毒島章一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
毒島 章一
Shoichi Busujima 1959 Scan10013.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県桐生市
生年月日 (1936-01-14) 1936年1月14日(82歳)
身長
体重
179 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1954年
初出場 1954年4月3日
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東映フライヤーズ
    日拓ホームフライヤーズ (1969 - 1973)
  • 西武ライオンズ (1980 - 1982, 1986 - 1987, 1995)

毒島 章一(ぶすじま しょういち、1936年1月14日 - )は、群馬県桐生市出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ解説者

戸籍上の登録は「毒嶌」。

ミスターフライヤーズ」と称された。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

桐生高校では1951年夏の甲子園に控え投手として出場するが、1回戦で西山和良のいた県和歌山商に敗退[1]。2年上のチームメートに一塁手の中静唯八(西鉄)がいた。1953年夏の甲子園予選では北関東大会1回戦に進むが、宇都宮商に日没コールド負け。高校ではノーヒットノーランを達成したこともあるが、肘を痛めてしまう。また左打者になったのも高校時代である。

現役時代[編集]

1954年東映フライヤーズへ入団。同年の開幕直後は三塁手として起用されるが、すぐに外野手に回りレギュラーを獲得する。1957年には打率.307(ベストテン3位)を記録、翌1958年にも打率.306で中西太に次ぐベストテン2位に入る。1962年のリーグ初優勝に貢献、阪神タイガース日本シリーズで降し日本一に輝く。同シリーズでは全試合に先発するが、29打数3安打1打点と真価を発揮できなかった。その後もレギュラー外野手として活躍するが、1969年にコーチ兼任となる。1971年には、ほぼコーチ専任となり通算2000本安打達成まであと23本というところであったが試合に出場することは無かった(偵察メンバーとして4試合だけスタメンに名を連ねた)。田宮謙次郎監督の「2000本安打は達成したも同然。」という声もあり、同年限りで現役引退。

外野手の間を抜く巧打が特徴の選手で、リーグの三塁打王を4回獲得、『三塁打の毒島』と呼ばれた。通算でも福本豊に次ぐ106三塁打の記録を持っている。1957年6月23日サイクル安打を達成。1968年は通算100本塁打を記録したが、これは2009年広島石井琢朗に更新されるまで出場試合数では最スロー記録だった(プロ在籍年数では石井琢およびヤクルト八重樫幸雄の21年目)。東映フライヤーズ一筋18年、『ミスターフライヤーズ』の称号を得る。

当時のチームは張本勲土橋正幸山本八郎安藤順三ジャック・ラドラ大杉勝男白仁天大下剛史尾崎行雄など荒くれ揃いの中、その温厚な性格と人柄により、永きに渡りフライヤーズの主将を務めた。

引退後[編集]

引退後は東映・日拓(1972年 - 1973年二軍打撃コーチ)、太平洋・クラウン・西武1978年 - 1979年1983年 - 1985年1988年 - 1993年スカウト, 1980年 - 1982年二軍打撃コーチ, 1986年1987年1995年一軍総合コーチ)でコーチ・スカウトを歴任。西武スカウト時代には「球界の寝技師」の異名を持つ根本陸夫監督の腹心として、巨人に決まりかけていた松沼博久雅之兄弟を逆転で獲得するなど手腕を発揮。黄金時代を裏から築き上げた。1998年からはCS放送J SPORTSの解説者を務めていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 東映 103 319 284 26 75 13 4 1 99 35 8 4 0 4 28 -- 2 54 3 .264 .334 .349 .683
1955 133 540 486 57 145 16 12 6 203 50 17 10 2 5 46 3 1 45 5 .298 .360 .418 .778
1956 149 609 541 56 144 23 5 5 192 43 16 4 9 4 52 3 3 50 5 .266 .334 .355 .689
1957 127 514 460 56 141 21 13 9 215 43 15 7 3 3 45 4 3 41 1 .307 .372 .467 .839
1958 116 489 441 62 135 21 7 2 176 30 11 5 2 1 42 7 2 35 4 .306 .369 .399 .768
1959 103 370 335 46 84 15 7 5 128 26 10 1 1 0 34 4 0 25 3 .251 .320 .382 .702
1960 119 448 406 53 111 14 2 7 150 31 12 3 4 1 34 2 1 37 2 .273 .331 .369 .701
1961 139 631 566 82 166 38 11 3 235 41 14 10 7 2 54 2 2 69 1 .293 .357 .415 .772
1962 132 552 473 65 136 17 11 12 211 77 27 8 13 10 55 0 1 57 3 .288 .363 .446 .809
1963 69 286 253 36 65 8 4 8 105 31 4 3 3 1 28 0 1 26 2 .257 .333 .415 .748
1964 149 647 598 63 160 22 6 13 233 60 14 5 4 4 40 0 1 43 11 .268 .315 .390 .704
1965 132 498 453 55 120 22 4 12 186 44 9 10 7 3 34 1 1 34 2 .265 .318 .411 .728
1966 125 500 456 58 136 18 9 7 193 44 10 2 5 3 30 1 6 32 6 .298 .350 .423 .773
1967 127 483 438 38 110 14 2 5 143 34 8 4 5 2 37 0 1 40 8 .251 .311 .326 .637
1968 121 430 394 52 108 10 3 12 160 39 5 2 12 2 21 2 1 50 4 .274 .313 .406 .719
1969 105 382 344 41 90 11 3 10 137 39 5 2 3 1 30 0 4 27 0 .262 .328 .398 .726
1970 103 247 220 19 51 3 3 5 75 21 6 4 0 1 25 3 0 18 4 .232 .310 .341 .651
1971 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:18年 2056 7945 7148 865 1977 286 106 122 2841 688 191 84 80 47 635 32 30 683 64 .277 .338 .397 .736
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

  • サイクルヒット:1回(1957年6月23日、対近鉄パールス戦、駒沢球場) ※史上13人目
  • オールスターゲーム選出:8回 (1956年 - 1958年、1960年 - 1962年、1965年、1966年)
  • 通算1000試合出場:1962年4月19日(68人目)
  • 連続無併殺打パ・リーグ記録:900打席(1961年4月22日 - 1962年8月1日)※NPB歴代2位記録

背番号[編集]

  • 33 (1954年 - 1971年)
  • 72 (1972年 - 1973年)
  • 77 (1980年 - 1981年)
  • 87 (1982年)
  • 82 (1986年 - 1987年)
  • 71 (1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

【4月19日】1970年(昭45) 足踏みしましたが…毒島章一、三塁打日本新記録 - スポニチ