新山彰忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新山 彰忠
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市長田区
生年月日 1939年7月29日
没年月日 (2000-10-22) 2000年10月22日(61歳没)
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

新山 彰忠(にいやま あきただ、1939年7月29日 - 2000年10月22日)は、兵庫県出身のプロ野球選手投手)・コーチ。別名は「新山 隆史」(にいやま たかし)。

経歴[編集]

兵庫工では3年次の1957年夏の甲子園県予選で準決勝に進出するが、県尼崎高に敗退。高校卒業後は1958年法政大学法学部政治学科へ進学し、東京六大学リーグでは3度の優勝を経験。1年上の山崎正之と二本柱を組み、3年次の1960年春季で優勝に貢献。同年の大学全日本選手権では決勝で同志社大のエース・山尾孝雄の好投に苦しむが、山崎との継投により延長14回の熱戦の末に優勝を飾る。4年次の1961年秋季ではエースとして優勝に貢献し、ベストナインにも選出された。リーグ通算55試合登板、21勝13敗、防御率1.59、146奪三振を記録。同期に小川博樋口正蔵室山皓之助がいる。

大学を首席で卒業[1]し、1962年南海ホークスへ入団。主にリリーフとして1年目から活躍し、1964年1965年と2年連続2桁勝利でリーグ連覇に貢献。1964年の阪神との日本シリーズでは3試合に登板し、10月5日の第4戦(大阪)では杉浦忠を8回からリリーフして勝星を挙げ、シリーズ優勝の一翼を担った。1965年には10連勝を記録し[2]、その後も中堅選手として活躍。1969年引退。球は遅いがスリークォーターから多彩な変化球を操り、特にカーブ、スライダーには定評があった。

引退後は南海(1970年 - 1971年二軍投手コーチ, 1972年 - 1975年1980年一軍投手コーチ)、日本ハム1976年 - 1979年一軍投手コーチ)、阪急1983年 - 1985年一軍投手コーチ)[3]阪神1986年 - 1987年一軍投手コーチ)でコーチを歴任。日本ハムコーチ時代、宇田東植とマンツーマンで腰の回転を研究。これまでアンダースローでありながら腰の回り方がオーバースローに近いものだったが、アンダースローに合った腰の回転に矯正。宇田は1979年に自己最多の9勝を挙げ、投手ベストテンの7位にランクインしている。阪神コーチ時代の1987年、仲田幸司の指導をめぐって野村収コーチと対立したことがある[1]。新山は欠点を直すために下半身の使い方に着目し、「お前は軸足がブレるので矯正のためにプレートの上に足を乗せて投げろ」と命じた[1]。ゴム板でできているプレートをしっかり踏みしめることで、スパイクの歯を食い込ませ、軸足がグラグラしないようにするための矯正法であったが、仲田は本格的に投手を始めてからこの方、プレート板に接した地面に穴を掘って軸足を置くスタイルで投げてきたため、踏んで投げることに慣れていなかった。むしろ不安定になり、逆に軸足がブレる気がしたが、新山が勧める形に一応はチャレンジ[1]。自主トレ段階から平均台を使ってバランス感覚を養い、足のどこに力を入れると安定するのかを試してきたが、それも限界でキャンプ4日目に「左の太ももが張ってしまい逆に投げにくい」と訴えた[1]。仲田は不満を野村にぶつけ、一通り仲田の話が終わると、聞き役に回っていた野村は「一応言われたことは守っておけ、そのうち投げやすいように投げればいい」と言った[1]。一人はプレートを踏めと言うし、もう一人は聞いたふりをして、だんだん戻していけばいいと言われ、結局は土井淳ヘッド兼バッテリーコーチが仲裁役となる。土井は「軸足のブレが直るまではプレートの上に足を乗せて投げさせる」と、コーチとしてのキャリア15年の新山の顔をつぶさぬように、新任の野村に我慢してもらった形となった[1]。キャンプからしっくりこなかった阪神はシーズン41勝しかできず借金42を背負って、9年ぶりの最下位に転落。あの歓喜の日本一から僅か2年で優勝監督の吉田義男は阪神を退団せざるを得なかった。仲田は自己最多の8勝をマークしたものの、負け数も11を数え、防御率も3.98と今ひとつ脱皮できずに終わった[1]。阪神退団後の1989年、監督を務めていた吉田の要請でフランス代表ヘッドコーチに就任。高校野球程度のチームを指導し、五輪の欧州予選4位まで押し上げた[1]1990年から大阪産業大学の職員となった[1] [4]

2000年10月22日上行結腸癌のため兵庫県西宮市の病院で死去。61歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 南海 20 4 0 0 0 1 1 -- -- .500 183 41.1 56 3 9 1 1 25 0 0 21 17 3.64 1.57
1963 41 2 0 0 0 4 1 -- -- .800 374 98.0 87 7 13 2 0 49 0 0 37 31 2.85 1.02
1964 50 8 1 1 0 10 9 -- -- .526 530 129.0 122 10 33 8 3 72 2 0 51 44 3.07 1.20
1965 39 2 0 0 0 11 4 -- -- .733 372 94.0 79 6 20 0 3 69 1 0 33 30 2.87 1.05
1966 39 4 0 0 0 7 5 -- -- .583 403 104.0 79 9 28 3 2 47 0 0 34 26 2.25 1.03
1967 43 8 0 0 0 4 6 -- -- .400 414 97.0 97 7 32 2 5 42 1 0 48 41 3.80 1.33
1968 25 2 0 0 0 1 3 -- -- .250 187 44.0 48 6 13 1 2 20 0 0 20 19 3.89 1.39
1969 10 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 89 18.1 26 3 6 1 0 9 0 0 20 14 7.00 1.75
通算:8年 267 30 1 1 0 38 29 -- -- .567 2552 625.2 594 51 154 18 16 333 4 0 264 222 3.19 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 10 (1962年)
  • 32 (1962年 - 1969年)
  • 63 (1970年 - 1975年)
  • 81 (1976年 - 1980年)
  • 80 (1983年 - 1985年)
  • 84 (1986年 - 1987年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 【2月4日】1987年(昭62) 指導が違う…阪神投手コーチ真っ二つに割れる
  2. ^ “ホークスの歩み(1965年)”. 福岡ソフトバンクホークス. https://www.softbankhawks.co.jp/ocms/pc/team/history/vol09.html 2020年4月5日閲覧。 
  3. ^ 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、P129
  4. ^ プロ野球のコーチから大学の職員になったケースとして、池田英俊がいる。

関連項目[編集]