森原康平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森原 康平
東北楽天ゴールデンイーグルス #52
K morihara20170907.jpg
東京ドームにて(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市神辺町[1]
生年月日 (1991-12-26) 1991年12月26日(27歳)
身長
体重
185 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2017年3月31日
年俸 1,500万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森原 康平(もりはら こうへい、1991年12月26日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する広島県福山市神辺町出身[1]プロ野球選手投手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

野球好きの祖父の影響で野球を始める[1][3]。子どものころから(遠方の)広島市民球場に通った広島カープファンだった[4]。小学6年生のときに中条少年野球クラブで野球を始め、中学は軟式のクラブチーム「神辺レッズ」でプレーし、三原新二郎の助言で中学2年生のとき、捕手から投手に転向した[5]

三原が山陽高校の監督へ就任したことに伴って、中学校の卒業後に同校へ進学。進学後は、3年夏の選手権広島大会で準決勝にまで進んだ[5]ものの、春夏共に阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。当時の2学年下の後輩に、中川皓太がいる。

地元に近い東広島市近畿大学工学部への進学後は、4年時の秋に、広島六大学野球リーグの優勝と明治神宮大会での準々決勝進出を経験した。卒業後に新日鐵住金広畑へ入社すると、急成長を遂げた3年目の2015年から、2年連続で日本選手権に出場[6]2016年都市対抗野球では、近畿地区の最終予選における投球で、NPBの複数球団から注目されるようになった。チームはこの試合に敗れたものの、森原は日本新薬の補強選手として本大会に出場。本大会では、ストレートで151km/h(当時の自己最速)を記録するとともに、通算投球イニングが1回ながら無安打無失点2奪三振という成績を残した[7]

2016年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから5巡目で指名[6]。契約金4,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[5][8]。背番号は52

楽天時代[編集]

2017年には、同期入団の高梨雄平菅原秀と共に、中継ぎ要員として開幕一軍入りを果たした。3月31日には、オリックス・バファローズとの開幕戦(京セラドーム大阪)7回裏に、3番手投手として公式戦にデビュー。この試合から、4月19日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)12回裏にサヨナラ負けでプロ初黒星を喫するまで、10登板試合連続無失点を記録した。その後の公式戦でも、主にリードの局面で7回を任されるなど、チームの前半戦首位独走に貢献。6月9日の対広島東洋カープ戦(Koboパーク宮城)まで29試合に登板したが、登板を重ねたことによる疲労の影響で5月下旬から救援の失敗が相次いだため、翌6月10日にプロ入り後初めて出場選手登録を抹消された。8月2日の対西武戦(プリンスドーム)で一軍に復帰すると、ストレートで152km/h(当時の自己最速記録)を計測している[9]。一軍公式戦全体では、42試合の登板で2勝4敗13ホールドをマーク。復帰後の登板は13試合のみで、5月中旬まで1点台の後半までにとどめていた防御率が、レギュラーシーズンの終了時点で4.81に達した。チームのレギュラーシーズン3位で迎えた2017年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズでは登板の機会がなかったが、レギュラーシーズン前半戦での活躍を背景に、CS後の契約交渉では推定年俸1,600万円(前年から600万円増)という条件で契約を更改[10]。さらに、新日鐵住金広畑時代から交際していた女性と結婚した[11]

2018年には、オープン戦期間中の3月7日に、右肘後方鏡視下のクリーニング手術を受けた。実戦への復帰まで4ヶ月を要することが見込まれていた[12]が、実際には8月12日から一軍へ復帰[13]。9月19日の対オリックス戦(楽天生命パーク宮城)では、3個の三振を奪うなど1回2/3をで完璧に抑えた末に、一軍公式戦でのシーズン初勝利を挙げた[14]。シーズン中盤までクローザーを務めていた松井裕樹が先発に回ったことや、松井に代わってクローザーへ起用されたフランク・ハーマンが故障したことから、同月下旬にはクローザーに抜擢。抜擢後に2試合連続で黒星を喫した[15][16]ものの、復帰後に登板の17試合中16試合でストレートが150km/h台を計測したり、フォークボールの精度が上がったりするなどの進境も見られた[17]

2019年には、新加入のアラン・ブセニッツと共に、一軍のセットアッパーへ定着。前半はビハインドや大差の場面での起用が中心だったが、後半は勝ちパターンの8回に定着した。一度も二軍落ちすることなく、一軍公式戦64試合に登板すると、チームトップ(パシフィック・リーグ4位)の33ホールドポイント、防御率1.97を記録した。また、ストレートや変化球の精度が向上したことで奪三振数が増えるなど、充実したシーズンを送った。日本シリーズの終了後に開かれる第2回WSBCプレミア12に向けて、プロ入り後初めて野球日本代表のメンバーに選ばれていた[18]が、右肘の違和感を訴えたため大会前に出場を辞退した。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから最速154km/hのストレートとスライダー・フォークを投げる[19][20]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 楽天 42 0 0 0 0 2 4 0 13 .333 171 39.1 42 3 13 0 0 21 0 0 22 21 4.81 1.40
2018 17 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 73 17.0 18 1 3 1 0 19 1 0 11 11 5.82 1.24
2019 64 0 0 0 0 4 2 0 29 .667 255 64.0 47 3 18 1 1 65 0 0 15 14 1.97 1.02
通算:3年 123 0 0 0 0 7 8 0 43 .467 499 120.1 107 7 34 2 1 105 1 0 48 46 3.44 1.17
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 楽天 42 2 6 0 0 1.000
2018 17 0 4 0 0 1.000
2019 64 4 10 1 0 .933
通算 123 6 20 1 0 .963
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “広島)25歳、社会人野球からプロへ 森原康平選手”. 朝日新聞デジタル. (2017年2月16日). オリジナルの2017年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/llBv0 2017年5月1日閲覧。 
  2. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年12月20日閲覧。
  3. ^ “楽天森原8球プロ1勝、勝利球は「おじいちゃんに」”. 日刊スポーツ. (2017年5月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1816095.html 2017年5月1日閲覧。 
  4. ^ 週刊ベースボール 2017年6月5日号 p.58
  5. ^ a b c “【楽天】ドラ5位、新日鉄住金広畑・森原に愛敬スカウト「広島・今村になれ!」”. スポーツ報知. (2016年11月14日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161113-OHT1T50223.html 2017年2月18日閲覧。 
  6. ^ a b <ドラフト>楽天5位森原 救援の即戦力”. 河北新報 (2016年10月26日). 2017年2月18日閲覧。
  7. ^ “阪神の“隠し玉”今年は森原康平!新日鉄住金広畑の最速151キロ右腕”. デイリースポーツ. (2016年10月20日). https://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/20/0009595251.shtml?pg=2 2017年2月18日閲覧。 
  8. ^ 2017年度新入団選手発表会見”. 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト (2016年11月22日). 2017年2月18日閲覧。
  9. ^ 【楽天】森原、2か月ぶり登板で0封”. スポーツ報知 (2017年8月1日). 2017年8月1日閲覧。
  10. ^ 楽天森原600万増「来年は50試合以上投げたい」”. 日刊スポーツ (2017年11月24日). 2017年12月13日閲覧。
  11. ^ 楽天2年目右腕・森原が24歳一般女性と入籍「献身的に見守ってくれました」”. FullCount (2018年1月31日). 2018年3月8日閲覧。
  12. ^ 楽天森原が右肘手術、復帰まで4カ月…前半戦は絶望”. 日刊スポーツ (2018年3月7日). 2018年3月8日閲覧。
  13. ^ 森原、完全復活へ「パフォーマンスは去年よりむしろいい」/東北スポーツ サンケイスポーツ 2018年8月14日配信
  14. ^ 【楽天】森原、好救援で右肘手術乗り越え1年1か月ぶり白星 スポーツ報知 2018年9月19日配信
  15. ^ <楽天>まさかの逆転負け 9回、森原が満塁弾浴びる「要所で直球甘かった」 河北新報 2018年9月26日配信
  16. ^ 楽天、抑えの森原つかまる「九回を投げる難しさを感じた」 サンケイスポーツ 2018年9月28日配信
  17. ^ 狙った“獲物”は逃さない。楽天・森原康平は虎視眈々とクローザーを狙うYahoo!ニュース 2019年2月10日配信
  18. ^ 松井選手、森原選手 野球日本代表試合・出場辞退について東北楽天ゴールデンイーグルス 2019年10月21日配信
  19. ^ http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20190610-05
  20. ^ https://www.kahoku.co.jp/sports/eagles/20190702_01.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]