柳田殖生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳田 殖生
20140915 Shigeo Yanagida, infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2014年9月15日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1982-03-31) 1982年3月31日(35歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手二塁手一塁手遊撃手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト5巡目
初出場 2007年6月20日
最終出場 2016年7月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柳田 殖生(やなぎだ しげお、1982年3月31日 - )は、兵庫県西脇市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1999年福知山商高(現・福知山成美高)が甲子園に初出場した時の4番ショート。その時は2回戦まで進出した。 卒業後は社会人野球のデュプロへ入社したが、1年で退部してアルバイト生活を送っていた。

2003年NOMO Baseball Clubに入団。2005年のクラブ選手権で優勝した。都市対抗は1回戦で敗退。

2005年の大学・社会人ドラフトで、中日ドラゴンズから5巡目で指名され、入団。本クラブ出身選手としては初めてのプロ野球選手になった。

中日時代[編集]

中日時代(2013年3月6日、阪神甲子園球場)
2006年
ルーキーイヤーは一軍出場なしに終わったが、二軍では遊撃手としてチームトップの57試合に起用され、将来のレギュラー候補と期待された。
2007年
6月20日の対オリックス戦で、代走として一軍初出場を果たす。6月23日、対福岡ソフトバンクホークス戦で、8番、三塁手の初のスタメン出場し、第1打席でプロ初安打を、第2打席ではプロ初本塁打をそれぞれ杉内俊哉より放った。
2008年
内野のレギュラーが固定されていたため一軍出場なしに終わったが、二軍では内野の全ポジションで起用された。
2009年
過去3年間2割台前半だった打撃が成長し、二軍でリーグ2位(チームトップ)の打率.325、リーグ3位の出塁率.403を記録した。
2010年
二軍で100試合に出場し、打率.270、出塁率.353に終わる。また4年連続で内野の全ポジションを守った。
2011年
二軍では主に4番で出場し、自身初タイトルの首位打者となる打率.319を記録し[1]ウエスタン・リーグ優勝に貢献、なお2位は同僚の中田亮二で、最終戦まで抜きつ抜かれつの僅差であった。しかし、ジョエル・グスマン佐伯貴弘らがいたために、この年も一軍での出場機会に恵まれなかった。
2012年
高木守道新監督から「期待の選手」として名前を挙げられ[2]、昨年までの実績を買われてシーズンの多くを一軍で過ごした。5年ぶりの適時打[3]や、好走塁でサヨナラのホームを踏むなど[4]過去最高の成績を残した。8月2日東京ドームでの読売ジャイアンツ戦では、勝ち越しとなる押し出し死球を受けてお立ち台に登った[5]
2013年
一軍で24試合に出場したが、10月28日に戦力外通告を受ける[6]

DeNA時代[編集]

11月10日横浜DeNAベイスターズが獲得する事が発表された[7]

2014年
オープン戦での打撃好調と内野守備のユーティリティ性を買われ開幕一軍入りを果たす[8]。5月29日のソフトバンク戦では欠場した石川雄洋に代わり2番・二塁で先発出場し、7年ぶりの本塁打を含む5打数4安打2打点と活躍[9]。自身初の猛打賞を記録した。この年はほぼ全ての面で自己最高の成績を残し、キャリアハイの74試合に出場した。遊撃手や三塁手として先発出場することもあった[10]
2015年
7月14日の巨人戦では代打で同点適時二塁打を放つと、その次の打席でも二点適時打を放つ活躍を見せ[11]、お立ち台に登った。だがシーズンを通しては24試合の出場で打率.209、3失策と打撃でも守備でも粗い面が目立った。
2016年
開幕一軍ベンチ入りし、主に代打、守備固めで起用されるも安打1本のみの打率.048と活躍することはできなかった。7月3日にシーズン二度目の二軍落ちをし、以後の昇格は無かった。10月2日、球団より戦力外通告を受け[12]、その後引退を表明。[13]。12月2日、自由契約公示された[14]

引退後[編集]

2017年はDeNAの球団職員に転職し編成業務に就いた[15]。2017年10月2日にDeNAのコーチ契約締結が発表された[16]

人物[編集]

クラブチーム時代は堺市にある㈱コアー建築工房でAM8:00から建築現場でアルバイト、PM7:00からNOMO Baseball Clubで毎日野球をしていた。

入団会見には婚約者同伴で臨んだ。

遊撃手を中心に内野ならどこでも守れる器用さから、懸念問題とされていた「ポスト渡邉博幸(現守備走塁コーチ)」の筆頭と期待され、本人の目指すところも同じと語っていた。しかしその後ウエスタンリーグの打撃トップ10に名を連ねるなど打撃面での注目度も高かった。

プロ入り2年目の2007年のシーズンで周囲に指摘されるまで、デッドボールのことを「ゼットボール」と勘違いしていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 中日 9 12 12 1 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .167 .167 .417 .583
2009 3 5 5 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
2010 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2011 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2012 29 26 24 3 5 0 0 0 5 2 0 0 0 0 0 0 2 6 1 .208 .269 .208 .478
2013 24 32 32 1 7 1 0 0 8 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .219 .219 .250 .469
2014 DeNA 74 101 88 12 24 3 0 4 39 10 0 0 6 0 2 0 5 20 2 .273 .326 .443 .769
2015 24 49 43 1 9 2 0 0 11 5 0 0 3 0 1 0 2 11 2 .209 .261 .256 .517
2016 23 24 21 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 0 0 6 0 .048 .130 .048 .178
通算:9年 191 254 230 21 49 6 0 5 70 18 0 0 10 0 5 0 9 62 5 .213 .258 .304 .563

年度別守備成績[編集]

年度 一塁 二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2007 4 4 0 0 2 1.000 - 4 4 3 0 0 1.000 -
2012 12 30 0 0 2 1.000 9 8 8 0 4 1.000 2 0 1 0 0 1.000 2 2 1 0 0 1.000
2013 3 8 0 0 1 1.000 2 2 1 0 0 1.000 5 2 4 0 1 1.000 7 9 16 1 3 .962
2014 36 97 5 1 8 .990 9 16 18 1 6 .971 8 2 6 1 0 .889 9 8 18 1 2 .963
2015 1 1 0 0 0 1.000 6 6 8 0 1 1.000 2 0 4 1 1 .800 6 4 12 2 3 .889
2016 8 17 1 0 2 1.000 4 5 4 0 1 1.000 5 0 2 0 2 1.000 2 1 3 0 2 1.000
通算 64 157 6 1 15 .994 30 37 39 1 12 .987 26 8 20 2 4 .933 26 24 50 4 10 .949

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (2006年 - 2013年)
  • 36 (2014年 - 2016年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小斉連続打点王 ウエスタン全日程終了 nikkansports.com 2011年9月29日配信
  2. ^ 【中日】柳田2ラン「今年は結果出す」 nikkansports.com 2012年2月11日配信
  3. ^ 【中日】柳田5年ぶりタイムリー nikkansports.com 2012年7月25日配信
  4. ^ 竜サヨナラ高木監督大興奮「窒息しそう」 nikkansports.com 2012年8月17日配信
  5. ^ 【中日】柳田「痛くない」決勝死球 nikkansports.com 2012年8月2日配信
  6. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年10月28日配信
  7. ^ 選手獲得のお知らせDeNA球団公式サイト2013年11月10日配信
  8. ^ DeNA2014年開幕登録一覧 nikkansports.com 2014年3月26日配信
  9. ^ スコア速報 DeNA対ソフトバンク nikkansports.com 2014年05月29日配信
  10. ^ ベイスターズ・柳田殖生 2軍の帝王が、貴重な脇役へ ベースボールチャンネル 2015年02月25日配信
  11. ^ プロ野球速報スポーツ報知 2015年7月14日配信
  12. ^ 2017年度 選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  13. ^ DeNA・柳田引退 今後は球団職員に「感謝しかない」 スポニチ 2016年10月21日
  14. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  15. ^ 【決断】DeNA柳田 初めて見つけた居場所 球団職員で恩返しを”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2016年12月10日). 2017年10月2日閲覧。
  16. ^ DeNA、川村丈夫氏、柳田殖生氏とコーチ契約|publisher=デイリースポーツ” (2017年10月2日). 2017年10月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]