大島崇行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大島 崇行
大島崇行20110713.jpg
2011年7月13日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県南巨摩郡南部町
生年月日 (1983-12-20) 1983年12月20日(33歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 ドラフト3巡目
初出場 2005年8月18日
最終出場 2012年4月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大島 崇行(おおしま たかゆき、1983年12月20日 - )は、山梨県南巨摩郡南部町出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

山梨学院大附高では、2年時に夏の甲子園で初戦敗退。

2001年ドラフト会議で、広島東洋カープに3巡目で指名を受け入団。入団会見では、「大野豊さんの様な投手になりたい」と語った。

プロ入り後[編集]

2004年ウエスタン・リーグ最多勝(8勝9敗)を獲得。

2005年にはプロ初登板。プロ2戦目の阪神戦で初勝利。この年鬼門だったナゴヤドームでの中日最終戦で2勝目。チーム成績も投手陣もどん底の中で防御率こそ高かったが来季を期待させる働きだった。

2006年には新しく監督に就任したマーティ・ブラウン監督に将来性を高く評価され、初の開幕一軍・先発ローテーション投手に抜擢された。しかし全く期待に応えられず二軍落ちとなり、再昇格することなくこの年の一軍マウンドは春先のみに留まった。

2007年は巻き返しを期待されたが、二軍でもなかなか結果が残せず一軍での登板は1試合のみとなった。

2008年は二軍で開幕を迎えたものの、先発として防御率0点台を叩き出し、3・4月の二軍の月間MVPを獲得した。5月には一軍昇格を果たした。7月二軍へ降格したが9月に再昇格。勝ち星こそつかなかったが、登板数・投球回は自己最多を更新し、防御率も3.98(二軍では1.01)を記録した。

2010年は、1軍の救援投手の柱だった永川勝浩シュルツ横山竜士が相次いで故障したため、大島が一時期クローザーを務める等、中継ぎ投手として長期間1軍の戦力に加わった。チームトップの53試合に登板し、初セーブを記録する等、大きな飛躍のシーズンと言える成績であった。しかし8月25日の対阪神戦(京セラ)では、チームが大差をつけてリードしていたが、金本知憲に逆転満塁弾を浴び、大島自身に負けはつかなかったものの、結果的に8-22で大敗を喫している。この年の最終的な防御率は5点台ではあった。

2011年は4月に左足を疲労骨折し長期離脱[1]、一軍初登板は8月7日の対巨人戦にずれ込んだ。この試合では谷間の先発として2008年以来の先発起用となったが、投手の西村に先制タイムリーヒットを浴びるなど試合を作れなかった[2]。結局2011年は7試合のみの出場で前年から出場機会を減らす結果となった。秋季キャンプでは再起を期してサイドスローへの転向に挑戦した[3]。また、10月には、同年5月に元会社員の女性と婚姻届けを提出し結婚していたことが明らかになった[1]

2012年は、1試合のみの登板に終わった。

2014年、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[4]。12月2日、自由契約公示された[5]

現在は広島市内の建設関係の会社に勤務している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 広島 7 6 0 0 0 2 2 0 0 .500 130 27.0 33 4 16 0 3 22 1 0 25 25 8.33 1.81
2006 5 4 0 0 0 0 2 0 0 .000 88 16.0 32 6 10 0 0 5 0 0 23 23 12.94 2.63
2007 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 19 3.1 9 1 0 0 0 3 0 0 6 6 16.20 2.70
2008 16 2 0 0 0 0 4 0 0 .000 143 31.2 35 1 14 2 0 16 1 0 19 14 3.98 1.55
2009 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 47 9.2 15 4 1 0 1 9 1 0 14 13 12.10 1.66
2010 53 0 0 0 0 1 5 3 9 .167 252 56.0 61 7 21 1 6 46 3 0 33 32 5.14 1.46
2011 7 1 0 0 0 0 0 0 1 ---- 46 11.0 10 0 3 0 1 8 2 0 2 2 1.64 1.18
2012 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 3.00
通算:7年 97 14 0 0 0 3 14 3 10 .176 727 155.0 195 23 66 3 11 109 8 0 122 115 6.68 1.68

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (2002年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ a b “広島大島結婚「今まで以上にしっかり」”. nikkansports.com. (2011年10月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111031-857118.html 2012年2月4日閲覧。 
  2. ^ “【広島】巨人に7連敗「結果出さないと」”. nikkansports.com. (2011年8月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110807-817093.html 2012年2月4日閲覧。 
  3. ^ “広島大島、再起に向けてサイドスロー挑戦”. nikkansports.com. (2012年1月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120117-890732.html 2012年2月4日閲覧。 
  4. ^ 来季の選手契約について Archived 2014年10月2日, at the Wayback Machine.広島球団公式サイト2014年10月2日配信
  5. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]