小園海斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小園 海斗
広島東洋カープ #51
2019年3月12日 マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 (2000-06-07) 2000年6月7日(23歳)
身長
体重
178 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手三塁手二塁手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年6月20日
年俸 5400万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2023

小園 海斗(こぞの かいと、2000年6月7日 - )は、兵庫県宝塚市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

妻はモデル渡辺リサ[2][3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宝塚市立逆瀬台小学校1年時に宝塚リトルで野球を始め、宝塚市立光ガ丘中学校では枚方ボーイズでプレー、3年時に全国優勝を経験[4]。同期には藤原恭大がいた[5]侍ジャパンU-15に選ばれ、松山で行われたアジアチャレンジマッチ2015に出場した[6]

報徳学園高校進学後は1年春からベンチ入りし、同夏からレギュラーで2年春のセンバツ出場、4強進出。同年夏は県予選で敗退。その後2年生時に選出された侍ジャパンU-18では正遊撃手も務めた[4]3年夏の甲子園では、聖光学院戦で大会タイ記録となる1試合個人3二塁打[4]、8強進出し、甲子園大会後の世界大会では2年連続で侍ジャパンU-18に選出された。

2018年10月25日のドラフト会議で4球団競合し(オリックス・バファローズ横浜DeNAベイスターズ福岡ソフトバンクホークス広島東洋カープ)、広島が交渉権を獲得、11月10日に神戸市内にて契約金1億円プラス出来高払い・年俸800万円で仮契約を結んだ[7]。担当スカウトは高校の先輩でもある鞘師智也[8]

広島時代[編集]

2019年2月24日、アトムホームスタジアム宜野湾にて

2019年は高卒新人ながら春季キャンプで一軍入りを果たしたが、これは広島の高卒新人野手としては1992年徳本政敬以来、27年ぶりのことだった[9][10]。同年2月24日に開催されたオープン戦開幕戦・対横浜DeNAベイスターズ戦で4回から遊撃手として出場し、2打席目に山﨑康晃から左翼手前に安打を打つ[注 1]。3月3日の埼玉西武ライオンズとのオープン戦では、3打席目に武隈祥太から右翼方向に本塁打を打つ[注 2]。3月21日の対東京ヤクルトスワローズとのオープン戦でも石山泰稚から本塁打を打つ。高卒の新人選手がオープン戦で複数本塁打を放ったのは炭谷銀仁朗以来でドラフト制後2人目[13]。6月20日の対千葉ロッテマリーンズ3回戦(マツダスタジアム)に1番・遊撃手で初先発出場し、1回裏の初打席で種市篤暉から初安打となる左前安打を放った[14]。7月11日のフレッシュオールスターゲーム楽天生命パーク宮城)では、イースタンの先発・吉田輝星から初回先頭打者本塁打を放つなど2安打1打点と活躍し、MVPを獲得した[15]。7月26日の東京ヤクルトスワローズ戦では14試合42打席目でプロ初本塁打、初打点を記録し連勝に貢献した。球団高卒1年目での本塁打は1980年長嶋清幸以来39年ぶり7人目。また、この試合では4安打を記録しており、高卒新人選手の1試合4安打は1993年松井秀喜が記録して以来26年ぶり、球団では初であった[16]。9月10日の中日ドラゴンズ戦では4号2点本塁打を放ち、紺田周三のもつ球団高卒新人の本塁打記録を塗り替えた[17]。最終的に高卒1年目ながら58試合に出場し、打率.213、4本塁打、16打点を記録。シーズン終了後の11月8日に初の契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸1000万円で契約を更改した[18]

2020年は、一軍出場はわずか3試合となり、6打数無安打に終わった。ウエスタン・リーグでは66試合に出場し、打率.305、1本塁打、20打点を記録した[19]

2021年は、4月22日に一軍登録されると17試合に出場し打率3割6分と好調だったが、5月17日にSARS-CoV-2の陽性判定を受け、感染拡大防止特例2021に基づき登録が抹消された(無症状で体調に異常はなく、自宅待機)[20][21]。その後、隔離期間とファームでの調整を経て6月3日に一軍復帰した[22]。新型コロナウイルス感染による離脱期間を除いて1年間遊撃手のレギュラーを守り、自身初となる規定打席に到達[23]。最終的に、打率.298、5本塁打、35打点を記録[24]。オフに、1300万円増となる推定年俸2100万円で契約を更改した[24]

2022年は、初の開幕スタメンを勝ち取るが[25]、開幕からしばらく打率が1割台に落ち込み打撃不振に陥る[26]。そんな中で、4月24日の横浜DeNAベイスターズ戦で同点の延長10回に一死満塁で三嶋一輝から犠飛を放ち、自身初のサヨナラ打を決めた[27]。5月に入ると打率.360をマークするなど徐々に復調を見せる[28]。8月10日のヤクルト戦で2年連続100安打を記録するが[29]、8月16日には前年に続きSARS-CoV-2に感染し一時離脱をした[30]。最終的に打率は.266と前年を下回ったが、自己最多の127試合に出場し、1900万円増の推定年俸4000万円で契約を更改した[31]

2023年は、開幕戦で1番ショートとして出場するが、4試合連続でスタメンで起用されるもヒットが出なかった。4月16日の東京ヤクルトスワローズ戦で、石山泰稚から開幕から17打席目にして初ヒットとなる三塁打を記録したものの、その後はヒットが出ず、4月21日には2軍に抹消された。この期間、1軍では10試合に出場し、打率.053、0本塁打、0打点という成績で振るわなかった。その後は、ウエスタン・リーグに出場し、打率.258、3本塁打、14打点という成績を残て、7月4日からは再び1軍に昇格した。7月6日の阪神タイガース戦では村上頌樹から2回に先制となる2点本塁打を放つと、その後は徐々に打率を上げていき、9月・10月には打率.365を記録するなど、最終的には80試合に出場し、打率.286、6本塁打、31打点でレギュラーシーズンを終えた。また盗塁も後半戦だけで8個決め、自己最高を更新した。チームは2位となり、チームはクライマックスシリーズに進出。ファーストステージでは目立った活躍はできなかったが、チームがファイナルステージに進出すると、チームは0勝3敗で日本シリーズへの進出は逃したものの、両チームを通じて唯一となる3試合連続複数安打を記録。10月19日の試合では先制点となる左前適時打を記録した。オフには1400万円増の推定年俸5400万円で契約を更改した[32]

選手としての特徴・人物[編集]

50メートル走5秒8の俊足、高校通算38本塁打[33]の打力、深い守備位置からアウトにできる肩の強さと、走攻守三拍子が高いレベルで揃った選手[34]。遠投110メートル[35]

愛称は「ゾノ[36]など。

2021年1月25日に、結婚したことが球団から発表された[37]。この時点では結婚相手の年齢や氏名などの情報を一切公表していなかった[38]が、『週刊文春』2021年2月11日号において、相手はモデルの渡辺リサであると報じられた[39]。その後、2022年11月8日に渡辺が自身のInstagramで「突然ですが顔出し解禁します」として夫婦写真を公開し、夫が小園であることを公表した[2][3]。小園は渡辺について「帰ったらご飯もありますし、感謝しかない。サポートをしてもらっている。それは当たり前じゃないので。野球を頑張って、恩返しができたらなと思います」と語っている[40]

E-girlsのファンを公言している[41]

山田哲人は宝塚リトルの先輩にあたり、毎年オフシーズンには山田らヤクルト勢と合同自主トレを行っている[42]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 広島 58 197 188 17 40 9 0 4 61 16 1 0 2 0 6 1 1 42 1 .213 .241 .324 .565
2020 3 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2021 113 481 449 65 134 18 6 5 179 35 4 4 12 4 13 1 3 57 7 .298 .320 .399 .718
2022 127 511 473 57 126 12 6 7 171 38 2 2 8 5 24 2 1 76 11 .266 .300 .362 .662
2023 80 306 290 25 83 11 7 6 126 31 8 4 4 0 10 1 2 38 7 .286 .315 .434 .749
通算:5年 381 1501 1406 164 383 50 19 22 537 120 15 10 26 9 53 5 7 214 26 .272 .300 .382 .682
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































2019 広島 - - 55 57 113 9 22 .950
2020 - 1 0 4 0 0 1.000 -
2021 3 1 1 0 0 1.000 3 0 2 0 0 1.000 113 149 281 10 60 .977
2022 - - 127 190 315 13 65 .975
2023 16 18 35 3 9 .946 29 1 17 1 1 .947 63 84 155 5 32 .980
通算 19 19 36 3 9 .948 33 1 23 1 1 .960 358 480 864 37 179 .973
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 51(2019年 - )

代表歴[編集]

登場曲[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ カープの高卒ルーキーのオープン戦開幕安打は、1981年の原伸次以来、38年ぶり[11]
  2. ^ 高卒新人がオープン戦において本塁打を打ったのは2013年の大谷翔平以来となる[12]

出典[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月1日閲覧。
  2. ^ a b TikToker・渡辺リサ 夫が広島・小園海斗であることを公表 渡辺18歳、小園20歳での結婚”. スポニチアネックス. 2022年11月10日閲覧。
  3. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2022年11月10日). “人気インフルエンサーの渡辺リサ、広島・小園海斗との結婚を公表 家族写真なども投稿”. サンスポ. 2022年11月11日閲覧。
  4. ^ a b c 小園海斗(広島東洋カープ)”. 週刊ベースボールONLINE. 2019年11月24日閲覧。
  5. ^ “千葉ロッテ藤原、広島小園 中学時代からのライバルの目標はWBC1、2番コンビ【ドラフト】”. AERA dot.. (2018年10月25日). https://dot.asahi.com/articles/-/115869?page=1 2019年11月24日閲覧。 
  6. ^ U-15アジアチャレンジマッチ2015”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2019年11月24日閲覧。
  7. ^ “鯉ドラ1小園GG賞獲る 日本一のショートになる!タナキクお手本にレベルアップ”. デイリースポーツ. (2018年11月10日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/11/10/0011806687.shtml 2018年11月24日閲覧。 
  8. ^ “小園獲得 スカウトは報徳高OB「怖いぐらいの縁」”. 神戸新聞. (2018年11月7日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201811/0011799523.shtml 2018年11月24日閲覧。 
  9. ^ 市尻達拡「【野球】広島・ドラ1小園、あるさ~沖縄1軍キャンプ 課題の打撃も迎コーチ高評価」『デイリースポーツ神戸新聞社、2019年2月9日。2024年2月18日閲覧。オリジナルの2024年2月19日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ 福嶌弘「春季キャンプで一軍メンバーに入った高卒ルーキーの“1年目”は…?」『BASEBALL KING』株式会社シーソーゲーム、2019年1月28日。2024年2月18日閲覧。オリジナルの2024年2月18日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ “【広島】小園が球団38年ぶりの高卒新人“開幕ヒット” 守護神・山崎撃ち”. スポーツ報知. (2019年2月24日). https://hochi.news/articles/20190224-OHT1T50152.html?page=1 2019年2月25日閲覧。 
  12. ^ “広島小園が大谷以来の高卒新人弾 熟成方針見直しも”. 日刊スポーツ. (2019年3月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903030000944.html 2019年3月4日閲覧。 
  13. ^ “広島小園 OP戦高卒新人2発は06年炭谷以来”. 日刊スポーツ. (2019年3月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903220000124.html 2019年11月24日閲覧。 
  14. ^ “広島ドラ1小園デビュー戦は1安打 9回守備で退く”. 日刊スポーツ. (2019年6月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906200000691.html 2019年11月24日閲覧。 
  15. ^ “広島小園がMVP 吉田輝から先頭打者本塁打で100万円ゲット”. デイリースポーツ online. (2019年7月11日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/07/11/0012506688.shtml 2019年7月11日閲覧。 
  16. ^ “記録ずくめ小園「この勢いのまま突き進んでいきたい」サイクルあと一歩、高卒新人4安打は26年ぶり”. スポニチアネックス. (2019年7月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/26/kiji/20190726s00001173366000c.html 2021年5月5日閲覧。 
  17. ^ “広島の小園海斗が10日、中日戦で4号2ラン 球団の高卒新人最多記録を69年ぶり更新”. Full-Count. (2019年9月10日). https://full-count.jp/2019/09/10/post533747/ 2019年9月10日閲覧。 
  18. ^ “小園 初の契約更改は200万増でサイン「すごくいい経験」”. デイリースポーツ online. (2019年11月8日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/11/08/0012861480.shtml 2019年11月24日閲覧。 
  19. ^ “【広島】小園海斗が200万円減の800万円で契約更改「悔しい1年だったので来年に返したい」”. スポーツ報知. (2020年12月3日). https://hochi.news/articles/20201203-OHT1T50094.html?page=1 2023年4月21日閲覧。 
  20. ^ “新型コロナウイルス陽性判定について”. 広島東洋カープ. (2021年5月17日). https://www.carp.co.jp/news21/n-108.html 2021年5月19日閲覧。 
  21. ^ “広島 一気に計17選手が入れ替え 菊池涼らコロナ陽性で16選手はコロナ特例”. デイリースポーツ. (2021年5月17日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/05/18/0014337318.shtml 2021年5月19日閲覧。 
  22. ^ 広島に前向きな風 幻の復帰戦も小園が存在感、鈴木誠也も復帰へ秒読み段階”. 日刊スポーツ (2021年6月4日). 2022年4月16日閲覧。
  23. ^ 広島小園海斗3年目で初の規定打席到達「本当よく頑張っている」佐々岡監督”. 日刊スポーツ (2021年9月25日). 2022年4月16日閲覧。
  24. ^ a b 広島小園海斗1300万円増で更改「1年間ずっとやれたというのは自信に」”. 日刊スポーツ (2021年11月29日). 2022年4月16日閲覧。
  25. ^ 【カープ】今シーズン攻守で輝く小園海斗選手 プロ4年目の覚悟を聞く”. ひろしまリード (2022年4月1日). 2023年4月20日閲覧。
  26. ^ 【広島】打撃不振の広島小園海斗、併殺&見逃し三振「この壁をどう乗り越えるか」佐々岡監督”. 日刊スポーツ (2022年4月12日). 2023年4月20日閲覧。
  27. ^ 【広島】不振8番小園海斗V犠飛「初めてサヨナラ打ったのでまだ震えています」中軸外れ復調兆し”. 日刊スポーツ (2022年4月24日). 2023年4月21日閲覧。
  28. ^ 調子の波が激しいカープ小園海斗選手 その打開策は突然舞い降りる!?”. ひろしまリード (2022年6月14日). 2023年4月20日閲覧。
  29. ^ 【広島】小園海斗、2年連続100安打到達「いい結果になりました」キャリアハイ6号で飾る”. スポーツ報知 (2022年4月1日). 2023年4月20日閲覧。
  30. ^ 【広島】菊池涼介、小園海斗が新型コロナ陽性から復帰 佐々岡真司監督も14日以来の指揮”. スポーツ報知 (2022年8月27日). 2023年4月20日閲覧。
  31. ^ 広島・小園海斗、1900万円増の年俸4000万円でサイン 「奥さんが1年間サポートしてくれた。感謝の気持ち」”. サンスポ (2022年12月6日). 2023年4月20日閲覧。
  32. ^ 広島・小園海斗は5400万円でサイン 1400万円増「自分の成績が全然だった」”. サンスポ (2023年11月30日). 2023年12月1日閲覧。
  33. ^ “報徳小園「走攻守で持ち味発揮したい」 広島が指名あいさつ”. 神戸新聞. (2018年11月7日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201811/0011799524.shtml 2018年11月24日閲覧。 
  34. ^ “広島D1・小園「走攻守で見せていきたい」 指名あいさつで抱負”. サンケイスポーツ. (2018年11月7日). オリジナルの2018年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181111043927/https://www.sanspo.com/baseball/news/20181107/car18110712450004-n1.html 2018年11月24日閲覧。 
  35. ^ “広島D1・小園、打力も本物!フリー打撃で九里撃ち“14安打””. SANSPO.COM. (2019年2月6日). https://www.sanspo.com/article/20190206-2DG3IZWMP5MKZI4NHGFLUBT4NQ/ 2019年11月24日閲覧。 
  36. ^ 【広島・小園&林 新春対談2】「ゾノはすごかった」「晃汰もえぐかった」 最初の出会いは中学生”. スポニチ Sponichi Annex (2022年1月3日). 2022年1月5日閲覧。
  37. ^ “20歳広島小園海斗が結婚「しっかりやらないと」”. 日刊スポーツ. (2021年1月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101250000380.html 2021年1月25日閲覧。 
  38. ^ 広島・小園海斗 相手を公表しない「レアな結婚発表」の行方”. FRIDAYデジタル (2021年1月29日). 2022年11月11日閲覧。
  39. ^ 「もう少し待ちなさいと…」カープ小園と結婚したユーチューバーの祖母が明かす素顔”. 文春オンライン (2022年2月3日). 2022年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月13日閲覧。
  40. ^ 【広島】モデル渡辺リサに結婚公表された小園海斗「サポートしてもらっている」来季フル出場意欲”. 日刊スポーツ (2022年11月12日). 2022年11月13日閲覧。
  41. ^ 広島小園、登場曲使用のE-girls解散も貫く愛 - プロ野球番記者コラム”. 日刊スポーツ (2020年1月23日). 2020年7月6日閲覧。
  42. ^ 広島・小園海斗、愛媛県内で〝師匠〟ヤクルト・山田哲人と3年連続で合同自主トレ「今でも憧れている」”. サンスポ (2023年1月11日). 2023年1月12日閲覧。
  43. ^ 広島・小園の登場曲が決定 E-girlsの「Diamond Only」に”. SANSPO.COM(サンスポ) (2019年3月6日). 2020年7月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]