島本啓次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
島本 啓次郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県下津町
生年月日 (1955-07-15) 1955年7月15日(63歳)
身長
体重
181 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

島本 啓次郎(しまもと けいじろう、1955年7月15日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

箕島高校では、1973年春季近畿大会決勝で郡山高を降し優勝。同年夏の甲子園左翼手、四番打者として出場したが、1回戦で堀場秀孝らがいた丸子実(長野)に4-9で敗退した[1]。大会での打撃成績は4打数2安打。

高校卒業後は、法政大学に進学。同期のエース・江川卓をはじめ金光興二植松精一袴田英利らと同大学野球部の黄金期を築く。上述のほとんどのメンバーが1年時から試合に出場し、「花の(昭和)49年(=1974年)組」と騒がれた。島本も1年から四番打者を任され、4年間で満塁ホームランを2度記録、1976年春季リーグでベストナインに選出される。

東京六大学リーグでは4連覇を含む5回優勝、1976年から明治神宮野球大会でも2年連続優勝。1977年の同大会では決勝で東海大を降すが、当時の四番打者は島本、五番打者は江川。一方の東海大の二番打者は、1年生の原辰徳だった。

1977年秋のドラフト6位指名で、読売ジャイアンツに入団。強肩俊足の長距離打者として期待されるがプロの変化球に対応できず、肩の故障もあって一軍での出場機会はなかった。1981年のシーズン途中に、金銭トレードで近鉄バファローズに移籍。ここでも一軍の試合に出場できず、1983年オフに引退している。

実兄は、元プロ野球選手の島本講平(箕島高-南海近鉄)。兄・講平とは、バファローズで2年半(1981年途中から引退まで)チームメイトとして一緒にプレーした。

現在は、故郷の和歌山県海南市下津町にある塩津郵便局の局長を務めている。

テレビ朝日のアナウンサー・島本真衣は姪。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 49 (1978年)
  • 59 (1979年 - 1983年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]