有吉優樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有吉 優樹
2022年5月22日 横浜スタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県山武郡大網白里町(現:大網白里市
生年月日 (1991-03-12) 1991年3月12日(32歳)
身長
体重
178 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2017年3月31日
最終出場 2022年5月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

有吉 優樹(ありよし ゆうき、1991年3月12日 - )は、千葉県山武郡大網白里町(現:大網白里市)出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大網東小学校、大網中学校を卒業後、東金高等学校へ進学。高校時代は投手遊撃手としてプレーしていた。3年夏は3回戦でその年の準優勝校である東海大望洋に敗れた。東京情報大学へ進むと2年秋からリーグ戦に出場。3年春には大学選手権2回戦に先発して無失点の好投もチームは延長タイブレークで敗れる[1]。4年秋にはリーグ最多勝、奪三振王を獲得[2]関東地区大学野球選手権大会では初戦で先発し、高梨裕稔山梨学院大)と投げ合って敗れた[2]

卒業後は九州三菱自動車に入社。営業回りをする傍ら、野球部の練習に打ち込む毎日だった。社会人の強豪としては珍しく、チーム方針として練習よりも業務が最優先で、練習中に携帯電話へ得意先から着信が入り抜け出すこともあったという[3][4]。有吉自身も「野球より仕事のほうがしんどかった」と回想している[5]山内孝徳コーチのもとで練習を続けた結果、3年目に西部ガスの補強選手として都市対抗に出場するなどスカウトに注目される存在となる[6][7]2016年度プロ野球ドラフト会議で地元の千葉ロッテマリーンズから5位指名を受け、契約金4000万円、年俸1000万円(金額は推定)で契約した[8]。背番号は36

ロッテ時代[編集]

2017年は、春季キャンプでは一軍メンバーに選ばれ、さらにオープン戦でも結果を残し、開幕一軍の座を手にする。プロ初登板は開幕戦である福岡ソフトバンクホークス戦で、0回2/3を無失点。7月18日のオリックス・バファローズ戦でプロ初勝利を挙げる[9]。53試合に登板し13ホールドを記録と、最下位に低迷するチームにあってルーキーイヤーからブルペン陣の一角を担った。同年オフに一般女性と結婚した。

2018年も開幕を一軍で迎え、開幕当初は前年と同様リリーフとして起用されていた。しかし、二木康太唐川侑己ら先発陣の不調により先発要員へ転向し、5月23日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初先発。この試合では打線の援護がなく敗戦投手となったが、5回2失点と試合を作ったことが評価され、以後は先発ローテーションに定着した。先発転向3戦目となった6月6日の中日ドラゴンズ戦で、7回1/3を無失点の好投で先発としての初勝利を挙げた。

2019年は、先発として開幕一軍入り。3月31日東北楽天ゴールデンイーグルス戦に登板するも4回2/3を投げて5失点で敗戦投手、4月7日ソフトバンク戦でも3回もたず6失点で降板し敗戦投手となり、翌日一軍登録を抹消された。4月22日に右肘鏡視下関節クリーニング手術を受けた[10]。この年は2試合の登板にとどまった。

2020年は、7月7日の対埼玉西武ライオンズ戦に先発し6回2失点で679日ぶりの公式戦勝利を挙げる[11]も、一軍登板は3試合に留まった[12]

2021年は、春季キャンプから二軍スタートとなりオープン戦でも1試合リリーフ登板のみとなっていたが、二軍では6月頭まで防御率1点台と好調をキープしていたが、一軍での登板がなかった。

DeNA時代[編集]

2021年6月14日に国吉佑樹とのトレードで横浜DeNAベイスターズに移籍することが発表された[13]。背番号は67に決まった。

7月9日の中日ドラゴンズ戦にて移籍後一軍初登板初先発。敗戦はしたものの7回途中を2失点と上々のデビューだったが、シーズン後半戦に入る前に練習中に打球を右足に当て戦線離脱。その後、二軍登板でも7試合登板して防御率13.27と不振で昇格できず、シーズンを終えた。契約更改では現状維持の2700万円でサインした[14]

2022年は、5月22日の東京ヤクルトスワローズ戦で一軍昇格を果たし、先発するも4回4安打3失点で敗戦投手となり、翌日に抹消され[15]、以降一軍での登板はなくシーズンを終えた。同シーズンは二軍では17試合の登板で、6勝1敗、防御率2.45の成績だったが、一軍登板は前年と同様にわずか1試合で移籍後初白星を挙げることができないまま、10月16日に戦力外通告を受けた[16]。その後現役引退が発表された[17]。  

現役引退後[編集]

引退後、2023年からは古巣ロッテでスカウトを務める。2023年ドラフト会議では4位指名された早坂響を担当[18]

選手としての特徴[編集]

2022年5月22日横浜スタジアムにて

最速149km/hのストレートのほかシュート、スライダー、カーブ、チェンジアップなどを投げ分ける[19][20]。新人時の春季キャンプでは伊東勤監督が「制球が安定している」、取材に訪れた三浦大輔も「バランス良く投げている」と高く評価したという[21]

人物[編集]

  • ジグソーパズルが趣味。「小さい頃からジグソーパズルをやっていた。気分転換になる」と入寮の時に語っている。寮にはドラフト指名後2週間で作った1000ピースのジグソーパズルを持参した[22]
  • 好きなテレビ番組は『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、前番組『怒り新党』の時代からよく見ているとのこと[23]
  • 2018年4月28日に広島東洋カープファンとして知られる同姓でタレントの有吉弘行が自身のTwitterにて、「同姓という特殊事情でロッテの有吉投手も応援しています」とツイートした。有吉優樹自身も、「頑張って投げます」と自ら返信した[24]。そして6月6日に行われた交流戦・対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)にてシーズン初勝利を挙げた際には、有吉弘行からTwitterで「ロッテ有吉投手! おめでとうございます!! 同姓会万歳!!」との祝福コメントが寄せられた。なお、有吉優樹本人は恐縮し、「僕なんて、全然まだまだなんで何もないですよ!」とコメントした[23][24]
  • ホームゲームにおける登場曲も有吉にちなみ、猿岩石の『白い雲のように』である。なお、プロ入り時点では有吉はこの曲を全く知らず、チームの先輩でもある涌井秀章による「いじり」であったが、以後は本人も気に入って継続して使用している[25]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 ロッテ 53 0 0 0 0 2 5 1 16 .286 222 53.1 48 4 14 0 3 27 0 0 17 17 2.87 1.16
2018 29 15 0 0 0 6 5 0 2 .545 462 106.0 118 15 31 1 4 54 2 0 50 44 3.74 1.41
2019 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 37 7.1 12 4 5 0 0 2 0 0 11 11 13.50 2.32
2020 3 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 49 11.0 15 1 2 1 0 5 0 0 6 6 4.91 1.55
2021 DeNA 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 27 6.2 8 1 0 0 0 3 0 0 2 2 2.70 1.20
2022 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 18 4.0 4 0 1 0 1 1 0 0 3 3 6.75 1.25
通算6年 89 21 0 0 0 9 15 1 18 .375 815 188.1 205 25 53 2 8 92 2 0 89 83 3.97 1.37
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 ロッテ 53 3 9 0 0 1.000
2018 29 6 16 1 0 .957
2019 2 0 3 0 0 1.000
2020 3 0 3 0 1 1.000
2021 DeNA 1 2 1 0 0 1.000
2022 1 0 1 0 0 1.000
通算 89 11 33 1 1 .978
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 36(2017年 - 2021年6月13日)
  • 67(2021年6月14日 - 2022年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第60回全日本大学野球選手権記念大会
  2. ^ a b 週刊ベースボール増刊 大学野球2012秋季リーグ戦決算号 ベースボールマガジン社
  3. ^ 顧客300人の営業マン!ロッテドラ5有吉「練習中も携帯電話を」”. スポーツニッポン (2016年12月1日). 2021年6月25日閲覧。
  4. ^ ドラフト5位有吉優樹、営業マンからの転身――お客様優先で、プロへの夢を切り開く【マリーンズ浦和ファーム通信#30】”. ベースボールチャンネル (2016年12月10日). 2021年6月25日閲覧。
  5. ^ “登場曲「白い雲のように」/ロッテ有吉アラカルト” (日本語). 日刊スポーツ. (2018年6月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806070000115.html 2018年9月26日閲覧。 
  6. ^ 元鷹100勝エースが育てたプロ注目コンビがV大本命を撃破! 九州三菱・有吉148キロ”. Yahoo!ニュース (2016年9月8日). 2021年6月25日閲覧。
  7. ^ 千葉ロッテ5位の有吉優樹は阪神安藤タイプ! 元鷹エース直伝の投球術”. Yahoo!ニュース (2016年10月21日). 2021年6月25日閲覧。
  8. ^ ロッテ5位有吉、営業マンの観察力で開幕1軍だ”. 日刊スポーツ (2016年12月1日). 2018年5月28日閲覧。
  9. ^ a b “ロッテ ルーキー有吉がプロ初勝利 福浦 満塁走者一掃の二塁打!”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年7月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/18/kiji/20170718s00001173423000c.html 2017年7月18日閲覧。 
  10. ^ ロッテ・有吉が右ひじクリーニング手術で全治3~4カ月 井口監督「早く戻ってきてほしい」”. サンスポ (2019年4月23日). 2020年4月26日閲覧。
  11. ^ ロッテ有吉が679日ぶり勝利「復活の年になる」”. 日刊スポーツ (2020年7月7日). 2020年12月5日閲覧。
  12. ^ ロッテ有吉700万円減 CS「見たくなかった」”. 日刊スポーツ (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  13. ^ “国吉佑樹選手と千葉ロッテマリーンズ有吉優樹選手のトレードについて”. 横浜DeNAベイスターズ. (2021年6月14日). https://www.baystars.co.jp/news/2021/06/0614_03.php 2021年6月14日閲覧。 
  14. ^ 【DeNA】今季途中移籍の有吉優樹が現状維持2700万円でサイン”. スポーツ報知 (2021年12月3日). 2021年12月23日閲覧。
  15. ^ 【DeNA】有吉優樹、今季初先発4回3失点「3、4回は自分の持ち味を出せた」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年11月29日閲覧。
  16. ^ 【DeNA】三上朋也、浅田将汰、有吉優樹、高城俊人、倉本寿彦、山下幸輝、宮本秀明の7選手に戦力外通告”. スポーツ報知 (2022年10月16日). 2022年11月29日閲覧。
  17. ^ 有吉優樹選手 現役引退のお知らせ | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ. 2022年12月27日閲覧。
  18. ^ ロッテが田中良平氏、有吉優樹氏、松田進氏のスカウト就任を発表”. BASEBALLKING (2023年1月5日). 2023年1月5日閲覧。
  19. ^ “ロッテ5位 九州三菱自動車・有吉 昼間は営業で訪問販売”. スポーツニッポン. (2016年10月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/21/kiji/K20161021013575470.html 2020年5月16日閲覧。 
  20. ^ 有吉 優樹(千葉ロッテマリーンズ)”. グラッドキューブ. 2020年5月16日閲覧。
  21. ^ ロッテ5位有吉、番長が認める成り上がり候補生”. 日刊スポーツ (2017年2月4日). 2021年6月25日閲覧。
  22. ^ ロッテ5位有吉、ラッセン絵画のジグソーパズル持参”. 日刊スポーツ (2017年1月8日). 2021年6月25日閲覧。
  23. ^ a b “【ロッテ】有吉、3度目の正直で先発初勝利! あの大物カープ芸人も祝福”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年6月7日). https://hochi.news/articles/20180606-OHT1T50162.html 2018年6月16日閲覧。 
  24. ^ a b “有吉弘行「同姓会万歳!」ロッテ有吉祝福ツイート”. 日刊スポーツ. (2018年6月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806070000051.html 2018年6月16日閲覧。 
  25. ^ “ロッテ有吉、好投支える入場曲「猿岩石」選んだワケ - プロ野球番記者コラム” (日本語). 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1812356.html 2018年9月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]