池田親興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田 親興
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 (1959-05-17) 1959年5月17日(57歳)
身長
体重
181 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト2位
初出場 1984年4月8日
最終出場 1995年6月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

池田 親興(いけだ ちかふさ、1959年5月17日 - )は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

高鍋高等学校入学時より野球を始める。1976年、2年生の時にエースとして夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、日南高に敗退。翌年も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。1977年のドラフト会議では阪神タイガースに4位指名されるが、進学を理由に入団拒否し、スポーツ推薦入学で法政大学に進学。2年上に住友一哉、2年下に和田護(日産自動車)と好投手がおり、東京六大学リーグでは4年次の秋季リーグで2勝するにとどまった。大学同期には川端順がいた。

卒業後日産自動車に入社(実際には日産自動車在籍中にも法大に在学していた)。1982年都市対抗に出場し、準決勝に進出するが、エース石井毅を擁する住友金属に敗退。翌1983年同大会では法大同期の川端が所属する東芝に補強され、チームの優勝に貢献する。同年はロサンゼルスオリンピック予選日本代表に選出され、代表決定戦台湾郭泰源と投げ合うが9回裏サヨナラ負け(しかし同五輪をボイコットしたキューバに代り日本が出場権を獲得)。1983年のドラフト会議で改めて阪神から2位指名され入団[1]

1984年にルーキーながら終盤まで9勝をマークし、2ケタをかけて中日最終戦(甲子園)に先発したが、同僚の掛布雅之と当日の対戦相手の宇野勝が本塁打争いをしていたため、必然的に宇野を歩かさなければならず、苦しいピッチングを強いられたが(4度歩かせ、2度は得点になっている)、2-2の7回裏に阪神が4点を勝ち越して、リードしたままマウンドを降りた。しかしながら後続が打たれて2ケタ勝利を逃す。参考までにこの時の中日の勝利投手は仁村徹であり、初登板初勝利であったと共に、翌年から打者転向した事により結果的に最後の勝利であった。1985年開幕投手に指名(翌1986年も務めた)され、チームの日本一に貢献し、1985年の日本シリーズでは初登板で完封勝利を飾った。このとき、試合後に「今日に限って言えば(リーグ6位の)ヤクルトの方が怖かった」と発言したが、後の加藤哲郎のような形で取り上げられることはなかった。

若手時代、長めの髪(マッチカット)と風貌から“球界のマッチ(近藤真彦)”と言われていて、1985年の阪神タイガース優勝時のエースで、岡田彰布サンガリアのCMに出演していた。

1986年は当初は好調だったものの、怪我でシーズンの大半を棒に振った。それを境に相次ぐ故障や不調のために満足な成績を挙げることができず、1991年大野久等と共に福岡ダイエーホークスに移籍[2]

移籍後は開幕から先発ローテーションに加わったもののチーム事情でシーズン途中にリリーフに転向しストッパーに抜擢され2年連続二桁セーブを記録するなど活躍した。1993年から監督が田淵幸一から根本陸夫に変わってからは起用法が変わり低迷し、1994年オフにダイエーを自由契約となり、1995年ヤクルトスワローズに移籍。同年、ヤクルトは日本一に輝いたが、右肘を痛め戦線離脱したため貢献することは出来ず。同年オフに現役引退。

1996年はダイエースカウトを務め、1997年からはダイエー守備走塁コーチとなった島田誠の後任としてテレビ西日本フジテレビ解説者に就任。西日本スポーツ野球解説者を務める。

愛称はチカドンチカさんチカ

エピソード[編集]

  • 解説者としてプロ野球ニュースにも出演することがあったが、最初のころは口下手で、よく言い間違いをしたり、言うことを忘れてどぎまぎし、福井謙二アナからも「これも池田ギャグですね」とつっこまれることもあった。当時を覚えている人から、普通の解説者並みか、それ以上しゃべるのがうまくなった現在の池田を見て、「しゃべるのが下手でも、慣れればうまくなるものですね」などと池田から勇気付けられたとよく言われるという。
  • 阪神に所属していた最後のシーズン中に、出身校である高鍋高校の同窓会に参加し、その時、同会に参加していたある卒業生から、「息子が池田さんのファンなのでサインをいただけませんか。」と言われ、「○○君へ」という言葉と共にパンフレットにサインした。サインをもらった卒業生の子供は持病の症状が重く、運動があまりできない子供だったが、野球が大好きで、特に池田に憧れていたという。父親からサインを受け取った子供は大変喜び、その後ずっとサインを自室に飾っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 阪神 29 20 4 2 0 9 8 0 -- .529 644 152.1 142 16 73 3 5 96 3 0 78 66 3.90 1.41
1985 32 23 3 1 0 9 6 0 -- .600 668 151.2 153 18 69 4 5 82 2 0 79 75 4.45 1.46
1986 11 10 4 1 0 4 4 0 -- .500 293 68.0 72 6 25 1 1 47 2 0 32 24 3.18 1.43
1987 28 24 1 0 1 5 13 0 -- .278 574 124.0 167 19 46 6 2 75 1 0 96 84 6.10 1.72
1988 28 24 6 1 0 7 10 0 -- .412 615 139.0 152 16 61 2 3 71 3 2 71 62 4.01 1.53
1989 14 13 2 0 0 2 8 0 -- .200 279 61.2 77 8 24 1 3 48 2 0 46 46 6.71 1.64
1990 15 13 1 0 0 2 7 0 -- .222 321 73.0 69 3 36 2 4 46 2 0 40 33 4.07 1.44
1991 ダイエー 38 3 1 0 0 6 4 13 -- .600 364 83.2 81 6 39 7 1 49 1 0 36 34 3.66 1.43
1992 34 1 0 0 0 8 4 14 -- .667 256 59.1 61 7 27 5 2 25 2 1 28 27 4.10 1.48
1993 31 0 0 0 0 1 4 3 -- .200 182 40.0 49 4 17 0 3 15 2 0 27 25 5.63 1.65
1994 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 3.0 8 2 1 0 0 2 0 0 8 7 21.00 3.00
1995 ヤクルト 13 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 74 15.0 19 2 8 0 1 14 1 0 13 11 6.60 1.80
通算:12年 277 131 22 5 1 53 69 30 -- .434 4288 970.2 1050 107 426 31 30 570 21 3 554 494 4.58 1.52

記録[編集]

投手記録
  • 初登板 1984年4月6日、対巨人戦(後楽園) 8-8 8回1死一・二塁で登板。中畑清に適時二塁打を喫しそのまま降板
  • 初勝利 1984年4月12日、対大洋戦(甲子園) 4-3 先発し8回1/3を3失点
  • 初完投 1984年5月11日、対巨人戦(甲子園) 5-1 被安打4 奪三振5 四死球8
  • 初完封 1984年7月27日、対広島戦(甲子園) 3-0 被安打6 奪三振3 四死球1
  • 初セーブ 1991年5月22日、対日本ハム戦(東京ドーム) 11-4 7回より登板、3回を無失点
打撃記録

背番号[編集]

  • 18 (1984年 - 1990年)
  • 21 (1991年 - 1994年)
  • 28 (1995年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに1位指名並みの条件だった(同年のドラフト1位は中西清起)。
  2. ^ このトレードは4対5の大型トレードで、阪神からは池田、大野の他に渡真利克則岩切英司がダイエーに移籍。ダイエーからは藤本修二吉田博之西川佳明右田雅彦近田豊年が阪神に移籍。

外部リンク[編集]