郡拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
郡 拓也
北海道日本ハムファイターズ #60
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都三鷹市
生年月日 (1998-04-25) 1998年4月25日(23歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手二塁手三塁手
プロ入り 2016年 ドラフト7位
初出場 2017年10月5日
年俸 550万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

郡 拓也(こおり たくや、1998年4月25日 - )は、東京都三鷹市出身[2]プロ野球選手捕手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三鷹市立南浦小学校時に連雀スパローズで兄と同様に野球をはじめ、三鷹市立第一中学校入学とともにシニアリーグの武蔵府中シニアに加入する[3]帝京高等学校進学後は、中堅手二塁手やリリーフとして出場もあるが、捕手にコンバート。全国大会の出場はないが、高校3年時の東東京大会では同一回に二盗、三盗、本盗を続けて決める「パーフェクトスチール」を達成、その走塁が話題となった[4][5]

2016年度ドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズから7位指名され、契約金2,000万円・年俸480万円(金額は推定)で契約した[6]

プロ入り後[編集]

2017年3月24日、二軍イースタン・リーグ千葉ロッテマリーンズ戦で死球を受け左手関節尺骨形状突起亀裂骨折で全治4週間となる怪我を負った[7]。その後復帰を果たし10月5日に初めて一軍登録されると、同日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初出場。プロ初打席も経験した(結果は増田達至から見逃し三振)。

2018年7月12日のフレッシュオールスターに日本ハムより西村天裕清宮幸太郎と選抜され、捕手として無失点と打者として1打席で二塁打を放った[8][9]。一軍での出場はなかったが二軍戦では98試合に捕手で出場した[10]みやざきフェニックス・リーグでは、捕手以外に高校2年生以来の外野手としても試合出場を果たした[10]

2019年は5月4日に一軍登録され、同日のロッテ戦に9番捕手でプロ初のスタメン出場。第1打席でプロ初安打を記録した[11]。この年は一軍で2試合に出場し、みやざきフェニックス・リーグでは内野守備に挑戦した[12]

2020年は10月9日のオリックス・バファローズ戦に2番左翼で初めて外野手として一軍公式戦に出場した[13]。この年は3度の登録抹消を経験し、一軍では9試合に出場したが6打数ノーヒットであった。また昨秋から引き続き内野守備に取り組んでおり、イースタン・リーグでは二塁や三塁の守備に就く機会も多かった。

2021年は4月10日に一軍登録されると翌11日のオリックス戦に代打で出場し、宮城大弥からタイムリーツーベースを放ちプロ初打点を記録[14]野村佑希の離脱があり、4月16日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では7番三塁でスタメン出場。一軍で初めて三塁守備に就くと、その後は1番三塁でのスタメン起用が多くなり打率.282と結果を残していたが、新型コロナウイルス陽性で5月2日に登録抹消となった[15]。5月21日に一軍復帰を果たすと同日の西武戦に2番一塁でスタメン出場[16]、8月15日の福岡ソフトバンクホークス戦では6番二塁でスタメン出場[17]、9月7日の楽天戦では7番右翼でスタメン出場し[18]、一軍で初めて一塁・二塁・右翼の守備にも就いた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 日本ハム 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2019 2 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
2020 9 7 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .143 .000 .143
通算:3年 12 12 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .091 .167 .091 .258
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2017 日本ハム 1 1 0 0 0 1.000 0 0 0 0 .---
2019 2 6 2 0 0 1.000 0 1 1 0 .000
通算 3 7 2 0 0 1.000 0 1 1 0 .000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 60 (2017年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年1月26日閲覧。
  2. ^ 【報道発表】日本ハムファイターズに入団した郡拓也選手が市を表敬訪問します三鷹市 2016年12月27日 2017年7月27日閲覧
  3. ^ 阪神 高校生捕手指名へ 現有7人の平均年齢28歳、将来見据え”. Sponichi Annex (2016年10月17日). 2017年8月8日閲覧。
  4. ^ 東海大菅生vs帝京高校野球ドットコム 2016年0月16日
  5. ^ 【東東京】“走る捕手”帝京・郡 1イニング二盗&三盗&本盗達成スポニチ 2016年7月17日
  6. ^ 日本ハム7位郡が仮契約「人の模範となるように」日刊スポーツ 2016年11月16日 2017年7月27日閲覧
  7. ^ 日本ハム・ドラ7郡が左手骨折 実戦復帰まで4週間 2軍戦で死球受け スポニチ 2017年3月25日
  8. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018」に西村、郡、清宮の3選手が選出北海道日本ハムファイターズ 2018年6月29日
  9. ^ 【フレッシュオールスターゲーム】 ウエスタン・リーグ vs イースタン・リーグ日本野球機構 2018年7月12日
  10. ^ a b 肩と足◎日本ハム郡拓也捕手、有事に備え外野も挑戦日刊スポーツ 2018年11月8日
  11. ^ 日本ハム郡、プロ初安打 快足生かし、しぶとく出塁”. Sponichi Annex (2019年5月4日). 2021年9月9日閲覧。
  12. ^ 日本ハム郡が内野に挑戦「捕手としての幅も広がる」”. 日刊スポーツ (2019年10月8日). 2021年9月9日閲覧。
  13. ^ 日本ハム・郡捕手が外野手でスタメン「2番・左翼」”. サンスポ (2020年10月9日). 2021年9月9日閲覧。
  14. ^ 日本ハム郡がプロ5年目で初打点「素直にうれしい」今季初出場で代打二塁打”. 日刊スポーツ (2021年4月11日). 2021年9月9日閲覧。
  15. ^ 【セパ公示】(5月2日)日本ハムが郡拓也、ロドリゲスを特例2021対象で抹消”. スポーツ報知 (2021年5月2日). 2021年9月9日閲覧。
  16. ^ 西武、1~7番まで4試合連続で同じ並び 日本ハム戦スタメン発表”. 西日本スポーツ (2021年5月21日). 2021年9月9日閲覧。
  17. ^ ソフトバンク・スチュワート―日本ハム・バーヘイゲン…スタメン発表”. スポーツ報知 (2021年8月15日). 2021年9月9日閲覧。
  18. ^ 日本ハム・伊藤大海―楽天・早川隆久…スタメン発表”. スポーツ報知 (2021年9月7日). 2021年9月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]