中村奨吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 奨吾
千葉ロッテマリーンズ #8
Nakamura2018.jpg
2018年の中村奨吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県三木市
生年月日 (1992-05-28) 1992年5月28日(29歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手外野手
プロ入り 2014年 ドラフト1位
初出場 2015年3月29日
年俸 6,700万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

中村 奨吾(なかむら しょうご、1992年5月28日 - )は、兵庫県三木市出身[2]プロ野球選手内野手外野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

みなぎ台小学校2年生の時に「三田リトル」で野球を始め[3]吉川中学校では「三田ヤング」に所属していた[2]

天理高等学校では1年生の時に外野手としてベンチ入りした[3]。2年生の時、夏の甲子園・全国大会の1回戦で3番・中堅手、2回戦では3番・左翼手で先発出場し、計7打数5安打3打点、打率.714だった[4]。3年生の時、春の選抜高校野球では1回戦で3番・中堅手で先発出場したが無安打に終わり、チームも敗れた[5]夏の甲子園・全国大会1回戦で3番・三塁手で出場、3打数1安打1打点だったが、チームは山田哲人坂本誠志郎を擁する履正社に敗退した[6]。高校の1学年先輩に西浦直亨がいる。

早稲田大学では1年生時の春のリーグ戦に初出場[7]。2年生時の春にそれまでの左翼手から二塁手に転向した[8]。3年生時の7月に、第39回日米大学野球選手権大会日本代表に選ばれ[9]、全試合5番・中堅手として先発出場し[8]、4回戦で三塁打、5回戦では先制適時打とソロ本塁打を放った[10]。大会通算打率.438[8]。4年生時に主将を任された[11]。7月には第27回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選出された[12]。全試合4番に座り(中堅手、または指名打者)、第2戦と第5戦で適時打を打った[13]。大学4年間のリーグ通算成績は82試合321打数94安打46打点、本塁打11本、盗塁18、打率.293[7]。2 - 4年生時のそれぞれ秋のリーグで東京六大学野球リーグのベストナインを受賞している(いずれも二塁手)[14]

2014年のプロ野球ドラフト会議千葉ロッテマリーンズから1巡目で指名され[15]、契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)で合意し[16]入団した。背番号は23[17]。なお、2015年3月25日の早稲田大学の卒業式当日、中村は開幕一軍メンバーに選ばれていたことから開幕戦が行われる福岡へ移動していたため、式は欠席した[18]。早稲田大学の同級生である有原航平も同じく1巡目指名され、北海道日本ハムファイターズに入団した。

プロ入り後[編集]

2015年は開幕を一軍で迎え[19]、3月29日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)で、根元俊一の代走としてプロ初出場した[20]。4月2日の対日本ハム戦(QVCマリンフィールド)では鈴木大地の代打でプロ初打席に立ったが、空振り三振に倒れた[21]。同8日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では「9番・二塁手」でプロ初のスタメン出場を果たし、第二打席で初安打を打つと[22][23]、同12日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では代走で途中出場した後に回ってきた打席で適時打を打ち初打点を挙げ[24]、「1番・三塁手」で先発出場した4月30日の対西武戦(QVCマリン)では第1打席で初本塁打(「初回先頭打者本塁打」)を打った[25]。新人選手のプロ初本塁打が初回先頭打者本塁打になったのは1998年坪井智哉以来で、日本球界で6人目、パ・リーグでは4人目、ロッテの選手では初である[26][27]。シーズン前半は、スタメン出場と途中出場を行ったり来たりしていたが、7月15日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)以後は、三塁手のレギュラーに定着(直近の試合で今江敏晃死球で左手を骨折した影響から。今江の復帰後は二塁手で起用された)。打撃面では7月の一時期を除いて打率は.250を下回る状況が続いたが、クリーンナップを除く6つの打順で出場。守備面では、二塁手、三塁手、遊撃手左翼手中堅手の5つのポジションで出場。111試合に出場し、打率.230、5本塁打、21打点、4盗塁を記録した。

2016年は、前年に三塁手のレギュラーであった今江が楽天へ、二塁手のレギュラーであったルイス・クルーズ巨人へ移籍し、新外国人のヤマイコ・ナバーロが不祥事により1か月間の出場停止処分となった[28]ことで、3月25日に行われた日本ハムとの開幕戦(QVCマリン)に「9番・二塁手」として出場し、プロ初の開幕スタメンを果たす。ナバーロが復帰すると三塁手として出場を続け、5月5日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天koboスタジアム宮城)では4安打6出塁3打点と大暴れしたが、翌6日からの1か月では55打数4安打、打率.073と打撃の面で調子を落とし、守備の面でもミスが目立ったため交流戦途中の6月8日にプロ入り後初の二軍降格[28]。最短の10日で一軍に復帰するが、8月4日に再び二軍に降格[28]。同19日に再昇格したが、その後も打撃の調子が上がらずに苦しんだ。しかし、9月24日の対オリックス戦(QVCマリン)では9回に同点本塁打を打ち(その後チームはサヨナラ勝ちでCS出場を決めた)[28]、レギュラーシーズン最終戦であった10月5日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(QVCマリン)でも適時二塁打を含む2安打を放つなど、勝負強さを示して復調をアピールしたことで、クライマックスシリーズでは、2試合いずれも「9番・三塁手」として出場を果たした。打撃面では7月下旬を最後に打率は.210を下回る状況が続いたが、守備面では、二塁手(32試合)、三塁手(50試合)でスタメン起用され、最終的には108試合の出場で打率.201、6本塁打、25打点、4盗塁を記録した。11月25日、年俸3,200万円(700万円増、推定)で契約更改をし、この席上で併せて、背番号を「8」へ変更することが発表された。有藤通世や今江敏晃などが着用し、ロッテにおける「特別な背番号」とされている[29][30]背番号8を与えた理由について、球団側は「(背番号8は)期待も込めて。(着用することで)自覚も変わる。来年はレギュラーを取って、中心選手になって球団の顔になって欲しい」と示している[29]

2017年は、鈴木大地を二塁手にコンバートする方針から、遊撃手のレギュラー争いをする立場と位置付けられて、キャンプインを迎えた[31][32]。3月31日に行われたソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)では、「9番・遊撃手」で2年連続の開幕スタメンに起用されたが2打席連続三振で途中交代。その後も不調に苦しんで、4月6日に早くも二軍に降格する[33]。5月3日に一軍に復帰するが、わずか4試合の出場の後に、5月8日にシーズン2回目の二軍降格[34]この時点で、17打数0安打、打率.000で、プロ入り後は最悪といえるスランプだった。二軍で結果を残し、6月17日に一軍へ復帰。翌18日の巨人戦でシーズン初安打を打つと打撃の調子が上向きになり、以後はマット・ダフィー大嶺翔太に替わって三塁手のレギュラーとして起用される。9月26日の対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、先制打になる9号2点本塁打を打つ[35]など、勝利に直結する活躍を見せる場面が増え、シーズン終盤には5番で起用される試合もあった。オールスターブレイク以後に限れば、主に6番で起用され、打率.294、7本塁打、11盗塁、特に9月以後だと打率.294(102打数30安打)、3本塁打、8盗塁と結果を残した[36][37]。守備面では、三塁手(58試合)、遊撃手(23試合)でスタメン起用され、最終的には85試合(うちスタメンで81試合)に出場、打率.275、9本塁打、32打点、11盗塁を記録した。特に盗塁数はプロ入り後初めての2桁となり、本人曰く「2016年やその前の年に比べて、自信になりましたし、実際(数字的にも)多く走れたと思っているので、この感覚を今後に活かしていきたいなと思います」と振り返っており、手応えをつかむシーズンになった[37]。また打撃面でも、同シーズン後半から、福浦和也のアドバイスをきっかけに「打撃そのものは変えていないが、『早めにとって、ゆっくり伸ばす』という意識で、タイミングの取り方を変えた」ことで、「詰まらされてもしっかり振れている」打撃ができるようになり、きっかけをつかむことができたという[37][38]。シーズンオフの10月12日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[39]。11月29日、年俸3,500万円(300万円増、推定)で契約を更改[40]。シーズンオフには監督が伊東勤から井口資仁へと交代。井口は就任早々に、中村を二塁手、鈴木大地を三塁手へとコンバートする方針を示し、「セカンドは一番やってみたかったポジション。大学の時もやっていた。何とかセカンドのレギュラーポジションをとって、信頼される選手になりたい」と前向きな姿勢を示した[41][42]

2018年は、「期待の若手」としての位置付けであった前年までの3シーズンとは異なり、「絶対的なレギュラー」としての地位の確立を期待されて迎えるシーズンになった[43]。同シーズンから井口が監督に就任することになったが、井口は自身にとって大学時代からの「憧れの存在」であることと共に、井口監督がチーム作りの構想として自身を中心選手の1人と位置付けたことから、「意気に感じて、やらないといけない」として気持ちの変化が生まれたことなどから、「30本塁打、30盗塁を目指せる」といわれるなど、シーズンのブレイク候補として挙げられるようになり、本人も「3割、30盗塁」を目標と公言してのキャンプインになった[43][37][38][44]。キャンプ、オープン戦を通して好調を示し[45][46]、3月30日に行われた楽天との開幕戦(ZOZOマリンスタジアム)では、「3番・二塁手」でスタメン出場。3安打1打点の活躍をみせると、翌31日の対楽天戦では、第2打席でシーズン1号本塁打を打った[47]。最終的には自身初の全試合出場および規定打席到達を果たし、打率.284、8本塁打、リーグ2位となる39盗塁という成績を残した。また、二塁手ではリーグトップとなる守備率.993を記録し、自身初となるゴールデングラブ賞を受賞した[48]

2019年は、3月29日に行われた楽天との開幕戦(ZOZOマリン)で、「3番・二塁手」として先発出場し、2安打1本塁打1打点と活躍した。4月5日の対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、2打席連続本塁打を打つなど3安打猛打賞の活躍をみせるなど、開幕から10試合で打率.361、5本塁打、10打点、6盗塁と好スタートを切った[49]。しかし4月21日の試合前、バッテリーコーチの清水将海がノックした飛球を追って同コーチと衝突。千葉・習志野市内の病院で顔面挫創と診断され、左目の下を10針縫った[50]。同日の試合は首脳陣の判断で先発を外れ、2017年から続いていた連続フルイニング出場は188試合でストップしたが、8回に代打で登場し、空振り三振に倒れた[51]。以降は不調が続き5月6日には6番に降格[52][53]角中勝也清田育宏に3番打者を譲る形となり、5月21日にはスタメン落ちとなった。6月は月間打率.301と調子を取り戻したが、その他の月は.250以下となってしまい、最終的に打率.232でシーズンを終えた[49]。しかし、自己最多となる17本塁打、59打点を記録し、チーム唯一となる全試合出場も達成した[49]

2020年は、6月19日に行われたソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「6番・二塁手」で出場。5年連続の開幕スタメンとなった。開幕3戦目となる6月21日のソフトバンク戦(PayPayドーム)では、2回表に二保旭から、頭部への死球を受けた[54]。6月13日に行われた西武との練習試合(メットライフドーム)でも松本航から頭部死球を受けており[55]、9日間で2度頭部死球を受ける異例の事態となった[注 1]。それでも、次戦となる6月23日のオリックス戦(ZOZOマリン)にスタメン出場し、6回裏にはレフトスタンドへ同点本塁打を打った。さらに、6月25日の同カードでは、初回にルーキーの村西良太から自身初となる満塁本塁打を打ち、チームの勝利に貢献[58]。この勝利でチームは4年ぶりの5連勝となり、1530日ぶりに単独首位に立った[58]。8月は月間打率.326と調子を上げたが、9月以降は.211と低迷。最終的にリーグ18位となる打率.249、同15位となる105安打を記録。この2つはいずれもチームトップとなった。3年連続の全試合出場も記録した。11月14日から行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズでは2試合とも「6番・二塁手」で出場。2試合で8打数2安打1打点、打率.250を記録するも、チームは敗退した。シーズンオフの12月26日に、500万円減の年俸6,700万円でサインし(金額は推定)、翌年からキャプテンを務めることが発表された[59]

キャプテンマークを付けた中村奨吾(2021年)

2021年は、3月26日に行われたソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「6番・二塁手」で出場。6年連続の開幕スタメンとなった。開幕3戦目以降は「3番・二塁手」に定着。4月2日に行われた対日本ハム戦(札幌ドーム)では6打数4安打3得点の好成績を残し、翌3日の同カードでも5打数3安打3得点と、2日連続の猛打賞を記録した。9月15日のソフトバンク戦(福岡PayPayドーム)でスチュワートから中前適時打を打ち、33試合を残し自身キャリアハイとなる60打点に到達した[60]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

プロ入り当初は、「広角に打ち分ける技術を持つ打者」と評価されていた[61][62][63][36]。対左投手を得意とする傾向にあり、プロ入り後の3シーズンでの対左投手のOPSは「.660(対右投手.592)→.699(対右投手.548)→.920(対右投手.731)」と高い数値で推移しており、特に2017年シーズンの対左投手のOPSはリーグ5位相当という高い水準であった[62][63][36]。また、プロ入りから数シーズンは三振の数に対して四球が少なく、またボール球スイング率が高い傾向にあった(いわゆるフリースインガーの傾向が強かった)。三振率はプロ入り後から23.1%(2015年)、21.5%(2016年)、20.2%(2017年)、四球率は5.0%(2015年)、8.0%(2016年)、6.4%(2017年)、ボール球スイング率は40.7%(2015年)、39.0%(2016年)、33.9%(2017年)と推移し、特にボール球スイング率はプロ入り後3年連続でリーグ内でワースト5位以内に相当する数値を残していた[62][63][36]が、2020年の三振率は19.4%、四球率は10.4%を記録するなど、選球眼は近年改善されてきている。

守備・走塁[編集]

遠投115メートル、50メートル走6秒0を誇る[3]。2016年は三塁手としてのUZRが「8.0」(リーグ2位)、2017年は三塁手としてのUZRが「6.5」(リーグ1位)だった[64][65]

人物[編集]

父・優仁も天理高校野球部OBで、2年生時には夏の甲子園に3番・左翼手で出場している。なお、その際に中村のプロ入り時の監督となる伊東勤と対戦した経験がある[7][3][63]。その後電電近畿(現NTT西日本)に進んで野球を続けた[3]。中村が小学生時から練習に付き合い、アドバイスを送っていた[66]

早稲田大学時代から井口資仁が「憧れであり目標の選手」であったが、プロでのドラフト指名がロッテであったことでプロではチームメイト、そして所属チームの指揮官と選手の関係になった[37][38][44][67]。井口を目標とするようになったのは、大学2年生の春に二塁手へのコンバートが決まった際に、自身と同じ「俊足巧打の右打者」で手本になり得る存在は誰かをイメージした際に浮かんだのが井口であったからだという[38]。また、「(現役時代の井口のような)逆方向にも強い打球が打てる打者」を理想像としているという[37]

プロ入り当初は「最も地味なドラフト1位指名選手」と称されていたが、中村本人は2015年の春季キャンプの際に「理想は中距離打者。率(打率)も残せて、足もいかせれば。実力で注目してもらえれば(と思います)」と述べていた[68]

大学時代から、漫画は読まない、ゲームもしない、休みのときは買い物のため以外での外出を控えて疲労の回復に努めるほどの「野球の虫」であるという[67]。また、お酒が飲めない[67]。真面目な性格の持ち主であり、趣味として「人間観察」を挙げている[36]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 ロッテ 111 299 269 43 62 4 4 5 89 21 4 4 9 2 15 0 4 69 4 .230 .279 .331 .610
2016 108 325 278 37 56 10 1 6 86 25 4 4 14 1 26 0 6 70 0 .201 .283 .309 .592
2017 85 312 280 32 77 13 2 9 121 32 11 3 5 1 20 1 6 63 5 .275 .336 .432 .768
2018 143 639 552 82 157 30 3 8 217 57 39 15 0 5 60 2 22 94 11 .284 .374 .393 .767
2019 143 586 512 68 119 22 0 17 192 59 12 6 6 3 53 2 12 96 10 .232 .317 .375 .692
2020 120 499 422 57 105 25 0 8 154 49 6 3 15 2 52 1 8 97 6 .249 .341 .365 .706
通算:6年 710 2660 2313 319 576 104 10 53 859 243 76 35 49 14 226 6 58 489 36 .249 .329 .371 .701
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃 外野
















































2015 ロッテ 30 32 68 0 5 1.000 57 25 83 5 6 .956 5 1 7 0 2 1.000 17 19 1 0 0 1.000
2016 37 77 105 3 24 .984 70 41 112 8 13 .950 - -
2017 - 69 42 102 6 8 .960 27 37 51 6 9 .936 -
2018 143 329 486 6 89 .993 - - -
2019 140 299 438 9 86 .988 - - -
2020 120 261 347 9 60 .985 - - -
通算 470 998 1444 27 264 .989 196 108 297 19 27 .955 32 38 58 6 11 .941 17 19 1 0 0 1.000

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 23(2015年 - 2016年)
  • 8(2017年 - )[71]

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 両日共に、頭部打撲と診断された[56][57]

出典[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ a b ロッテ・ドラ1中村、2位田中に負けない 日刊スポーツ 2014年11月11日
  3. ^ a b c d e 父は甲子園で伊東監督と対戦 ドラ1中村 親子2代の夢かなえた スポニチ Sponichi Annex 2015年1月13日掲載
  4. ^ 第91回高校野球選手権 8月11日第3試合結果第91回高校野球選手権 8月17日第2試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 第82回選抜高校野球 3月21日第1試合 スポニチ Sponichi Annex
  6. ^ 第92回高校野球選手権 8月12日第3試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  7. ^ a b c 「野球太郎」 No.013 103頁 廣済堂出版
  8. ^ a b c 【ロッテ1位】中村奨吾 大学ナンバーワン野手 強打&守備も売り スポニチ Sponichi Annex
  9. ^ 大学日本代表チーム 全日本大学野球連盟
  10. ^ 第39回日米大学野球選手権大会 ■試合詳細 2013/7/10(水) 宇都宮清原球場第39回日米大学野球選手権大会 ■試合詳細 2013/7/11(木) 明治神宮野球場 公益財団法人 全日本大学野球連盟
  11. ^ 中村が主将に就任!来季陣容が発表 早稲田スポーツ新聞会 2013年11月11日掲載
  12. ^ 大学野球日本代表 米国・オランダ遠征 一般財団法人 東京六大学野球連盟
  13. ^ 第27回 ハーレムベースボールウィーク 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  14. ^ 東京六大学野球リーグ戦ベストナイン 一般財団法人 東京六大学野球連盟
  15. ^ 2014年ドラフト会議 中村奨吾選手を1位指名 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  16. ^ ロッテ ドラ1中村 新人王と同じ会場で契約 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月29日掲載
  17. ^ 新入団選手発表会を開催!!背番号も発表!! 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  18. ^ 【野球の虫 がんばれルーキー】開幕1軍、代走で出場 準備怠らず 産経新聞
  19. ^ 登録・抹消情報 開幕一軍メンバー発表!! 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2015年3月25日配信
  20. ^ 2015年3月29日 福岡ソフトバンク 対 千葉ロッテ 成績詳細 NPB.jp 日本野球機構
  21. ^ 4月2日(木) ロッテ vs 日本ハム ~QVCマリン~ エキサイトベースボール プロ野球速報
  22. ^ ロッテ中村がプロ初安打「チームの勝利に貢献」 日刊スポーツ 2015年4月8日掲載
  23. ^ 2015年4月8日 オリックス 対 千葉ロッテ 成績詳細 NPB.jp 日本野球機構
  24. ^ 2015年4月12日 埼玉西武 対 千葉ロッテ 成績詳細 NPB.jp 日本野球機構
  25. ^ 2015年4月30日 千葉ロッテ 対 埼玉西武 成績詳細 NPB.jp 日本野球機構
  26. ^ ロッテ ドラ1中村プロ1号は先頭打者弾「しっかり振り切れた」 スポニチ Sponichi Annex 2015年4月30日掲載
  27. ^ ロッテドラ1中村プロ1号先頭打者弾「初めてです」 日刊スポーツ 2015年4月30日掲載
  28. ^ a b c d ロッテ・中村奨吾、伝統の「8」を背に あこがれのショート狙う覚悟の3年目”. スポーツナビ (2017年2月10日). 2020年11月21日閲覧。
  29. ^ a b ミスターロッテだ中村「偉大な番号」来季背番8継ぐ”. 日刊スポーツ (2016年11月26日). 2018年4月6日閲覧。
  30. ^ 中村奨吾が”ミスターロッテ”の背番号「8」を継承”. BASEBALL KING (2016年11月26日). 2017年2月8日閲覧。
  31. ^ ロッテ伊東監督「意外と面白い」ドラ5有吉の制球◎”. 日刊スポーツ (2017年2月2日). 2017年2月8日閲覧。
  32. ^ ロッテ伊東監督が明言、キャンプ強化指定選手は「中村、加藤、田村、吉田」”. Full-Count (2017年1月26日). 2017年2月8日閲覧。
  33. ^ ロッテ伊東監督あえて厳しく 開幕遊撃中村を即2軍”. 日刊スポーツ (2017年4月11日). 2018年4月6日閲覧。
  34. ^ 最下位ロッテが1、2軍入れ替え 藤岡、中村ら降格”. 日刊スポーツ (2017年5月8日). 2018年4月6日閲覧。
  35. ^ 【ロッテ】中村、先輩の和田から先制9号”. スポーツ報知 (2017年9月26日). 2018年4月6日閲覧。
  36. ^ a b c d e 『2018プロ野球オール写真選手名鑑』99頁、226頁~228頁。
  37. ^ a b c d e f 30本、30盗塁も夢じゃない! ロッテ中村奨吾を覚醒させた2人の師。”. Number Web (2018年2月28日). 2018年4月6日閲覧。
  38. ^ a b c d 野球という仕事 中村奨吾が追い続けた井口資仁の背中”. スポニチアネックス (2017年10月7日). 2018年4月6日閲覧。
  39. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日) 2017年10月22日閲覧
  40. ^ ロッテ中村300万増「1年間出て、勝負しないと」”. 日刊スポーツ (2017年11月29日). 2018年4月6日閲覧。
  41. ^ 井口ロッテ改革第1弾「大地は三塁。奨吾は二塁で」”. 日刊スポーツ (2017年11月2日). 2018年4月6日閲覧。
  42. ^ ロッテ中村、二塁コンバートを歓迎「感覚を早く戻して、自分のものに」”. Full-Count (2017年11月3日). 2018年4月6日閲覧。
  43. ^ a b 【千葉魂】定位置奪取へ「変わろう」 好調維持の4年目、中村”. 千葉日報 (2018年3月13日). 2018年4月6日閲覧。
  44. ^ a b 「憧れすぎた」井口と過ごす日々 ロッテ3年目内野手に残された僅かな時間”. Full-Count (2017年9月3日). 2018年4月6日閲覧。
  45. ^ 【ロッテ】中村、2戦連続V弾!井口監督30発30盗塁期待”. スポーツ報知 (2018年2月12日). 2018年4月6日閲覧。
  46. ^ ロッテ中村が2安打3四球と全打席出塁 「細かいところを修正した」”. Full-Count (2018年3月6日). 2018年4月6日閲覧。
  47. ^ 新生ロッテを牽引する新3番打者・中村 「厳しいところをしっかり見逃せている」”. Full-Count (2018年4月1日). 2018年4月6日閲覧。
  48. ^ 中村選手が「三井ゴールデン・グラブ賞」を初受賞!!|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2018年11月8日). 2019年3月3日閲覧。
  49. ^ a b c ロッテ・中村奨吾、今季1年を振り返り「迷惑をかけることが多かった」”. BASEBALL KING (2019年11月3日). 2020年11月21日閲覧。
  50. ^ ロッテ中村奨吾 左目下を10針縫うアクシデント 日刊スポーツ 2019年4月21日掲載
  51. ^ 「勇者」の異名ロッテ中村10針けがも連続出場継続 日刊スポーツ 2019年4月21日掲載
  52. ^ 2番DH鈴木、7番右翼岡/6日ロッテスタメン”. 日刊スポーツ (2019年5月6日). 2020年11月21日閲覧。
  53. ^ ロッテ中村奨吾勝ち越し打、6番降格も「一本ずつ」”. 日刊スポーツ (2019年5月12日). 2020年11月21日閲覧。
  54. ^ ソフトバンク二保が危険球退場「本当に申し訳ない」”. 日刊スポーツ (2020年6月21日). 2020年11月20日閲覧。
  55. ^ 西武松本航が危険球で退場 ロッテ中村奨に頭部死球”. 日刊スポーツ (2020年6月13日). 2020年11月20日閲覧。
  56. ^ ロッテ中村奨吾が頭部死球受け途中交代 打撲と診断”. 日刊スポーツ (2020年6月13日). 2020年11月20日閲覧。
  57. ^ ロッテ中村奨吾は頭部打撲、13日練習戦も頭部死球”. 日刊スポーツ (2020年6月21日). 2020年11月20日閲覧。
  58. ^ a b ロッテ1530日ぶり単独首位!中村奨満弾で5連勝”. 日刊スポーツ (2020年6月25日). 2020年11月20日閲覧。
  59. ^ ロッテ中村奨吾ダウン提示も来季キャプテンに指名”. 日刊スポーツ (2020年12月26日). 2020年12月29日閲覧。
  60. ^ ロッテ中村奨吾110試合目で早くもキャリアハイ60打点に到達”. 日刊スポーツ (2021年9月15日). 2021年9月15日閲覧。
  61. ^ 2014年ドラフト会議 指名選手紹介 ロッテ 指名選手一覧”. BASEBALL LAB. 2018年4月6日閲覧。
  62. ^ a b c 『2016プロ野球オール写真選手名鑑』50頁、223頁~225頁。
  63. ^ a b c d 『2017プロ野球オール写真選手名鑑』50頁、226頁~228頁。
  64. ^ 『2017プロ野球オール写真選手名鑑』50頁、230頁。
  65. ^ 『2018プロ野球オール写真選手名鑑』99頁、230頁。
  66. ^ 「野球太郎」 No.013 104頁 廣済堂出版
  67. ^ a b c 【野球の虫 がんばれルーキー】D1・中村奨吾選手 静かな闘志…充実 千葉 産経新聞
  68. ^ ロッテ、最も地味なドラ1の魅力”. 朝日新聞. 2018年4月6日閲覧。
  69. ^ スコア詳細 西武 対 ロッテ 日刊スポーツ
  70. ^ a b “【オンライン限定・受注販売】中村選手「デッドボール球団記録更新BRAVE MANTシャツ」発売!!”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト. (2018年10月21日). https://www.marines.co.jp/news/detail/00003387.html 2019年3月14日閲覧。 
  71. ^ “ロッテ 中村 チームの顔の背番号「8」に「期待されている 応えないと」”. スポニチアネックス. (2016年11月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/25/kiji/K20161125013790090.html 2016年11月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]