同志社大学体育会硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

同志社大学硬式野球部(どうししゃだいがくこうしきやきゅうぶ)は、関西学生野球連盟に所属する大学野球チーム。同志社大学の学生によって構成されている。ユニフォームの表記は「DOSHISHA」、帽子は「D」の一文字。立命館大学との同立戦が看板カードとなっている。

歴史[編集]

1889年(明治22年)に同志社の学生の間で野球が広まり始める。「同志社の野球は明治二十二年頃、正門から今出川通りを挟んですぐ南隣の京都御苑で始まった」と伝わる。1891年(明治24年)に野球部創部。明治学院で捕手として活躍していた白洲長平(白洲次郎の叔父)が転入学してきて同志社チームを組織し、三高チームと「ベースボール競争運動会」として試合を行った。以来、旧関西六大学野球連盟に発足より加盟するなど、大学野球界の草分けとして活躍。

1941年(昭和16年)春に旧関西六大学リーグで初優勝を果たしてからの6連覇を始めとして、旧関西六大学リーグでは通算18回の優勝を誇る。1960年(昭和35年)、全日本大学野球選手権大会準優勝。その翌年よりOBで元プロである渡辺博之が監督に就任し、1978年(昭和53年)までの長きに渡って指揮をとった。1973年(昭和48年)には田尾安志笹本信二のバッテリーを中心に、春は全勝優勝して大学選手権大会ベスト4。秋には明治神宮大会に初出場し準優勝を果たす。1978年、エース中本茂樹を擁し、渡辺監督最終年に初の明治神宮野球大会日本一となる。

80年代は新興勢力の近畿大学に押されるが、1990年(平成2年)には杉浦正則片岡篤史宮本慎也といった選手を擁して7年ぶりのリーグ優勝、明治神宮野球大会では12年ぶり2度目の優勝を果たす。

2003年(平成15年)、エース渡辺亮を擁して秋のリーグ戦で10年ぶりの優勝を果たすが、代表決定戦で大阪産業大学に敗れる。2008年(平成20年)には新日鉄大分明豊高校を率いた小玉孝が監督に就任。2010年(平成22年)、春のリーグ戦で13季振りの優勝、第59回全日本大学野球選手権大会に37年振りに出場。秋のリーグ戦も優勝し、37年振り5度目の春秋優勝を果たすが、代表決定戦で関西国際大学に敗れ神宮出場はならなかった。2011年(平成23年)には正捕手・小林誠司を中心に春秋のリーグ戦で優勝し、戦後初のリーグ戦4連覇を成し遂げる。2年連続で大学選手権に出場。秋は代表決定戦に敗れ神宮出場はならなかった。

本拠地[編集]

京都府京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学体育ハウス2

記録[編集]

主な出身者[編集]

外部リンク[編集]

同志社大学体育会硬式野球部