辰己涼介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辰己 涼介
東北楽天ゴールデンイーグルス #7
R tatsumi20190331.jpg
ZOZOマリンスタジアムにて(2019年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市北区
生年月日 (1996-12-27) 1996年12月27日(22歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年3月30日
年俸 1,500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

辰己 涼介(たつみ りょうすけ、1996年12月27日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

神戸市立藤原台小学校1年の時から神戸北リトルで軟式野球を始め、小学校3年の時に大淀ボーイズに入り硬式野球に転向。神戸市立有野中学校に進学してからは神戸三田ドジャースに所属した[2]

社高等学校では1年からレギュラーだったが、甲子園出場はなかった。通算20本塁打。

立命館大学に進学し、1年春からレギュラーに定着。2年には日米大学野球の日本代表に選出され、主将を務めた。4年次の5月20日には史上28人目の通算100安打を記録し、38回目の優勝に貢献した[3]。関西大学リーグ歴代2位の122安打を記録した[4]。リーグ通算95試合に出場、376打数122安打、打率.324、7本塁打、58打点、21盗塁、ベストナイン4回、首位打者1回を記録。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では東北楽天ゴールデンイーグルス阪神タイガース読売ジャイアンツ福岡ソフトバンクホークスが競合し、楽天が交渉権を獲得。11月9日に契約金1億円・年俸1500万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[1]。背番号は7[5]

選手としての特徴[編集]

50メートル5.7秒の俊足[6]。打席から一塁までの到達スピードは3.71秒[7]。遠投125メートルの強肩[6]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初出場:2019年3月30日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(ZOZOマリンスタジアム)、9回裏に右翼手で出場
  • 初先発出場:2019年3月31日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ZOZOマリンスタジアム)、9番・右翼手で先発出場
  • 初打席・初打点:同上、2回表に有吉優樹から押し出し四球
  • 初安打:同上、4回表に有吉優樹から中前安打
  • 初盗塁:同上、8回表に二盗(投手:西野勇士・捕手:田村龍弘

背番号[編集]

  • 7 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]