太田誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
太田 誠
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜松市
生年月日 (1936-05-20) 1936年5月20日(82歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 駒澤大学 (1971 - 2005)

太田 誠(おおた まこと、1936年5月20日 - )は、静岡県浜松市出身の元社会人野球選手(内野手)。駒澤大学硬式野球部OB会長。元駒澤大学硬式野球部監督

来歴・人物[編集]

南部中学校で野球を始め、浜松西高等学校に進む。1954年夏の甲子園県予選では、三塁手、三番打者として、エース桶田和男(毎日)を擁し準々決勝に進出するが、興津立雄松浦三千男のいた静岡商に敗退。

高校卒業後は、駒澤大学へ進学し硬式野球部に入部。2年生から三塁手のレギュラーとなる。東都大学リーグでは日大専大など伝統校の壁が厚く、1958年春季リーグの2位が最高で、初優勝はならなかった。1956年春季、1958年秋季リーグで2度首位打者に輝く。リーグ通算92試合出場、307打数76安打、打率.248、1本塁打、27打点。ベストナイン1度受賞。

大学卒業後は、社会人野球電電東京に入社。1962年都市対抗日本ビールの補強選手として出場。1回戦で電電近畿と対決。日本ビールは小川健太郎立正佼成会から補強)から角谷隆らに継投、電電近畿はエース永易将之が好投して共に無得点のまま進む。大会史上最長記録の延長22回、サヨナラ本塁打を放ち、0-1でこの熱戦を制する。この大会では準々決勝で日本通運名古屋に敗退。その後も電電東京の中心打者として、1964年都市対抗で準々決勝に進出するなど、都市対抗に6回出場。8年間社会人野球で活躍し引退。

その後は電電公社で社業に就いていたが、1970年秋に駒澤大学硬式野球部が東都大学リーグ1部で最下位に沈み入れ替え戦に回ることになり、前任の小林昭仁が監督を辞任し監督不在となったことから急遽代理監督となる[1]。ここで何とか1部残留を果たしたことに加え、「駒大中興の祖」藤田俊訓らからの要請もあり、1971年春から正式に監督に就任。以来35年の長きにわたり指揮を執り、その間『駒大三羽ガラス』と呼ばれた中畑清二宮至平田薫の三人をはじめ、数多くの人材をプロ野球に輩出した。1974年全日本大学野球選手権大会優勝。その後も多くの野球大会で覇権を握る。

2005年の監督勇退後、生まれ故郷の静岡を選挙区とする城内実の後援会長に就任しバックアップに奔走、結果、第45回衆議院議員総選挙片山さつきを破り、城内の国政復帰に貢献した。

2012年1月15日、駒大野球部OB会総会が開かれ、横浜DeNAベイスターズ監督に就任した中畑清の後任として、駒澤大学硬式野球部OB会長に就任。任期は2012年11月下旬まで。

愛称はオヤジ。

エピソード[編集]

  • 明治大学硬式野球部監督の島岡吉郎とも深い交流があり、その事は自著でも述懐している。
  • 指導した主なプロ野球選手には石毛宏典白井一幸広瀬哲朗新谷博野村謙二郎若田部健一高橋尚成新井貴浩武田久らがいる。
  • 座右の銘は「姿即心、心即姿」である。
  • 1994年秋のドラフト会議で駒大推薦入学が決定していた城島健司を当時の福岡ダイエーホークスが1位指名したことに激怒。「今後絶対にダイエーに駒大の学生を入団させない!」と発言し、問題となる(後に和解)。
  • 1997年野村謙二郎がFA権を取得した際、メジャーリーグ球団からオファーがきていたが、電話を使って五時間にわたり説得。広島残留を決めた。
  • 2005年秋季リーグを最後に駒澤大学野球部監督を勇退。35年間の監督生活に幕を降ろした。この間の東都大学リーグでの勝利は前人未到の501勝をあげた。(監督としての生涯戦績は501勝393敗19分け、リーグ優勝22回、全日本大学選手権優勝5回、明治神宮大会優勝4回、2部降格は1季のみ。監督通算501勝は全国歴代監督最多であったが、東洋大学の高橋昭雄に抜かれ、2位)

キャリア・経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]