佐野恵太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐野 恵太
横浜DeNAベイスターズ #44
20170311 Keita Sano, infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.jpg
2017年3月11日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市南区
生年月日 (1994-11-28) 1994年11月28日(24歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手外野手、捕手
プロ入り 2016年 ドラフト9位
初出場 2017年3月31日
年俸 1,200万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐野 恵太(さの けいた、1994年11月28日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する岡山県岡山市出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投左打。

広陵高校から明治大学経て信濃グランセローズに所属する佐野悠太は実弟であり[2][3]南海→福岡ダイエーホークス西武ライオンズなどで外野手として活躍した元プロ野球選手の佐々木誠は叔父に当たる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

広陵高校では、2年時から内野手としてベンチに入っていたが、後に捕手へ転向。3年夏の選手権広島大会では、3回戦で本塁打を放つも、この試合で敗退。結局、在学中には春夏共に、阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。

高校卒業後に進学した明治大学では、2年時から東京六大学野球のリーグ戦に出場。主に一塁を守ったほか、4番打者を務めたこともあった。在学中には、リーグ戦で通算63試合に出場。打率.270(200打数54安打)、6本塁打、33打点という成績を残した[4]

2016年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから9巡目で指名された。支配下登録選手としての指名では全体で87人中84番目、セントラル・リーグでは最後の指名であった。この指名に際しては、明治大学のOBでもある高田繁ゼネラルマネジャー(当時)が、代打としての佐野の適性を評価したとされている[5]。結局、契約金2,500万円、年俸670万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は44

プロ入り後[編集]

2017年には、春季キャンプから一軍に帯同。オープン戦での打撃が首脳陣に高く評価されたことから、開幕一軍入りを果たした。3月31日には、東京ヤクルトスワローズとのレギュラーシーズン開幕戦(明治神宮野球場)7回表に、代打で一軍公式戦にデビュー。以降の試合でも代打での起用が相次いだが、4月9日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、「6番・一塁手」として初めてのスタメン出場を果たした。レギュラーシーズン中には、2度にわたって一軍と二軍を往復。6月12日以降は一軍から遠ざかったため、一軍公式戦全体では、18試合の出場で打率.095(21打数2安打)に終わった。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、77試合の出場でチームトップの11本塁打をマーク。育成選手を含めても捕手が6人[6]しか在籍していないにもかかわらず、一軍で捕手3人制を採用するチーム事情を背景に、捕手としても12試合に出場した[7]。さらに、7月13日草薙球場で催されたフレッシュオールスターゲームでは、イースタン・リーグ選抜の「5番・一塁手」としてフル出場を果たした[8]。シーズン終了後には、台湾で開催のアジアウインターベースボールリーグに、NPBイースタン・リーグ選抜[9]の4番打者として出場。選抜チームを初優勝へ導くとともに、大会のMVPに選ばれた[10]

2018年には、前年に続いて公式戦の開幕を一軍で迎えると、代打を中心に13試合へ出場。しかし、14打数ノーヒットという成績で、4月30日に出場選手登録をいったん抹消された。5月31日に再び登録されると、6月1日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)に、「5番・左翼手」としてスタメンに起用。2回裏の第1打席で、一軍公式戦の初本塁打を千賀滉大から記録した[11]。一軍公式戦全体では、73試合に出場。打率.230、5本塁打、14打点という成績を残した。

2019年には、3年連続で公式戦を一軍でスタート。中日との開幕カード(横浜スタジアム)では、第1戦(3月29日)に代打で2点二塁打、近藤昭仁(前身球団・横浜ベイスターズの初代監督で3月27日に80歳で永眠)への追悼試合として催された第3戦(31日)に代打でサヨナラ安打を放った[12]。第3戦の試合後には近藤の通夜が営まれたため、サヨナラ安打を放ったボールは、自身の希望で岡村信悟球団社長を通じて近藤の遺族に寄贈されている[13]。さらに、4月4日の対ヤクルト戦(神宮)では、プロ入り後初めての満塁本塁打を7回表に代打で記録した[14]。このような勝負強さを背景に、同月下旬以降の試合では主に右翼手、後半戦の開幕当初は5番打者としてスタメンにも随時起用[15]。8月中旬からは一時、4番打者に抜擢された[16]

選手としての特徴[編集]

長打力と選球眼を兼ね備えた左の長距離打者で、スイングスピードが速い。

内野手として登録されたDeNAへの入団1年目には、前述したチーム事情から、学生時代の捕手経験を背景にイースタン・リーグ公式戦12試合でマスクを被った。さらに、一・二軍を通じて、公式戦で外野の守備にも就いている[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 DeNA 18 24 21 1 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 3 0 0 5 0 .095 .208 .143 .351
2018 73 130 126 6 29 4 0 5 48 14 1 0 0 1 3 0 0 26 3 .230 .246 .381 .627
NPB:2年 91 154 147 7 31 5 0 5 51 15 1 0 0 1 6 0 0 31 3 .211 .240 .347 .587
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























2017 DeNA 1 7 0 0 2 1.000 3 4 0 0 0 1.000
2018 13 64 8 0 5 1.000 22 18 2 0 0 1.000
通算:2年 14 71 8 0 7 1.000 25 22 2 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44(2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球. サンスポ. 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ 明大タイブレーク制す 4番佐野悠太、兄弟Vへ前進 ルートインBCリーグ
  3. ^ 選手プロフィール 6佐野悠太 BCリーグ
  4. ^ 一般財団法人 東京六大学野球連盟 リーグ戦・選手個人通算成績
  5. ^ 「どっちが打てるんだ?」 DeNA“84番目の男”を生んだドラフト席上の一言 - Full-count 2017年02月18日
  6. ^ 黒羽根利規北海道日本ハムファイターズ移籍(2017年7月6日)までは7人。また、育成選手の網谷圭将は、捕手登録ながらイースタン・リーグでの出場試合の大半で一塁手に起用されている。
  7. ^ a b 2017年度 横浜DeNAベイスターズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)
  8. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  9. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  10. ^ イースタン選抜が初優勝 大会MVPにDeNA佐野”. 日刊スポーツ (2017年12月17日). 2017年12月18日閲覧。
  11. ^ DeNA佐野、今季初安打がプロ初本塁打 サイレントトリートメントで祝福”. FullCount (2018年6月1日). 2018年6月8日閲覧。
  12. ^ ダチョウ上島に唇奪われたDeNA佐野がサヨナラ打”. 日刊スポーツ (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
  13. ^ DeNA球団社長、劇的勝利球を近藤昭仁さん遺族へ”. 日刊スポーツ (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
  14. ^ DeNA佐野、代打満塁弾!今季4の4 ラミ監督「アンビリーバブル!」”. スポーツニッポン (2019年4月4日). 2019年4月5日閲覧。
  15. ^ 新打線「創設2日目」で形 2番筒香が口火”. 日刊スポーツ (2019年7月16日). 2019年7月28日閲覧。
  16. ^ セ・リーグ6球団 四番打者事情は?”. 週刊ベースボール (2019年9月3日). 2019年9月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]