島田芳明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島田 芳明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1957-08-02) 1957年8月2日(60歳)
身長
体重
184 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1979年 ドラフト3位
初出場 1983年4月13日
最終出場 1986年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

島田 芳明(しまだ よしあき、1957年8月2日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

滝川高では1973年、1年生の時に中堅手として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、東洋大姫路に惜敗。2年上のチームメートに捕手中尾孝義がいた。翌1974年には一塁手に回り、春の選抜に出場。2回戦で倉敷工居郷肇投手に抑えられ敗退[1]。同年夏の甲子園県予選でも準決勝に進出するが、東洋大姫路に敗れる。3年生の時も甲子園には届かなかった。高校同期に木下智裕がいる。

卒業後は同志社大に進学。同期のエース中本茂樹を擁し、関西六大学リーグでは1978年秋季リーグ、1979年秋季リーグの優勝に貢献。1978年明治神宮野球大会では決勝で松沼雅之のいた東洋大を降し初優勝。リーグ戦通算101試合出場、373打数98安打、打率.263、6本塁打、45打点。

1979年ドラフト3位で中日入団。同時期に活躍した平野謙以上と言われた俊足で、主に代走要員として起用されるが、打撃は非力で流し打ちが多かった。1985年6月には一番打者に抜擢され、平野とのコンビでチャンスメーカーとして活躍。同年は47試合に先発出場を果たし。打率.281の好成績を記録。しかし肩の脱臼などの影響でその後はふるわず、1988年には尾上旭と共に仲根政裕との2対1の交換トレードで近鉄に移籍。同年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 中日 84 43 35 21 8 1 0 0 9 2 9 5 4 0 4 0 0 5 1 .229 .308 .257 .565
1985 96 219 203 30 57 7 3 1 73 11 20 4 2 0 12 0 2 20 2 .281 .327 .360 .687
1986 42 37 35 4 8 4 0 0 12 5 2 2 0 1 1 0 0 6 1 .229 .243 .343 .586
通算:3年 222 299 273 55 73 12 3 1 94 18 31 11 6 1 17 0 2 31 4 .267 .314 .344 .658

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1980年 - 1987年)
  • 31 (1988年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]