益子京右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
益子 京右
横浜DeNAベイスターズ #32
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 (2000-12-27) 2000年12月27日(18歳)
身長
体重
176 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2018年 ドラフト5位
年俸 500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

益子 京右(ましこ きょうすけ、2000年12月27日 - )は、栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

宇都宮市立宝木中学校から青藍泰斗高校に進学し、1年秋から正捕手。中日ドラゴンズに所属する石川翔は1年先輩に当たる。

高3時は4番、主将としてチームを引っ張り、春の県大会は2本塁打、7打点の活躍で準優勝。夏の県大会は準決勝で敗退し甲子園出場はならなかった。

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において横浜DeNAベイスターズから5位指名され、11月10日、宇都宮市内で入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸500万円(金額は推定)で仮契約した[1]。背番号は「32」。

選手としての特徴[編集]

高校通算23本塁打。2塁への送球が最速1.72秒という強肩が特徴[2]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DeNA5位益子が仮契約、5キロ増でカレー禁止令”. 日刊スポーツ (2018年11月11日). 2019年8月2日閲覧。
  2. ^ プロ注目の青藍泰斗・益子捕手がプロ志望表明/栃木”. 日刊スポーツ (2018年7月21日). 2019年8月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]