この記事は移動保護されています。(保護の方針による移動保護)
この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

タイラー・オースティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タイラー・オースティン
Tyler Austin
横浜DeNAベイスターズ #23
Tyler Austin on September 8, 2016.jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2016年9月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ロックデール郡コンヤーズ英語版
生年月日 (1991-09-06) 1991年9月6日(28歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手左翼手右翼手
プロ入り 2010年 MLBドラフト13巡目
初出場 2016年8月13日
年俸 $531,918(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・タイラー・オースティンChristopher Tyler Austin, 1991年9月6日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ロックデール郡コンヤーズ英語版出身のプロ野球選手一塁手外野手)。右投右打。NPB横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴

プロ入りとヤンキース時代

2010年MLBドラフト13巡目(全体415位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され[2]、プロ入り。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで2試合に出場した。

2011年はルーキー級ガルフ・コーストリーグで20試合に出場後、A-級スタテンアイランド・ヤンキースへ昇格。A-級スタテンアイランドでは27試合に出場して打率.323、3本塁打、14打点、7盗塁を記録した。

2012年はルーキー級ガルフ・コーストリーグとA級チャールストン・リバードッグス、A+級タンパ・ヤンキースでプレー。A級チャールストンでは70試合に出場し、打率.320、14本塁打、54打点、17盗塁と好成績を残したため、同年のオールスター・フューチャーズゲームに選出された[3]。9月2日にAA級トレントン・サンダーへ昇格し[4]、2試合に出場した。

2013年はAA級トレントンとルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキース2でプレー。AA級トレントンでは83試合に出場し、打率.257、6本塁打、40打点、4盗塁を記録した。7月に行われたイースタンリーグのオールスターゲームでは西地区代表として選出された[5]

2014年はAA級トレントンで105試合に出場し、打率.275、9本塁打、47打点、3盗塁を記録した。オフの11月20日にヤンキースとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[6]

2015年9月1日にDFAとなり、9日に40人枠を外れる形でAA級トレントンへ配属された[7]。この年はAA級トレントンとAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースとの2球団合計で94試合に出場し、打率.240、6本塁打、35打点、11盗塁を記録した。

2016年は開幕をAA級トレントンで迎え、6月4日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ昇格[7]。8月13日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[8]、メジャーデビューとなった同日のタンパベイ・レイズ戦では「7番・一塁手」で先発出場して相手先発のマット・アンドリースから初打席初本塁打を放った。また、続く8番打者の同じくこの日がメジャーデビューのアーロン・ジャッジも初打席初本塁打を放ち、1試合2本のメジャー初打席初本塁打というMLB史上初の快挙を達成した[9][10]。この頃から一塁で出場する機会が増え、最終的には31試合に出場して打率.241、5本塁打、12打点、出塁率.300を記録した。

2018年4月11日のボストン・レッドソックス戦で、レッドソックスのジョー・ケリーから故意死球を受けたことを発端に乱闘を起こし退場処分を受け、12日にMLBより5試合の出場停止と罰金の処分を受けた。この処分に対し異議申し立てをしている[11]

ツインズ時代

2018年7月30日にランス・リン及び金銭とのトレードで、ルイス・リーホと共にミネソタ・ツインズへ移籍した[12]

2019年4月6日にDFAとなった[13]

ジャイアンツ時代

2019年4月8日にマリク・ジーグラー[14]とのトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍した[15]。8月2日にDFAとなり[16]、9日にFAとなった[7]

ブルワーズ時代

2019年8月16日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級サンアントニオ・ミッションズへ配属された[17]。9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[18]

DeNA時代

2019年11月15日に横浜DeNAベイスターズと1年契約を結んだ[19]

選手としての特徴

ホームランになりやすい打球速度と打球角度の組み合わせを測る「バレル(Barrel)」という指標では、この割合がMLBの並み居るスラッガーの中でも優れている。2019年、オースティンは50以上打撃イベント(BBE)があった478人のメジャーリーガーの中で、バレルの割合(Brls/BBE)が12位の15.9%だった。つまり、オースティンが放つ打球の約6回に1回はホームラン性の当たりだということである。この割合は、ナ・リーグのホームラン王でMLBの新人ホームラン記録を更新したピート・アロンソ(15.8%)や、40本塁打&40盗塁が目前だったロナルド・アクーニャ(15.0%)よりも高い[20]

その反面、2019年シーズンのオースティンの三振率(K %)は150打席以上のメジャーリーガーのなかでワースト5位の37.4%。特に変化球への対応が悪く、スライダーカーブといったブレイキング・ボールの空振り率(Whiff%)は49.5%、フォークチェンジアップといったオフスピード・ボールの空振り率は52.8%だった[20]

前述のようにパワーは飛びぬけているが、ボールコンタクト率が低い傾向にある[21]

ポジションは一塁手が本職だが右翼手左翼手として守備をこなした経験を持つ[22]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2016 NYY 31 90 83 7 20 3 0 5 38 12 1 0 0 0 7 0 0 36 1 .241 .300 .458 .758
2017 20 46 40 4 9 2 0 2 17 8 0 0 0 2 4 0 0 17 1 .225 .283 .425 .708
2018 34 132 121 16 27 6 0 8 57 23 1 1 0 1 8 0 2 53 2 .223 .280 .471 .751
MIN 35 136 123 18 29 4 0 9 60 24 0 1 0 2 11 0 0 42 0 .236 .294 .488 .782
'18計 69 268 244 34 56 10 0 17 117 47 1 2 0 3 19 0 2 95 3 .230 .287 .480 .767
2019 2 5 4 1 1 1 0 0 2 0 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .250 .400 .500 .900
SF 70 147 130 24 24 2 1 8 52 20 1 0 0 0 17 0 0 57 1 .185 .279 .400 .679
MIL 17 27 20 5 4 2 0 1 9 4 1 0 0 1 6 1 0 7 1 .200 .370 .450 .820
'19計 89 179 154 30 29 5 1 9 63 24 2 0 0 1 24 1 0 67 2 .188 .296 .409 .705
MLB:4年 209 583 521 75 114 20 1 33 235 91 4 2 0 6 54 1 2 215 7 .219 .292 .451 .743
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績



一塁(1B) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2016 NYY 27 166 15 0 17 1.000 2 0 0 0 0 .--- 3 4 0 0 0 1.000
2017 8 49 1 0 1 1.000 - 7 2 0 0 0 1.000
2018 27 193 9 1 14 .995 - -
MIN 15 101 7 0 14 1.000 - -
'18計 42 294 16 1 28 .997 - -
2019 9 21 2 1 2 .958 - -
SF 12 53 4 0 3 1.000 22 22 3 1 1 .962 3 4 0 0 0 1.000
MIL 2 14 0 0 0 1.000 - -
'19計 23 88 6 1 5 .989 22 22 3 1 1 .962 3 4 0 0 0 1.000
MLB 100 597 38 2 51 .997 24 22 3 1 1 .962 13 10 0 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録

MiLB
MLB

背番号

  • 26(2016年 - 2018年7月29日)
  • 31(2018年8月11日 - 2019年4月5日)
  • 19(2019年4月8日 - 同年8月1日)
  • 29(2019年9月1日 - 同年終了)
  • 23(2020年 - )

脚注

  1. ^ Tyler Austin Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年4月28日閲覧。
  2. ^ Athleticism is Yanks' priority in Day 2 of Draft
  3. ^ Prospects pack rosters for Futures Game
  4. ^ Yankee Prospects Austin, Kahnle and Pinder Promoted to Trenton”. MiLB.com (2012年9月2日). 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ John Parker (2013年6月26日). “Eastern League reveals All-Star rosters”. MiLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  6. ^ Yankees Add Four Players to Major League Roster, Sell Rights of INF Zelous Wheeler to Rakuten Golden Eagles”. MLB.com Yankees Press Release (2014年11月21日). 2014年12月13日閲覧。
  7. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2019年8月10日閲覧。
  8. ^ Yankees Insider: With A-Rod out, prospect Tyler Austin on the way”. New York Daily News (2016年8月13日). 2016年8月18日閲覧。
  9. ^ Vorkunov, Mike (2016年8月13日). “Yankees’ Tyler Austin and Aaron Judge Hit Back-to-Back Homers in Debuts”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/08/14/sports/baseball/ny-yankees-tampa-bay-rays-tyler-austin-and-aaron-judge.html?ref=baseball&_r=0 2016年8月18日閲覧。 
  10. ^ ヤンキース史上初「1試合2本×初打席初本塁打」”. 日刊スポーツ (2016年8月15日). 2016年8月18日閲覧。
  11. ^ 乱闘で2人に出場停止処分=米大リーグ時事通信 2018年4月13日
  12. ^ Bryan Hoch (2018年7月30日). “Yanks acquire Lance Lynn from Twins” (英語). MLB.com. 2018年8月5日閲覧。
  13. ^ Do-Hyoung Park (2019年4月6日). “Twins make roster moves to shore up 'pen” (英語). MLB.com. 2019年4月9日閲覧。
  14. ^ Malique Ziegler Minor Leagues Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年4月27日閲覧。
  15. ^ Giants Acquire Tyler Austin” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年4月27日閲覧。
  16. ^ Manny Randhawa (2019年8月3日). “Gennett starts at 2nd, 'new role' for Panik” (英語). MLB.com. 2019年8月8日閲覧。
  17. ^ https://twitter.com/BrewersPD/status/1162464243641389058
  18. ^ Adam McCalvy (2019年9月1日). “Austin, Suter highlight first wave of Crew callups” (英語). MLB.com. 2019年9月3日閲覧。
  19. ^ 【DeNA】メジャー33発オースティン 年俸1億円で獲得を発表…筒香抜けても大砲を補強スポーツ報知 2019年11月15日掲載
  20. ^ a b “DeNAの新助っ人T・オースティンを分析 長打力はMLBでも一級品だが…”. BIGLOBEニュース. (2019年12月11日). https://news.biglobe.ne.jp/sports/1211/spa_191211_9887611281.html 2020年1月4日閲覧。 
  21. ^ “DeNA、マイケル・ピープルズとタイラー・オースティンが加入! 外国人助っ人6人体制、ラミレス監督はどう起用する?”. エキサイトニュース. (2019年12月28日). https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_51247/ 2020年1月4日閲覧。 
  22. ^ “DeNA、メジャー33発右の大砲オースティン獲得”. 日刊スポーツ. (2019年11月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911140000914.html 2020年1月4日閲覧。 

関連項目

外部リンク