栃木ゴールデンブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栃木ゴールデンブレーブス
会社名 栃木県民球団
創設 2016年
所属リーグ
歴代チーム名

  • 栃木ゴールデンブレーブス(2017年 - )
本拠地
なし(主たる開催球場は小山運動公園野球場)
収容人員 5,500(小山)[1]
栃木県(2017年 - )
永久欠番
10[2]
獲得タイトル
独立リーググランドチャンピオン(0回)
なし
リーグ年間優勝(1回)
2019
リーグ優勝(2回)
地区年間:2019
地区半期:2019後
球団組織
球団社長 江部達也
監督 寺内崇幸
テンプレートを表示

栃木ゴールデンブレーブス(とちぎゴールデンブレーブス、Tochigi Golden Braves)は、プロ野球独立リーグベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)に所属する栃木県のプロ野球チーム。2016年加盟。

概要[編集]

栃木県民球団
本社のある宇都宮駅前ビル
本社のある宇都宮駅前ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-2-10 宇都宮駅前ビル4F
設立 2016年(平成28年)
業種 サービス業
法人番号 8060001028804 ウィキデータを編集
事業内容 野球の興行
代表者 江部達也
外部リンク 栃木ゴールデンブレーブス
テンプレートを表示

球団名は、チームカラーである「金(GOLDEN)」と、選手は夢に挑戦する勇者として「BRAVES」 [3]、つまり「栃木の勇者」として栃木県民に勇気と希望を与える球団になって欲しいという思いを込めた、としている。

リーグの既存球団と同様、地域貢献を優先しており、「栃木県民がひとつになれる熱い球団」や「大きな誇り」・「力強い勇気」・「夢へのチャレンジ」を県民に提供することをチーム理念としている[4]

リーグ参入初年度の2017年から2019年まで、東地区(FUTURE-East)に所属していた[5]。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響による開催方式の変更に伴い、茨城埼玉神奈川と「東地区」を構成し、その中で茨城と「グループA」に入る形でリーグ戦を実施した[6]。2021年も前年と同じ地区割で東地区に所属(ただしグループ制は撤廃)[7]。2022年からは従来の地区割のまま地区名称が変わり、南地区(South Division)に所属している[8]

2017年2月に小山市をホームタウンとすることを発表した[9]。 練習拠点として、2017年3月限りで廃校となった旧小山市立梁小学校のグラウンドおよび体育館が、小山市等の支援により2017年中に整備された。この練習施設には「小山ベースボールビレッジ」という名称が付けられている[10][11]

2018年の取材で、球団社長はマスコットキャラクターを作る予定があると述べていた[12]が、2022年現在、球団マスコットキャラクターは設定されていない[13]

開催球場[編集]

「BCリーグ規定に準ずる県内すべての球場で開催」としており[9]、リーグの多くの球団同様本拠地を定めていない。

2022年までの球場別公式戦開催試合数は以下の通りである(ポストシーズンゲームは含まない)。

  • ( )はこの項で使用する略称、[ ]は命名権に伴う通称名。
  • 太字はその年度の最多開催球場。
  • 5試合以上開催したシーズンがある球場は、背景を黄色としている。
  • 出典はリーグウェブサイト(~2018年)[14][15]および公式記録が残る「一球速報.com」(2019年~)の公式戦日程[16]
開催球場別試合数
球場名 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 6年間合計
小山運動公園野球場(小山) 15 25 19 19 16 19 113
佐野市運動公園野球場(佐野)
[佐野エイジェック野球場]
6 2 3 1 2 3 17
栃木市総合運動公園野球場(栃木市営)
[とちぎ木の花スタジアム]
2 3 5 2 3 2 17
栃木県総合運動公園野球場(栃木県営) 10 0 3 2 3 6 24
宇都宮清原球場(清原) 3 4 2 0 1 0 10
鹿沼運動公園野球場(鹿沼)
[ヤオハンいちごパーク野球場]
0 1 1 0 1 1 4
矢板運動公園野球場(矢板) 0 1 1 0 1 1 4
足利市総合運動場硬式野球場(足利)
[ジェットブラックフラワーズスタジアム]
0 0 2 2 2 2 8
大平運動公園さくら球場(大平)
[エイジェックさくら球場]
0 0 0 4 0 0 4
くろいそ運動場野球場(黒磯)
[石川スポーツグラウンドくろいそ]
0 0 0 0 1 1 2

小山運動公園野球場

参入初年度の2017年は、小山・佐野・栃木市営・栃木県営・清原の各球場で試合を開催した[17]

2018年は、小山に照明設備が新設されたこと[18]や、改修工事に伴い栃木県営の使用ができなくなったことから、小山での開催が大幅に増加した他、新たに鹿沼と矢板で公式戦が開催された[19][20][21]

2019年は栃木県営での開催が復活した他、新たに足利で公式戦が開催された[22][23][24]

2020年は、当初日程(新型コロナウイルスの感染拡大による変更前)では矢板での開催がなくなった一方、那須塩原市のくろいそ運動場野球場(以下黒磯)で1試合が予定されていた[25]。その後、開幕直前からシーズン中に順次発表された変更後の日程では、新たに栃木市の大平運動公園さくら球場(エイジェックさくら球場、以下大平)で開催された一方[26]、当初日程で設定されていた鹿沼・清原・黒磯各球場では開催がなかった[27]

2021年は、清原・鹿沼・矢板での開催が復活、新たに黒磯で公式戦が開催された。一方で、前年開催があった大平は1試合も設定がなかった。当初日程では主催試合は35試合が予定されていたが[28]、新型コロナウイルスの感染拡大と天候不順に伴い、試合中止が相次いたことから未消化試合が発生[29][30]、最終的には30試合の開催に留まった[31]

2022年は、栃木県営での開催が倍増、前年開催があった清原は1試合も設定がなかった他は、2021年とほぼ同じ割合で35試合が開催された[32][33][34]

2019年に1回、小山でダブルヘッダーの開催実績がある[35][36][37]

ポストシーズンゲーム

2019年に初めて出場してホームゲームを開催したポストシーズンについては、地区チャンピオンシップからグランドチャンピオンシップまでの全試合を小山で実施した[38]。同一年のグランドチャンピオンシップまでのポストシーズンゲームをすべて一つの球場で開催したのは、リーグでは石川・群馬に次いで3球団目となる。一方、グランドチャンピオンシップを県庁所在地で開催した実績がなく、これは出場チームでは新潟に次いで2例目となる。

2020年のポストシーズンゲームは、運営方式の変更で1試合制となったが、東地区チャンピオンシップは規定で栃木主催となり小山で実施した[39]

歴史[編集]

2016年[編集]

  • 3月23日 - 2017年度からのリーグ戦参加を前提として「栃木県民球団」の準加盟がリーグより承認される[40]
  • 6月28日 - 栃木県民球団につき、2017年シーズンからのリーグ加盟を正式に決定[41]
  • 8月1日 - チーム名が「栃木ゴールデンブレーブス」に決定[42]
  • 9月1日 - キャップマークを決定したと発表[43]
  • 9月20日 - 当球団を含めたリーグ合同トライアウトのエントリー受付が開始される[44]
  • 10月1日 - 投票により、チームの1stユニフォームが決定。2位に約120票の差をつけた「ゴールド&ホワイト」が選ばれた[45]
  • 10月12日 - 県内の少年野球関係者を対象とした球団構想説明会を開催。球団発表によると約100名が参加した[46]
  • 10月21日 - リーグによる既存球団からの分配ドラフトが実施され、吉田えり石川ミリオンスターズ)ら5人が指名される[47]
  • 11月1日 - 球団法人「株式会社栃木県民球団」を設立[48]
  • 11月4日 - 球団合同トライアウトの合格者6名を発表[49]
  • 11月13日 - リーグのドラフト会議で選手5人を指名[50]
  • 12月2日 - 選手兼バッテリーコーチに八木健史群馬ダイヤモンドペガサスから移籍)の就任を発表[51]
  • 12月8日 - 監督に辻武史、ヘッドコーチに宮地克彦が就任したことを発表[52]
  • 12月13日 - 2017年度はリーグの東地区(FUTURE-East)に所属することが正式に発表される[5]

2017年[編集]

  • 1月10日 - ピッチングコーチに金無英[53]、選手兼任ピッチングコーチに中﨑雄太[54]が就任したことを発表。
  • 4月8日 - 武蔵ヒートベアーズとの間で2017年シーズンの開幕戦を開催(3-2で勝利)[55]
  • 6月18日 - 前期日程終了。前期は4月後半に6連敗[56]、1勝のあと10連敗[57]、1勝の後再び5連敗[58]など大型連敗が続き、最終的には7勝28敗の勝率.200で東地区5位(最下位)となった[59]。なお、勝率.200は、2シーズン制となって以降の半期成績として、当時は2015年前期に福島ホープスが記録した.242(8勝25敗4分)を下回るリーグワースト記録であった(2018年前期に滋賀ユナイテッドベースボールクラブが.152を記録して更新)。
  • 9月10日 - 後期日程終了。後期は開幕2戦目から4連勝を記録したが[60]、8月に5連敗を記録して勝率5割を割り込み[61]、最終的には前期より順位を一つあげる4位であった。年間を通じた打率・防御率はいずれもリーグ最下位で、本塁打数の少なさ(リーグ9位)に示される長打力の不足も指摘された[62]。監督の辻は「勝ちパターンがはまらず、日替わりの戦い方になった」と述べている[63]。一方観客動員はリーグ10球団中2位を記録した[64]
  • 12月25日 - 選手兼ピッチングコーチの中崎雄太の退団を発表[65]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

2021年[編集]

  • 1月13日 - 投手コーチの巽真悟、バッテリー兼育成コーチの八木健史の退任を発表[112]
  • 1月15日 - バッテリーコーチに元日本ハムファイターズ黒羽根利規が就任したことを発表[113]
  • 1月18日 - 元東京ヤクルトスワローズ村中恭兵の入団を発表[114](栃木には1シーズン在籍、同年9月22日付で任意引退が公示され現役を引退[115])。
  • 4月3日 - 埼玉との間で2021年シーズンの開幕戦を開催(2-3で敗戦)[116]
  • 5月18日 - ドジャース傘下を自由契約になっていた北方悠誠が復帰、練習生契約を締結したことを発表[117](シーズン終了後の11月1日付で自由契約が公示され退団[118])。
  • 8月17日 - 投手のダニエル・ミサキが、読売ジャイアンツと育成契約を締結したことを発表(同日付で栃木を退団)[119]
  • 8月19日 - チーム関係者1名に新型コロナウイルス感染症のPCR検査陽性反応が確認されたため、20日と21日に予定されていた読売ジャイアンツ三軍との交流戦中止を発表[120]
  • 8月23日 - 前日新たにPCR検査陽性反応者が3人確認されたことを受け、24日に予定されていた対神奈川戦を中止[121]
  • 8月27日 - 陽性者と濃厚接触者を除くスタッフ・選手のPCR検査が全員陰性だったことから、28日より活動を再開すると発表[122]
  • 8月29日 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同地区対戦を優先させることから、他地区交流戦の打ち切りがリーグより発表され、4試合の未消化が決定[29]。その後、同地区内振替試合の一部も開催しないことが順次発表され、最終的に計10試合の未消化試合が生じた[30]
  • 9月9日 - 東地区の試合がともに雨天中止、振替試合が行われないことから埼玉の地区初優勝が決定、同時にチャンピオンシップのワイルドカード出場も、中地区2位・信濃の勝率を残り試合を全勝しても上回らないことが確定し、2年ぶりの地区優勝と3年連続のポストシーズンゲーム進出を逃す[123]
  • 9月12日 - 東地区の4球団が集結し、「BCL東地区オールスターゲーム2021」が小山運動公園野球場で開催された[124][125]
  • 9月16日 - リーグ戦全日程終了。当初日程の70試合に対し60試合を消化、31勝23敗6分・勝率.574、東地区2位で終わる。各成績は、打率.284(リーグ7位)、本塁打数42本(リーグ4位)、防御率4.25(リーグ7位)。なお、失策数95[126]はリーグワースト3位、過去5年においても最多であり、守備力に大きな課題を残した。
  • 11月17日 - 3年間在籍した西岡剛の退団を発表[127]九州アジアリーグの新球団・「福岡北九州フェニックス」の選手兼任初代監督就任のため)[128][129]

2022年[編集]

  • 1月25日 - 元阪神タイガース高野圭佑の入団を発表[130](栃木には1シーズン在籍、同年10月24日付で自由契約が公示され退団[131])。
  • 1月27日 - 選手兼任投手コーチとして、前埼玉西武ライオンズ吉川光夫の入団を発表[132]
  • 4月9日 - 茨城との間で2022年シーズンの開幕戦を開催(3-11で敗戦)[133]
  • 7月19日 - お笑いコンビティモンディ高岸宏行の入団を発表[134][135]。発表直後、球団公式ウェブサイトにアクセスが集中して接続困難になり、数日間繋がりにくい状態が続いた[136][137]。高岸が先発として公式戦初登板した8月14日の対埼玉戦(栃木県総合運動公園野球場)は、今季最多の5,021人が来場した[138]
  • 9月4日 - リーグから未消化試合が発表されたことに伴い、南地区の順位が確定。2年ぶりのポストシーズンゲーム進出が決まる[139]
  • 9月7日 - リーグ戦全日程終了。当初日程の67試合に対し64試合を消化、29勝28敗7分・勝率.509、南地区2位で終わる。各成績は、打率.264(リーグ4位)、本塁打数39本(リーグ2位)、防御率4.58(リーグ6位)。
  • 9月11日 - 茨城と対戦した地区チャンピオンシップに1勝1敗(茨城は地区優勝によるアドバンテージ1勝あり)で敗退[140][141]

成績[編集]

シーズン[編集]

年度 監督 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 打率 防御率 本塁打
2017 辻武史 5 35 7 28 0 .200 14.5 .241(10位) 5.84(10位) 25(9位)
4 36 12 20 4 .375 10.5
2018 5 35 9 19 7 .321 10.0 .297(3位) 5.93(8位) 59(2位)
3 35 15 19 1 .441 12.0
2019 寺内崇幸 3 34 18 15 1 .545 6.5 .272(8位) 3.64(4位) 32(6位)
1 36 22 9 5 .710 ※2.0
2020 1 60 41 13 6 .759 ※35.0 .304(1位) 2.87(2位) 45(1位)
2021 2 60 31 23 6 .574 1.5 .284(7位) 4.25(7位) 42(4位)
2022 2 64 29 28 7 .509 7.5 .264(4位) 4.58(6位) 39(2位)
  • 順位は地区(2020年は東地区グループA、2017 - 2019年と2021年は東地区、2022年は南地区)での順位、打率・防御率・本塁打はリーグ総合での順位。
  • 優勝した期のゲーム差は※をつけて2位とのゲーム差を掲載。
  • 金地はリーグ優勝。

地区チャンピオンシップ[編集]

  • 2019年 - 地区年間優勝(2勝0敗、対戦は群馬)
  • 2020年 - 敗退(対戦は神奈川)※今年度はトーナメント制
  • 2022年 - 敗退(1勝1敗、対戦は茨城。茨城は地区優勝によるアドバンテージ1勝あり)

リーグチャンピオンシップ[編集]

  • 2019年 - 優勝(3勝1分、対戦は信濃)

グランドチャンピオンシップ[編集]

  • 2019年 - 2勝3敗(対戦は徳島)
なお、2021年に開催されていた場合、トーナメントチームの1つ(他にルートインBCリーグ・四国アイランドリーグplus・九州アジアリーグの2021年優勝チーム)として出場する予定だったことが報じられている[142]

チームイメージ[編集]

チームのイメージカラーは金色である。ウェブサイトには

「日本一の生産量を誇る「二条大麦」の黄金色が一面に広がる栃木の豊かな自然。『世界遺産・日光東照宮』の黄金色に輝く豪華絢爛な「陽明門」。 『栃木』の風物詩、黄金色の火柱にも見える『雷』」

をイメージしたと記載されている[4]

ユニフォーム[編集]

チームカラーの『ゴールド』をベースに栃木の豊かな自然環境風土を表現する『グリーン』をイメージしたデザインとなっている。上半身部分は金、黒、帽子部分は緑、黒とキャップマーク、下半身は白を基調としたデザイン[45]

キャップマーク[編集]

デザインについては、「ホームベースをモチーフに、チーム名の頭文字をチームカラーのゴールド、栃木県内で生息する牡鹿が持つ猛々しい角を炎に見立てた躍動感と情熱を思わせる赤で表現」したとしている[43]

選手・スタッフ[編集]

応援スタイル[編集]

コロナ禍前の主催試合前には、国歌斉唱に引き続き、栃木県民歌「県民の歌」を斉唱していた[143]。自治体協賛試合の場合を中心に、県民歌の代わりに開催地の市歌等を斉唱・独唱することもあった[144][145][146]

なお、新型コロナウイルスが感染拡大した2020年以降は、試合前の国歌斉唱は吹奏に切り替え、県民歌や市歌等の斉唱・吹奏は省略されている[147]

私設応援団が存在し、試合中に応援活動を行っている[148][149]

球団ソング[編集]

  • 公式球団ソング「金色(こんじき)の勇者」(歌:ラヴィンズ) - 2018年発表[69][70]

チアパフォーマー[編集]

球団の経営母体であるエイジェックのグループ会社、エイジェックスポーツマネジメントに所属するチアパフォーマンスチーム「GOLD LUSH(ゴールド ラッシュ)」が、球団公式チアパフォーマーとして活動している[150]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 地域面(第2栃木)球場メモリーズ④ 2018年7月5日
  2. ^ リーグによる「MIKITO AED PROJECT[1]」の一環として全球団共通に指定。
  3. ^ 「ブレーブス」を冠する球団名は日本のプロ野球において、阪急ブレーブス→オリックス・ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)、結城ブレーブスに続き3例目となる。なお。「ブレーブス」単独の日本国内での商標権は、阪急阪神東宝グループがオリックスグループへの球団売却後に権利を更新しなかったため、一部の分野でMLB球団のアトランタ・ブレーブスが登録している。
  4. ^ a b 球団情報 球団概要の項を参照 - 栃木ゴールデンブレーブスオフィシャルサイト
  5. ^ a b 2017シーズンリーグ戦地区分けのお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグニュースリリース(2016年12月16日)
  6. ^ 2020 年度ルートインBCリーグ運営体制 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年6月5日)
  7. ^ 2021シーズン地区割り・開幕日・キャンプイン解禁日のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年12月24日)
  8. ^ 2022シーズン地区割り・開幕日・キャンプイン解禁日のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年11月11日)
  9. ^ a b ホームタウンのお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年2月13日)
  10. ^ 【球団情報】室内練習場竣工式を行いました。 - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年8月13日)
  11. ^ 【報告】旧小山市梁小学校屋外グラウンド完成セレモニーを行いました。 - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年10月31日)
  12. ^ “(株)栃木県民球団 代表取締役社長 江部達也氏 野球で地域貢献活動を(トップインタビュー2018)”. 下野新聞. (2018年1月1日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/12627 2018年10月13日閲覧。 
  13. ^ 球団発足時から現在までマスコットキャラクターが設定されていないのは、BCリーグでは栃木が唯一。
  14. ^ BCリーグ過去成績 - ベースボール・チャレンジ・リーグ
  15. ^ 日程&結果 - ベースボール・チャレンジ・リーグ
  16. ^ ルートインBCリーグ - 一球速報.com
  17. ^ リーグ公式ウェブサイトの2017年前期日程および2017年後期日程による
  18. ^ 【チーム情報】飯原誉士選手、小山運動公園野球場リニューアルオープン開所式に参加 - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年3月20日)
  19. ^ “BC栃木、鹿沼・矢板でも公式戦 宇都宮の球場改修で”. 日本経済新聞. (2018年3月9日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2788160008032018L60000/ 2018年3月13日閲覧。 
  20. ^ BCリーグ2018前期日程 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年9月29日閲覧)
  21. ^ BCリーグ2018後期日程 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年9月29日閲覧)
  22. ^ 日程 &結果 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(栃木県営は「後期8月」、足利は「前期5月」・「後期6月」を参照)※リンク切れ
  23. ^ ルートインBCリーグ2019前期 日程&結果 - 一球速報.com(2020年6月24日閲覧)
  24. ^ ルートインBCリーグ2019後期 日程&結果 - 一球速報.com(2020年6月24日閲覧)
  25. ^ 2020年度ルートインBCリーグ公式戦日 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年3月12日)
  26. ^ 試合情報 6月・7月 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年7月14日閲覧、6月30日・7月1日・3日・4日の箇所を参照)
  27. ^ 2020年度ルートインBCリーグ公式戦日程 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年7月14日)
  28. ^ 2021年度ルートインBCリーグ公式戦日程 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年3月9日)
  29. ^ a b 他地区交流戦の開催打ち切りについて - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年8月29日)
  30. ^ a b 公式戦振替試合の一部開催不可のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年9月3日)
  31. ^ 2021年度ルートインBCリーグ公式戦日程 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年9月8日)
  32. ^ 2022年度ルートインBCリーグ公式戦日程 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2022年3月8日)
  33. ^ NPB交流戦の開催について - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2022年3月16日)
  34. ^ 2022年度ルートインBCリーグ公式戦日程 更新日:2022/9/2 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2022年9月2日)
  35. ^ 6/19(水) ダブルヘッダー実施についての注意事項 - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年6月15日)
  36. ^ 【6/19試合結果】vs茨城アストロプラネッツ(ホーム) - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年6月19日)
  37. ^ 【6/19試合結果】vs埼玉武蔵ヒートベアーズ(ホーム) - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年6月19日)
  38. ^ 2019SEASON CHAMPIONSHIP SERIES - ベースボール・チャレンジ・リーグ
  39. ^ サトウ食品presents 2020ルートインBCL CHAMPIONSHIP SERIES 開催球場のお知らせ
  40. ^ ルートインBCリーグ準加盟球団承認のお知らせ
  41. ^ ルートインBCリーグ新球団加盟について - ベースボール・チャレンジ・リーグニュースリリース(2016年6月28日)
  42. ^ チーム名決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年8月1日)
  43. ^ a b キャップマーク決定! - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年9月1日)
  44. ^ BCリーグ合同トライアウト受付開始 - ベースボール・チャレンジ・リーグニュースリリース(2016年9月20日)
  45. ^ a b チームのユニフォームが決定! - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年10月1日)
  46. ^ 球団構想説明会を開催しました! - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年10月12日)
  47. ^ 分配ドラフト結果のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグニュースリリース(2016年10月21日)
  48. ^ 法人設立のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年11月1日)
  49. ^ 合同トライアウト(関東会場)における、特別合格選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年11月4日)
  50. ^ 2016ドラフト会議 指名選手一覧 (PDF) - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2016年11月13日)
  51. ^ 新入団・移籍選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年12月2日)
  52. ^ 監督・コーチ決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年12月8日)
  53. ^ ピッチングコーチ決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年1月10日)
  54. ^ 選手兼任ピッチングコーチ決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年1月10日)
  55. ^ 【開幕戦!試合結果】公式戦 vs武蔵ヒートベアーズ(ホーム) - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年4月8日)
  56. ^ “栃木GB6連敗 武蔵に1-2”. 下野新聞. (2017年5月1日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170501/2677547 2017年6月27日閲覧。 
  57. ^ “栃木GB連敗止める 新潟に7-6”. 下野新聞. (2017年5月28日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170528/2704545 2017年6月27日閲覧。 
  58. ^ “栃木GB6試合ぶり白星 首位群馬に9-7 BCリーグ”. 下野新聞. (2017年6月9日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170609/2716061 2017年6月27日閲覧。 
  59. ^ “Gブレーブス、前期は最下位 福島に1-5、攻守に精彩欠く”. 下野新聞. (2017年6月19日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170619/2726487 2017年6月27日閲覧。 
  60. ^ “栃木GB、5連勝ならず 巨人に2-4”. 下野新聞. (2017年7月6日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170706/2743263 2017年10月8日閲覧。 
  61. ^ “栃木GB連敗脱出 今季最多11得点”. 下野新聞. (2017年8月14日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170814/2782032 2017年10月8日閲覧。 
  62. ^ “栃木GB、目立った長打力不足 勝ちパターン確立できず BCリーグ参入1年目総括”. 下野新聞. (2017年9月15日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170915/2814381 2017年10月8日閲覧。 
  63. ^ “栃木GB、1年目終了 辻監督「一つ勝つ難しさ痛感」”. 下野新聞. (2017年9月15日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170915/2814382 2017年10月8日閲覧。 
  64. ^ “栃木GBが成績報告 栃木県知事表敬”. 下野新聞. (2017年9月20日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/braves/news/20170920/2819602 2017年10月8日閲覧。 
  65. ^ 【チーム情報】退団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2017年12月25日)
  66. ^ 【チーム情報】新入団選手兼コーチ決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年1月9日)
  67. ^ 【チーム情報】新入団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年3月5日)
  68. ^ “BC栃木 村田修一フィーバー アクセスが殺到”. 日刊スポーツ. (2018年3月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803090000369.html 2018年3月10日閲覧。 
  69. ^ a b 【お知らせ】球団ソング決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年3月20日)
  70. ^ a b “栃木)GB、球団ソングとチアパフォーマーをお披露目”. 朝日新聞. (2018年4月5日). https://www.asahi.com/articles/ASL4436H8L44UUHB006.html 2018年10月24日閲覧。 
  71. ^ 【4/7試合結果】vs群馬ダイヤモンドペガサス(ビジター) - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年4月7日)
  72. ^ “村田、男のケジメ会見「引退」まだ言わず9・9まで完全燃焼”. スポニチ. (2018年8月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/02/kiji/20180802s00001173065000c.html 2018年8月13日閲覧。 
  73. ^ “村田、1軍でできるけれど 若返りの流れに勝てず引退へ”. 朝日新聞. (2018年8月2日). https://www.asahi.com/articles/ASL814GZ5L81UTQP018.html 2018年8月13日閲覧。 
  74. ^ “栃木GB村田 16年間のプロ生活に別れ 多くの仲間やファンに愛され【動画】”. 下野新聞. (2018年9月11日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/72870 2018年9月15日閲覧。 
  75. ^ “【スピーチ全文】村田選手、引退セレモニーで涙 「何より家族に感謝。子どもたちから勇気もらった」”. 下野新聞. (2018年9月11日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/72874 2018年9月15日閲覧。 
  76. ^ “栃木GB、連勝は5でストップ 新潟に0-2”. 下野新聞. (2018年8月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/58189 2018年9月15日閲覧。 
  77. ^ “GB、連敗ストップ 8-4で武蔵に快勝”. 下野新聞. (2018年9月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/70716 2018年9月15日閲覧。 
  78. ^ 【試合結果】群馬ダイヤモンドペガサス戦(ホーム最終戦) - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年9月9日)
  79. ^ 2018年シーズン主催試合観客動員数3万人突破のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年7月23日)
  80. ^ 2018年シーズン主催試合観客動員数5万人突破のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年9月11日)
  81. ^ 韓善泰選手 KBOドラフト指名のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年9月10日)
  82. ^ 選手引退およびコーチ就任のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年10月15日)
  83. ^ 内山太嗣選手 NPBドラフト指名のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年10月25日)
  84. ^ 辻監督及び宮地ヘッドコーチ退任のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年12月17日)
  85. ^ 2019年シーズン 栃木ゴールデンブレーブス 新首脳陣発表 - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年12月19日)
  86. ^ 金ピッチングコーチ退団のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年1月17日)
  87. ^ ピッチングコーチ決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年3月1日)
  88. ^ 新入団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年3月12日)
  89. ^ 【試合結果】4/6開幕戦 vs茨城アストロプラネッツ(ビジター) - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年4月6日)
  90. ^ “元DeNAの160キロ超右腕・北方悠誠がドジャース入団会見「プレーで恩返しを」”. Full-Count. (2019年5月30日). https://full-count.jp/2019/05/30/post391708/ 2019年5月31日閲覧。 
  91. ^ 北方悠誠選手退団及びロサンゼルス・ドジャース移籍のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年5月30日)
  92. ^ 栃木ゴールデンブレーブス FUTURE-East後期 優勝決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年9月5日)
  93. ^ “栃木GB初の半期優勝 リーグ参入3季目、茨城に6-1”. 下野新聞. (2019年9月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/216082 2019年9月5日閲覧。 
  94. ^ 栃木ゴールデンブレーブス FUTURE-East地区 優勝決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年9月15日)
  95. ^ “栃木GB 東地区初制覇 群馬に連勝、地元で決めた”. 下野新聞. (2019年9月16日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/220476 2019年9月16日閲覧。 
  96. ^ 栃木ゴールデンブレーブス ルートインBCリーグ 優勝決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年9月29日)
  97. ^ “【電子号外】栃木GB初優勝 第4戦で信濃に快勝”. 下野新聞. (2019年9月29日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/226042 2019年9月29日閲覧。 
  98. ^ 【10/15試合結果】vs徳島インディゴソックス(ビジター) - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年10月15日)
  99. ^ “栃木GB 初優勝逃す 徳島に3-4”. 下野新聞. (2019年10月15日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/232635 2019年10月15日閲覧。 
  100. ^ 新入団選手兼ピッチングコーチ入団のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年12月3日)
  101. ^ 【6/21試合結果】vs埼玉武蔵ヒートベアーズ(ホーム) - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年6月21日)
  102. ^ “川崎宗則、今後は「独立か台湾で」 栃木の練習参加、去就どうなる?”. Full-Count. (2020年8月24日). https://full-count.jp/2020/08/24/post873588/ 2020年8月27日閲覧。 
  103. ^ 川﨑宗則選手契約合意のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年8月28日)
  104. ^ 地区CS進出決定のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年8月30日)
  105. ^ “ド軍傘下の北方悠誠、BC栃木と選手契約「チームの勝利に少しでも貢献」背番号36”. Full-Count. (2020年8月24日). https://full-count.jp/2020/08/31/post881307/ 2020年8月31日閲覧。 
  106. ^ 北方悠誠選手契約合意のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年8月31日)
  107. ^ 【退団選手のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年11月4日)
  108. ^ 【10/18試合結果】vs神奈川フューチャードリームス(ホーム) - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年10月18日)
  109. ^ “栃木GB リーグCS進出逃す 神奈川に3-15”. 下野新聞. (2020年10月18日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/373483 2020年10月18日閲覧。 
  110. ^ 石田駿選手 NPBドラフト指名のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年10月26日)
  111. ^ 【岡田幸文コーチ 東北楽天ゴールデンイーグルス一軍外野守備走塁コーチ就任のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2020年11月19日)
  112. ^ 【コーチ退任のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年1月13日)
  113. ^ 【新任コーチのお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年1月15日)
  114. ^ 【新入団選手のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年1月18日)
  115. ^ 退団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年9月22日)
  116. ^ 【4/3試合結果】vs埼玉武蔵ヒートベアーズ(ビジター) - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年4月3日)
  117. ^ 練習生契約のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年5月18日)
  118. ^ 退団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年11月1日)
  119. ^ 【御前 龍介 ダニエル選手 読売ジャイアンツ育成選手契約のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年8月17日)
  120. ^ 新型コロナウイルス感染症の陽性判定及び試合中止について【栃木】 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年8月19日)2021年8月19日閲覧。
  121. ^ 新型コロナウイルス感染症の経過報告及び試合中止と今後の活動について【栃木球団】 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年8月23日)2021年8月24日閲覧。
  122. ^ 新型コロナウイルス感染症の経過報告及び今後の活動について【栃木球団】 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年8月27日)2021年8月27日閲覧。
  123. ^ “栃木GB、地区V逃す プレーオフ進出も消滅”. 下野新聞. (2021年9月10日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/498881 2021年9月11日閲覧。 
  124. ^ 【イベント情報】9/12(日) BCⅬ東地区オールスターゲーム2021 - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年9月9日)
  125. ^ 栃木ゴールデンブレーブス [@tochigi_gb] (2021年9月12日). "【試合終了】" (ツイート). Twitterより2021年9月12日閲覧
  126. ^ 【独立リーグ】個人守備成績-ルートインBCリーグ2021公式戦-栃木(2021年)-栃木ゴールデンブレーブス (栃木) - 一球速報.com 2021年9月16日閲覧。
  127. ^ 退団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年11月17日)
  128. ^ 監督・コーチ就任のお知らせ - 福岡北九州PHOENIX(2021年11月17日)
  129. ^ “西岡剛、北九州フェニックスの初代監督に就任 ホリエモン新球団、選手も兼任”. Full-Count. (2021年11月17日). https://full-count.jp/2021/11/17/post1157476/ 2021年11月17日閲覧。 
  130. ^ 新入団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年1月25日)
  131. ^ 【退団選手のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年10月24日)
  132. ^ 【新入団選手(投手コーチ兼任)のお知らせ】 - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年1月27日)
  133. ^ 【4/9 試合結果】vs茨城アストロプラネッツ(ホーム) - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年4月9日)
  134. ^ 新入団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年7月19日)
  135. ^ ティモンディ高岸宏行がBCリーグ栃木に入団! “芸能人最速”142km、背番号「16」”. Full-Count (2022年7月19日). 2022年7月19日閲覧。
  136. ^ “アクセス殺到でパンク! ティモンディ高岸加入のBCリーグ栃木の公式HP、2時間以上閲覧できず”. 日本テレビ放送網. (2022年7月19日). https://news.ntv.co.jp/category/sports/3c571bb4f274435cbfb33b5424b9ef50 2022年7月19日閲覧。 
  137. ^ 通信障害のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年7月22日)
  138. ^ “BC栃木ティモンディ高岸宏行、初登板は「5億点満点!」今季最多5000人超の観客来場”. 日刊スポーツ. (2022年8月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202208140000996.html 2022年8月14日閲覧。 
  139. ^ 公式戦振替試合の一部開催不可のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2022年9月4日)
  140. ^ 【南地区CS 第2戦】9/11 試合結果 vs茨城アストロプラネッツ(ビジター) - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年9月13日)
  141. ^ “栃木GB、逆転でCS進出逃す リーグ1位の茨城に惜敗”. 下野新聞. (2022年9月11日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/633586 2022年9月17日閲覧。 
  142. ^ “CS第2戦 香川3年ぶり総合V”. 四国新聞. (2021年9月26日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20210926000084 2021年9月26日閲覧。 
  143. ^ 主催試合での一例。9月5日(水)武蔵戦「KYOWAプレゼンツ 2018ラストナイトマッチデー」開催のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年8月31日)
  144. ^ 8月10日(金)新潟戦『小山市民デー』開催のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年8月7日)
  145. ^ 【6/9福島戦イベント情報】メジャーリーグへ挑戦!北方悠誠激励壮行試合 - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年6月7日)
  146. ^ 【6/22茨城戦イベント情報】後期開幕!足利開催!!CLUB-TGB感謝デー - 栃木ゴールデンブレーブス(2019年6月15日)
  147. ^ 主催試合での一例。【イベント情報】9/11(土) vs埼玉武蔵ヒートベアーズ「栃木アンカー工業 MATCH DAY 感謝 感動 ありがとう 未来に向けて出発だ スペシャルゲーム」 - 栃木ゴールデンブレーブス(2021年9月2日)
  148. ^ 栃木ゴールデンブレーブス(公式) [@@tochigi_gb] (2021年4月10日). "【応援団旗贈呈!】" (ツイート). Twitterより2022年5月24日閲覧
  149. ^ 「試合前スペシャルコンサート【栃木県民球団×白鷗大学 共創センタープロジェクト】」を参照。【イベント情報 足利市民デー】6/4(土) 茨城戦@足利球場 - 栃木ゴールデンブレーブス(2022年5月27日)
  150. ^ チアダンス事業 - 株式会社エイジェックスポーツマネジメント

外部リンク[編集]