岡村隆則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡村 隆則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県柳井市
生年月日 (1954-10-02) 1954年10月2日(64歳)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1980年 ドラフト2位
初出場 1981年4月4日
最終出場 1988年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

岡村 隆則(おかむら たかのり、1954年10月2日 - )は、西武ライオンズに所属した元プロ野球選手である。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

山口県立柳井高等学校では3年時の1972年に、左翼手として夏の甲子園に出場。杉本義勝投手の好投もあり決勝まで勝ち進む。しかし津久見高校のエース水江正臣に抑えられ、惜しくも優勝を逸した[1]

卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは、1年上のエース田村政雄を擁し優勝2回。1973年全日本大学野球選手権大会決勝で愛知学院大を降し優勝。1974年明治神宮野球大会でも、決勝で江川卓らのいた法大を破り優勝している。1976年には日米大学野球選手権代表となる。リーグ通算97試合に出場し、365打数96安打、打率.263、2本塁打、16打点という記録を残している。同リーグのベストナイン(外野手)にも2回選出された。

大学卒業後は河合楽器に入社。1979年には日本楽器の補強選手として都市対抗に出場し、チームの準決勝進出に貢献[2]1980年には日本で開催された第26回アマチュア野球世界選手権の日本代表に選出され、銅メダル獲得に貢献している。同年の都市対抗にも河合楽器の一番打者として連続出場を果たす[2]。チームメートに同じ中大出身の小川淳司熊野輝光がいた。1981年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。

即戦力として期待され、1982年には右翼手中堅手として57試合に先発出場。同年の日本シリーズでは全試合に出場、15打数6安打1打点を記録する。しかし層の厚い西武外野陣ではなかなかレギュラーには定着できなかった。1985年には西岡良洋中堅手の定位置を争い、67試合に先発出場。5月22日にはサイクル安打を達成した。同年の日本シリーズでも全試合に出場し、19打数4安打2打点ながら、第3戦では決勝の三塁打、シリーズ初本塁打を放つなど印象的な活躍をした。その後出場機会が漸減、1988年限りで現役引退。

打撃面の弱さもあって下位打線に回らざるを得ず、必ずしも真価を発揮できたとは言えない。外野守備のスペシャリストとして試合終盤に登場することが多かったが、西武黄金時代づくりに貢献した。

引退後はスカウトを経て、2008年から2009年まで一軍外野守備走塁、一塁ベースコーチを務め2010年から再びフロント入り。2012年現在、ライオンズアカデミーの校長を務める。

河合楽器時代、ピアノ調律師の資格を取得している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 西武 55 97 86 13 15 2 1 2 25 6 4 3 3 0 7 0 1 12 0 .174 .245 .291 .535
1982 99 199 172 18 37 7 0 2 50 17 5 8 10 0 16 1 1 27 0 .215 .286 .291 .577
1983 55 66 58 14 13 1 2 1 21 9 4 2 4 0 3 0 1 7 1 .224 .274 .362 .636
1984 45 88 69 5 13 3 0 0 16 5 2 2 7 0 10 0 2 9 0 .188 .309 .232 .541
1985 119 260 224 31 54 7 4 4 81 38 9 5 14 3 19 0 0 25 0 .241 .297 .362 .658
1986 82 53 49 12 16 0 2 1 23 5 4 3 0 0 4 0 0 4 0 .327 .377 .469 .847
1987 37 13 11 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .091 .231 .091 .322
1988 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:8年 493 776 669 95 149 20 9 10 217 80 28 23 38 3 61 1 5 87 1 .223 .291 .324 615

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (1981年 - 1988年)
  • 82 (2008年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」410ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]