1985年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1985年 | 1985年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 阪神タイガース 74 49 7 .602 -
2位 広島東洋カープ 68 57 5 .544 7.0
3位 読売ジャイアンツ 61 60 9 .504 12.0
4位 横浜大洋ホエールズ 57 61 12 .483 14.5
5位 中日ドラゴンズ 56 61 13 .479 15.0
6位 ヤクルトスワローズ 46 74 10 .383 26.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西武ライオンズ 79 45 6 .637 -
2位 ロッテオリオンズ 64 60 6 .516 15.0
3位 近鉄バファローズ 63 60 7 .5121 15.5
4位 阪急ブレーブス 64 61 5 .5120 15.5
5位 日本ハムファイターズ 53 65 12 .449 23.0
6位 南海ホークス 44 76 10 .367 33.0

日本シリーズ[編集]

1985年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月26日(土) 第1戦 阪神タイガース 3-0 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
10月27日(日) 第2戦 阪神タイガース 2-1 西武ライオンズ
10月28日(月) 移動日
10月29日(火) 第3戦 西武ライオンズ 6-4 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月30日(水) 第4戦 西武ライオンズ 4-2 阪神タイガース
10月31日(木) 第5戦 西武ライオンズ 2-7 阪神タイガース
11月1日(金) 移動日
11月2日(土) 第6戦 阪神タイガース 9-3 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
優勝:阪神タイガース(初優勝)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 R.バース 阪神   落合博満 ロッテ  
最優秀新人 川端順 広島   熊野輝光 阪急  
首位打者 R.バース 阪神 .350 落合博満 ロッテ .367
本塁打王 R.バース 阪神 54本 落合博満 ロッテ 52本
打点王 R.バース 阪神 134点 落合博満 ロッテ 146点
盗塁王 高橋慶彦 広島 73個 松永浩美 阪急 38個
最高出塁率 R.バース 阪神 .428 落合博満 ロッテ .481
最優秀防御率 小松辰雄 中日 2.65 工藤公康 西武 2.76
最多勝利 小松辰雄 中日 17勝 佐藤義則 阪急 21勝
最多奪三振 小松辰雄 中日 172個 佐藤義則 阪急 188個
最高勝率 北別府学 広島 .727 石本貴昭 近鉄 .864
最優秀救援投手 中西清起 阪神 30SP 石本貴昭 近鉄 26SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 小松辰雄 中日 東尾修 西武
捕手 八重樫幸雄 ヤクルト 伊東勤 西武
一塁手 R.バース 阪神 R.デービス 近鉄
二塁手 岡田彰布 阪神 西村徳文 ロッテ
三塁手 掛布雅之 阪神 落合博満 ロッテ
遊撃手 高木豊 大洋 石毛宏典 西武
外野手 杉浦享 ヤクルト 金森永時 西武
真弓明信 阪神 熊野輝光 阪急
山崎隆造 広島 横田真之 ロッテ
指名打者   L.リー ロッテ

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月5日 - 西武球場での西武対阪急5回戦で、阪急、西武ともに毎回安打。両チーム毎回安打は1954年8月15日西鉄対南海戦以来2度目[13]
  • 5月8日 - ヤクルトの若松勉が横浜スタジアムでの対横浜大洋ホエールズ4回戦で3号、4号本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打[14]
  • 5月21日 - 近鉄の栗橋茂が大阪球場での対南海8回戦でサイクル安打を達成[15]
  • 5月22日
    • 西武の岡村隆則が平和台球場での対ロッテ8回戦でサイクル安打を達成[16]
    • 日本ハムの島田誠が西宮球場での対阪急6回戦の三回表に安打を放ち、プロ通算1000本安打を達成[17]

6月[編集]

  • 6月2日 - ヤクルトのボビー・マルカーノ旭川スタルヒン球場での対広島8回戦の三回表に安打を放ち、与那嶺要の持つ外国人選手最多の通算1338安打を記録[18]
  • 6月4日
  • 6月6日 - 阪神の山本和行が甲子園球場での対巨人11回戦の7回からリリーフ登板して勝利投手となり、プロ通算100勝を達成[21]
  • 6月9日 - 日本ハムファイターズ田中幸雄が後楽園球場での対近鉄9回戦でノーヒットノーランを達成[22]
  • 6月12日
    • 阪急の福本豊が後楽園球場での対日本ハム11回戦にスタメンで出場し、プロ通算2000試合出場を達成[23]
    • 西武の東尾修が西武球場での対近鉄7回戦に先発し、プロ通算600試合登板を達成[24]
  • 6月13日 - 広島の山本浩二が広島市民球場での対阪神9回戦の三回裏に適時打を放ち、プロ通算4000塁打を達成[25]
  • 6月15日
    • ヤクルトの杉浦享がナゴヤ球場での対中日8回戦の四回表に安打を放ち、プロ通算1000本安打を達成[26]
    • ロッテのレロン・リーが松江での対阪急11回戦に出場し、プロ野球通算1000試合出場を達成[27]
  • 6月23日 - 阪神の掛布雅之が横浜スタジアムでの対大洋12回戦の七回表に17号本塁打を放ち、プロ通算300号本塁打を達成[28]
  • 6月26日 - 日本ハムの島田誠が藤井寺球場での対近鉄10回戦に出場し、プロ通算1000試合出場を達成[29]
  • 6月27日 - 巨人の西本聖が後楽園球場での対ヤクルト14回戦で勝利投手となり、プロ通算100勝を達成[30]
  • 6月28日 - 巨人の槙原寛巳が甲子園球場での対阪神13回戦の七回表に1号本塁打を放ち、これが球団通算5000号本塁打となる[31]

7月[編集]

  • 7月4日 - 【MLB】アトランタフルトン・カウンティ・スタジアムで行われたアトランタ・ブレーブスニューヨーク・メッツは延長19回、16-13のスコアでメッツが勝ったが、試合終了は翌7月5日の午前3時15分。現時点でメジャー史上最も遅い試合終了時刻。
  • 7月5日 - 広島の衣笠祥雄が甲子園球場での対阪神10回戦の6回表に二塁打を放ち通算4001塁打、8回表に15号本塁打を放ちプロ通算450号本塁打を達成[32]
  • 7月6日 - 広島の高橋慶彦が甲子園球場での対阪神11回戦の8回表に二盗を決め、プロ通算300盗塁を達成[33]
  • 7月10日
    • 阪急の山田久志が川崎球場での対ロッテ14回戦に先発して9勝目を挙げ、プロ通算250勝を達成[34]
    • 阪神の真弓明信が甲子園球場での対ヤクルト12回戦の1回裏に15号本塁打を放ち、プロ通算150号本塁打を達成[35]
    • 近鉄の鈴木啓示が球団代表の山崎弘海に対し現役引退を申し入れる[36]
  • 7月11日
  • 7月13日
    • 阪神の岡田彰布が後楽園球場での9回表に代打で出場して15号本塁打を放ち、プロ通算100号本塁打を達成[39]
    • 近鉄は引退を表明した鈴木啓示を球団事務所に呼び現役続行するよう慰留したが、鈴木が固辞したため、慰留を断念。鈴木はオールスター戦に監督推薦での出場が決定していたが、全パ監督の阪急の上田利治を大阪府豊中市の自宅を訪れ、出場辞退を申し入れた[40]
  • 7月15日 - 近鉄の鈴木啓示が大阪市の天王寺都ホテルにて記者会見を行い、引退を正式に表明。球団は鈴木の任意引退の手続きを行う。
  • 7月16日 - ロッテの西井哲夫が川崎球場での対日本ハム9回戦の9回表1イニングに登板し、プロ通算500試合登板を達成[41]
  • 7月17日 - 近鉄の羽田耕一が西武球場での対西武11回戦に先発出場し、プロ通算1500試合出場を達成[42]
  • 7月23日 - 藤井寺球場で史上初の開催となるオールスターゲームの第3戦が行われ、広島の山本浩二がオールスター新記録の通算14本塁打[43]
  • 7月26日
    • 広島の山本浩二がナゴヤ球場での対中日12回戦の2回表に15号本塁打を放ち、プロ通算500本塁打を達成[44]
    • 阪急の福本豊が西宮球場での対日本ハム17回戦の6回裏に三塁打を放ちこれでプロ通算107三塁打となり、毒島章一の持つプロ野球通算最多三塁打106本の記録を更新[45]
  • 7月27日 - 阪急の山田久志が西宮球場での対日本ハム18回戦に先発して完投して11勝目を挙げ、プロ通算250完投を達成[46]
  • 7月30日 - 巨人は広島球場での対広島12回戦で、登板した6投手で合計16四死球を記録し1試合のチーム最多与四球のワースト新記録[47]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月10日 - 阪神が横浜スタジアムでの対大洋21回戦でセ・リーグ新記録の1試合10二塁打を記録[57]
  • 9月11日
  • 9月17日 - 阪急の福本豊が後楽園球場での対日本ハム24回戦の一回表に10号本塁打を放ち、プロ通算1500得点を達成[59]
  • 9月18日 - 大阪球場での南海対近鉄25回戦で、南海がパ・リーグ新記録の25得点。南海は25対4で勝利[60]
  • 9月27日 - 広島の監督の古葉竹識が監督辞任を表明[61]
  • 9月29日 - 広島の監督の古葉竹識がオーナーの松田耕平に監督の辞任を申し出て了承される[62]

10月[編集]

  • 10月6日 - 【MLB】ニューヨーク・ヤンキースフィル・ニークロが通算300勝を達成。46歳での達成は史上最年長。
  • 10月8日 - 西武は監督の広岡達朗が痛風の治療のため監督を一時休養し、コーチの黒江透修が監督代行を務めることに[63]
  • 10月9日
    • 西武が藤井寺球場での対近鉄25回戦で近鉄を6対3と破り、リーグ優勝を達成[64]
    • ヤクルトの若松勉が甲子園球場での対阪神22回戦の5回表に安打を放ち、プロ通算2000本安打を達成[65]
  • 10月12日 - 阪神のランディ・バースが広島市民球場での対広島25戦で7回に大野豊から49号本塁打を放ち、外国人選手としては日本プロ野球新記録。阪神はこの試合でセ・リーグ新記録のシーズン206本塁打。
  • 10月16日 - 阪神対ヤクルト23回戦が神宮球場で行われ、延長10回5対5の時間切れ引き分けとなり、阪神が21年ぶり3度目のセ・リーグ優勝達成[66]
  • 10月18日 - 阪急の水谷実雄が記者会見し、現役引退を表明[67]
  • 10月23日 - 中日の谷沢健一が広島市民球場での対広島24回戦の4回裏に安打を放ち、プロ通算2000本安打を達成[68]
  • 10月27日
  • 10月28日 - 沢村賞の選考委員会が東京・芝の東京グランドホテルで正午から開かれ、中日の小松辰雄を選出[69]

11月[編集]

  • 11月2日
    • 日本シリーズ第6戦(西武)で阪神が西武に6-2で勝利し、4勝2敗で球団創設以来初の日本一達成。シリーズMVPはランディ・バース。
    • 巨人は定岡正二を都内のホテルに呼び、トレードを通告したが、定岡がトレードを拒否し引退を申し出て、球団に了承される[70]
  • 11月5日 - プロ野球のセ・パ両リーグはペナントレース表彰選手を発表し、最優秀選手にセは阪神のランディ・バース、パは落合博満を選出。新人王はセが川端順、パは熊野照光を選出。
  • 11月8日
    • 西武は東京・池袋のサンシャインシティビル54階の球団事務所にて午後零時10分より記者会見し、監督の広岡達朗が退任すると発表[71]
    • 巨人は、近鉄へのトレードを拒否した定岡正二を任意引退選手として公示。
  • 11月14日
    • 日本プロ野球選手会が東京地方労働委員会から労働組合としての資格証明書を受ける[72]
    • パ・リーグ理事会が京都の新都ホテルにて開かれ、来季の公式戦の方式を検討し、1972年以来の1シーズン制とすることを決定[73]
  • 11月20日 - ドラフト会議が東京・九段のホテル・グランドパレスにて午前11時より行われ、KKコンビで注目を集めたPL学園清原和博は6球団の競合の末に西武が交渉権を獲得。一方、早稲田大学進学が有力だった桑田真澄は巨人が1位単独指名で交渉権を獲得。
  • 11月26日 - 巨人の石渡茂が球団事務所を訪れ、体力的な限界を理由に引退を申し入れる[74]
  • 11月28日 - 西武の作戦コーチの黒江透修が退団を発表[75]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞東京版1985年1月20日21面「大リーグ江夏 日本の別れは一本杉球場 一万六千人が激励」朝日新聞縮刷版1985年1月p697
  2. ^ 毎日新聞1985年3月14日19面「下田コミッショナー会見 『外部の批判に耳を』 プロ野球実行委、勇退了承」毎日新聞縮刷版1985年3月p439
  3. ^ 毎日新聞1985年4月6日夕刊6面「おまたせ"パ"満開 ファンうずうず・・・2泊し一番乗りも」毎日新聞縮刷版1985年4月p202
  4. ^ 毎日新聞1985年4月7日17面「150本塁打」毎日新聞縮刷版1985年4月p221
  5. ^ 毎日新聞1985年4月8日1面「センバツ 初陣・伊野商に栄冠 帝京健闘 準優勝飾る」毎日新聞縮刷版1985年4月p229
  6. ^ 毎日新聞1985年4月10日19面「1000本安打」毎日新聞縮刷版1985年4月p305
  7. ^ 毎日新聞1985年4月11日15面「今井100勝 『完投せんと・・・・』反省にも風格」毎日新聞縮刷版1985年4月p333
  8. ^ 毎日新聞1985年4月11日15面「ヤクルト球団社長に相馬氏」毎日新聞縮刷版1985年4月p333
  9. ^ 毎日新聞1985年4月13日15面「セ・リーグ アラシの予感 開幕大雨流れ」毎日新聞縮刷版1985年4月p407
  10. ^ 毎日新聞1985年4月15日15面「マサカリ復活 男だ!!村田だ!!3年ぶり完投勝利 」毎日新聞縮刷版1985年4月p459
  11. ^ 毎日新聞1985年4月18日15面「トラトラトラ バース掛布岡田3連発 またも二死からバックスクリーン競演放り込み」毎日新聞縮刷版1985年4月p549
  12. ^ 毎日新聞1985年4月24日19面「50000本目アーチ近鉄仲根 ジャンボ君『知らなかった 球史に残るんですね』」毎日新聞縮刷版1985年4月p749
  13. ^ 毎日新聞1985年5月6日19面「乱戦に逆転サヨナラ 金森3ラン歓喜 両チーム、毎回の33安打」毎日新聞縮刷版1985年5月p159
  14. ^ 毎日新聞1985年5月9日19面「若松連発200号 杉浦も2発」毎日新聞縮刷版1985年5月p225
  15. ^ 毎日新聞1985年5月22日19面「栗橋サイクル打」毎日新聞縮刷版1985年5月p649
  16. ^ 毎日新聞1985年5月23日15面「秋山、4試合連続16号 岡村はサイクル安打」毎日新聞縮刷版1985年5月p681
  17. ^ 毎日新聞1985年5月23日15面「通算1000本安打」毎日新聞縮刷版1985年5月p681
  18. ^ 毎日新聞1985年6月3日17面「マルカーノが外人最多安打」毎日新聞縮刷版1985年6月p69
  19. ^ 毎日新聞1985年6月5日19面「西武・郭 でっかい仕事 日本ハムをノーヒットノーラン」毎日新聞縮刷版1985年6月p129
  20. ^ 毎日新聞1985年6月5日19面「江川よれよれ100勝目 巨人先勝、阪神”特急”ストップ」毎日新聞縮刷版1985年6月p129
  21. ^ 毎日新聞1985年6月6日19面「好救援・山本100勝目 西本お預け」毎日新聞縮刷版1985年6月p165
  22. ^ 読売新聞1985年6月10日夕刊12面「田中幸(日ハム)が無安打無得点 プロ初完封、史上55人目」読売新聞縮刷版1985年6月p362
  23. ^ 毎日新聞1985年6月13日19面「2000試合出場」毎日新聞縮刷版1985年6月p371
  24. ^ 毎日新聞1985年6月13日19面「600試合登板」毎日新聞縮刷版1985年6月p371
  25. ^ 毎日新聞1985年6月14日19面「迫るコイ 逆転1差 山本浩また勲章の4000塁打」毎日新聞縮刷版1985年6月p415
  26. ^ 毎日新聞1985年6月16日19面「1000本安打」毎日新聞縮刷版1985年6月p477
  27. ^ 毎日新聞1985年6月16日19面「1000試合出場」毎日新聞縮刷版1985年6月p477
  28. ^ 毎日新聞1985年6月24日19面「掛布(通算)300号 阪神(7日ぶり)首位奪回」毎日新聞縮刷版1985年6月p737
  29. ^ 毎日新聞1985年6月27日19面「1000試合出場」毎日新聞縮刷版1985年6月p849
  30. ^ 読売新聞1985年6月27日17面「西本、待望の100勝 巨人4連勝 11年目、苦難の末の"勲章"」読売新聞縮刷版1985年6月p1119
  31. ^ 読売新聞1985年6月29日17面「巨人・槙原が球団通算5000本塁打」読売新聞縮刷版1985年6月p1163
  32. ^ 読売新聞1985年7月6日17面「衣笠450号"両手に花"4000塁打も達成 川口完投 広島首位」読売新聞縮刷版1985年7月p247
  33. ^ 読売新聞1985年7月7日17面「広島・高橋慶彦内野手(二八)が通算300盗塁」読売新聞縮刷版1985年7月p295
  34. ^ 読売新聞1985年7月11日16面「山田、9人目の250勝 阪急連敗脱出 有藤は2000本安打『王手』」読売新聞縮刷版1985年7月p462
  35. ^ 読売新聞1985年7月11日17面「阪神・真弓が通算150号本塁打」読売新聞縮刷版1985年7月p463
  36. ^ 読売新聞1985年7月11日夕刊14面「近鉄・鈴木投手引退へ」読売新聞縮刷版1985年7月p484
  37. ^ 読売新聞1985年7月6日17面「有藤、2000本安打 大卒3人目」読売新聞縮刷版1985年7月p503
  38. ^ 読売新聞1985年7月12日17面「『草魂20年、吐き尽くした』引退決意の鈴木啓 317勝、節制ひと筋 KO続き限界痛感」読売新聞縮刷版1985年7月p503
  39. ^ 読売新聞1985年7月14日17面「阪神・岡田が通算100号本塁打」読売新聞縮刷版1985年7月p591
  40. ^ 読売新聞1985年7月14日16面「鈴木啓、慰留を固辞 あす引退発表、球宴欠場」読売新聞縮刷版1985年7月p590
  41. ^ 読売新聞1985年7月17日17面「ロッテ西井が500試合登板」読売新聞縮刷版1985年7月p715
  42. ^ 読売新聞1985年7月18日17面「近鉄・羽田耕一内野手(三二)が1500試合出場」読売新聞縮刷版1985年7月p763
  43. ^ 『広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009 躍動!赤ヘル軍団』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年[要ページ番号]ISBN 9784583616001
  44. ^ 読売新聞1985年7月27日16面「山本浩、4人目の500号 17年目、大卒では初」読売新聞縮刷版1985年7月p1120
  45. ^ 読売新聞1985年7月27日17面「阪急福本が三塁打日本新」読売新聞縮刷版1985年7月p1121
  46. ^ 読売新聞1985年7月28日16面「山田、250完投で11勝」読売新聞縮刷版1985年7月p1156
  47. ^ 読売新聞1985年7月31日17面「巨人、広島に逆転負け お粗末16四死球 セ・新」読売新聞縮刷版1985年7月p1271
  48. ^ 読売新聞1985年8月5日夕刊13面「広島・北別府が通算1000奪三振」読売新聞縮刷版1985年8月p157
  49. ^ 読売新聞1985年8月6日17面「井原コミッショナー事務局長が辞意」読売新聞縮刷版1985年8月p177
  50. ^ 読売新聞1985年8月9日17面「近鉄のデービスが6試合連続本塁打」読売新聞縮刷版1985年8月p307
  51. ^ 読売新聞1985年8月11日17面「レオン3連発、10打点 広島大敗」読売新聞縮刷版1985年8月p379
  52. ^ a b 【8月17日】1985年(昭60) 肝心なときに…中田良弘 4年越しの連勝記録止まった”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2010年8月12日). 2015年12月22日閲覧。
  53. ^ 読売新聞1985年8月16日17面「高木由通算100号 大洋、中日破る」読売新聞縮刷版1985年8月p563
  54. ^ 読売新聞1985年8月17日17面「大洋の田代が通算250号ホーマー」読売新聞縮刷版1985年8月p599
  55. ^ 読売新聞1985年8月17日17面「西武・石毛が100号本塁打」読売新聞縮刷版1985年8月p599
  56. ^ 読売新聞1985年8月24日16面「近鉄・羽田がプロ47人目の200本塁打」読売新聞縮刷版1985年8月p896
  57. ^ 読売新聞1985年9月11日16面「阪神、きょうにも『M』点灯 『セ新』、10二塁打 」読売新聞縮刷版1985年9月p450
  58. ^ 読売新聞1985年9月12日17面「杉浦通算150号」読売新聞縮刷版1985年9月p499
  59. ^ 毎日新聞1985年9月18日19面「福本1500得点 4人目」毎日新聞縮刷版1985年9月p571
  60. ^ 毎日新聞1985年9月19日19面「南海 タカ笑い パ新25得点」毎日新聞縮刷版1985年9月p605
  61. ^ 読売新聞1985年9月28日17面「古葉監督が辞任表明 11年間、日本一にも三度」読売新聞縮刷版1985年9月p1159
  62. ^ 毎日新聞1985年9月29日19面「名将・古葉 辞任決まる オーナー了承 11年間 赤ヘル鍛え700勝」毎日新聞縮刷版1985年9月p961
  63. ^ 読売新聞1985年10月10日17面「広岡監督、一時休養 痛風治療 黒江コーチが代行」読売新聞縮刷版1985年10月p363
  64. ^ 読売新聞1985年10月10日1面「西武、2年ぶり優勝 パ・リーグ」読売新聞縮刷版1985年9月p391
  65. ^ 読売新聞1985年10月10日16面「若松が二千本安打 15年目で達成」読売新聞縮刷版1985年10月p406
  66. ^ 読売新聞1985年10月17日1面「阪神、21年ぶり優勝 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1985年10月p677
  67. ^ 読売新聞1985年10月19日17面「水谷、そう快引退会見」読売新聞縮刷版1985年10月p781
  68. ^ 読売新聞1985年10月24日17面「谷沢、2000本安打」読売新聞縮刷版1985年10月p997
  69. ^ 読売新聞1985年10月29日17面「小松、初の沢村賞 中日で5人目 二冠、三振奪取王評価」読売新聞縮刷版1985年10月p1227
  70. ^ 読売新聞1985年11月3日17面「定岡(巨人)が引退 トレード拒否」読売新聞縮刷版1985年11月p105
  71. ^ 毎日新聞1985年11月8日夕刊9面「引き際 あっさり 辞任の広岡監督 『4年間 悔いなし 痛風、続けては迷惑』」毎日新聞縮刷版1985年11月p253
  72. ^ 読売新聞1985年11月15日17面「プロ野球 選手会、正式労組に 申請、『都地労委』が認定」読売新聞縮刷版1985年11月p565
  73. ^ 読売新聞1985年11月15日17面「『パ』1シーズン制へ 開幕『セ』と同時4月4日」読売新聞縮刷版1985年11月p565
  74. ^ 毎日新聞1985年11月27日19面「石渡が引退」毎日新聞縮刷版1985年11月p845
  75. ^ 毎日新聞1985年11月29日19面「黒江コーチ退団」毎日新聞縮刷版1985年11月p925
  76. ^ 毎日新聞1985年12月6日19面「西武・森監督が誕生 2年契約『若手の飛躍を』」毎日新聞縮刷版1985年12月p191
  77. ^ 毎日新聞1985年12月8日19面「吉沢と中出トレード」毎日新聞縮刷版1985年12月p265
  78. ^ 毎日新聞1985年12月11日15面「プロ野球だより」毎日新聞縮刷版1985年12月p349