染田賢作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
染田 賢作
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県宇陀市
生年月日 (1982-06-21) 1982年6月21日(36歳)
身長
体重
183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2005年7月3日
最終出場 2007年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

染田 賢作(そめだ けんさく、1982年6月21日 - )は、奈良県宇陀市出身の元プロ野球選手投手)。現在は、京都府立乙訓高等学校の教諭・硬式野球部顧問。

来歴・人物[編集]

奈良県立郡山高等学校3年時に、三塁手として第82回全国高等学校野球選手権大会に出場したが、1回戦で敗退。同志社大学への進学後に投手へ専念すると、4年時の2004年関西学生リーグ史上初の完全試合を達成するなど、エースとして活躍した。在学中には、リーグ戦で通算29試合に登板。15勝9敗、防御率1.12、221奪三振という成績を残した。4年時には、秋季リーグ戦でMVP、春・秋季連続で最優秀投手・ベストナインを受賞したほか、世界大学野球選手権大会日米大学野球選手権大会で大学日本代表に選ばれている。

2004年のNPBドラフト会議では、大学日本代表のチームメイトだった那須野巧日本大学)と共に、自由獲得枠横浜ベイスターズに指名。染田は、契約金1億円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は19。入団1年目の2005年イースタン・リーグ公式戦で1試合7者連続奪三振のリーグタイ記録を達成したが、一軍公式戦への登板は、同年7月3日の対阪神タイガース戦と2007年9月14日の対東京ヤクルトスワローズ戦(いずれも横浜スタジアム)だけにとどまった。2008年10月1日に球団から戦力外通告を受けて、現役を引退。2009年から横浜球団の打撃投手に転身したものの、2010年に退団した[1]

郡山高校の先輩でDeNAのコーチだった米村理に「教師のような仕事に就いた方が良い」というアドバイスを受けたことや、かねてから『3年B組金八先生』(TBSテレビ制作の学園ドラマシリーズ)のファンであったこと[2]を背景に、2011年度からは母校の同志社大学大学院総合政策科学研究科へ在籍[1]。在籍中には、社会と体育の教員免許を取得した後に、「プロ野球組織の社会化戦略 : プロアマ規定を視点に」という学術論文で修士号を授与された[3]

2014年には、3月4日付で日本学生野球協会から学生野球資格の回復を認定。この認定によって、同協会へ加盟する大学・高校の硬式野球部を指導できるようになった[4]。同年3月で同志社大学の大学院を修了したことを機に、非常勤講師として母校の郡山高等学校で1年間勤務。その間に京都府教育委員会の府立高校教員採用試験に合格したことから、2015年4月1日付で教諭として京都府立乙訓高等学校へ赴任した。

乙訓高校では、保健体育科の教諭と、硬式野球部の顧問(責任教師)を兼務。硬式野球部の創部54年目に当たる2018年第90回記念選抜高等学校野球大会で、春夏通じて初めての全国大会出場に導いた[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.1 1 0 2 0 0 0 0 0 2 2 54.00 9.00
2007 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 3 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:2年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.1 1 0 3 0 0 0 0 0 2 2 13.50 3.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 19 (2005年 - 2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]