横山竜士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 竜士
HC-Ryuji-Yokoyama20110809.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県勝山市
生年月日 (1976-06-11) 1976年6月11日(41歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト5位
初出場 1997年4月13日
最終出場 2014年8月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 竜士(よこやま りゅうじ、1976年6月11日 - )は、福井県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

福井県勝山市出身。福井商高では1年秋からエースとして活躍するものの、甲子園にはあと一歩届かなかった(最高成績は3年夏の県大会決勝敗退)。

1994年ドラフト5位で広島東洋カープに入団。

プロ入り後[編集]

1997年に中継ぎでの起用ながら10勝を挙げ、ブレイク。1999年には先発として期待されるが、右肩ルーズショルダーに見舞われ登板機会が激減した。その球威は完全には戻らなかったが、制球力と培った経験による駆け引きで2005年にセットアッパーとして復活。2006年シーズンは永川-横山-ベイルとつなぐ「NYB」のリリーフトリオとして活躍した。

2007年は開幕前にブラウン監督から「キャンプで特に成長した投手の一人」と評価され、開幕後も中継ぎとして60試合に登板。安定感ある素晴らしい活躍をして見せた。

2008年は自己ベストの防御率1.50を記録し、永川に継投する絶対的な中継ぎの柱としてチームのAクラス争いに貢献したが、故障での離脱もあり38試合の登板に留まり、その間チームは苦戦を強いられる結果となった。

2009年は故障で離脱することなく69試合に登板した。しかし自己ワーストの8敗を喫する。ピンチを作ってシュルツに交代する機会が度々あるなど、安定感がもう一つだった。国内FA権を取得したが、行使せずに3年契約で残留。

2010年は不調の永川に代わってシーズン途中よりクローザーを務め、自己最高の11セーブを記録した。防御率も2年ぶりに1点台をマークする好成績を挙げた。

2011年は開幕前の3月に腰のガングリオン切除手術を受け、シーズンの大半を回復に費やすこととなった。9月には一軍に復帰したものの、まもなく2軍に降格しシーズンを終えた[1]

2012年は中継ぎとして23試合に登板。敗戦処理やリードしている展開での出番が主ながらも、防御率0.42と安定感を見せた。

2013年は中継ぎとして37試合に登板。対ヤクルト戦では防御率1.38を残す一方で、対巨人戦では防御率9.00であった[2]

2014年は6試合の登板に終わり、9月21日にマツダスタジアムで会見を行い、今季限りで現役引退を発表した[3]

2015年からは、中国放送(RCC)の野球解説者を務める。

選手としての特徴[編集]

ストレートの平均球速約141km/h[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 広島 56 0 0 0 0 10 5 1 -- .667 399 93.2 79 7 39 0 3 104 8 0 35 34 3.27 1.26
1998 24 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 147 35.0 23 1 19 2 1 43 7 1 13 10 2.57 1.20
1999 23 12 5 1 0 7 4 0 -- .636 453 108.0 104 15 33 0 0 108 3 0 42 41 3.42 1.27
2000 3 2 1 0 1 1 0 0 -- 1.000 59 16.0 7 0 1 0 1 17 1 0 2 1 0.56 0.50
2001 21 13 0 0 0 2 6 0 -- .250 382 85.2 89 11 40 2 4 49 0 0 49 39 4.10 1.51
2002 6 6 0 0 0 1 4 0 -- .200 143 30.1 44 10 7 1 2 24 1 1 32 29 8.60 1.68
2003 13 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 96 21.1 23 4 11 0 2 19 1 0 15 15 6.33 1.59
2004 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 36 8.1 8 3 2 0 0 9 0 0 5 3 3.24 1.20
2005 29 0 0 0 0 1 1 0 6 .500 153 37.0 27 1 12 1 1 28 0 1 9 9 2.19 1.05
2006 48 0 0 0 0 4 5 1 13 .444 241 55.2 62 11 18 2 0 53 1 1 31 30 4.85 1.44
2007 60 0 0 0 0 3 3 0 15 .500 295 72.0 53 10 28 2 4 57 2 0 29 21 2.63 1.13
2008 38 0 0 0 0 5 1 3 16 .833 165 42.0 27 3 14 3 2 34 1 0 9 7 1.50 0.98
2009 69 0 0 0 0 3 8 0 31 .273 270 64.0 57 5 26 1 2 56 2 0 27 25 3.52 1.30
2010 46 0 0 0 0 3 2 11 8 .600 206 50.0 37 3 17 1 3 48 2 0 12 9 1.62 1.08
2011 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 8 1.0 3 0 2 0 0 1 0 0 5 5 45.00 5.00
2012 23 0 0 0 0 2 0 0 5 1.000 86 21.2 11 0 9 2 3 15 0 0 2 1 0.42 0.92
2013 37 0 0 0 0 1 1 0 15 .500 166 39 36 5 16 5 1 24 0 0 14 14 3.23 1.36
2014 6 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 34 6.2 12 2 3 0 1 3 1 0 6 6 8.10 2.25
通算:18年 507 34 6 1 1 46 44 17 110 .511 3339 787.1 702 91 297 22 30 692 30 4 337 299 3.42 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

投手記録
  • 初登板:1997年4月13日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、7回裏に3番手で救援登板、2回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏にロバート・ローズから
  • 初勝利:1997年4月20日、対中日ドラゴンズ2回戦(長良川球場)、7回表に3番手で救援登板・完了、3回無失点
  • 初セーブ:1997年8月27日、対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に2番手で救援登板・完了、3回1失点
  • 初先発:1999年4月27日、対横浜ベイスターズ2回戦(横浜スタジアム)、6回2失点
  • 初先発勝利・初完投勝利:1999年5月7日、対中日ドラゴンズ7回戦(宇部市野球場)、9回14奪三振1失点
  • 初完封勝利:1999年10月11日、対読売ジャイアンツ27回戦(広島市民球場)
  • 初ホールド:2005年7月31日、対横浜ベイスターズ13回戦(広島市民球場)、7回表に2番手で救援登板、1回無失点
節目の記録
  • 500試合登板:2013年10月2日、対阪神タイガース24回戦(マツダZoom-Zoomスタジアム広島)、8回表に3番手で救援登板、2/3回無失点 ※史上90人目
打撃記録
  • 初安打:1997年5月30日、対横浜ベイスターズ7回戦(広島市民球場)、6回裏に西清孝から中前安打
  • 初打点:1999年4月8日、対阪神タイガース3回戦(広島市民球場)、6回裏に藪恵壹から一塁適時内野安打

背番号[編集]

  • 66 (1995年 - 1996年)
  • 53 (1997年)
  • 23 (1998年 - 2014年)

出演[編集]

解説者[編集]

テレビ
ラジオ

脚注[編集]

  1. ^ “【広島】横山セットアッパー奪回目指す”. nikkansports.com. (2011年12月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp1-20111208-874306.html 2011年12月9日閲覧。 
  2. ^ プロ野球 - 広島東洋カープ - 横山 竜士”. スポーツナビ. 2013年11月8日閲覧。
  3. ^ 広島・横山、今季限りで引退「20年もやれるとは思ってなかった」”. サンケイスポーツ (2014年9月21日). 2014年9月21日閲覧。
  4. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、59頁。ISBN 978-4-905411-11-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]