2021年の日本プロ野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2021年 > 2021年のスポーツ > 2021年の日本プロ野球

< 2020年 | 2021年のスポーツ | 2022年

2021年の日本プロ野球(2021ねんのにほんぷろやきゅう)では、2021年日本プロ野球(NPB)における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 3日
    • 福岡ソフトバンクホークスは、政府の緊急事態宣言が3月7日まで延長されたことを受け、宮崎市内で実施中の春季キャンプを全期間無観客で行うと発表[56]。→1月15日の出来事も参照
  • 6日
  • 8日
    • ひなたサンマリンスタジアム宮崎で行われていた読売ジャイアンツの紅白戦の6回表開始前に、一塁側のベンチ横から煙が発生。選手やコーチがグラウンドに避難し、試合が約10分間中断するハプニングがあった[59]
    • 12球団代表者会議が臨時で行われ、2月に沖縄県内で予定されていたオープン戦10試合をすべて無観客の練習試合に変更する方針を確認[60]。→1月18日の出来事も参照
  • 11日
    • オリックス・バファローズは、タイラー・ヒギンスがPCR検査でCOVID-19の陽性判定を受けたと発表[61]
  • 15日
    • 日本野球機構は、緊急事態宣言の期間延長を受けてオープン戦の日程変更を発表。2月に開催予定だった10試合をすべて無観客の練習試合に、また3月3日と4日で開催予定の巨人対ヤクルト戦(東京ドーム)の開始時刻を18時から15時に変更[62]。→1月18日、2月8日の出来事も参照
  • 16日
    • 読売ジャイアンツは、育成選手の八百板卓丸を支配下登録したと発表。新しい背番号は「51[63]
  • 17日
  • 23日
  • 24日
  • 26日
  • 27日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの池田隆英と、北海道日本ハムファイターズの横尾俊建の交換トレードが成立したことを、両球団が発表[69]

3月[編集]

  • 1日
    • 読売ジャイアンツの田口麗斗と東京ヤクルトスワローズの廣岡大志の交換トレードが成立。両球団が発表した[70][71]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスは、渡邊佑樹の支配下選手復帰を発表。背番号は「45[72]
  • 2日
  • 4日
  • 5日
    • オリックス・バファローズの安達了一がCOVID-19に感染したことが判明。また安達の感染を受け、同日のオープン戦(対DeNA・横浜スタジアム)に先発出場予定だったT-岡田太田椋が開始直前にベンチ入りメンバーから外れ、宿舎待機となった[75][76]
    • 読売ジャイアンツは、高木京介の支配下選手復帰を発表。背番号は「57[77]
  • 8日
    • 株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントは、元北海道日本ハムファイターズ・吉田侑樹の現役引退とコーチ就任を発表[78]
  • 14日
    • 千葉ロッテマリーンズは、本前郁也の支配下選手登録を発表。背番号は「49[79]
  • 15日
    • 東京ヤクルトスワローズは、近藤弘樹を支配下選手復帰を発表。背番号は「52[80]
    • 横浜DeNAベイスターズは、前読売ジャイアンツの宮國椋丞と育成契約したことを発表。背番号は「106[81]
  • 16日
    • 北海道日本ハムファイターズは、育成選手の長谷川凌汰の支配下登録を発表。背番号は「43[82]
  • 18日
    • 日本野球機構は臨時の実行委員会において、営業時間短縮要請に対応するため、今季の公式戦は延長戦無しの9回打ち切りとし、一部の試合で開催時間も早めることを決定。全試合延長戦無しは史上初[83]
  • 21日
    • 横浜DeNAベイスターズを昨季戦力外となった石川雄洋が現役引退を表明[84]
    • 阪神タイガースが5年ぶりのオープン戦優勝[85]
  • 23日
    • 広島東洋カープは、育成選手のロベルト・コルニエルの支配下登録を発表。背番号は「98」[86]
    • オリックス・バファローズは、育成選手の佐野如一の支配下登録を発表。背番号は「60」[87]
  • 26日
    • セントラル、パシフィック両リーグ公式戦開幕。
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの辰己涼介が開幕戦初回先頭打者初球本塁打。史上5人目[88]。また、開幕投手を務めた涌井秀章が勝利投手となり、史上初となる3球団での開幕戦勝利投手[89]
    • オリックス・バファローズがパシフィック・リーグワースト記録更新の開幕戦10連敗[90]
    • 読売ジャイアンツの亀井善行がプロ野球史上初の開幕戦代打サヨナラ本塁打[91]
  • 27日
    • 福岡ソフトバンクホークス一軍監督の工藤公康が監督通算500勝[92]
    • オリックス・バファローズの平野佳寿がNPB/MLB通算700試合登板[93]
  • 28日
    • 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐が通算1000試合出場。史上509人目[94]
  • 31日
    • 東京ヤクルトスワローズは、西田明央と球団スタッフ1名がCOVID-19の陽性判定を受けたと発表。西田とともに、濃厚接触者の疑いがあるとして山田哲人内川聖一、青木宣親ら5選手が特例2021に則って登録抹消された[95]。その後、所轄保健所から内川と青木の2選手が濃厚接触者に特定され、他3選手は翌1日からチームに合流した[96]

4月[編集]

  • 1日
    • 東京ヤクルトスワローズは、前日の内川聖一と青木宣親に続き川端慎吾も濃厚接触者に特定されたと発表し、川端は特例2021に則って登録抹消された[97]
    • 日本野球機構は、東京ヤクルトスワローズがCOVID-19の影響により二軍の選手編成が困難となったことを受け、3、4日のイースタン・リーグのヤクルト対ロッテ戦(戸田)の中止を発表[98]
  • 2日
    • 広島東洋カープの菊池涼介が対横浜DeNAベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)の8回裏に失策し、連続無失策記録が569でストップ[99]
  • 3日
    • 千葉ロッテマリーンズの鳥谷敬が通算1000得点。史上44人目[100]
  • 4日
    • 読売ジャイアンツは、2日のPCR検査で丸佳浩中島宏之がCOVID-19の陽性判定を受けたことを発表。2選手に加え、再検査となった若林晃弘や、濃厚接触の可能性のある3選手の登録を抹消した[101]。また試合直前にはゼラス・ウィーラーの陽性も判明し、当日のスタメンから外れた[102]。それに伴い、二軍の選手編成が困難になったことから、当日行う予定だったイースタン・リーグの巨人対楽天戦(森林どりスタジアム泉)は中止となった[103]
  • 6日
    • 横浜DeNAベイスターズは、牧秀悟が対中日ドラゴンズ1回戦(バンテリンドーム)の9回表に2号本塁打を放ち、球団通算8000号を達成[104]。史上10球団目[105]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの岸孝之が対埼玉西武ライオンズ1回戦(メットライフドーム)で勝ち投手となり、シーズンを跨いでの10連勝。2桁連勝は西武時代に12連勝して以来2回目で、2球団での2桁連勝はNPB史上初[106]
  • 8日
    • 福岡ソフトバンクホークスの今宮健太がパシフィック・リーグ新記録となる通算306犠打[107]
  • 10日
    • 読売ジャイアンツが広島東洋カープに2-4で敗れ、1993年の球団ワースト記録に並ぶ12戦連続で3得点以下に終わる[108]
    • 北海道日本ハムファイターズ一軍監督の栗山英樹大沢啓二を抜いて球団史上最多となる通算632勝目を記録[109]
  • 11日
  • 15日
    • 読売ジャイアンツ一軍監督の原辰徳が監督通算1100勝。史上11人目[111]
  • 16日
  • 17日
    • 北海道日本ハムファイターズは、阪神タイガースの谷川昌希を金銭トレードで獲得したことを発表[114][115]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大が対北海道日本ハムファイターズ5回戦(東京ドーム)で敗戦投手となり、NPBでのシーズン連勝記録が28でストップ[116]
  • 18日
    • 阪神タイガースは、育成契約の小野寺暖を支配下選手契約したことを発表。背番号も「127」から「97」に変更された[115]
    • 埼玉西武ライオンズは、東野葵から自主退団の申し入れがあり、これを受理したことを発表[117]
    • 中日ドラゴンズの福留孝介が通算400二塁打。史上13人目[118]
  • 21日
    • 北海道日本ハムファイターズの伊藤大海が、1980年の木田勇と並ぶ初登板から23イニング連続奪三振のNPB新人記録タイをマーク[119]
  • 22日
    • 横浜DeNAベイスターズは、育成選手のケビン・シャッケルフォードを支配下登録すると発表。新しい背番号は「49[120]
    • 読売ジャイアンツは、坂本勇人が対阪神タイガース6回戦(東京ドーム)で3号本塁打を放ち、プロ野球史上初となる球団通算10500本塁打を達成[121][122]
  • 23日
    • 広島東洋カープの松山竜平が通算1000試合出場。史上510人目[123]
  • 24日
    • 広島東洋カープの鈴木誠也が通算150号本塁打。史上177人目[124]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大がNPB通算100勝。史上139人目[125]
    • 日本野球機構は、緊急事態宣言の発令を受け、4月27日から5月11日の24試合を無観客試合として開催することを発表[126]
    • 千葉ロッテマリーンズ一軍監督の井口資仁が監督通算200勝[127]
  • 25日
    • 日本野球機構は、24日に発表した24試合の内、セントラル・リーグの5試合の延期と3試合の開催時間変更を発表[128]。また、翌26日にはパシフィック・リーグの1試合の延期を発表[129]
  • 27日
    • 千葉ロッテマリーンズの石川歩が通算1000投球回。史上358人目[130]
    • 読売ジャイアンツの野上亮磨が通算1000投球回。史上359人目[131]。また、岡本和真が通算100本塁打。史上300人目[132]
  • 28日
    • 千葉ロッテマリーンズが対埼玉西武ライオンズ5回戦(メットライフドーム)の1回表に1イニング2併殺打。史上6度目[133]
  • 30日
    • 千葉ロッテマリーンズは、昨年9月の札幌遠征の際に不適切な行動を取り1月15日付で無期限の謹慎処分を受けた清田育宏について、5月1日付で処分を解除することを発表[134]。→1月15日の出来事も参照
    • 北海道日本ハムファイターズは、中島卓也西川遥輝清水優心の3選手がPCR検査でCOVID-19の陽性判定を受けたと発表。3選手に加え、濃厚接触者の可能性がある淺間大基が「特例2021」の対象選手として出場選手登録を抹消された。またチーム編成が困難になったとして、5月3日から開催予定だったイースタン・リーグの対ロッテ戦(鎌ヶ谷ファイターズスタジアム)3試合が中止となった[135]

5月[編集]

  • 1日
    • 北海道日本ハムファイターズは、ロニー・ロドリゲス髙濱祐仁今川優馬郡拓也の4選手と、飯山裕志一軍内野守備コーチ、チームスタッフ2名がCOVID-19の陽性判定を受けたと発表。これに伴い、2日に行われる予定だった対西武戦(札幌ドーム)が中止となった[136]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ8回戦(楽天生命パーク宮城)の4回裏、楽天・小深田大翔の三塁ファールグラウンドへの飛球をロッテ・角中勝也が捕球しようとした際、観客の妨害に遭い捕球できなかった。しかしリプレー検証の結果「観客の妨害がなけれは捕球できた」と判断され、小深田がアウト(記録はレフトファールフライ)になる珍事が発生した[137]
  • 2日
    • 北海道日本ハムファイターズは、COVID-19感染者が10名出た影響で、保健所の疫学調査に協力するため、一軍の活動を停止。COVID-19の影響でプロ野球球団が開幕後にチーム活動を停止するのは初。また、5月7日 - 9日に開催予定だったイースタン・リーグの対ヤクルト戦(ヤクルト戸田球場)も中止となった[138]
    • 千葉ロッテマリーンズは、北海道日本ハムファイターズがチーム活動を停止した影響で、5月3日 - 5日に開催予定だった対日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)の延期を発表[139]
    • オリックス・バファローズの伏見寅威が対福岡ソフトバンクホークス9回戦(京セラドーム大阪)で1号本塁打を放ち、プロ野球通算105000本塁打を達成[140]
  • 3日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの福山博之が通算100ホールド。史上34人目[141]
  • 4日
    • 北海道日本ハムファイターズは、新たに荒木大輔一軍投手コーチ、髙橋信二一軍打撃コーチ、チームスタッフ1名がCOVID-19の陽性判定を受けたと発表。また、石川亮渡邉諒、チームスタッフ3名が濃厚接触者と判定され、石川と渡邉は特例2021で出場選手登録を抹消された[142]
    • 広島東洋カープの栗林良吏が、新人記録となる、初登板から14試合連続無失点を記録[143]
    • 埼玉西武ライオンズ対オリックス・バファローズ8回戦で、両軍計16投手を起用し9回試合におけるプロ野球新記録となった[144]
  • 6日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスは、COVID-19の影響で来日が滞っていたアダム・コンリーと双方同意の下で契約解除したことを発表[145]
  • 8日
    • オリックス・バファローズの能見篤史が通算1500奪三振。史上57人目で41歳11か月での達成は2007年の小宮山悟(当時ロッテ所属)と並び史上最年長記録タイ[146]
    • 読売ジャイアンツは、5月18日に長崎県営野球場、及び翌19日に佐賀・みどりの森県営球場で予定していた対広島東洋カープ戦の開催球場をいずれも東京ドームへ変更。また5月12日から31日まで東京ドームで開催されるナイトゲームの試合開始時間を従来より15分繰り上げて17時45分からに変更することをそれぞれ発表した[147]
  • 9日
    • 横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース9回戦(横浜スタジアム)で8回裏のDeNA攻撃中に球場内で小火が発生し、9回表の阪神攻撃前に阪神ナインが一時避難する騒ぎがあった[148]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹が史上最年少で通算150セーブ。史上16人目[149]
  • 11日
    • 北海道日本ハムファイターズは、井口和朋の新型コロナウイルス感染が判明したことを発表[150]
    • 阪神タイガース対中日ドラゴンズのカードがプロ野球史上初の通算2000試合到達[151]

予定[編集]

5月[編集]

7月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

※これらの予定[152]は、コロナウイルスの状況によっては開催内容の変更・日程の変更・中止の可能性がある。

競技結果[編集]

月間MVP[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手 球団 野手 球団 投手 球団 野手 球団
3・4月 高橋優貴 巨人 菊池涼介 広島 涌井秀章 楽天 マーティン ロッテ
5月
6月
7・8月
9月
10月

[153]

誕生[編集]

2021年の野球を参照

死去[編集]

2021年の野球を参照

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "【巨人】21年スローガンは「1Team!〜和と動」". スポーツ報知. 報知新聞社. 1 January 2021. 2021年1月1日閲覧
  2. ^ "楽天・石井監督、背番号99 誕生日9月9日で「語呂がいい」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 1 January 2021. 2021年1月1日閲覧
  3. ^ "ナゴヤドーム新名称のお知らせ". ナゴヤドーム. ナゴヤドーム. 10 December 2020. 2021年1月15日閲覧
  4. ^ "日本ハム・西川、ポスティングが不成立に 球団に残留". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 3 January 2021. 2021年1月3日閲覧
  5. ^ "【巨人】藤岡貴裕、現役引退…今後は球団職員で新たな一歩 11年ロッテドラ1". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 January 2021. 2021年1月5日閲覧
  6. ^ "巨人・藤岡が現役引退 球団職員に転身". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 6 January 2021. 2021年1月6日閲覧
  7. ^ "【楽天】新外国人のコンリーは「71」、ディクソンは「9」…背番号決定と変更を発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 January 2021. 2021年1月5日閲覧
  8. ^ "【日本ハム】育成2位・斉藤伸治が入寮前のPCR検査で新型コロナ陽性判定". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 January 2021. 2021年1月5日閲覧
  9. ^ "ロッテ・石川が新型コロナウイルス陽性 当面は自宅で療養". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 5 January 2021. 2021年1月6日閲覧
  10. ^ "【阪神】岩田稔が新型コロナウイルスに感染". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 January 2021. 2021年1月6日閲覧
  11. ^ "ヤクルト・村上がPCR検査で陽性 青木ら5選手とスタッフ1人が濃厚接触者". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 7 January 2021. 2021年1月7日閲覧
  12. ^ "巨人スモークと合意 背番10「伝統あるチームで」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 January 2021. 2021年1月7日閲覧
  13. ^ "広島フランスアがコロナ陽性 症状はなく自宅で療養". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 January 2021. 2021年1月7日閲覧
  14. ^ "コリン・レイ選手入団のお知らせ". 公式サイト. 福岡ソフトバンクホークス. 8 January 2021. 2021年1月7日閲覧
  15. ^ "【ソフトバンク】コリン・レイと契約合意". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 January 2021. 2021年1月8日閲覧
  16. ^ "巨人、菅野残留を発表 「今シーズン後に改めて自分の夢、将来を考えたい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 8 January 2021. 2021年1月8日閲覧
  17. ^ "【オリックス】ロメロ獲得を正式発表 楽天から2年ぶり復帰". スポーツ報知. 報知新聞社. 8 January 2021. 2021年1月8日閲覧
  18. ^ "ルスネイ・カスティーヨ選手 契約合意に関して". 公式サイト. 東北楽天ゴールデンイーグルス. 9 January 2021. 2021年1月9日閲覧
  19. ^ "【楽天】カスティーヨの獲得を発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 January 2021. 2021年1月9日閲覧
  20. ^ "【オリックス】今季キャッチフレーズ発表「ガッチリMAX!」". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 January 2021. 2021年1月10日閲覧
  21. ^ "ソフトバンク キューバ人右腕ロドリゲスと育成契約 第2のモイネロを期待【NPB】". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 10 January 2021. 2021年1月10日閲覧
  22. ^ "広島・メヒアがコロナ感染 無症状で自宅療養". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 12 January 2021. 2021年1月12日閲覧
  23. ^ "2021年シーズンスローガンの決定について". 公式サイト. 横浜DeNAベイスターズ. 12 January 2021. 2021年1月12日閲覧
  24. ^ "【巨人】桑田真澄氏がコーチ就任 恩師・藤田元司監督の背番号「73」を継承". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 January 2021. 2021年1月12日閲覧
  25. ^ "【巨人】桑田真澄氏は球団史上初、メジャー経験者の入閣「やりがいのあるお話を頂きました」". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 January 2021. 2021年1月12日閲覧
  26. ^ "西武がスパンジェンバーグと契約を締結 来日2年目へ「去年よりもいい年に」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 13 January 2021. 2021年1月13日閲覧
  27. ^ "【巨人】菅野智之、8億円で契約更改 日本球界最高年俸を更新". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 January 2021. 2021年1月14日閲覧
  28. ^ "【中日】ライデル&アリエルの両マルティネス、ジャリエル・ロドリゲスと契約合意 来日日時は未定". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 January 2021. 2021年1月15日閲覧
  29. ^ "野球殿堂入り、23年ぶりにプレーヤー、エキスパート部門とも0人". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 January 2021. 2021年1月15日閲覧
  30. ^ 石垣島春季キャンプ無観客での実施について”. 千葉ロッテマリーンズ. 2021年1月25日閲覧。
  31. ^ "ロッテ清田に無期限謹慎「許されない」部外者と会食". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 15 January 2021. 2021年1月15日閲覧
  32. ^ "【オリックス】T・ヒギンスと今季契約締結を正式発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 January 2021. 2021年1月16日閲覧
  33. ^ “6球団が宮崎キャンプ無観客 状況改善なら再協議”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2021年1月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101150001149.html 2021年1月26日閲覧。 
  34. ^ "楽天ブセニッツ、宋家豪の両助っ人右腕と契約更新". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 17 January 2021. 2021年1月17日閲覧
  35. ^ 2021年度春季非公式試合(オープン戦)試合日程変更のお知らせ”. 日本野球機構. 2021年2月9日閲覧。
  36. ^ "元ロッテ内竜也が現役引退決断「幸せな野球人生」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 20 January 2021. 2021年1月21日閲覧
  37. ^ "ロッテと自由契約 内が引退発表「幸せな野球人生を送れた」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 January 2021. 2021年1月23日閲覧
  38. ^ 千葉ロッテマリーンズは14日に、キャンプ全日程を無観客で実施すると先行して発表している。
  39. ^ “8球団、キャンプインは無観客 沖縄組も発表”. 共同通信社. (2021年1月20日). https://this.kiji.is/724477400904138752?c=39546741839462401 2021年1月26日閲覧。 
  40. ^ 春季キャンプ観覧について”. 阪神タイガース. 2021年1月26日閲覧。
  41. ^ "西武、元カブス左腕・ダーモディ入団を発表 背番号98 渡辺GM「左の先発投手として期待」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 21 January 2021. 2021年1月21日閲覧
  42. ^ "ソフトバンク「鷹く!」今季スローガン発表". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 21 January 2021. 2021年1月21日閲覧
  43. ^ "日本ハム今季合言葉「01karat〜イチカラ〜」". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 22 January 2021. 2021年1月22日閲覧
  44. ^ 【1/22更新】高知春季キャンプ(B班)の無観客実施についてのお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ. 2021年1月26日閲覧。
  45. ^ 埼玉武蔵ヒートベアーズへのスタッフ派遣ついてのお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ. 2021年2月1日閲覧。
  46. ^ "ロッテ・松永が残留表明「勝ちに貢献できれば」 FA行使も他球団から正式オファーなし". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 January 2021. 2021年1月27日閲覧
  47. ^ 那覇市内でのPCR検査センターの開設について”. 読売巨人軍公式サイト. 2021年1月30日閲覧。
  48. ^ “【中日】立石充男2軍野手総合コーチが新型コロナ陽性判定 無症状で自宅療養”. スポーツ報知. (2021年1月27日). https://hochi.news/articles/20210127-OHT1T50266.html 2021年1月27日閲覧。 
  49. ^ "【楽天】田中将大と契約合意 日米通算177勝右腕が8年ぶりに日本球界復帰". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 January 2021. 2021年1月28日閲覧
  50. ^ "【楽天】田中将大の8年ぶり復帰を発表 背番号は「18」に決定". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 January 2021. 2021年1月28日閲覧
  51. ^ "田中将大、8年ぶり楽天復帰へ 2年契約で年俸9億円". 時事ドットコム. 時事通信社. 28 January 2021. 2021年1月28日閲覧
  52. ^ "【巨人】2人の「坂本勇人」表示問題が解決…キャプテンは「坂本勇人」、新人は「坂本勇」". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 January 2021. 2021年1月29日閲覧
  53. ^ "ソフトバンクが日本ハム自由契約のマルティネス獲得". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 30 January 2021. 2021年1月30日閲覧
  54. ^ "【ロッテ】2021年チームスローガン発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 31 January 2021. 2021年1月31日閲覧
  55. ^ 山田 大樹(@hiroki_yamada34)”. Instagram. 2021年2月1日閲覧。
  56. ^ "ソフトバンク、キャンプは全期間無観客 緊急事態宣言の延長受け". 時事ドットコム. 時事通信社. 3 February 2021. 2021年2月3日閲覧
  57. ^ "平野佳寿、オリックスに4年ぶり復帰". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 February 2021. 2021年2月6日閲覧
  58. ^ "オリックス、平野と契約合意 10日入団会見&チーム合流へ 年俸1・5億円+出来高で1年契約". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 6 February 2021. 2021年2月6日閲覧
  59. ^ "巨人 火災発生で紅白戦が中断「火事だ」選手やコーチ陣が避難". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 8 February 2021. 2021年2月8日閲覧
  60. ^ "2月オープン戦10試合が無観客の練習試合 3月7日までナイターはデーゲームに変更". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 8 February 2021. 2021年2月9日閲覧
  61. ^ "【オリックス】T・ヒギンスがコロナ陽性判定". スポーツ報知. 報知新聞社. 11 February 2021. 2021年2月11日閲覧
  62. ^ "2月のオープン戦をすべて練習試合に変更". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 February 2021. 2021年2月15日閲覧
  63. ^ "巨人、八百板卓丸と支配下契約「戦力になれるように頑張りたい」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 16 February 2021. 2021年2月16日閲覧
  64. ^ "沢村のレッドソックス入団を発表 守護神への期待大". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 17 February 2021. 2021年2月17日閲覧
  65. ^ "巨人 ドミニカ出身の16歳、ティマ&デラクルーズと育成契約". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 February 2021. 2021年2月24日閲覧
  66. ^ "新規支配下選手登録 2021年度". 公式サイト. 日本野球機構. 24 February 2021. 2021年2月24日閲覧
  67. ^ "バンデンハークがヤクルト入り「神宮球場でプレーする事は特別」2年連続最下位に頼もしい助っ人加わる". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 February 2021. 2021年2月24日閲覧
  68. ^ "西武ドラ6・タイシンガーブランドン大河の登録名がブランドンに変更 NPBが公示". Full-Count. 株式会社Creative2. 26 February 2021. 2021年3月1日閲覧
  69. ^ "楽天池田隆英と日本ハム横尾俊建の交換トレード発表". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 27 February 2021. 2021年2月27日閲覧
  70. ^ "巨人田口とヤクルト広岡の交換トレード発表". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 1 March 2021. 2021年3月1日閲覧
  71. ^ 東京ヤクルトスワローズとのトレード合意について”. 読売巨人軍公式サイト. 2021年3月1日閲覧。
  72. ^ "【楽天】渡辺佑樹が支配下再昇格". スポーツ報知. 報知新聞社. 1 March 2021. 2021年3月1日閲覧
  73. ^ "西武がメヒアとの契約締結を発表「素晴らしいシーズンになります」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2 March 2021. 2021年3月2日閲覧
  74. ^ "【DeNA】デラロサが新型コロナ陽性判定". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 March 2021. 2021年3月4日閲覧
  75. ^ "コロナ感染のオリックス安達、5年前には難病発症". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 5 March 2021. 2021年3月5日閲覧
  76. ^ "オリックス・安達が新型コロナ陽性 太田とT-岡田は宿舎待機に". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 5 March 2021. 2021年3月5日閲覧
  77. ^ "【巨人】高木京介、育成選手から支配下登録復帰 背番号「57」". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 March 2021. 2021年3月5日閲覧
  78. ^ "【日本ハム】元日本ハム・吉田侑樹氏の現役引退とアカデミーコーチ就任を発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 8 March 2021. 2021年3月8日閲覧
  79. ^ "【ロッテ】育成左腕の本前郁也を支配下登録". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 March 2021. 2021年3月15日閲覧
  80. ^ "【ヤクルト】近藤弘樹と支配下選手契約". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 March 2021. 2021年3月15日閲覧
  81. ^ "【DeNA】元巨人・宮国椋丞を育成契約で獲得発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 March 2021. 2021年3月15日閲覧
  82. ^ "日本ハム 育成の長谷川と支配下契約 背番号113から43に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 16 March 2021. 2021年3月16日閲覧
  83. ^ "プロ野球延長行わず9回打ち切り開始時間も前倒しへ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 18 March 2021. 2021年3月19日閲覧
  84. ^ "DeNA初代主将の石川雄洋引退「解放された感じ」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 21 March 2021. 2021年3月21日閲覧
  85. ^ "オープン戦"優勝"は5年ぶり阪神! ソフトバンク敗れて勝率単独1位に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 21 March 2021. 2021年3月21日閲覧
  86. ^ "広島 コルニエル投手と支配下選手契約 佐々岡監督「まだまだ成長する」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 March 2021. 2021年3月25日閲覧
  87. ^ "オリックス 佐野如一外野手を支配下登録「素直にうれしい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 March 2021. 2021年3月25日閲覧
  88. ^ "楽天・辰己が先頭打者初球本塁打「東北が元気になるプレーを」パでは51年ぶり4人目". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 26 March 2021. 2021年3月26日閲覧
  89. ^ "楽天涌井「良かった」史上初!3球団で開幕投手勝利". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 26 March 2021. 2021年3月31日閲覧
  90. ^ "オリックスがパ・ワースト開幕戦10連敗、西武勝利". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 26 March 2021. 2021年3月26日閲覧
  91. ^ "史上初!巨人・亀井、開幕戦代打サヨナラ弾「やっぱり野球は楽しい」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 26 March 2021. 2021年3月27日閲覧
  92. ^ "ソフトバンク工藤監督が通算500勝を達成「感謝」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 27 March 2021. 2021年3月27日閲覧
  93. ^ "オリックス平野佳寿「良い緊張感」日米700戦登板". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 27 March 2021. 2021年3月27日閲覧
  94. ^ "ソフトバンク柳田が1000試合出場 プロ野球". 時事ドットコム. 時事通信社. 28 March 2021. 2021年3月28日閲覧
  95. ^ "ヤクルト・山田、青木、内川ら6選手が「特例2021」で抹消 31日のプロ野球公示". BASEBALL KING. 2021年4月1日閲覧
  96. ^ "【ヤクルト】内川聖一、青木宣親が濃厚接触者に特定…4月13日まで自宅隔離". スポーツ報知. 報知新聞社. 31 March 2021. 2021年4月1日閲覧
  97. ^ "ヤクルト川端も濃厚接触者認定 13日まで自宅待機". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 April 2021. 2021年4月1日閲覧
  98. ^ "ヤクルト2軍戦中止、コロナ影響でチーム編成困難". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 April 2021. 2021年4月1日閲覧
  99. ^ "広島菊池涼介、連続無失策記録「569」でストップ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2 April 2021. 2021年4月3日閲覧
  100. ^ "ロッテ鳥谷が1000得点「いろんな人のおかげ」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 3 April 2021. 2021年4月3日閲覧
  101. ^ "巨人が丸佳浩、中島宏之のコロナ陽性発表…計6選手抹消へ D5位・秋広ら1軍合流". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 4 April 2021. 2021年4月4日閲覧
  102. ^ "巨人ウィーラーも陽性 試合直前にスタメン外れる". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 4 April 2021. 2021年4月5日閲覧
  103. ^ "巨人、2軍チーム編成困難で楽天戦が中止に 新型コロナの影響". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 4 April 2021. 2021年4月4日閲覧
  104. ^ "DeNAのD2位・牧が球団通算8000号となる2号ソロ!". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 6 April 2021. 2021年4月7日閲覧
  105. ^ “DeNA・牧 今季2号が球団通算8000号、6度目マルチも記録”. スポーツニッポン. (2021年4月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/07/kiji/20210407s00001173132000c.html 2021年4月13日閲覧。 
  106. ^ "楽天岸孝之がプロ史上初の2球団で2桁連勝/データ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 6 April 2021. 2021年4月9日閲覧
  107. ^ "ソフトバンク今宮、パ新通算306犠打「名誉なこと」西武伊東抜き歴代4位". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 8 April 2021. 2021年4月8日閲覧
  108. ^ "進撃しない巨人…打てず球団ワースト12戦連続3得点以下 原監督「何とかしなきゃね」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 April 2021. 2021年4月11日閲覧
  109. ^ "日本ハム・栗山監督 大沢親分を抜いて球団最多632勝目「もっともっと勝ってなきゃいけない」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 10 April 2021. 2021年4月11日閲覧
  110. ^ "広島・野村祐輔がデビューから188試合連続で先発 ミンチー抜きプロ野球新記録樹立". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 11 April 2021. 2021年4月11日閲覧
  111. ^ "巨人原監督が史上11人目の通算1100勝「まったく気づいておりません」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 15 April 2021. 2021年4月15日閲覧
  112. ^ "広島 菊池涼&誠也のアベック弾で連敗脱出 菊池涼は通算100号「小兵にはうれしいものです」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 April 2021. 2021年4月17日閲覧
  113. ^ "最下位日本ハムの救世主になれるか アーリンが入団会見 制球力に自信". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 16 April 2021. 2021年4月17日閲覧
  114. ^ "日本ハム、阪神から谷川獲得開幕早々に補強". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 17 April 2021. 2021年4月17日閲覧
  115. ^ a b "阪神、育成の小野寺と支配下選手契約 背番号「127」→「97」に". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 18 April 2021. 2021年4月18日閲覧
  116. ^ "楽天マー君、国内連勝途切れるも「特にピンと来ないのが正直」/一問一答". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 17 April 2021. 2021年4月17日閲覧
  117. ^ "斎藤佑樹に投げ勝った男、西武・東野葵が自主退団". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 18 April 2021. 2021年4月18日閲覧
  118. ^ "中日福留400二塁打「1本でも多く打てるように頑張ります」史上13人目". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 18 April 2021. 2021年4月18日閲覧
  119. ^ "日本ハム・伊藤が23イニング連続奪三振達成! プロ野球新人記録に並んだ". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 21 April 2021. 2021年4月21日閲覧
  120. ^ "【DeNA】シャッケルフォードの支配下登録発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 April 2021. 2021年4月23日閲覧
  121. ^ "【巨人】坂本勇人が球団10500号 5000号は槙原寛己…記念本塁打一覧". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 April 2021. 2021年5月5日閲覧
  122. ^ 2021年シーズン達成が予想される記録(チーム記録)”. 日本野球機構. 2021年5月5日閲覧。
  123. ^ "広島松山1000試合出場「ここまで長くできるとは」好捕&安打も". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 23 April 2021. 2021年4月24日閲覧
  124. ^ "鈴木誠也が通算150号 広島では96年江藤に次いで2番目の年少記録". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 24 April 2021. 2021年4月26日閲覧
  125. ^ "マー君復帰1勝で日本100勝、歴代2位スピード到達 楽天だけで達成は初". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 24 April 2021. 2021年4月24日閲覧
  126. ^ "プロ野球、4球団の主催24試合を無観客に 宣言期間中". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年4月26日閲覧
  127. ^ "ロッテ・井口監督通算200勝到達「今日の益田の姿は心強かった」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 24 April 2021. 2021年5月6日閲覧
  128. ^ "JERA セントラル・リーグ試合日程変更のお知らせ". 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧
  129. ^ "パシフィック・リーグ試合日程変更のお知らせ". 日本野球機構. 2021年4月26日閲覧
  130. ^ "ロッテ石川歩1000投球回達成!358人目 昨季までに160試合登板". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 27 April 2021. 2021年4月27日閲覧
  131. ^ "【巨人】野上亮磨が通算1000投球回を達成 プロ野球359人目". スポーツ報知. 報知新聞社. 27 April 2021. 2021年4月27日閲覧
  132. ^ "【巨人】岡本和真が史上300人目の通算100本塁打を達成 岡本らしく右中間へ豪快弾". スポーツ報知. 報知新聞社. 27 April 2021. 2021年4月27日閲覧
  133. ^ "プロ野球6度目の珍事 ロッテが1イニング2併殺打". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 28 April 2021. 2021年4月29日閲覧
  134. ^ "ロッテ・清田、5月1日で無期限謹慎処分解除「自分を律しチームの勝利に貢献を」". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 30 April 2021. 2021年4月30日閲覧
  135. ^ "日本ハム イースタン3試合中止、コロナ影響でチーム編成困難 5月3〜5日ロッテ戦". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 30 April 2021. 2021年4月30日閲覧
  136. ^ "日本ハム、新たにロドリゲス、高浜ら4選手コロナ感染 選手は計7人感染で2日の西武戦中止". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 1 May 2021. 2021年5月1日閲覧
  137. ^ "珍事!楽天の攻撃中に観客が"守備妨害"". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2 May 2021. 2021年5月2日閲覧
  138. ^ "日本ハム1軍活動停止 コロナさらに濃厚接触疑いで隔離も 代替日程は未定". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 3 May 2021. 2021年5月4日閲覧
  139. ^ "コロナ禍の日本ハム 3日からのロッテ3連戦も延期決定 代替日程は未定". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2 May 2021. 2021年5月2日閲覧
  140. ^ "オリ・伏見 今季1号がメモリアル弾!!プロ野球通算10万5000号". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 3 May 2021. 2021年5月5日閲覧
  141. ^ "【楽天】福山博之 100ホールド達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 May 2021. 2021年5月9日閲覧
  142. ^ "日本ハム荒木大輔コーチら3人がコロナ陽性、渡辺諒ら5人が濃厚接触と判定". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 4 May 2021. 2021年5月4日閲覧
  143. ^ "広島栗林がデビューから14試合連続無失点、新人最多記録を更新". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 4 May 2021. 2021年5月4日閲覧
  144. ^ "【データ】16投手登板は9回では最多 西武球団タイ9人、オリックス7人". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 4 May 2021. 2021年5月5日閲覧
  145. ^ アダム・コンリー選手 契約解除に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト (2021年5月6日). 2021年5月7日閲覧。
  146. ^ "オリックス能見篤史が通算1500奪三振 史上最年長タイ41歳11カ月". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 8 May 2021. 2021年5月8日閲覧
  147. ^ "【巨人】九州での広島戦を東京ドーム開催に変更…18日に長崎、19日に佐賀で予定も". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 May 2021. 2021年5月9日閲覧
  148. ^ "横浜スタジアムでぼや騒ぎ、非常ベルが鳴る中で試合は続き"一時避難"も". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 9 May 2021. 2021年5月9日閲覧
  149. ^ "【楽天】松井裕樹 史上最年少で通算150セーブ達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 May 2021. 2021年5月9日閲覧
  150. ^ "【日本ハム】井口和朋が新型コロナウイルス陽性判定". スポーツ報知. 報知新聞社. 11 May 2021. 2021年5月12日閲覧
  151. ^ "【データ】阪神-中日戦が通算2000試合 成績は1001勝で中日リード". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 11 May 2021. 2021年5月12日閲覧
  152. ^ 2021年 プロ野球行事日程”. 日本野球機構. 2021年1月1日閲覧。
  153. ^ 2021年度 大樹生命月間MVP賞”. NPB. 2021年5月13日閲覧。