黒羽根利規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒羽根 利規
横浜DeNAベイスターズ #9
20120503 Tosiki Kurobane, catcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2012年5月3日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市港南区
生年月日 (1987-06-02) 1987年6月2日(29歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2008年5月25日
年俸 2,000万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

黒羽根 利規(くろばね としき、1987年6月2日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神奈川県横浜市港南区出身。高校時代は捕手として活躍した一方で、高校通算本塁打は1本に終わるなど、打撃は非力であった。

2005年高校生ドラフトで、横浜ベイスターズに3巡目で指名を受け入団。背番号は59に決まった。

プロ入り後[編集]

2006年

ルーキーイヤーは二軍で26試合に出場し、打率.171に終わる。一軍出場はなかった。

2007年

二軍で48試合に出場。打率.224と前年よりも打撃は改善された。2年連続で一軍出場はなかった。

2008年

5月25日の、対オリックス・バファローズ戦で、6回裏にマイク・ウッドの代打としてプロ初出場を果たした。この年は二軍で活躍し、フレッシュオールスターゲームにも選出された。

2009年

一軍で自己最多の10試合に出場。スタメンマスクも経験しプロ初安打も記録した。

2010年

8月21日の対広島東洋カープ戦においてプロ初打点を記録。この打点が決勝点となり、プロ入り初のヒーローインタビューも経験した。

2011年

開幕は二軍で迎えたが、8月11日に一軍登録され、細山田武史との併用でスタメンマスクを多く経験。最下位に沈むチーム状況の中、自己最多の45試合に出場し、プロ初本塁打も記録した。しかし打率は.175と非常に低く、細山田の打率.208よりも下回った。

2012年

一軍開幕戦で自身初のスタメンマスクをかぶるなど、序盤はスタメンの機会が多かった。しかし、6月頃からはベテラン捕手の鶴岡一成に正捕手の座を奪われた。さらに、捕手の高城俊人が高卒ルーキーながら一軍に定着した8月以降は、おおむね二軍でのプレーを余儀なくされた。この年は前年に記録した低打率をさらに下回る打率.125を記録してしまった。これはこの年のDeNA投手陣の打率.110とあまり変わらない極度の低打率であった。

2013年

開幕を二軍で迎えたものの、高城と入れ替わる格好でシーズン後半に一軍へ昇格。鶴岡との併用でスタメンマスクを任される機会が増えたほか、打撃でも30試合の出場で打率.267、2本塁打を記録するなど、改善の兆しが見られた。11月20日、背番号を9へ変更[2]

2014年

2年ぶりに開幕戦でスタメンマスクをかぶった。鶴岡一成が人的補償で移籍したこともあり正捕手となった。打率はを3割を超えるなど好調を保っていたが4月11日の対東京ヤクルトスワローズ戦の9回裏に死球を受け、途中交代。右手親指末節骨の骨折と判明し、翌12日に一軍登録を抹消された。骨折から復帰後は一時調子を落としたものの、その後はほぼシーズンを通してレギュラーを確保し、自己最多の109試合に出場、最終的な成績は.264、2本塁打、24打点という成績だった。しかし打率に対し得点圏打率では.225、三振も打席374に対し78など、来季に向けて課題も残した。[3]

2015年

打撃不振に陥り、高城や2年目の嶺井博希にスタメンマスクを譲る機会が多くなった。三振率も前年以上に悪化した。

2016年

開幕一軍入りしたものの、一軍捕手はルーキー戸柱恭孝と高城の2人体制となったこともあり、一軍公式戦への出場機会はなかった。

選手としての特徴・人物[編集]

黒羽根の打撃フォーム
(2012年3月10日、西武ドーム)

強気なリードとチーム屈指の強肩を売りとする一方で、打撃を課題としている。

上大岡小学校出身で上大岡ハンターズに所属していた。小学校6年生の時に、地元港南区で開催された三浦大輔のトークショーで三浦に直接花束を渡し、この時に「将来はプロでバッテリーを組みたい」と話した。2011年8月14日の一軍公式戦で三浦とのバッテリーが実現し、7回2/3を2安打無失点という内容となった。

また、2006年に開催された三浦と村田修一によるトークショーに三浦に電話で呼び出され、飛び入り参加している。

日大藤沢高校時代の監督の山本秀明は日藤OBでもある中日ドラゴンズ山本昌の実弟である。1年目のオフに山本昌、ヤクルトスワローズ館山昌平と3人で母校で自主トレも行った。

同僚だった杉原洋の紹介で知り合った女性と2012年1月に結婚した[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 横浜
DeNA
1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2009 10 10 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .100 .100 .100 .200
2010 17 28 27 3 5 1 0 0 6 2 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .185 .185 .222 .407
2011 45 114 97 5 17 3 0 1 23 5 0 0 6 0 11 2 0 27 3 .175 .259 .237 .496
2012 61 119 112 6 14 4 0 0 18 5 0 0 2 1 4 1 0 26 3 .125 .154 .161 .315
2013 30 68 60 6 16 1 0 2 23 5 0 0 2 0 5 0 1 16 2 .266 .333 .383 .717
2014 109 374 326 32 86 10 0 2 102 24 1 2 17 2 24 1 5 78 10 .264 .322 .313 .635
2015 63 149 129 8 23 3 0 1 29 7 0 1 7 2 11 0 0 32 2 .178 .239 .225 .464
通算:8年 336 863 763 60 162 22 0 6 202 48 1 3 35 5 55 4 6 186 20 .213 .269 .265 .536
  • 2016年度シーズン終了時
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

年度別守備成績[編集]

捕手
守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2009 .908 9 18 2 2 1 0 4 2 2 .500
2010 .981 13 47 5 1 0 1 6 3 3 .500
2011 .988 44 238 19 3 3 1 21 15 6 .286
2012 .983 58 253 30 5 4 3 28 17 11 .393
2013 .986 29 134 12 2 1 2 16 11 5 .313
2014 .988 109 647 64 9 12 8 76 46 30 .395
2015 .994 62 286 29 2 2 3 27 19 8 .276
通算 .987 323 1623 161 24 23 18 178 113 65 .365
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 59 (2006年 - 2013年)
  • 9 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月5日閲覧。
  2. ^ 背番号変更のお知らせDeNA球団公式サイト2014年11月20日配信
  3. ^ 【DeNA】黒羽根、親指骨折で登録抹消!全治1か月”. スポーツ報知 SPORTS HOCHI (2014年4月12日). 2014年4月27日閲覧。
  4. ^ 黒羽根 DeNA結婚第1号!北川景子似美女に一目ぼれ”. スポニチ Sponichi Annex (2012年1月11日). 2011年1月21日閲覧。
  5. ^ 週刊ベースボール2014年7月14日号97ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]