県民の歌 (栃木県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
県民の歌

県民歌の対象
Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県

作詞 岡きよし
栃木県県章・県民の歌選定委員会(補作)
作曲 川島博
採用時期 1962年
言語 日本語
テンプレートを表示

県民の歌」(けんみんのうた)は日本都道府県の一つ、栃木県1962年昭和37年)に制定した県民歌である。作詞は岡きよし、作曲は川島博で「栃木県県章・県民の歌選定委員会」が補作を行っている。

解説[編集]

栃木県制定 県民の歌
三浦洸一安西愛子シングル
A面 県民の歌
B面 行進曲 県民の歌
リリース
規格 EPレコード
ジャンル 都道府県民歌
レーベル ビクターレコード(PRB-5013)
作詞・作曲 作詞:岡きよし、作曲:川島博、編曲:飯田信夫
テンプレートを表示

1960年代に入り全国で新しい都道府県民歌が制定されている機運を背景に県章と合わせて公募を実施し、歌詞552編と曲235編が集まった[1][2]。歌詞は足尾町(現日光市)出身で毎日新聞佐野通信部記者であった神山清志(ペンネーム・岡きよし)の応募作が採用され、曲は足利市出身で愛知教育大学講師(後に教授)の川島博による応募作が選定委員会より「歌詞に最もマッチし、健康で明るく気品の高い作品」との高い評価を受けて採用された[2]

また、栃木県宇都宮市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグに加盟する栃木サッカークラブ(栃木SC)の主催試合において、試合開始前にチームの応援歌ではなくこの「栃木県民の歌」の1番を歌うのが慣例となっており[3]、ホームスタジアムである栃木県グリーンスタジアムの電光掲示板にはこの際県民の歌の歌詞が表示される。以前は地元アイスホッケークラブであるH.C. TOCHIGI 日光アイスバックスのリンク内でも演奏されていた。こうした県の積極的なPRもあり、現在では長野県の「信濃の国」に次いで県民の認知度が高い県民歌と評されている[2]

2014年平成26年)3月4日からは、第一興商カラオケ機で全国配信されている。

歌唱[編集]

創唱は三浦洸一安西愛子デュエットで、ビクターレコード(現在のJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)によりEPレコードが製造されている。このレコードのB面は飯田信夫編曲の「行進曲 県民の歌」。

1988年(昭和63年)にはリフレッシュ感を出すことを目的にダ・カーポ(妻の榊原広子が佐野市出身)の歌唱によるバージョンを録音したカセットテープが県内の公立学校や公共施設に配布され[3]、県内の空撮映像を交えた「ミュージック・ビデオ」も制作された。2005年平成17年)にも改めて同内容のCDが公立学校に配布されている[3]

メディアでの放送[編集]

AMラジオ。放送開始前のフィラー音楽として、毎朝5:00から放送。ダ・カーポの歌で流れる。
2008年(平成20年)4月の24時間放送開始前は毎日放送開始5分前の5:55に、24時間放送の開始後はしばらく月曜朝4:55の開始時(放送休止後の1週間の放送のオープニングとして)に東京室内楽オーケストラが演奏する行進曲バージョン(前述のCDにダ・カーポ歌唱バージョンとともに収録されている)を放送していた。
また、放送開始時にビクター・オーケストラが演奏する「行進曲 県民の歌」(前述のEPレコードのB面に収録されている)を放送していた時期もある。
放送終了コールの前に放送。ダ・カーポ歌唱のバージョンを演奏。2012年(平成24年)3月までは放送開始後にも流れていた。

2005年(平成17年)3月29日より、栃木県の携帯版ホームページで「県民の歌」の携帯電話用着信メロディーの無料配信を行なっている。2012年1月15日より着うたの無料配信を開始(スマートフォンにも対応)。

脚注[編集]

  1. ^ 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、159ページ。
  2. ^ a b c “親しまれ「県民の歌」半世紀”. DoSoon (下野新聞社). (2013年6月15日). http://www.shimotsuke.co.jp/dosoon/official/20130615/1066532 2013年10月24日閲覧。 
  3. ^ a b c 中山裕一郎 監修『全国 都道府県の歌・市の歌』(東京堂出版2012年ISBN 978-4-490-20803-0 、115ページ。

外部リンク[編集]