小林大誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 大誠
公徳会佐藤病院(軟式)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県平川市
生年月日 (1994-01-15) 1994年1月15日(25歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り NPB / 2015年 育成選手ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小林 大誠(こばやし だいせい、1994年1月15日 - )は、青森県平川市出身の元プロ野球選手捕手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

5歳から野球を始める[1]平賀西中学校では「弘前シニア」でプレーした[2]野辺地西高校では3年時に故障したエースに代わって背番号「2」ながらも投手を務めた[3]夏の青森大会では6試合全てにおいて完投し、決勝で姉妹校の光星学院に敗れたものの準優勝に大きく貢献した[4]

BCリーグ・富山時代[編集]

2013年のBCリーグドラフトによって富山サンダーバーズに指名され入団[5]。2013年、2014年は打撃面において結果が残せず、出場機会にも恵まれなかった。2014年シーズン終了後、選手分配ドラフトによって新球団である武蔵ヒートベアーズに移籍[6]。移籍後の2015年は60試合と出場機会が大幅に増加した。

2015年の育成ドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から2巡目で指名[7]。支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した。背番号は016

巨人時代[編集]

2016年には、三軍戦に出場したものの、イースタン・リーグ公式戦への出場には至らなかった。10月2日に球団から戦力外を通告[8]10月31日には、NPBから自由契約選手として公示された[9]

巨人退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加した[10]。2017年より公徳会佐藤病院野球部に所属。

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]











































O
P
S
2013 富山 19 40 3 7 0 0 0 7 7 1 0 1 1 0 1 0 .175 .190 .175 .365
2014 20 25 1 2 1 0 0 0 4 2 1 1 0 0 0 0 .080 .179 .160 .339
2015 武蔵 60 153 17 34 9 1 0 20 34 14 2 12 1 0 2 3 .222 .294 .359 .654
通算:3年 99 218 21 43 10 1 0 27 45 17 3 14 2 0 3 3 .197 .263 .303 .565

NPB年度別打撃成績[編集]

一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 27 (2013年 - 2014年)
  • 2 (2015年)
  • 016 (2016年)

登録名[編集]

  • 大誠 (だいせい、2013年 - 2014年)
  • 小林 大誠 (こばやし だいせい、2015年 - )

登場曲[編集]

  • 「DANCE WITH ME NOW!」E-girls (2016年)

脚注[編集]

  1. ^ “巨人育成2位の小林選手が地元を表敬/平川市”. 津軽新報. (2015年11月26日). http://www.shinpou.jp/2015_hpnews/11/1126.html 2016年1月8日閲覧。 
  2. ^ “出身2選手ドラフト指名 後輩意気込む/弘前シニア”. 陸奥新報. (2015年12月10日). http://www.47news.jp/sports/localsports/2015/12/2_245.html 2016年1月8日閲覧。 
  3. ^ “完投「決勝も1人で」 野辺地西・小林大誠投手 青森大会”. 朝日新聞デジタル. (2011年7月25日). http://www.asahi.com/koshien/93/localnews/TKY201107250255.html 2016年1月8日閲覧。 
  4. ^ “青森)青森ゆかりの4選手がプロへ 野球ドラフト”. 朝日新聞デジタル. (2015年10月23日). http://www.asahi.com/articles/ASHBQ6DNPHBQUBNB00V.html 2016年1月8日閲覧。 
  5. ^ “BCLドラフト会議指名選手について”. 富山サンダーバーズオフィシャルサイト. (2013年2月16日). http://www.t-thunderbirds.jp/news/2013/02/0216-002782.html 2016年1月8日閲覧。 
  6. ^ “分配ドラフト結果のお知らせ”. 富山サンダーバーズオフィシャルサイト. (2014年10月24日). http://www.t-thunderbirds.jp/news/2014/10/1024-003365.html 2016年1月8日閲覧。 
  7. ^ “育成ドラフトでも8選手”. 読売ジャイアンツオフィシャルサイト. (2015年10月22日). http://www.giants.jp/G/gnews/news_3910060.html 2016年1月8日閲覧。 
  8. ^ 来季の契約について”. 読売巨人軍公式サイト (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  9. ^ 2016年度自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月16日閲覧。
  10. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html 2016年11月13日閲覧。 

関連項目[編集]