小園海斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小園 海斗
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 (2000-06-07) 2000年6月7日(18歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
年俸 800万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小園 海斗(こぞの かいと、2000年6月7日 - )は、兵庫県宝塚市出身の野球選手(内野手)。右投左打。

来歴[編集]

逆瀬台小1年時に宝塚リトルで野球を始め、光ガ丘中では枚方ボーイズでプレー、3年時に全国優勝を経験[1]侍ジャパンU-15に選ばれ、松山で行われたアジアチャレンジマッチ2015に出場した[2]

報徳学園進学後は1年春からベンチ入りし、同夏からレギュラーで2年春のセンバツ出場、4強進出を果たす。同年夏は県予選で敗退。その後二年生ながら選出された侍ジャパンU-18ではの正遊撃手も務めた[1]3年夏の甲子園では、聖光学院戦で大会タイ記録となる1試合個人3二塁打をマークした[1]。この大会では8強進出を果たし、甲子園大会後の世界大会では2年連続で侍ジャパンU-18に選出された。

2018年10月25日のドラフト会議で4球団競合(オリックス・バファローズ横浜DeNAベイスターズ福岡ソフトバンクホークス広島東洋カープ)の末広島東洋カープが交渉権を獲得、11月10日に神戸市内にて契約金1億円プラス出来高払い・年俸800万円で仮契約を結んだ[3]

選手としての特徴・人物[編集]

50メートル5秒8の俊足、高校通算38本塁打[4]の打力、深い守備位置からアウトにできる肩の強さと、走攻守三拍子が高いレベルで揃った選手[5]

担当スカウトは高校の先輩でもある鞘師智也[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]