與那原大剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
與那原 大剛
読売ジャイアンツ #046
Giants yonahara46.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県北谷町
生年月日 (1998-03-09) 1998年3月9日(23歳)
身長
体重
189 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
年俸 380万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

與那原 大剛(よなはら ひろたか、1998年3月9日 - )は、沖縄県出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生で野球を始め、6年生の時には県大会ベスト8進出、学童軟式野球全国大会優勝を果たす[2]桑江中学校では日隈ジュリアスと同級生だった[3]。高校進学を控え複数の高校から勧誘を受けたものの、小学校時からバッテリーを組んでいたチームメイトと同じ高校に入ることを希望し、沖縄県立普天間高等学校に進学した[2]。高校では3年夏の全国高等学校野球選手権大会で県予選ベスト8に進出したのが最高成績で、甲子園出場は果たせなかったものの、身長190cm、体重89kgの体格と、最高球速148km/hの速球で注目され、県予選ではプロ11球団のスカウトが視察に訪れていた[2][4]

2015年ドラフト会議において読売ジャイアンツに3位指名され、11月9日に契約金は5,000万円、年俸は600万円(推定)で仮契約を交わした[5]。背番号は46に決まった。

プロ入り後[編集]

2017年9月、三軍戦での登板時に右肘に痛みを覚え、病院で「右肘内惻側副靱帯の損傷」と診断され、保存療法での治療を選択[6]

2018年に入っても右肘の状態が良くならず春季キャンプ前にはPRP療法を選択し完治を目指すも、6月にトミー・ジョン手術を受けた[6]。10月2日、自由契約を通知された[7]。11月19日、育成選手として再契約した[8]

2019年は8月6日に行われたファーム紅白戦で1年11か月ぶりに実戦復帰し、その試合で自己最速の150km/hを計測した[9]

2020年は6月に右肘の肉離れで戦線離脱。イースタン・リーグでも登板機会なしに終わった[10]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 46 (2016年 - 2017年)
  • 91 (2018年)
  • 023 (2019年 - 2020年)
  • 046 (2021年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球 日刊スポーツ 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ a b c 県立普天間高等学校 與那原 大剛投手「目指すは日本を代表するエース!」”. ベースボールドットコム. WoodStock (2015年10月8日). 2015年11月14日閲覧。
  3. ^ 日隈、ヤクルトと仮契約 背番号48「早く1軍に」 沖縄タイムス 2015年11月28日
  4. ^ 地方予選敗退組が上位候補? 今秋ドラフトで注目の“隠し球”高校球児は普天間から八戸まで!”. 週プレNEWS. 集英社 (2015年9月1日). 2015年11月14日閲覧。
  5. ^ “普天間高校・與那原選手がジャイアンツと仮契約”. 琉球放送. (2015年11月9日). http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E6%99%AE%E5%A4%A9%E9%96%93%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%83%BB%E8%88%87%E9%82%A3%E5%8E%9F%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%8C%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84%E3%81%A8%E4%BB%AE%E5%A5%91%E7%B4%84/ 2015年11月14日閲覧。 
  6. ^ a b トミー・ジョン手術からの復帰目指す育成・与那原、大きな決断と心の支えとなった存在 サンケイスポーツ 2019年6月26日
  7. ^ 巨人が育成契約の成瀬に戦力外通告 與那原は自由契約に Full-Count 2018年10月2日
  8. ^ 巨人与那原、自由契約→育成で再出発「恩返せれば」 日刊スポーツ 2018年11月19日
  9. ^ 【巨人】与那原、復活の150キロ…昨年6月に右肘手術、6日のファーム紅白戦で好投”. スポーツ報知 (2019年8月13日). 2021年3月17日閲覧。
  10. ^ 巨人与那原40万減「1軍の戦力になれるように”. 日刊スポーツ (2020年12月8日). 2021年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]