1983年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1983年 | 1983年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 72 50 8 .590 -
2位 広島東洋カープ 65 55 10 .542 6.0
3位 横浜大洋ホエールズ 61 61 8 .500 11.0
4位 阪神タイガース 62 63 5 .496 11.5
5位 中日ドラゴンズ 54 69 7 .439 18.5
6位 ヤクルトスワローズ 53 69 8 .434 19.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西武ライオンズ 86 40 4 .683 -
2位 阪急ブレーブス 67 55 8 .549 17.0
3位 日本ハムファイターズ 64 59 7 .520 20.5
4位 近鉄バファローズ 52 65 13 .444 29.5
5位 南海ホークス 52 69 9 .430 31.5
6位 ロッテオリオンズ 43 76 11 .361 39.5

日本シリーズ[編集]

  • 西武ライオンズ(4勝3敗)読売ジャイアンツ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 原辰徳 巨人   東尾修 西武  
最優秀新人 槙原寛己 巨人   二村忠美 日本ハム  
首位打者 真弓明信 阪神 .353 落合博満 ロッテ .332
本塁打王 山本浩二
大島康徳
広島
中日
36本 門田博光 南海 40本
打点王 原辰徳 巨人 103点 水谷実雄 阪急 114点
盗塁王 松本匡史 巨人 76個 大石大二郎 近鉄 60個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
山本浩二 広島 234個 スティーブ.O 西武 .423
最優秀防御率 福間納 阪神 2.62 東尾修 西武 2.92
最多勝利 遠藤一彦 大洋 18勝 東尾修
山内和宏
西武
南海
18勝
最多奪三振 遠藤一彦 大洋 186個 山沖之彦 阪急 143個
最高勝率 津田恒美 広島 .750 高橋直樹 西武 .813
最優秀救援投手 斉藤明夫 大洋 32SP 森繁和 西武 39SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 遠藤一彦 大洋 東尾修 西武
捕手 山倉和博 巨人 香川伸行 南海
一塁手 谷沢健一 中日 落合博満 ロッテ
二塁手 真弓明信 阪神 大石大二郎 近鉄
三塁手 原辰徳 巨人 スティーブ.O 西武
遊撃手 高橋慶彦 広島 石毛宏典 西武
外野手 田尾安志 中日 島田誠 日本ハム
松本匡史 巨人 テリー.W 西武
山本浩二 広島 蓑田浩二 阪急
指名打者   門田博光 南海

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月21日 - 日本ハムの木田勇は対西武戦(後楽園)で9回10失点の完投負け。投球数209は9イニングでの投球数のプロ野球記録。

10月[編集]

11月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」94ページ
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」452ページ
  3. ^ a b c d e ベースボール・マガジン社刊「ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡」ページ
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」724ページ
  5. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」666ページ
  6. ^ 俺たちの川崎ロッテ・オリオンズ、ベースボール・マガジン社、2013年、P47