桜井俊貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桜井 俊貴
161218 Toshiki Sakurai.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市垂水区
生年月日 (1993-10-21) 1993年10月21日(29歳)
身長
体重
182 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年3月30日
最終出場 2022年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桜井 俊貴(さくらい としき、1993年10月21日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身[1]の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

多聞東小学校4年生から軟式野球を始めた[1][2]神戸市立多聞東中学校では軟式野球部に所属し[1][3]、3年時には神戸市大会準優勝の成績を収めた[4]。中学野球部の1年先輩には福敬登がいる[5]

高校進学時には地元の強豪私学からも勧誘されたが、「途中まで勉強を頑張っていたし、野球だけに切り替えたら後悔するなと。高校は勉強で入って、勝負しようと思った」ことから無名に近い公立の兵庫県立北須磨高校に進学し[4]、2年時にはエースとして夏の兵庫大会において同校では24年ぶりとなるベスト16入りを果たした[1]。高校時代の最高成績は秋季県大会ベスト8で[4]、高校卒業時点での速球の最速は130 km/h台後半であった[6]

大学進学時は北須磨高校からは珍しいスポーツ推薦立命館大学に入学[1]。その後は関西学生野球連盟リーグ戦で1年秋に4勝、防御率0.50の成績を挙げる[2]。2年春にエースとなる。3年春に6勝、防御率0.97の成績を収めて優勝に貢献。最優秀投手、MVPを獲得した[7]。11月には第1回21U野球ワールドカップに日本代表として出場した[8]。その後、肉体改造に着手して体重は7kg増えた[8]。4年時に出場した明治神宮野球大会では11月13日の東北福祉大学戦で大会タイ記録となる18奪三振を記録した[9]。リーグ通算56試合に登板、28勝8敗、防御率1.10、通算306奪三振を記録。

2015年10月22日に行われたドラフト会議読売ジャイアンツから単独1位指名を受け、11月20日に契約金1億円、年俸1500万円で契約した[10]。背番号は21。北須磨高校出身者として初めてのプロ野球選手となった[1]

巨人時代[編集]

2016年3月30日に一軍初登板を果たしたが、肘の違和感により5回途中4失点で降板し、敗戦投手となった[11]。その後は二軍と三軍で調整を続け、イースタン・リーグ最終戦となった9月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦で、リリーフとして6ヶ月ぶりに実戦で登板した[11]。シーズン終了後、北海道日本ハムファイターズからトレードで移籍した吉川光夫が背番号21を使用することとなったため、桜井の背番号は36に変更されることが発表された[12]。11月21日、300万円減の推定年俸1200万円で契約を更改した[13]

2017年、2月18日に韓国・サムスン・ライオンズとの練習試合でチームの対外試合の開幕投手を託されたが、3回3失点で降板した。その後、二軍戦では救援(中継ぎ)投手として好投したため、5月16日には一軍へ昇格した[14]。昇格当初は勝ちパターンでの登板もあるなど好調だったがその後急激に調子を落とした。19試合の登板で防御率5.67、プロ初白星もお預けになった。オフには、現状維持の1200万円で契約を更改した[15]

2018年は、二軍で18試合の登板で4勝0敗、防御率2.69を記録したが、一軍での登板はなかった[16]。オフには、200万円減の推定年俸1000万円で契約を更改した[16]

2019年は背番号を35に変更。5月23日の横浜DeNAベイスターズ戦で中継ぎ登板しプロ初勝利を挙げた[17]。6月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では3年ぶりに先発登板し、7回途中まで1失点と好投し先発初勝利をあげるなど、交流戦では3試合で2勝0敗、防御率1.83を記録した。シーズン終盤は疲労により失速したが、最終的にチーム内では山口と菅野に次ぐ自己最多の8勝を記録した。オフには、2000万円増の推定年俸3000万円で契約を更改した[18]

2020年は開幕ローテーションの6人目になり、8月2日までで6先発で2勝2敗を記録したが、8月3日に登録抹消となった[19]。8月23日に再登録されると、中継ぎに配置変換され、9月20日に再び登録抹消。10月5日の再登録後に2試合に先発するも2連敗と結果を残せず再び中継ぎとしてシーズンを終えた。シーズン通算で2勝4敗4ホールド、防御率4.95を記録した。オフには、600万円減の推定年俸2400万円で契約を更改した[20]

2022年は、8試合の登板で2勝0敗、防御率14.04に留まり[21]、10月7日、翌年の契約を結ばないことが球団より発表された[22]。その後、11月8日に楽天生命パークで行われた12球団合同トライアウトに参加。打者3人に対して1安打1四球を許すも、最速148km/hを記録した[23]。トライアウト終了後には、戦力外となった際2日間寝込んだことを明かし、「家族や周りに相談して、悔いなく終わりたかった」と感想を述べた[24]。他球団からのオファーはなく、11月23日、現役引退を表明した[25]

引退後[編集]

2023年からは巨人のスカウトを務める[25]

選手としての特徴[編集]

最速150km/hの速球、スライダーカーブチェンジアップスプリットを投げる[3]。また、大学4年の秋季リーグ戦では延長14回を206球完投勝利を挙げるなどスタミナはあるが[8]、プロ入り後は中継ぎでの起用が大半である。

堀内恒夫には「フォームが安定しないため、コントロールがつかない」と評価されている[26]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 巨人 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 23 4.1 9 0 1 0 1 5 0 0 4 4 8.31 2.31
2017 19 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 126 27.0 28 2 15 0 2 16 2 0 18 17 5.67 1.59
2019 29 17 0 0 0 8 6 0 0 .571 472 108.1 109 12 42 0 4 82 1 0 53 52 4.32 1.40
2020 24 8 0 0 0 2 4 0 4 .333 281 63.2 68 15 21 1 5 43 0 0 37 35 4.95 1.40
2021 29 0 0 0 0 1 0 0 6 1.000 145 33.1 35 7 16 1 1 20 4 0 20 20 5.40 1.53
2022 8 0 0 0 0 2 0 0 0 1.000 46 8.1 13 3 6 0 2 9 1 0 13 13 14.04 2.28
通算:6年 110 26 0 0 0 13 12 0 10 .520 1093 245.0 262 39 101 2 15 175 8 0 145 141 5.18 1.48

年度別守備成績[編集]



投手












2016 巨人 1 0 0 0 0 ----
2017 19 2 4 0 0 1.000
2019 29 2 15 0 0 1.000
2020 24 1 8 0 0 1.000
2021 29 2 2 0 0 1.000
2022 8 0 2 0 0 1.000
通算 110 7 31 0 0 1.000

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 21(2016年)
  • 36(2017年 - 2018年)
  • 35(2019年 - 2022年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f “公立・北須磨高から初のプロへ 巨人1位指名の桜井投手”. 神戸新聞NEXT. (2015年10月23日). オリジナルの2015年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151024055007/https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201510/0008504768.shtml 2017年1月30日閲覧。 
  2. ^ a b 野球太郎』No.017、廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P92。
  3. ^ a b 野球太郎』No.017、廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P93。
  4. ^ a b c “巨人桜井 ローテ狙うドラ1右腕の3つのすごみ”. 日刊スポーツ. (2016年1月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1588439.html 2017年1月30日閲覧。 
  5. ^ “始動初日に2ケタ勝利宣言 巨人ドラ1桜井は“持ってる男””. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2016年1月4日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/172662 2017年1月30日閲覧。 
  6. ^ 野球太郎』No.017、廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P94。
  7. ^ 立命大・桜井がプロ志望届 プロ注目の最速149キロ右腕”. スポニチアネックス (2015年9月15日). 2021年5月9日閲覧。
  8. ^ a b c 野球太郎』No.017、廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14, P95。
  9. ^ 巨人ドラ1桜井 圧巻18K!スプリット自賛「野球盤の消える球」”. スポニチアネックス (2015年11月14日). 2021年5月9日閲覧。
  10. ^ 巨人ドラ1桜井入団決定 1億円+出来高で合意「2桁勝利目指す」”. スポニチアネックス (2015年11月20日). 2021年5月9日閲覧。
  11. ^ a b “【巨人】ドラ1桜井、2軍で6か月ぶり公式戦登板 最速145キロで1回無失点”. スポーツ報知. (2016年9月25日). オリジナルの2016年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160925083146/https://www.hochi.co.jp/giants/20160925-OHT1T50094.html 2017年3月7日閲覧。 
  12. ^ “巨人が背番号変更発表、トレード加入吉川「21」”. 日刊スポーツ. (2016年11月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1732755.html 2016年11月2日閲覧。 
  13. ^ “巨人 ドラ1桜井は300万円減、登板1試合のみ「ケガしたのが全て」”. スポニチアネックス. (2016年11月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/21/kiji/K20161121013766280.html 2021年3月14日閲覧。 
  14. ^ “【巨人】投手陣立て直しへ配置転換!桜井&森福を昇格”. スポーツ報知. (2017年5月16日). オリジナルの2017年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170516211735/https://www.hochi.co.jp/giants/20170515-OHT1T50247.html 2017年5月20日閲覧。 
  15. ^ “巨人・桜井 現状維持1200万円 菅野に弟子入り「1軍に定着して早く1勝を」”. スポニチアネックス. (2017年12月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/04/kiji/20171204s00001173225000c.html 2021年3月14日閲覧。 
  16. ^ a b “巨人桜井は200万減 2軍で4勝も1軍登板ゼロ”. 日刊スポーツ. (2018年11月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811190000328.html 2021年3月14日閲覧。 
  17. ^ 巨人桜井プロ初勝利に笑顔「ちょっと緊張した」”. 日刊スポーツ (2019年5月23日). 2021年5月9日閲覧。
  18. ^ “【巨人】桜井、2000万円増でニコニコ契約更改 「今年はちょっと明るい気持ち」”. スポーツ報知. (2019年11月27日). https://hochi.news/articles/20191127-OHT1T50075.html 2021年3月14日閲覧。 
  19. ^ “3日の公示 巨人が桜井俊貴、高木京介、中日は橋本侑樹、岡林勇希を抹消”. Full-Count. (2020年8月3日). https://full-count.jp/2020/08/03/post851496/ 2021年3月14日閲覧。 
  20. ^ “巨人桜井20%ダウン「ストレートで勝負したい」”. 日刊スポーツ. (2020年12月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012150000581.html 2021年3月14日閲覧。 
  21. ^ “【巨人】桜井俊貴、今季限りで現役引退 来季からはスカウト転身 110試合登板13勝12敗”. 日刊スポーツ. (2022年11月24日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202211230001621_m.html 2022年11月24日閲覧。 
  22. ^ 来季の契約について”. 読売巨人軍 (2022年10月7日). 2022年10月7日閲覧。
  23. ^ “元巨人・桜井俊貴「戦力外通告を受けて二日間ぐらい寝込んだ」 12球団合同トライアウト”. サンケイスポーツ. (2022年11月8日). https://www.sanspo.com/article/20221108-OTBG2AGA2VNZHP47JPTMNJAWQQ/ 2022年11月24日閲覧。 
  24. ^ 村瀬秀信/集英社『週刊プレイボーイ』2022年11月28日号No.48 28‐32頁「3年ぶりの有観客開催 俺たちはポンコツじゃない!! あきらめの悪い男たちの運命の一日に密着!!」
  25. ^ a b 【巨人】2015年ドラ1・桜井俊貴、現役引退「やりきったというのが一番の気持ち」…スカウト転身”. スポーツ報知 (2022年11月24日). 2022年11月24日閲覧。
  26. ^ 桜井俊貴について一言”. 堀内恒夫オフィシャルブログ (2017年12月27日). 2021年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]