勝又温史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝又 温史
横浜DeNAベイスターズ #28
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都狛江市[1]
生年月日 (2000 -05-22) 2000年5月22日(18歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト4位
年俸 600万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

勝又 温史(かつまた あつし、2000年5月22日 - )は、東京都狛江市出身の野球選手(投手)。右投左打。

来歴[編集]

小学校3年の時から軟式チーム・狛江ロッキーズで野球を始める[2]。野球を始めたきっかけは友達に誘われたことでそれまではサッカーをやっていたという[2]。 狛江市立狛江第二中学校に進み[1]、野球は狛江ボーイズに所属した[3]

日本大学鶴ヶ丘高等学校に進学。そのきっかけは小学5年生の時に全国高等学校野球選手権西東京大会日本大学第三高等学校と善戦しながら敗れた試合を見て、強い日大三高を倒したいという思いを抱いたことだった[2]。3年生時の2018年は西東京大会に決勝まで進み、奇しくも決勝の相手は日大鶴ヶ丘に入るきっかけとなった日大三高だった。7月31日におこなわれた決勝戦に先発、3対3の9回裏1死からサヨナラ本塁打を浴びて敗戦投手となる[4]。表彰式後、熱中症から歩行も困難な状態となり、救急車で病院に搬送された[4]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから4順目で指名を受け[5]、11月9日に推定年棒600万円で仮契約を結んだ[6]。仮契約は焼き肉店の叙々苑でおこなった[6]

選手としての特徴[編集]

直球の最速は152 km/h[5]。高校時代は打者としても通算30本塁打を記録している[6]

人物[編集]

ウクレレの演奏を趣味としている。高校3年生の夏から始め、約5ヶ月でマスターした[7]。入寮の際にもウクレレを持参し、報道陣の前で嶋大輔の「男の勲章」を披露した[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 28 (2019年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]