植松精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
植松 精一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県富士市
生年月日 (1955-10-10) 1955年10月10日(64歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 ドラフト2位
初出場 1978年
最終出場 1982年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

植松 精一(うえまつ せいいち、1955年10月10日 - )は、静岡県富士市[1]出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

静岡高校では1973年夏の甲子園中堅手として出場。2年生エース秋本昌宏(亜大)を擁し、水野彰夫(法大)、白鳥重治(早大日産自動車)とクリーンアップを組み、順調に勝ち進む。2回戦(初戦)で海星高から大会第7号本塁打を放つ。決勝では佃正樹投手を擁する広島商と対戦するが、9回裏2-3xでサヨナラ負け、準優勝にとどまった[1]。高校通算本塁打は36本だが、当時はまだ木製バットしか使われていなかったということを考えると驚異的な記録であることが伺える[1]。高校時代の植松は高校生のバッターとしては最も完成された打者であり、同じ左打者の掛布雅之(当時習志野高に在籍)が目標にしていた。

法政大学に進学。同期の江川卓袴田英利金光興二島本啓次郎らと、四連覇を含む5回の東京六大学野球リーグ優勝に貢献し、法政黄金期を創る。1976年から明治神宮野球大会で2年連続優勝。1976年1977年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。リーグ通算90試合出場、306打数84安打、打率.275、3本塁打、34打点。ベストナイン2回。

1977年ドラフト2位で阪神タイガースに入団。一年目の1978年から104試合に出場。開幕直後から64試合に先発を果たし、二番打者への定着が期待されたが打撃面で伸び悩む。翌1979年は春のキャンプで左足肉離れになり出遅れ、先発出場は終盤の2試合にとどまる。その後も故障が続き打率も低迷、1983年オフに自由契約となった[1]

引退後は郷里の静岡に戻ったが、その関係で西暦奇数年に草薙球場で開催される「巨人対阪神OB戦」には必ず出場している。

静岡高校の1年後輩に「電波少年シリーズ」(日本テレビ)プロデューサーの土屋敏男がいる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 阪神 104 259 227 28 45 9 3 2 66 14 4 2 9 0 23 4 0 47 1 .198 .272 .291 .563
1979 42 41 38 6 7 2 0 0 9 1 0 0 1 1 1 0 0 9 1 .184 .200 .237 .437
1980 18 26 25 3 5 0 0 0 5 2 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .200 .231 .200 .431
1981 50 88 79 4 14 2 1 0 18 5 1 1 4 0 5 0 0 24 1 .177 .226 .228 .454
1982 6 8 7 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 .143 .143 .143 .286
通算:5年 220 422 376 42 72 13 4 2 99 22 5 3 15 1 30 4 0 88 4 .191 .251 .263 .514

背番号[編集]

  • 1 (1978年 - 1983年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、78ページ