栗橋茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗橋 茂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都板橋区
生年月日 (1951-08-10) 1951年8月10日(66歳)
身長
体重
177 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1973年 ドラフト1位
初出場 1974年4月10日
最終出場 1989年10月28日(日本シリーズ第6戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

栗橋 茂(くりはし しげる、1951年8月10日 - )は、東京都板橋区出身の元プロ野球選手外野手)、野球解説者

経歴[編集]

帝京商工高等学校では1969年夏の甲子園都予選準々決勝に進出するが、日大一高に敗退。3年生時、東京六大学リーグ各校からも勧誘があったが、「(左腕)投手転向を見越しての獲得を目指した六大学より、打者としての自分を評価してくれた」という理由で駒澤大学へ進学した。東都大学リーグでは在学中2度優勝。1973年明治神宮野球大会では、同期のエース赤津宏二(日立製作所)を擁し、決勝で田尾安志のいた同志社大を降し優勝を飾る。リーグ通算92試合出場、320打数98安打、打率.306、8本塁打、47打点。最高殊勲選手1度(1972年秋季)、ベストナイン4度受賞。赤津以外の同期に木下富雄、吉田秀雄(新日鐵名古屋)、2学年後輩に“駒大三羽烏”(中畑清平田薫二宮至)がいる。

1973年ドラフト1位で近鉄バファローズに入団。東京出身の栗橋は「僕は東京出身だから近鉄のことはあまり知らなかったですよ。あの頃は、ほんとたまにNHKで中継があるくらいだったしね。ドラフトでも、前もって話はなかったからびっくりしたというか。」と語っている[1]。1位ではあったけど、仲間も誰も「おめでとう」と言ってくれなかった。「近鉄って関西じゃ会社大きいらしいぞ」しか言われなかったという[1]。身長177cmと決して大柄とはいえない選手だったが、和製ヘラクレスと通称されるほどの鍛え上げた筋骨隆々の体を持っており、パンチ力のある打撃が特徴の選手であった。栗橋は「僕は和製ヘラクレスとも言われたけど、ウエートはほとんどしていないんです。キャンプの時期や自主トレではしていたけど、シーズン入ってからしなかった。変な筋肉つけちゃいけないっていう時代ですかね。今思えば、やってたらもっと長持ちしていたからな。最後は完全に力が落ちましたからね。」と語っている[1]。プロ入りして3年目の1976年に101試合に出場してレギュラーを獲得。5年目の1978年には初めて規定打席に到達し、4番打者として20本塁打を放つなど不動のレギュラーを獲得した。

1979年は自己最多となる32本の本塁打を放ち、近鉄球団史上初のリーグ優勝に大きく貢献し、ベストナインにも初めて選出された。さらに1980年には打率.328(リーグ3位)、28本塁打、84打点の好記録を残し、2年連続のリーグ優勝に貢献。最高出塁率のタイトルを獲得し、ベストナインにも再び選出された。

1982年は再び打率3割を記録(.311)、79打点などの活躍で3度目のベストナインに選出。また、1985年5月21日に大阪球場で行われた対南海ホークス戦においてサイクル安打を達成した。1987年は規定打席には達しなかったが、代打中心で.298を記録した[1]

近鉄が9年ぶりのリーグ優勝を決めた1989年シーズンを最後に現役引退。仰木彬が監督になった時阪神タイガースからトレードの話があったが栗橋は仰木に「出したいんですか、出すなら辞めます。」と言ったという[1]。栗橋は「代打には向いてないと思ったし、あの巨人戦とかの大観衆の中でフライ落としたらどうしたらいいだろうって。入った以上最後まで近鉄とも思ってましたしね」と語っている[1]。引退後は朝日放送ラジオ大阪を経て、現在はテレビ大阪の解説者を務め、オフにはプロ野球マスターズリーグにも第1回目(2001年秋~2002年初頭)より参加し、初参加以来大阪ロマンズに所属し外野手を務める。

現役時代はダッシュケイオウが応援歌として使用されており、現在もオリックス・バファローズの近鉄復刻試合で使用されている。

人物[編集]

ユーモアあふれる語り口などもあって、関西地区のテレビではバラエティ番組に多数出演。そのかたわら、かつての本拠地である藤井寺球場最寄りの近鉄南大阪線藤井寺駅大阪府藤井寺市)の近くでスナック「しゃむすん」を経営している。

実母はかつて長年ヤクルト配達員をして家計を支え、栗橋自身も中学2年生から高卒まで同配達バイト歴がある。「中学時代、友人と“5年続けたら(当時)1,000円やる”と賭けをしたのが始まり。高校時代は部活との両立が大変だったが、高校の月謝(当時)800円はすべて自分のバイト報酬から払ったのが自慢」と以前野球雑誌で語っている。料理の腕は関西のバラエティ番組で料理コーナーがあった程。

結婚経験がないことも知られ、現役時代は『週刊ベースボール』読者コーナーでたびたび同い年の岡持和彦(当時日本ハム、1988年引退と同時に結婚)、2学年下の行沢久隆(西武、引退後の2006年に結婚)らと共に独身ネタの標的にされ、また現役最終年までバレンタインデーでのチョコレート獲得数が近鉄選手陣の上位5傑以内を誇った事も知られる。なお現役当時、週刊ベースボールの選手名鑑号の欄にあった「家族構成(独身者は好きなタレント、好きな女性のタイプ)」の欄には「八千草薫」と書かれていた。

  • 栗橋の父は現役引退後も存命であったが後年鬼籍に入り、いまも80代で都内で独居する栗橋の実母は、テレビ大阪プロ野球マスターズリーグの特番のインタビューで栗橋が永年独身を続けていることは自分、そして亡夫の心残りと明かした。そして「とにかく早く結婚してほしい」と語り、同席の栗橋は苦笑するしかなかったという。
  • 栗橋は左利きである。ただし箸は左手を使うが、ペンなど筆記具は右手を使う。

金村義明とは公私にわたり付き合いが深かったことを伺わせる逸話が多数ある。

  • 栗橋は現役中運転免許を取ろうとしなかったことに加え、当時栗橋と金村は隣接するマンションに住んでいたため、藤井寺球場への送迎などは基本的に全て金村が担当していた。行きつけの飲み屋まで運転をすることもしばしばであり、金沢や岐阜までいくこともあった(現在はAT限定免許を取得している)[2]
  • (金村に)「女は100m離れて目で濡らせ」と言った事がある(タモリ倶楽部「エロビアの泉」に出演時金村の談話)。
  • カレーに入れる肉は牛肉がよいか、豚肉がよいか…ということで熱く議論しすぎて、口論になったことがあった(すぐに和解した)ことを金村が明かしている。
  • 親しみを込めて「クリさん」と呼んでいた金村はある日、「いくら仲がいいとはいえ公私混同はやめろ」と「栗橋さん」と呼ぶようにしたが、後日「よそよそしい」という理由で再び「クリさん」と呼ぶように命令された。

酒豪としても知られており、金村義明がテレビ番組等でお酒にまつわる逸話をしばしば紹介している。

  • キャンプ中でも毎晩呑みに行き、明け方まで呑むこともよく見られた、他の選手がジャージで体操をする時間に、一人だけ私服姿でこっそり帰ってきていたという。また、1時間で冷酒を2升飲んだり、ウイスキーを2本空けたこともあったという[3]
  • 高知キャンプでは、飲み屋で地元の漁師と揉めてしまう。その場は同席していた選手の仲裁で事なきを得たが、明朝にトラックの荷台に乗り込んだ漁師ら10数名がトラックごと球場に乗り込んできた。「栗橋を出せ」と凄む漁師たちに栗橋は怯むことなく単身向かって行ったと云う。結局その場にいたチームメイトらが仲裁に入り、事態は沈静化した。
  • 短気な性格で、飲み屋でのケンカは1度や2度ではなかったという。ケンカを仲裁しようと止めに入った金村にまで腹を立て、金村が殴られたこともあるという。コーチや監督相手でも些細な理由で啖呵を切ることもあったという。運転免許を取得しなかった理由は教官と必ずケンカになってしまい、卒業できなかったからではと金村は語る。
  • 毎晩のようにクラブへ飲み歩き、朝帰りは日常茶飯事であった。翌朝の練習には飲み帰りのまま参加、練習着も着ずに私服で体操するなどしていたが、監督・コーチは「栗橋は仕方ない」と黙認していた。ホステスへの貢ぎ物は惜しげもなく奮発したと言う。女性関係は派手だったが、別れる際の手切れ金を求められることもあったと云い、金村の見立てでは総額数千万はくだらないとのこと。
    • このような様々な逸話から、金村曰く「俺が最後に見たサムライが栗橋さん」だという[4]
  • HKT48のファンである、推しメンはTeamKⅣ・AKB48Team4兼任の朝長美桜[5]
  • 2歳離れた妹がいる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 近鉄 55 79 73 5 13 4 0 1 20 4 1 2 0 0 4 0 2 21 2 .178 .241 .274 .514
1975 42 58 55 5 9 2 0 1 14 1 0 0 1 0 2 0 0 6 2 .164 .193 .255 .448
1976 101 291 267 27 67 11 4 6 104 24 11 6 2 1 18 0 3 63 3 .251 .304 .390 .694
1977 113 356 319 40 84 11 1 13 136 39 11 6 2 6 22 1 6 65 3 .263 .317 .426 .744
1978 128 495 425 75 124 17 7 20 215 72 13 6 3 2 51 7 14 44 3 .292 .384 .506 .890
1979 130 494 446 69 130 20 1 32 248 80 16 5 1 4 33 10 8 60 7 .291 .348 .556 .904
1980 124 505 436 85 143 26 1 28 255 84 9 9 0 7 52 6 10 71 10 .328 .406 .585 .991
1981 92 325 278 38 73 15 1 11 123 41 6 7 0 2 38 1 7 32 8 .263 .363 .442 .806
1982 113 464 383 73 119 20 3 22 211 79 8 1 2 3 62 11 14 61 7 .311 .422 .551 .973
1983 110 434 374 71 110 22 2 23 205 72 8 3 0 4 45 7 11 58 6 .294 .382 .548 .931
1984 118 487 427 61 120 28 1 14 192 55 9 4 0 5 53 3 2 66 12 .281 .359 .450 .809
1985 128 531 461 73 123 20 5 18 207 56 10 3 8 4 51 3 7 70 12 .267 .346 .449 .795
1986 106 428 374 50 101 20 0 16 169 56 1 1 2 4 42 1 6 71 9 .270 .350 .452 .802
1987 73 200 181 20 54 12 0 6 84 19 2 0 0 1 16 0 2 39 1 .298 .360 .464 .824
1988 64 112 100 10 17 6 1 2 31 6 0 0 0 0 9 1 3 24 3 .170 .259 .310 .569
1989 53 90 75 3 14 4 0 2 24 13 0 3 0 1 13 1 1 15 1 .187 .311 .320 .631
通算:16年 1550 5349 4674 705 1301 238 27 215 2238 701 105 56 21 44 511 52 96 766 87 .278 .358 .479 .837
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1980年10月5日、対南海ホークス後期12回戦(日生球場)、7回裏に高英傑からソロ ※史上116人目
  • 150本塁打:1983年8月19日、対ロッテオリオンズ19回戦(川崎球場)、4回表に石川賢から2ラン ※史上71人目
  • 1000試合出場:1983年10月2日、対日本ハムファイターズ22回戦(藤井寺球場)、4番・左翼手として先発出場 ※史上241人目
  • 1000本安打:1985年4月16日、対ロッテオリオンズ1回戦(日生球場)、8回裏に荘勝雄から左前安打 ※史上140人目
  • 200本塁打: 1986年8月1日、対ロッテオリオンズ15回戦(川崎球場)、1回表に村田兆治から右中間2ラン ※史上49人目
  • 1500試合出場:1989年4月13日、対福岡ダイエーホークス3回戦(大阪球場)、5番・指名打者として先発出場 ※史上91人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 2 (1974年 - 1989年)

関連情報[編集]

出演[編集]

朝日放送(ABC)
ラジオ大阪
テレビ大阪

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 近鉄バファローズ球団史1950-2004、ベースボール・マガジン社、2012年、P52-P53
  2. ^ プロ野球ここだけの話』(フジテレビワンツーネクスト)第4回
  3. ^ プロ野球ここだけの話』(フジテレビワンツーネクスト)第21回「酒と涙とプロ野球」
  4. ^ 玉袋筋太郎のナイトスナッカーズ第34回西荻窪
  5. ^ 本人談

関連項目[編集]