山崎正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 正之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1938-06-18) 1938年6月18日
没年月日 (1991-11-20) 1991年11月20日(53歳没)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山崎 正之(やまざき まさゆき、1938年6月18日 - 1991年11月20日)は、埼玉県出身のプロ野球選手投手外野手)。

来歴[編集]

1938年埼玉県に生まれる。法政第一高校では、1956年夏の甲子園都予選で準々決勝に進むが、エース並木輝男を擁する日大三高に敗退。卒業後は法政大学へ進学。東京六大学野球リーグでは、4年生時の1960年春季リーグにおいて、1年下の新山彰忠と投の二本柱を組んで優勝を飾り、自身もベストナインに選ばれた。同年の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で同志社大のエース山尾孝雄に投げ勝ち、法大の初優勝に貢献。リーグ通算36試合12勝8敗、防御率2.50、87奪三振。同期に外野手の山本一義捕手鈴木孝雄一塁手の田中和男(東映)がいる。

卒業後の1961年読売ジャイアンツへ入団。1年目から、先発・リリーフでフル回転した。一軍では40試合に登板、5月からは先発としても起用され、9勝を挙げた。巨人はV9時代の前で、エースの藤田元司が全盛期を過ぎていたなど、投手陣が手薄だったことも活躍につながった。しかし同年9月には故障もあって先発を外れ、南海ホークスとの日本シリーズにも登板できなかった。翌1962年は0勝に終わるが、5月27日のイースタン・リーグの対大洋ホエールズ戦では完全試合を達成している[1][2]

1963年から得意な打撃を生かして外野手に転向。国松彰坂崎一彦らの控えとして起用されたが、7月から14試合に先発出場、またしばしば代打本塁打も打った。同年の西鉄ライオンズとの日本シリーズでは第1戦から5試合に左翼手として先発。第1戦では、この試合完投勝ちの稲尾和久から、9回表に一矢を報いる本塁打を放つ。シリーズ通算16打数3安打2打点を記録し、チーム日本一に寄与した。

1965年に、監督の水原茂に請われて東映フライヤーズに移籍。6月までは右翼手として起用されるが、再び投手に戻り、7月には4年ぶりの完投勝利。同年は3勝を挙げる。しかし翌1966年には出場機会がなくなり、同年限りで引退

引退後は実業家(衣料品チェーン店経営)に転進し成功した。1991年11月20日、脳卒中のため急死。 長男は東京大学卒業、次男はアラバマ大学卒業である。



詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1961 巨人 40 13 1 1 0 9 5 -- -- .643 585 149.0 106 14 36 3 5 77 0 0 41 36 2.17 0.95
1962 11 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 73 17.2 18 1 6 0 0 7 0 0 6 6 3.00 1.36
1965 東映 15 5 1 0 0 3 1 -- -- .750 190 43.2 43 4 14 0 2 24 0 0 21 19 3.89 1.31
通算:3年 66 18 2 1 0 12 6 -- -- .667 848 210.1 167 19 56 3 7 108 0 0 68 61 2.61 1.06

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 巨人 41 47 44 5 7 1 0 0 8 1 0 0 2 0 1 0 0 16 2 .159 .178 .182 .360
1962 12 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1963 55 103 84 14 20 3 0 5 38 12 2 1 0 0 18 0 1 21 4 .238 .379 .452 .831
1964 36 57 49 5 9 1 0 2 16 3 2 0 0 0 8 0 0 19 1 .184 .298 .327 .625
1965 東映 36 32 31 6 8 1 0 1 12 3 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .258 .281 .387 .668
通算:5年 180 242 211 30 45 6 0 8 75 19 4 1 2 0 28 0 1 66 8 .213 .308 .355 .664

背番号[編集]

  • 17 (1961年 - 1962年、1966年)
  • 38 (1963年 - 1964年)
  • 9 (1965年)

脚注[編集]

  1. ^ イースタン、ウェスタン二軍両リーグ通じて、ノーヒットノーランを含めて初の無安打無得点試合となった
  2. ^ ベースボールマガジン2012年11月号72ページ

関連項目[編集]