松沼雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松沼 雅之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都墨田区
生年月日 (1956-07-24) 1956年7月24日(61歳)
身長
体重
181 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1979年4月11日
最終出場 1988年6月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

松沼 雅之(まつぬま まさゆき、1956年7月24日 - )は、東京都墨田区出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ

現役時代は、西武ライオンズに在籍。兄は元西武投手の松沼博久で、西武在籍当時は「松沼兄(=博久)」「松沼弟(=雅之)」と呼ばれていた。通称「オトマツ」「おとやん」。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

東京都墨田区から千葉県流山市に転居。当時の茨城県の公立高校は越境入学が可能であったため、取手二高に進学。エースとして1974年夏の甲子園県予選決勝に進む。土浦日大高工藤一彦と投げ合うが1-3で惜敗、甲子園出場を逸した。

卒業後は東洋大学に進む。東都大学リーグでは1976年秋季リーグで、8勝1敗の好成績をあげ、チームのリーグ初優勝に貢献した。同年の明治神宮野球大会では準決勝で早大に敗退。1978年秋季リーグで2度目の優勝を飾る。同年の明治神宮野球大会でも決勝に進出するが、エース中本茂樹を擁する同志社大に敗れ準優勝にとどまる。1977年から日米大学野球選手権大会の代表に2年連続で選出され、1978年の大会では3勝をあげ日本の優勝に貢献、同大会の最高殊勲選手となった。リーグ通算85試合登板し39勝26敗、防御率1.84、376奪三振。39勝は芝池博明の41勝に次ぎ、田村政雄と並ぶ2位タイ。15完封勝利は当時のリーグ記録。最高殊勲選手2回、最優秀投手3回、ベストナイン3回。1年上のチームメートに達川光男がいた。

現役時代[編集]

1978年オフ、読売ジャイアンツとの激しい争奪戦の末、兄の博久と共に[[ドラフト外入団|ドラフト外]で西武ライオンズに入団。

1979年はルーキーながら先発陣の一角に起用される。同年は4勝にとどまるが、翌年から5年連続で2桁勝利を記録した。1982年からの2年連続日本一に貢献。1983年日本シリーズでは4試合に登板し1勝をあげる。しかし1985年以降は故障で満足な成績を残せず、1989年限りで引退。東尾修らとともに西武の黄金時代を支えた脇役である。また、「兄やん」と呼ばれた博久に対し、「オトマツ」の通称があった。1984年5月11日の対近鉄バファローズ戦で、有田修三への危険球により球史上3人目の退場者になっている[1]

解説者、指導者として[編集]

引退後は1990年から1999年まではテレビ朝日テレビ埼玉文化放送で野球解説者として活動。コーチとしては2000年は西武一軍投手コーチ、2001年から2003年途中までは二軍投手コーチ、一軍の投手陣の不振で二軍に降格した博久の後任として2003年シーズン終了後まで一軍投手コーチを務めた。コーチ退任後は再び2004年から現在までテレビ埼玉・文化放送の解説者となる。

2007年より、茨城トヨペット2010年より休部中)の総合コーチに就任[2]

2016年より、独立リーグベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスで投手コーチを務める[3]。 前期終了をもって体調不良により退団。

趣味[編集]

インベーダーゲームの頃からのコンピューターゲーム愛好家で、ドラゴンクエストシリーズIXまですべてプレーしている。当時プロ野球選手でゲームをやる人はほとんどいなかったという(2009年9月24日 斉藤一美 うるわしの夜での発言)。

西武入団の経緯[編集]

当時西武球団社長であった坂井保之によると、当初博久は東京ガスに残留、雅之もプロ入りせずに東京ガス入社と語っていたが、その情報を得た西武球団側は巨人による囲い込み(ドラフト外での入団)と判断。毒島章一を松沼兄弟専属担当スカウトにさせ、巨人との交渉が煮詰まった頃合いを見計らい毒島と戸田博之根本陸夫が会食に誘い西武入団を決断させた。また巨人は2人合わせて1億2千万の契約金を提示していたところ、西武は1億5千万円を提示したと記している[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 西武 39 11 1 0 0 4 5 3 -- .444 426 96.2 103 12 37 4 4 57 0 0 62 49 4.56 1.45
1980 33 24 11 1 1 12 7 1 -- .632 733 175.1 171 26 48 0 4 123 0 0 85 78 4.00 1.25
1981 30 25 11 4 1 12 8 3 -- .600 785 189.2 166 22 60 1 8 83 2 0 77 73 3.46 1.19
1982 31 24 6 3 0 11 8 0 -- .579 725 172.2 158 16 63 3 8 110 3 0 59 53 2.76 1.28
1983 28 28 15 3 2 15 8 0 -- .652 864 216.0 165 24 62 2 4 112 1 0 82 78 3.25 1.05
1984 26 26 7 1 2 11 8 0 -- .579 741 178.1 159 17 59 3 8 86 2 0 78 73 3.68 1.22
1985 7 5 0 0 0 0 2 0 -- .000 104 21.2 25 2 16 0 1 6 0 0 17 17 7.06 1.89
1986 25 6 0 0 0 3 4 0 -- .429 278 63.1 74 12 21 1 2 35 2 0 33 31 4.41 1.50
1987 21 0 0 0 0 1 1 5 -- .500 112 27.0 25 2 10 3 0 12 1 0 6 6 2.00 1.30
1988 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 1.2 4 0 0 0 0 1 0 0 2 2 10.80 2.40
通算:10年 241 149 51 12 6 69 51 12 -- .575 4777 1142.1 1050 133 376 17 39 625 11 0 501 460 3.62 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 16 (1979年 - 1989年)
  • 71 (2000年 - 2003年)
  • 87 (2016年)

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本プロ野球事件史―1934ー2013、2013年、ベースボール・マガジン社、P111
  2. ^ “チーム情報 登録・変更情報 2007年”. 日本野球連盟. http://www.jaba.or.jp/team/touroku/2007.html 2016年6月1日閲覧。 
  3. ^ “投手コーチ就任のお知らせ”. BCリーグ. (2014年11月25日). http://www.bc-l.jp/team_news/gunma_news/9876 2015年11月25日閲覧。 
  4. ^ 坂井保之・永谷脩『西武と巨人のドラフト10年戦争』宝島社刊、ISBN 978-4800207609 2013年6月7日発行(88-92ページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]