中川皓太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中川 皓太
読売ジャイアンツ #41
Giants nakagawa91.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府富田林市
生年月日 (1994-02-24) 1994年2月24日(25歳)
身長
体重
183 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト7位
初出場 2016年9月23日
年俸 1,900万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中川 皓太(なかがわ こうた、1994年2月24日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府富田林市出身。富田林市立高辺台小学校時代は3年生からジュニア金剛に所属。富田林市立葛城中学校時代は富田林ブルーウェーブに所属。

広島県の山陽高等学校では県大会準優勝が最高で、甲子園出場歴はなし。

東海大学では1年春からリーグ戦に出場。4年次の第46回明治神宮野球大会ではベスト4。リーグ通算16勝1敗、防御率1.31。同期に渡辺勝吉田侑樹、1年下に丸山泰資がいる。

2015年10月22日に行われたドラフト会議読売ジャイアンツから7位指名を受けた。11月21日に契約金3000万円、年俸800万円で契約した[2]

プロ入り後[編集]

2016年キャンプは一軍スタートだったが開幕直前に二軍降格。一時は三軍まで降格したが[3]2016年9月15日の二軍・楽天戦で完封勝利を記録。9月23日に一軍初昇格し、同日のDeNA戦の9回にプロ初登板したが、2本塁打など1回3失点だった[4]。この年は2試合の登板。ファームでは14試合で6勝1敗、防御率2.49。ファーム日本選手権では3番手で登板して勝利投手となり、巨人の21年ぶりのファーム日本一に貢献した[5]。オフに斜視を改善する目の手術を受けた[6]

2017年は、先発1試合を含み、18試合に登板。

2018年4月25日の中日ドラゴンズ(中日)戦で、7回から登板し、プロ初セーブをあげた[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 4 2 1 0 0 2 0 0 3 3 13.50 2.50
2017 18 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 107 25.0 28 2 4 0 2 19 0 1 12 12 4.32 1.28
2018 30 0 0 0 0 1 0 1 3 1.000 165 37.2 47 7 8 0 1 31 2 0 24 21 5.02 1.46
NPB:3年 50 1 0 0 0 1 0 1 3 1.000 283 64.2 79 11 13 0 3 52 2 1 39 36 5.01 1.42
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2017年10月3日、対東京ヤクルトスワローズ24回戦(明治神宮野球場)、2回表にプレストン・ギルメットから空振り三振

背番号[編集]

  • 91 (2016年 - 2017年)
  • 41 (2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「フォエバ」BENI(2016年 - 2018年)
  • 「Kill This Love」BLACKPINK(2019年)
  • 「ドラマ」C&K(2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]