中央大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央大学硬式野球部
中央大学のユニフォーム(鍵谷陽平
加盟団体 東都大学野球連盟
本拠地 東京都八王子市東中野741‐1 中央大学多摩キャンパス内硬式野球場
創部 1930年
監督 清水達也
公式サイト 公式ウェブサイト
リーグ戦成績
リーグ成績 1部リーグ優勝 25回
全日本大学野球選手権大会
最高成績 優勝 3回
明治神宮野球大会
最高成績 優勝 1回
テンプレートを表示

中央大学硬式野球部(ちゅうおうだいがく こうしきやきゅうぶ、: Chuo University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。中央大学の学生によって構成されている。学内での正式名称は中央大学学友会体育連盟硬式野球部。主に中央大学多摩キャンパス硬式野球場を拠点に置いている。

創部[編集]

1930年昭和5年)4月創部[1]

なお、中央大学には1910年明治43年)頃から学生有志の野球チームがあり、明治大学の有志チームとも対戦していたが[2]、その後校内の野球熱は冷却し大正期以降の野球ブームに乗り遅れてしまった[3]、とされている。東都大学野球連盟の設立経緯に関しては該当記事を参照。

歴史[編集]

1930年昭和5年)、飛田穂洲(顧問)、島田徳(部長)、山岡鎌太郎(監督)、安芸祝(アシスタント)の指導下で部員11名により学校公認の初の野球部が正式に発足。その後、日本大専修大國學院大東京農大とともに新しい五大学野球連盟(現 東都大学野球連盟)を結成した[4]

草創期から戦後にかけて日大や、特に専大と常に優勝を争ってきた。専大とは1930年代 - 1940年代にかけて2強時代を形成し、その間、それぞれの優勝回数は専大15回・中大13回にのぼる(日大は4回)。

1947年(昭和22年)から5回実施された、東京六大学旧関西六大学、そして東都大学の3連盟間で王座を決する全国大学野球王座決定戦の第2回大会(1948年)と第3回大会(1949年)に出場し、第2回は法政大が優勝し、第3回は3校優勝預かりという結果になった。

1956年(昭和31年)、穴吹義雄がプロ入りする際に複数球団から札束攻勢があり、同年に映画化された小説「あなた買います」の題材となる。1958年(昭和33年)、小栗秀夫・若生照元の両3年生投手、主砲桑田武、3年生本田威志らを擁し春季リーグに優勝。2度目の出場となる第7回全日本大学野球選手権大会長嶋茂雄ら卒業直後の立教大第2回大会に引き続き3-4で惜敗した。同年8月には監督の加藤正二が急逝。1959年(昭和34年)、部員の不祥事で春季リーグ戦を出場停止となり、初の2部リーグ降格となる。同年秋季、早実高で王貞治投手を擁して選抜甲子園を制したOBの宮井勝成を監督に据え、チームの建て直しを図った。1961年(昭和36年)春季2部リーグで優勝し、入替戦で学習院大を破り2年ぶりに1部に復帰した。

1960年代前半から半ばにかけて、1970年代の合間を縫って駒澤大と並ぶ2強時代を築いた。この間、60年代を通して駒大のほか日大や専大も依然として強く、加えて芝浦工大山本和行投手を擁して全国優勝した亜細亜大が躍進し、70年代からは東洋大が躍動しはじめた。

三浦宏投手(のち拓銀)、末次民夫(現: 末次利光)、武上四郎川島勝司日野茂高畠導宏(のち高畠康真)、下級生の高橋善正投手(のち中大監督)らを擁して、駒大を制し1963年(昭和38年)と1964年(昭和39年)の秋季リーグ戦を連覇。1967年(昭和42年)春、エース宮本幸信水沼四郎のバッテリー、中塚政幸、2年生長井繁夫萩原康弘らを擁して藤原真投手擁する慶應大を破り第16回全日本大学野球選手権大会に3度目の出場で初優勝し、東都大学勢が全国大会4連覇を達成。

1970年(昭和45年)秋、エース杉田久雄宇田東植両投手、石渡茂、1年下の榊原良行らを擁してリーグ戦優勝。続く第1回明治神宮野球大会準々決勝で、優勝した東海大に1-3で敗退した。1972年(昭和47年)春、1年生の右下手投げ投手田村政雄が加わりリーグ戦優勝。同年秋、駒大に次ぐリーグ戦2位で第3回明治神宮野球大会出場。1回戦で田村投手が東海大を相手に大会初のノーヒットノーランを達成(翌日、優勝した関西大山口高志投手も慶大を相手にノーヒットノーランを達成)。翌 1973年(昭和48年)春、田村投手と福田功の2年生バッテリー、藤波行雄佐野仙好、2年生行澤久隆らを擁して小林秀一投手擁する愛知学院大を破り第22回全日本大学野球選手権大会優勝。翌1974年(昭和49年)秋、3年生田村政雄投手を擁して1年生投手江川卓相手に法政大を1-0で破り第5回明治神宮野球大会で初優勝。その後、最上級生となった田村の不調もあったが、田村の1年下の林博之投手や岡村隆則、彼らの1年下秋田秀幸(のち中大監督)らを擁するも、中畑清森繁和投手、石毛宏典らがいた駒大、達川光男松沼雅之投手らがいた東洋大、堀田一彦山沖之彦両投手、中尾孝義らがいた専大に阻まれ優勝に手が届かなかった。

1979年(昭和54年)、香坂英典投手と長井研介(本田技研)のバッテリー、小川淳司熊野輝光、3年生高木豊君波隆祥、2年生尾上旭らを擁して春季リーグ戦で優勝し、続いて向田佳元と三谷志郎両投手や岡田彰布らがいる早稲田大を7-3で下し第28回全日本大学野球選手権大会を制した。

しかし1980年代以降、日大や専大と共に中大も依然として踏み留まるなか、駒大はもとより亜大、東洋大、さらに青山学院大の躍進により優勝から遠ざかって行く。この時代、加治太、米村明、高橋亨らの投手陣、尾上旭、岡部明一清水達也(のち中大監督)らの打撃陣が活躍した。1984年(昭和59年)春、1部最下位となり青学大との入替戦にも敗れ、1961年春以来およそ23年ぶりに2部降格。1986年(昭和61年)秋の入替戦で東農大を破り1部に復帰したものの、1部リーグ戦では1988年(昭和63年)秋までの4季中1季で5位・3季で最下位と奮わなかった。苫篠賢治卒業後の1989年平成元年)春、2年生中山雅行投手、主軸に川端一彰佐藤友昭を擁するも1部最下位となり、東洋大との入替戦に敗れ2部降格。1999年(平成11年)秋、花田真人 - 3年生阿部慎之助のバッテリー、久保尚志や稲荷幸太らの野手陣で1部復帰。1部に復帰するまで20季、丸10年間を2部で低迷した。

2004年(平成16年)秋、会田有志投手、亀井義行らを擁し1979年春以来25年ぶりとなる24回目の1部優勝を果たす。第35回明治神宮野球大会は2回戦で優勝した東亜大に1-4で敗退。2006年(平成18年)春季から再び2部に降格したが、2008年(平成20年)春、4年生美馬学や2年生澤村拓一らの投手陣を擁して2部で優勝し入替戦で駒大を下し1部昇格。同年秋季以降は1部に定着。2011年(平成23年)春、興南高で甲子園春夏連覇した1年生島袋洋奨が新人開幕投手として登板。

2019年(令和元年)秋、3年生の牧秀悟五十幡亮汰、2年生古賀悠斗捕手、1年生森下翔太らを擁し15年ぶり25回目の優勝を果たす。第50回明治神宮野球大会は2回戦で東海大に3-7で敗退した。

年表[編集]

  • 1930年(昭和5年) - 創部(部員11名)
  • 1932年(昭和7年) - 東都大学野球一部リーグで初優勝
  • 1935年(昭和10年) - 吉祥寺運動場完成(現在の練馬区立立野公園
  • 1930年 - 1953年(昭和28年) - 専修大学との2強時代。この間に14回優勝。以降、60年代に入る頃まで専大と共に日本大学が2強を形成。
  • 1958年(昭和33年) - 秋季リーグ戦において、日本大学・学習院大学とともに同率首位になり、3校巴戦による優勝決定戦が実施された。決定戦はもつれ2度1勝1敗となり3度目を行った結果、学習院が日大、そして中大に勝利し初優勝。初優勝が決定した試合は、神宮球場から場所を移して旧駒澤球場で実施された。皇太子(現 明仁上皇)の出身校であることや試合観戦もしていたため、AP電で世界に流された[5]
  • 1959年(昭和34年) - 部員の不祥事が発覚し春季リーグ戦を出場停止。秋季でリーグ発足以来初の2部降格。
  • 1967年(昭和42年) - 第16回全日本大学野球選手権大会初優勝[6]
  • 1970年(昭和45年) - 第1回明治神宮野球大会大学の部準々決勝進出。
  • 1971年(昭和46年) - 練馬区立野町の合宿所を建て替える。
  • 1973年(昭和48年) - 第22回全日本大学野球選手権大会優勝(2回目)[6]
  • 1974年(昭和49年) - 第5回明治神宮野球大会大学の部初優勝[7]
  • 1979年(昭和54年) - 第28回全日本大学野球選手権大会優勝(3回目)。
  • 1994年(平成6年) - 多摩キャンパス内に球場、合宿所を移転。
  • 2004年(平成16年) - 東都大学野球秋季リーグ戦にて25年ぶりの一部優勝(24回目)[8]
  • 2011年(平成23年)3月1日 - 学生野球憲章規則緩和に伴う学生野球初のプロ球団との対外試合実施(3-3 読売ジャイアンツ
  • 2019年(令和元年)10月 - 東都大学野球秋季リーグ戦にて15年ぶりの一部優勝(25回目)[9]

本拠地[編集]

東京都八王子市東中野741‐1 中央大学多摩キャンパス内硬式野球場

記録[編集]

主な出身者[編集]

Category:中央大学硬式野球部の選手を参照。

プロ野球選手[編集]

アマチュア野球選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中央大学百年史』 年表・索引編、2004年、166頁
  2. ^ 明治大学百年史編纂委員会 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、学校法人明治大学、1992年、565頁
  3. ^ 大和球士 『真説 日本野球史 《昭和篇 その1》』 ベースボール・マガジン社、1977年、297頁
  4. ^ 現在の野球部に繋がる学生組織が成立する以前、東京五大学野球連盟(1921年 - 1925年、現在の東京六大学野球連盟)から東京帝国大学などとともに新規加盟を打診された経緯を持つという説がある。当時イギリス法を基軸にする中央大学と、ドイツ法を基軸にする東京帝大とが民法典論争[要検証]の中にあり、東京帝大に加え、フランス法を基軸にする明治大学法政大学などの大陸法系の諸大学とは、学問の自由の観点から相まみえることは妥当ではないとして、これを理由に固辞したとされている話である(例えば『スポーツの世界は学歴社会』(橘木俊詔齋藤隆志PHP新書、2012年 P78)にもそのように記述されている。)[循環参照]
    しかし『中央大学百年史』には五大学野球連盟から新規加盟を打診されたという記述はない。六大学リーグ成立時に公式野球部のなかった中央大学に参加打診をする可能性は一般論として高くないと考えられ、大正末から昭和初頭にかけての『東京朝日新聞』のスポーツ欄には六大学や日大専修國學院、商大(一橋)の試合結果は見られるが、中央の試合結果はさほど見られない。さらに、日大と國學院の六大学加盟問題の記事は散見されるが、中央の加盟問題の記事は一つもない。飛田穂洲が高く評価していた一高の野球精神の流れを汲む東大野球部は、六大学リーグに正式加盟する前から早慶などとも練習試合を重ねており、その実力は世間からも認められていた(『真説 日本野球史《大正篇》』(大和球士ベースボール・マガジン社、1977年、287-288頁))…などといった諸々の反証説から考えて、「中大加盟打診説」は現状では限りなく俗説の類いに近いものと考えられる。
  5. ^ あの感動をもう一度・・・硬式野球部 硬式野球部 栄光の11・24 学習院桜友会インフォメーション
  6. ^ a b 全日本大学野球選手権大会記録”. 公益財団法人 全日本大学野球連盟. 2022年7月30日閲覧。
  7. ^ 明治神宮野球大会 歴代優勝・準優勝校(大学の部)”. 公益財団法人 日本学生野球協会. 2022年7月30日閲覧。
  8. ^ 平成16年秋季リーグ戦星取表”. 一般財団法人 東都大学野球連盟. 2022年7月30日閲覧。
  9. ^ 硬式野球部 東都大学野球秋季リーグ戦にて15年ぶりの優勝”. 中央大学 (2019年10月17日). 2022年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]