金森隆浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金森 隆浩
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田郡湯浅町
生年月日 (1972-08-12) 1972年8月12日(49歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1996年10月2日[1]
CPBL / 1998年3月8日[2]
最終出場 NPB / 1996年10月9日
CPBL / 1998年10月27日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金森 隆浩(かなもり たかひろ、1972年8月12日 - )は、和歌山県有田郡湯浅町出身の元プロ野球選手投手・右投右打)[5][6]

立命館大学関西学生野球リーグ)時代は速球派投手として注目され、1994年のドラフト会議中日ドラゴンズセントラル・リーグ)から1位指名を受けて入団した[5][6]が、NPBの一軍公式戦では未勝利(登板試合数は通算2試合)に終わり[7]1999年限りで現役を引退した。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

湯浅町立湯浅小学校湯浅町立湯浅中学校出身[3]。小学校1年生の時に軟式野球を始め、和歌山県立耐久高等学校では1年秋からエースとなる[5]。高校時代は甲子園への出場経験はなく、3年夏も県大会3回戦止まりだったが[5]速球派投手としてプロ球界から勧誘を受けていた[5][6]

卒業後は立命館大学(経済学部)[5]へ進学して大学硬式野球部に所属。1993年(第22回)[注 1]1994年(第23回)と2年連続で日米大学野球の代表に選出され、1993年には2勝を挙げた[6]。大学3年次には最高球速147 km/hを記録し[3]、同年春のリーグ戦では防御率0.89を記録した。中日ドラゴンズ(当時の監督高木守道)は1994年4月時点で金森を同年のドラフト会議における1位指名候補に予定していたが、3年のオフに腰を痛めたことで投球フォームを崩し[注 2][5]、4年次は球速140 km/hさえ程遠くなっていたが[3]、春季リーグ戦で最優秀投手賞を受賞した。リーグ戦の通算成績は12勝15敗・防御率1.91[5]

ドラフト会議直前には西口文也[注 3]立正大学)とともに、中日が紀田彰一横浜高校)の抽選を外した場合の外れ1位候補としてリストアップしていた[9]。そして会議当日(11月18日)、中日は横浜ベイスターズとともに紀田を1位指名したが、抽選により横浜が交渉権を獲得[注 4]したため、金森は中日から紀田の外れ1位として指名された[5]。指名後からは調子が上向き、球速140 km/hをコンスタントに出せるようになった[3]。入団時の年俸は1,000万円・契約金は8,000万円で[6]、「球速150 km/hの球を投げたい。力で相手打者のバットをへし折りたい」と目標を掲げていた[注 5][3]。また、金森について担当スカウト・中田宗男[注 6]は「完調なら150 km/hは投げられる投手」と[5]、前中日投手コーチ・水谷寿伸野球評論家)も「試合経験が少ないので打者との駆け引きはいまいちだが、潜在能力は河原純一巨人1位指名)に負けぬものを持っている」とそれぞれ評価していた[11]

プロ入り後[編集]

ドラフト当時、補強ポイントの1つとされていた右の先発投手候補として期待されていた[5]が、プロ入り1年目の1995年は故障で出遅れて一軍では登板できなかった[12]。同年7月15日に二軍ウエスタン・リーグ)戦で初登板したが、14試合(投球イニング:60回)を投げて2勝4敗・防御率4.35の成績にとどまった[12]。同年オフの契約更改では新人選手としては異例の年俸大幅ダウン(前年比20%減)となる[13]年俸800万円で更改したが[12]、秋季キャンプでは速球の球速などに手応えを掴んでいた[13]

2年目の1996年シーズンは二軍ウ・リーグで23試合(投球イニング:104回1/3)に登板して11勝4敗・防御率3.57(リーグ投手順位は16人中9位)の成績を残し、香田勲男近鉄)と並んで最多勝利のタイトルを獲得した[14]。シーズン終盤に一軍昇格を果たし[15]、10月2日の対広島東洋カープ24回戦(広島市民球場)で大量リード中の[16]9回に救援としてプロ初登板[1]。先頭打者の前田智徳を一塁ゴロ、続くルイス・ロペスを二塁ゴロに打ち取り[16]、最後は野村謙二郎を143 km/hの直球で空振り三振に討ち取って3人で抑えた[1]。10月9日の対阪神タイガース最終戦(阪神甲子園球場・第26回戦)[17]でプロ初先発登板を果たしたが[15]、初回に2被安打・1失策により無死満塁となり[17]、4番打者・新庄剛志から(新庄にとって通算3本目の)満塁本塁打を被弾[18]。その後も6番・桧山進次郎を三振に打ち取っただけで、2被安打・1四球により再び満塁のピンチを招くと[19]、代打・塩谷和彦[注 8]から1イニング2本目の満塁本塁打を被弾した[18]。これにより1イニング8失点[注 9]を喫した。1イニング2満塁被弾はこれがNPB初記録[注 10][17][19]、これ以降には以下の記録が出ている。

1997年シーズン(年俸900万円)[15]終了後の11月29日、契約更改交渉の際に「武者修行の意味で台湾に行ってもらうかもしれない」と打診され[注 11]、これを「違うところでやるのも自分のためになる」と了承[26]。12月15日、過去に郭源治松永幸男と中日選手を受け入れた実績のある統一ライオンズ台湾プロ野球)へ1年契約で移籍することが決まり[26]、同日付で中日を自由契約となった[27]。翌1998年は台湾・統一で22試合に登板(先発10試合・救援12試合)し、3勝2敗・防御率3.09の成績を残した[4]

1998年オフに台湾での活躍を認められ、2年ぶりに中日復帰を果たした(背番号63・年俸800万円)[28]。この時は投球フォームが前に突っ込まないようになったことでコントロールが安定するようになっており[29]、金森自身も「(台湾での1年間で)1人で考えていろいろなことが試せた。投手のレベルが1年で上がっていて驚いた」と手応えを感じていたが[30]1999年は一軍に昇格できず、同年オフに中日から再び戦力外通告を受ける。その後オリックス・ブルーウェーブの入団テストを受けるが不合格となり、現役を引退

2000年は中日の打撃投手を務めていた[31]が、同年限りで退団した[注 12]2020年2月7日には日本学生野球協会から「学生野球資格回復」の適性認定を受けた[33]

選手としての特徴[編集]

ドラフト当時、水谷寿伸は「調子の良い時は145 km/h以上のストレート、カーブも大きく、決め球のフォークも落差はある」と評価していた[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 中日 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 18 3.0 7 2 2 0 0 2 0 0 8 7 21.00 3.00
1998 統一 22 10 0 0 0 3 2 0 -- .600 312 70 76 2 33 1 7 36 4 0 34 24 3.09 1.56
NPB:1年 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 18 3.0 7 2 2 0 0 2 0 0 8 7 21.00 3.00
CPBL:1年 22 10 0 0 0 3 2 0 -- .600 312 70 76 2 33 1 7 36 4 0 34 24 3.09 1.56

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 12 (1995年 - 1997年)
  • 11 (1998年)
  • 63 (1999年)
  • 113 (2000年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同大会代表には金森と同学年の河原純一駒澤大学硬式野球部)らも選出されている。
  2. ^ 当時の野球部監督・中尾卓一は「本人は3年のころからプロを意識して焦り、キャッチボールの時から左膝が早く開く悪い癖が出た」と述べている[5]
  3. ^ 西口は西武ライオンズからドラフト3位で指名され、1995年 - 2015年にかけ西武(2008年より「埼玉西武ライオンズ」)でプレー。実働21年間で通算182勝を挙げた[8]
  4. ^ なお、紀田は一軍では(1996年に)6試合に出場したのみで、1999年限りで横浜を戦力外となり、2000年に西武に移籍したが、同年限りで現役を引退している[10]
  5. ^ プロ入り時には目標とする投手として、チームの先輩である今中慎二を挙げていた[5]
  6. ^ 中田は高校時代から金森に着目していた[11]
  7. ^ 中西は既にこの時点で阪神退団が決まっており、同日が最終試合[18]。他球団での現役続行を目指したが[17]、その後引退。
  8. ^ 先発投手・中西清起[注 7]の代打[17]。塩谷はこれがプロ初本塁打だった[20]
  9. ^ ただしエラーが絡んでおり、金森本人の自責点は7[17]。同試合の投球成績は2イニング58球・打者15人(7被安打・1奪三振・2四死球)・8失点(自責点7)で、防御率は31.50[17]
  10. ^ 同一チームが1試合で2本の満塁本塁打を記録したのは当時、NPB史上14回目[17]
  11. ^ 当初は金森だけでなく、平田洋ら若手投手も台湾行きの候補に上がっていたが、児玉光雄球団代表補佐は「統一側からのお願いもあった。金森なら向こう(統一)でも使ってもらえるだろうし、勉強になると判断した」と説明した[26]
  12. ^ 2000年度の『ホームラン』(日本スポーツ出版社)選手名鑑には金森が中日の打撃投手として掲載されている[31]が、2001年度の選手名鑑には掲載されていない[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『中日スポーツ』1996年10月3日第5版3頁「Dパトロール 金森ピシャリ初登板」(中日新聞社)
  2. ^ a b PLAYER 球員個人紀錄 金森隆浩 0 球隊:統一7-ELEVEn > 逐場成績表” (中国語). 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL. 中華職業棒球大聯盟. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『中日ドラゴンズ '95ファンブック』中日ドラゴンズ(発行)・中日新聞本社(発売)〈中日ドラゴンズファンブック〉、1995年3月11日、10頁。ISBN 978-4806202912
  4. ^ a b PLAYER 球員個人紀錄 金森隆浩 0 球隊:統一7-ELEVEn > 個人成績表” (中国語). 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL. 中華職業棒球大聯盟. 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 中日スポーツ』1994年11月19日第5版1頁「ドラフト1位 金森(立命館大) はばたけ147キロ右腕 早くも心は竜の一員 無念!紀田は横浜」(中日新聞社
  6. ^ a b c d e 「'95プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第19巻第3号(通算:第202号 / 1995年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1995年3月15日、 38頁。
  7. ^ 金森 隆浩(中日ドラゴンズ) | 個人年度別成績” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 日本野球機構. 2021年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月26日閲覧。
  8. ^ 西口 文也(埼玉西武ライオンズ) | 個人年度別成績” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 日本野球機構. 2021年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月26日閲覧。
  9. ^ 『中日スポーツ』1994年11月18日第5版1頁「紀田(横浜高)中日1位 横浜とクジ勝負 確率5割、高木監督が引き当てる 外れれば金森(立命大)らが候補に」(中日新聞社)
  10. ^ 牧忠則「藤王康晴、山之内健一、萩原誠、…プロの壁が厚かった「高卒スラッガー」」『AERA dot.朝日新聞出版、2020年8月10日、1面。2021年3月26日閲覧。オリジナルの2021年3月26日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ a b c 『中日スポーツ』1994年11月19日第5版1頁「ドラフト1位 金森(立命館大) 水谷寿伸の目 駆け引き覚えれば金森いける」(中日新聞社
  12. ^ a b c 「'96プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第20巻第4号(通算:第213号 / 1996年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1996年3月31日、 91頁。
  13. ^ a b 『中日ドラゴンズ '96ファンブック』中日ドラゴンズ(発行)・中日新聞本社(発売)〈中日ドラゴンズファンブック〉、1996年3月13日、63頁。ISBN 978-4806203131
  14. ^ ホームラン 1997, p. 215.
  15. ^ a b c ホームラン 1997, p. 38.
  16. ^ a b 『中日スポーツ』1996年10月3日第5版2頁「24 中日18-5広島」(中日新聞社)
  17. ^ a b c d e f g h 『中日スポーツ』1996年10月10日第5版3頁「26 阪神11-1中日」(中日新聞社)
  18. ^ a b c 中日スポーツ』1996年10月10日第5版2頁「阪神快勝も単独最下位 プロ野球史上初1イニング満塁弾2発」(中日新聞社
  19. ^ a b 『中日スポーツ』1996年10月10日第5版3頁「Dパトロール 金森プロ初先発も…」(中日新聞社)
  20. ^ ホームラン 1997, p. 100.
  21. ^ ソフトバンク上林ランニング弾 99年小久保は満塁で記録」『西日本スポーツ西日本新聞社、2019年6月29日。2021年8月23日閲覧。オリジナルの2021年8月23日時点におけるアーカイブ。
  22. ^ 広尾晃直近は小久保、イチローも達成? 激レアなランニング満塁ホームラン。」『Number Web文藝春秋、2017年9月28日、3面。2021年8月23日閲覧。オリジナルの2021年8月23日時点におけるアーカイブ。
  23. ^ 春川英樹「あなたの思い出のグランドスラムは?」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2021年8月22日。2021年8月23日閲覧。オリジナルの2021年8月23日時点におけるアーカイブ。
  24. ^ プロ野球4度目 ハム1イニング2満塁弾」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2010年6月20日。2021年8月23日閲覧。オリジナルの2021年8月23日時点におけるアーカイブ。
  25. ^ ロッテ ついに2.5差!井口だ鈴木だ1イニング満弾2発」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2013年8月23日。2021年8月23日閲覧。オリジナルの2021年8月23日時点におけるアーカイブ。
  26. ^ a b c 『中日スポーツ』1997年12月16日朝刊第5版3頁「金森 台湾行き決まる」(中日新聞社 記者:加藤)
  27. ^ 『中日スポーツ』1997年12月16日朝刊第5版2頁「コミッショナー公示(15日)【自由契約選手】中日 金森隆浩投手」(中日新聞社)
  28. ^ 「'99プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第23巻第4号(通算:第246号 / 1999年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1999年3月31日、 48頁。
  29. ^ 『1999年度 プロ野球選手名鑑 決定版』ベースボール・マガジン社(編集・発行)、1999年3月10日、第1版第1刷、47頁。ISBN 978-4583045610
  30. ^ 『中日ドラゴンズ '99ファンブック』中日ドラゴンズ(発行)・中日新聞本社(発売)〈中日ドラゴンズファンブック〉、1999年3月17日、83頁。ISBN 978-4806203834
  31. ^ a b 「完全保存版 プロ野球セ・パ両リーグ 12球団全選手カラー百科名鑑2000」『ホームラン』第24巻第3号(通算:第252号 / 2000年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、2000年3月31日、 43頁。
  32. ^ 「完全保存版 プロ野球セ・パ両リーグ 12球団全選手カラー百科名鑑2001」『ホームラン』第25巻第2号(通算:第258号 / 2001年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、2001年3月31日、 57頁。
  33. ^ 日本学生野球協会がイチロー氏の学生野球資格回復を認定 今回の認定者94人一覧」『スポーツ報知報知新聞社、2020年2月7日。2020年4月23日閲覧。オリジナルの2020年4月23日時点におけるアーカイブ。

参考文献[編集]

  • 「'97プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第21巻第4号(通算:第225号 / 1997年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1997年3月31日、 38,215。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]