を求めるなどして守備を磨く。走攻守とも高い能力を発揮し、開幕1ヶ月後には正捕手の座を奪取して116試合に出場。2年目の1982年からは完全に正捕手となり、内角を徹底的に突くリードで投手陣を牽引。前年6勝の都裕次郎が自己最多の16勝で最高勝率を獲得し、2勝0Sであった牛島和彦が7勝17S、2年目の郭源治が9勝を挙げるなど好成績を残した。守備でもブロック・バント処理などで度々チームを助け、8年ぶりのリーグ優勝に貢献。西武との日本シリーズでは敗退したものの、全6戦に先発マスクを被って優秀選手賞を受賞。同年はオールスターゲームに初出場したほか、シーズン終了後にセントラル・リーグの捕手として初めてのMVPに輝き、ベストナインダイヤモンドグラブ賞にも選出された。3年目の1983年以降は故障が多く、正捕手の座を維持できないシーズンが続いた。その一方で、1984年のオールスターには、リーグの監督推薦選手として2年ぶり2度目の出場。7月24日の第3戦(ナゴヤ)では巨人からの監督推薦選手であった江川とバッテリーを組み、江川による8者連続奪三振に貢献。1987年には、ルーキーイヤーから2年間バッテリーを組んだ星野仙一が監督に就任。この星野政権2年目の1988年に外野手に転向した。前年にコーチと揉めたため「こんな状況では捕手やれません」と星野に直談判してのコンバートであえい[1]、中尾の後釜となる正捕手には高卒4年目の中村武志が抜擢された。西武との日本シリーズでは、10月22日の第1戦(ナゴヤ)でライナーで飛び出し、翌23日の第2戦では懲罰的にベンチ入りからも外された[2]。1988年のシーズン終了後に、捕手陣の強化を目指す巨人が、中日に対して中尾の獲得を打診。中尾も捕手にこだわり続けていたことから、西本聖加茂川重治との交換トレードで巨人に移籍した。移籍1年目の1989年からは捕手へ復帰し、自身と同年齢でリーグMVPの経験者でもある山倉和博から開幕スタメンを奪うと、前年にカムバック賞を受賞した有田修三から正捕手の座も奪う。新天地でも強気のリードで投手陣を牽引し、才能がありながらも伸び悩んでいた斎藤雅樹に「インコースをもっと使え」とアドバイス。更に「絶対に構えたところに投げろとは言えない。内角付近でいい。」と斎藤の心理的負担を軽減し、この年の斎藤は11試合連続完封勝利を含む20勝を挙げてリーグMVPを獲得。斎藤をエースとして一本立ちさせただけでなく、古巣の中日戦で小松辰雄を相手に打撃で好成績を残すなど活躍。チーム防御率が12球団トップの2.56を記録し、2年ぶりのリーグ優勝と8年ぶりの日本シリーズ制覇に貢献。同年はオールスターにもファン投票選出で5年ぶりの出場を果たすなど復活したほか、7年ぶりにベストナイン・ゴールデングラブ賞にも選出される。中日の投手として20勝を挙げたトレード相手の西本と共に、カムバック賞を受賞。出場試合数・打撃成績共に前年を下回っていたが、前年に一旦外野手にコンバートされて再び捕手にコンバートし、巨人の投手陣をリードするなど活躍したことが評価されたという、現在に至るカムバック賞受賞者の中でも異色の受賞となった。1990年以降は再び故障が続き、その間に村田真一等の若手の台頭の影響で、一軍公式戦への出場機会が減り続けた。1992年のシーズン途中に、大久保博元との交換トレードで西武ライオンズに移籍。西武移籍後は再び外野も守るようになったが、出番は更に減少。1993年6月11日オリックス戦(西武)で延長11回に代打として出場し、星野伸之から移籍後初安打となるサヨナラ本塁打を放つ。ヤクルトとの日本シリーズでは10月24日の第2戦(西武)で途中出場するが、シリーズ終了後に戦力外通告を受ける。通算1000試合出場にはあと20試合を残し、同年引退。

引退後は西武(1994年編成担当, 1995年二軍打撃兼バッテリーコーチ, 1996年一軍バッテリーコーチ, 1997年一軍バッテリーコーチ, 1998年二軍バッテリーコーチ)、三商1999年監督)、横浜2000年 - 2001年二軍バッテリーコーチ)、オリックス(2002年二軍監督兼打撃コーチ, 2003年一軍ヘッド兼バッテリーコーチ)、阪神2004年二軍打撃コーチ, 2005年 - 2006年二軍バッテリーコーチ, 2007年 - 2008年編成部イースタン・リーグ担当, 2009年 - 2016年関東地区担当スカウト)で監督・コーチ・フロントを歴任。西武時代は当初二軍を担当したものの、1995年オフに一軍総合コーチの毒島章一が成績不振の引責という形で退任し、後任に一軍バッテリーコーチの大石友好が横滑りしたため一軍に昇格。1997年には須藤豊を一軍ヘッドコーチに招聘したため、大石が一軍バッテリーコーチに復帰した玉突きで再び二軍に配置転換された。西武退団後の1999年1月からは台湾に渡り、三商タイガースの臨時コーチを務めていたが、6月26日に前監督の更迭を受けて監督に昇格。チームの再建に成功したが、来季は台湾人監督にする意向もあって退任。11月3日に帰国したが、後にチームは921大地震の影響で解散。オリックス時代の2003年6月8日、シーズン途中でコーチ職を解任される。解任理由として当時の球団本部長・矢野清は「成績不振が直接の原因ではなく、ヘッドコーチとしての役割を果たしていなかった」と話した[3]。阪神コーチ就任時に縦縞のユニフォームを着た際は「憧れだった。一度このユニフォームを着てみたかったんだ」と感激。スカウトに転じてからは原口文仁[4]岩崎優[5]などの獲得に尽力。阪神退団後の2017年には、日本学生野球協会から、2月7日付で学生野球資格回復に関する適性を認定[6]。この認定によって高校・大学の硬式野球部に所属する選手の指導が可能になったため、3月上旬から専大北上高の監督に就任[7][8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 中日 116 319 288 37 70 11 2 5 100 26 7 6 9 3 19 2 0 52 10 .243 .287 .347 .634
1982 119 434 394 47 111 12 2 18 181 47 7 2 6 6 28 7 0 61 3 .282 .325 .459 .784
1983 92 301 262 36 64 8 0 16 120 43 4 2 7 2 29 13 1 40 10 .244 .320 .458 .778
1984 76 237 208 35 67 14 1 12 119 35 5 1 6 1 22 4 0 35 1 .322 .385 .572 .957
1985 72 227 208 31 59 9 1 11 103 29 3 1 1 0 17 5 1 31 6 .284 .341 .495 .836
1986 98 318 294 42 70 14 2 9 115 20 2 3 1 1 20 4 2 63 9 .238 .290 .391 .681
1987 94 299 275 34 80 11 3 16 145 40 4 0 5 2 15 4 2 49 6 .291 .330 .527 .857
1988 95 285 256 29 67 15 3 7 109 35 5 2 10 3 14 0 1 45 3 .262 .299 .426 .725
1989 巨人 87 271 237 22 54 6 2 5 79 27 6 2 6 4 23 10 1 41 9 .228 .294 .333 .628
1990 56 135 114 17 29 2 0 7 52 18 0 0 2 4 14 4 0 20 3 .254 .326 .456 .782
1991 31 59 53 5 14 2 1 1 21 5 1 2 0 0 3 0 3 10 3 .264 .339 .396 .735
1992 5 22 20 2 6 0 2 1 13 5 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .300 .364 .650 1.014
西武 9 13 12 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
'92計 14 35 32 2 6 0 2 1 13 6 0 0 0 1 2 0 0 8 0 .188 .229 .406 .635
1993 30 34 32 3 8 2 0 1 13 4 1 0 0 0 1 0 1 8 1 .250 .294 .406 .700
通算:13年 980 2954 2653 340 699 106 19 109 1170 335 45 21 53 27 207 53 12 463 64 .263 .317 .441 .758

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1981 107 80 44 36 .450 6
1982 119 98 56 42 .429 8
1983 87 97 67 30 .309 10
1984 68 37 20 17 .459 4
1985 70 44 31 13 .295 5
1986 97 43 30 13 .302 5
1987 87 53 32 21 .396 3
1989 86 62 41 21 .339 2
1990 55 23 18 5 .217 1
1991 27 17 15 2 .118 1
1992 9 6 6 0 .000 0
1993 13 2 1 1 .500 0
通算 825 562 361 201 .358 45

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1990年5月16日、対ヤクルトスワローズ7回戦(平和台球場)、8回裏に金沢次男からソロ ※史上159人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 9 (1981年 - 1988年)
  • 22 (1989年 - 1992年途中)
  • 14 (1992年途中 - 1993年)
  • 75 (1995年 - 1998年、2000年 - 2003年)
  • 79 (2004年 - 2006年)

関連情報[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]