工藤一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
工藤 一彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県筑波郡谷田部町(現:つくば市
生年月日 (1956-05-20) 1956年5月20日(61歳)
身長
体重
186 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト2位
初出場 1978年8月11日
最終出場 1990年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

工藤 一彦(くどう かずひこ、1956年5月20日 - )は、青森県生まれ、茨城県出身の元プロ野球選手投手)、野球解説者

経歴[編集]

土浦日大高校では、1974年春夏の甲子園にエースとして出場。いずれも高校として初出場であった。春の選抜では1回戦で新居浜商を降すが、2回戦で報徳学園に惜敗[1]夏の選手権県予選決勝で取手二高松沼雅之に投げ勝っての出場。2回戦(初戦)で原辰徳らのいた東海大相模と延長16回の熱戦の末2-3xでサヨナラ負け[2]。同年の茨城国体(水と緑のまごころ国体)にも出場、決勝で銚子商土屋正勝に投げ勝ち優勝を飾る。

高校同期では捕手の荒川俊男(巨人)、中堅手の林真人(阪神)がプロ入りしている。当時は土屋、定岡正二永川英植とともに「高校四天王」と呼ばれ、各球団から注目された。

1974年のドラフト2位で阪神入団。大器として期待されたが二軍暮らしが続く。プロ初勝利は5年目の1979年6月24日阪神甲子園球場での巨人戦だった。ただし「四天王」の中では1人だけドラフト2位指名ながら、プロの通算勝利数・現役実働年数は共に最多である。同年は先発陣の一角に定着し7勝、1982年には初の二桁勝利(11勝)に到達し、オールスターゲームにも選出された。1983年は自己最多の13勝を記録する。1985年から主として中継ぎに回り、同年のリーグ優勝にも貢献。西武との日本シリーズにも第3戦に登板している。1990年限りで現役引退

学生時代は陸上競技の経験があり、愛称「ぞうさん」のイメージとは裏腹に俊足だった。

1985年4月17日、甲子園での巨人戦に先発し7回3失点で交代したが、直後にバックスクリーン3連発があり、最終的に勝利投手となる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 2 0 0 0 0 0 1 0 2 5
阪神 1 0 0 0 0 0 5 0 x 6

1991年からサンテレビ野球解説者サンケイスポーツ評論家(大阪)として活躍した。現在はテレビでは地上波を離れCS放送向けに阪神戦中継を制作するTigers-aiGAORAスカイ・Aスポーツプラス)で、新聞ではスポーツ報知で野球解説を行なっている。

長男はNPB審判員工藤和樹で、関大一高時代に久保康友と共に1998年春夏の甲子園に出場している(久保がエースで、和樹が控え投手だった)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 0.2 5 0 0 0 0 0 0 0 5 5 67.50 7.50
1979 31 18 2 0 0 7 8 0 -- .467 493 119.0 109 17 35 5 2 83 2 0 63 54 4.08 1.21
1980 31 18 0 0 0 5 10 0 -- .333 538 125.2 140 21 29 3 3 79 1 0 70 57 4.07 1.34
1981 32 25 3 1 1 9 9 0 -- .500 684 163.2 163 22 42 3 3 99 3 2 75 69 3.79 1.25
1982 35 32 1 0 0 11 8 2 -- .579 857 204.1 208 12 52 6 0 96 1 0 81 68 3.00 1.27
1983 32 30 5 3 0 13 10 1 -- .565 754 175.1 177 24 62 4 2 66 3 1 87 81 4.16 1.36
1984 25 20 3 1 0 7 5 0 -- .583 445 102.1 117 19 29 2 1 39 1 0 62 58 5.10 1.43
1985 30 6 0 0 0 6 3 0 -- .667 313 75.0 80 15 14 1 1 40 1 0 38 32 3.84 1.25
1986 38 5 0 0 0 5 0 1 -- 1.000 362 86.2 94 8 21 5 1 49 1 0 39 36 3.74 1.33
1987 32 14 2 1 0 3 9 0 -- .250 437 104.0 113 19 18 2 1 57 2 0 55 50 4.33 1.26
1988 12 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 74 17.1 21 2 4 0 0 10 0 0 9 9 4.67 1.44
1989 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 7.2 13 2 2 0 0 4 0 0 8 8 9.39 1.96
1990 4 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 5.0 8 1 2 1 0 1 0 0 6 6 10.8 2.00
通算:13年 308 170 16 6 1 66 63 4 -- .512 5026 1186.2 1248 162 310 32 14 623 15 3 598 533 4.04 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回:1986年6月12日、対中日ドラゴンズ12回戦(ナゴヤ球場)、5回表2死目に達成
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1975年 - 1978年)
  • 26 (1979年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]