2019年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年 > 2019年のスポーツ > 2019年の野球

2019年の野球(2019ねんのやきゅう)では、2019年野球界における動向をまとめる。

2018年の野球 - 2019年の野球 - 2020年の野球

出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 1日 - 【独立・ルートインBCリーグ】埼玉武蔵ヒートベアーズは、東北楽天ゴールデンイーグルスの千葉耕太(育成登録)の派遣受け入れを発表。期間は3日 - 31日[10][17]
  • 12日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】 - 高知ファイティングドッグスは、監督の駒田徳広が今シーズン限りで退任することを発表[18]。2019年後期は引き続き指揮を執る[18]
  • 18日 - 沖縄県宜野湾市に本社を置くプロ野球チーム琉球ブルーオーシャンズの設立が発表される[19][20]。特定の独立リーグには所属せずに、2020年のチーム発足後はNPBファームや既存の独立リーグとの交流戦を実施し、将来NPBの参入枠が拡大した場合に加盟を目指すとしている[19][20]

8月[編集]

  • 31日 - 【独立・ルートインBCリーグ】西地区で後期優勝マジックを1としていた信濃グランセローズは、伊那スタジアムでおこなわれた対石川ミリオンスターズ戦に4対2で勝利し、2年ぶりの後期優勝と初の前後期制覇を達成した[21]

9月[編集]

  • 5日 - 【独立・ルートインBCリーグ】東地区で後期優勝マジックを1としていた栃木ゴールデンブレーブスは、光と風の丘公園野球場でおこなわれた対茨城アストロプラネッツ戦に6対1で勝利し、リーグ戦参入3年目で初となる後期優勝を達成[22]
  • 10日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】首位で後期日程を終了していた愛媛マンダリンパイレーツは、優勝の可能性を残していた香川オリーブガイナーズが敗れたことで、2年連続となる後期優勝を達成[23]
  • 14日 - 【独立・ルートインBCリーグ】信濃グランセローズは、前後期通算勝率2位の石川ミリオンスターズと対戦した西地区のチャンピオンシップ第1戦(中野市営野球場)に、9対1で勝利し、リーグ規定により、2年ぶり2度目となる西地区優勝を達成[24]
  • 15日 - 【独立・ルートインBCリーグ】栃木ゴールデンブレーブスは、小山運動公園野球場でおこなわれた東地区のチャンピオンシップ第2戦において、群馬ダイヤモンドペガサスに16対9で勝利し、対戦成績を2勝0敗として初の東地区優勝[25]
  • 23日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】徳島インディゴソックスは、徳島県営蔵本球場でおこなわれたリーグチャンピオンシップ第3戦において、愛媛マンダリンパイレーツに4対1で勝利し、2年ぶり5回目の年間総合優勝を達成した[26]
  • 29日 - 【独立・ルートインBCリーグ】栃木ゴールデンブレーブスは、小山運動公園野球場でおこなわれたリーグチャンピオンシップ第4戦において、信濃グランセローズに4対1で勝利し、対戦成績を3勝1分として初の年間総合優勝を達成[27]
  • 30日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】香川オリーブガイナーズは、監督の西田真二の今シーズン限りでの退任、ならびにゼネラルマネージャー兼総監督として元福岡ソフトバンクホークスの松中信彦の就任を、それぞれ発表した[28][29]

10月[編集]

  • 1日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】高知ファイティングドッグスは、来シーズンの監督に、投手コーチの吉田豊彦が昇格することを発表した[30]
  • 3日 - 【独立・関西独立リーグ】 兵庫ブルーサンダーズは、アメニスキッピースタジアムでおこなわれた対堺シュライクス戦に15対3で勝利し、リーグ戦優勝を達成[31]。兵庫のリーグ戦優勝は2年ぶりとなる。
  • 11日 - 【独立・ルートインBCリーグ】福井ミラクルエレファンツを運営する株式会社福井県民球団は、福井県庁教育記者クラブで開いた記者会見で、2020年シーズンに向けたリーグへの加盟更新をおこなわないと発表した[32]。また、会社の清算手続に入ることも発表している[33]
  • 15日
    • 【独立・関西独立リーグ】 兵庫ブルーサンダーズは、花園セントラルスタジアムでおこなわれたリーグチャンピオンシップ第1戦で06BULLSに12対8で勝利し[34]、アドバンテージ1勝を含む対戦成績を2勝0敗として[35]、2年ぶりとなる年間総合優勝を達成した。
    • 【独立】徳島インディゴソックスは、栃木ゴールデンブレーブスと対戦したグランドチャンピオンシップ第5戦(JAバンク徳島スタジアム)に4対3で勝利し、対戦成績を3勝2敗として、2年ぶり3度目の優勝を達成した[36]

競技結果[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

四国アイランドリーグplusの結果

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 徳島インディゴソックス 18 14 2 .582 - 愛媛マンダリンパイレーツ 16 13 7 .552 -
2位 高知ファイティングドッグス 16 15 3 .516 1.5 香川オリーブガイナーズ 17 16 3 .515 1.0
3位 香川オリーブガイナーズ 13 17 4 .433 2.5 徳島インディゴソックス 14 19 3 .424 3.0
4位 愛媛マンダリンパイレーツ 11 16 7 .407 0.5 高知ファイティングドッグス 12 19 5 .387 1.0

リーグチャンピオンシップ[編集]

第1戦 徳島 3 - 1 愛媛
第2戦 愛媛 5 - 2 徳島
第3戦 徳島 4 - 1 愛媛
(徳島は2年ぶり5回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

ベースボール・チャレンジ・リーグの結果

東地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 24 8 2 .750 - 栃木ゴールデンブレーブス 22 9 5 .710 -
2位 新潟アルビレックスBC 22 9 3 .710 1.5 新潟アルビレックスBC 21 12 3 .636 2.0
3位 栃木ゴールデンブレーブス 18 15 1 .545 5.0 群馬ダイヤモンドペガサス 21 13 2 .618 0.5
4位 福島レッドホープス 15 18 1 .455 3.0 埼玉武蔵ヒートベアーズ 16 18 2 .471 5.0
5(4)位 埼玉武蔵ヒートベアーズ 15 18 1 .455 0.0 福島レッドホープス 10 22 4 .313 5.0
6位 茨城アストロプラネッツ 6 27 1 .182 9.0 茨城アストロプラネッツ 6 28 2 .176 5.0

※前期の福島と武蔵は同率4位。

西地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 信濃グランセローズ 21 13 2 .618 - 信濃グランセローズ 24 10 0 .706 -
2位 富山GRNサンダーバーズ 20 13 3 .606 0.5 石川ミリオンスターズ 20 13 1 .606 3.5
3位 石川ミリオンスターズ 20 14 2 .588 0.5 富山GRNサンダーバーズ 16 18 0 .471 4.5
4位 滋賀ユナイテッドBC 11 20 5 .355 7.5 福井ミラクルエレファンツ 14 20 0 .412 2.0
5位 福井ミラクルエレファンツ 9 23 4 .281 2.5 滋賀ユナイテッドBC 11 21 2 .344 2.0

プレーオフシリーズ[編集]

第1戦 栃木 4 - 2群馬 
第2戦 栃木16 - 9群馬
第1戦 信濃 9 - 1 石川
※信濃に2勝のアドバンテージ、通算3勝で信濃が地区優勝
第1戦 栃木 3 - 1 信濃
第2戦 栃木 3 - 2 信濃
第3戦 栃木 5 - 5 信濃
第4戦 栃木 4 - 1 信濃
(栃木は初の総合優勝)

グランドチャンピオンシップ[編集]

グランドチャンピオンシップの結果

第1戦 徳島 7 - 6 栃木(10月5日、小山運動公園野球場)
第2戦 栃木 4 - 3 徳島(10月6日、小山運動公園野球場)
第3戦 徳島 5 - 3 栃木(10月13日オロナミンC球場
第4戦 栃木 5 - 4 徳島(10月14日、オロナインC球場球場)
第5戦 徳島 4 - 3 栃木(10月15日JAバンク徳島スタジアム
  • (徳島は2年ぶり3回目の優勝)

関西独立リーグ[編集]

関西独立リーグの結果

リーグ戦
年間
順位 球団 勝率
優勝 兵庫ブルーサンダーズ 23 15 7 .605 -
2位 06BULLS 24 17 4 .585 0.5
3位 和歌山ファイティングバーズ 17 23 3 .425 6.5
4位 堺シュライクス 18 27 0 .400 1.5
リーグチャンピオンシップ 10月15日花園セントラルスタジアム
第1戦 兵庫 12 - 8 06
(兵庫は2年ぶり4度目の総合優勝)

社会人野球[編集]

決勝:JFE東日本千葉市6 - 4トヨタ自動車豊田市)(初優勝)[37]

大学野球[編集]

決勝 明大東京六大学6 - 1 佛教大京滋[38]
(明治大学は38年ぶり6回目の優勝)

高校野球[編集]

男子[編集]

決勝:東邦東海愛知6 - 0 習志野関東千葉[39]
東邦は30年ぶり3度目の優勝
決勝:履正社大阪5 - 3 星稜石川[40]
履正社は初優勝
決勝:中京学院大中京(東海・岐阜5 - 2 崇徳(西中国広島
中京学院大中京は3年連続10回目の優勝


女子[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後下妻は7月いっぱいまで延長[10]

出典[編集]

  1. ^ 徳島IS 新監督 『牧野 塁』氏 就任のお知らせ - 四国アイランドリーグニュースリリース(2019年1月12日)
  2. ^ 立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏が野球殿堂入り - 日刊スポーツ、2019年1月15日配信、同日閲覧
  3. ^ 株式会社滋賀ユナイテッドのネーミングライツパートナー契約締結のお知らせ - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(2019年1月15日)
  4. ^ 新監督決定のお知らせ - 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(2019年1月18日)
  5. ^ 愛媛MP 野手コーチ決定のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2019年1月24日)
  6. ^ 愛媛MP 野手コーチ決定のお知らせ - 四国アイランドリーグニュースリリース(2019年2月25日)
  7. ^ BC栃木が元阪神・西岡剛の入団を発表 背番号1でNPB復帰を目指す 監督は元巨人内野手の寺内崇幸氏 - スポーツ報知、2019年3月12日配信、同日閲覧
  8. ^ 新入団選手のお知らせ及び入団記者会見のお知らせ”. 福井ミラクルエレファンツ公式HP (2019年3月25日). 2019年5月23日閲覧。
  9. ^ “元DeNAの160キロ超右腕・北方悠誠がドジャース入団会見「プレーで恩返しを」”. Full-Count. (2019年5月30日). https://full-count.jp/2019/05/30/post391708/ 2019年6月1日閲覧。 
  10. ^ a b “退団及び新入団選手のお知らせ(NPBからの派遣)” (PDF) (プレスリリース), 埼玉武蔵ヒートベアーズ公式HP, (2019年7月1日), http://toho06.creative-japan.org/musa2/goods/pdf/20190701_4_402544520190701taidannyudan_rakuten.pdf 2019年7月1日閲覧。 
  11. ^ “新入団選手のお知らせ(NPBからの派遣)” (PDF) (プレスリリース), 埼玉武蔵ヒートベアーズ公式HP, (2019年5月31日), http://toho06.creative-japan.org/musa2/goods/pdf/20190531_4_508760820190531nyudan_rakuten.pdf 2019年6月7日閲覧。 
  12. ^ 【下妻貴寛選手・野元浩輝選手】育成選手の派遣に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式HP (2019年5月31日). 2019年6月7日閲覧。
  13. ^ “徳島が前期優勝 四国ILプラス”. 徳島新聞. (2019年6月5日). https://www.topics.or.jp/articles/-/211396 2019年6月5日閲覧。 
  14. ^ “群馬ダイヤモンドペガサス BCリーグ東地区前期優勝 1カ月負けなしで11連勝”. 上毛新聞. (2019年6月19日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/139749 2019年6月19日閲覧。 
  15. ^ “BC信濃 前期初V 西地区”. 信濃毎日新聞. (2019年6月21日). https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190621/KT190620ATI090010000.php 2019年6月21日閲覧。 
  16. ^ 神奈川県民球団の本加盟決定について - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2019年6月27日)2019年6月27日閲覧
  17. ^ 【下妻貴寛選手・千葉耕太選手】育成選手の派遣に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式HP (2019年7月1日). 2019年7月1日閲覧。
  18. ^ a b “四国IL高知・駒田監督、今季限りで無念の退任「優勝できなかったことが要因」”. Full Count. (2019年7月12日). https://full-count.jp/2019/07/12/post437540/ 2019年7月13日閲覧。 
  19. ^ a b “沖縄県初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」設立発表”. サンケイスポーツ. (2019年7月19日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190719/npb19071905010001-n1.html 2019年7月21日閲覧。 
  20. ^ a b “沖縄初プロ野球目指す 琉球ブルーオーシャンズ設立”. 琉球新報. (2019年7月19日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-956075.html 2019年7月21日閲覧。 
  21. ^ “BC信濃が初の前後期制覇 西地区 後期2年ぶりV”. 信濃毎日新聞. (2019年9月1日). https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190901/KT190830IWI090010000.php 2019年9月1日閲覧。 
  22. ^ “栃木GB初の半期優勝 リーグ参入3季目、茨城に6-1”. 下野新聞. (2019年9月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/216082 2019年9月5日閲覧。 
  23. ^ “愛媛MP、後期優勝”. 愛媛新聞. (2019年9月10日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201909100175 2019年9月11日閲覧。 
  24. ^ “BC信濃が西地区制覇 2年ぶり2度目”. 信濃毎日新聞. (2019年9月15日). https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190915/KT190914IWI090014000.php 2019年9月15日閲覧。 
  25. ^ “栃木GB、初の地区優勝 群馬と16-9の猛打戦”. 下野新聞. (2019年9月15日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/220359 2019年9月16日閲覧。 
  26. ^ “徳島、2年ぶり王者 愛媛に競り勝つ /四国ILプラスCS第3戦”. 徳島新聞. (2019年9月24日). https://www.topics.or.jp/articles/-/261261 2019年9月24日閲覧。 
  27. ^ “【電子号外】栃木GB初優勝 第4戦で信濃に快勝”. 下野新聞. (2019年9月29日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/226042 2019年9月29日閲覧。 
  28. ^ 香川OG 西田真二監督退任のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュース(2019年9月30日)
  29. ^ 香川OG 松中 信彦氏 GM兼総監督就任のお知らせ - - 四国アイランドリーグplusニュース(2019年9月30日)
  30. ^ 吉田豊彦コーチ 新監督就任のお知らせ - 高知ファイティングドッグス(2019年10月1日)
  31. ^ “【関西独立リーグ】兵庫ブルーサンダーズが堺を破り優勝!”. excite ニュース. (2019年10月3日). https://www.excite.co.jp/news/article/Player_42054/ 2019年10月5日閲覧。 
  32. ^ 2020年シーズンルートインBCリーグへの加盟更新について”. 福井ミラクルエレファンツ. 福井県民球団 (2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  33. ^ “エレファンツ運営の県民球団清算へ”. 福井新聞. (2019年10月11日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/952094 2019年10月12日閲覧。 
  34. ^ “【関西独立リーグチャンピオンシップ】兵庫BSが06Buを破る”. excite news. (2019年10月15日). https://www.excite.co.jp/news/article/Player_42914/ 2019年10月19日閲覧。 
  35. ^ “チャンピオンシップ 06ブルズ vs 兵庫BS 20191015 -花園”. 東大阪バーチャルシティ. (2019年10月17日). https://www.h-osaka.com/hblog/cs20191015/ 2019年10月19日閲覧。 
  36. ^ “徳島インディゴ2年ぶり3度目日本一 GCS、栃木に逆転勝ち”. 徳島新聞. (2019年10月15日). https://www.topics.or.jp/articles/-/271171 2019年10月16日閲覧。 
  37. ^ 【都市対抗野球】ミラクルJFE東、悲願の初優勝 千葉県勢は44年ぶり - 千葉日報 2019年7月26日掲載・閲覧
  38. ^ 明大が38年ぶりV - 日刊スポーツ 2019年6月17日掲載・閲覧
  39. ^ 東邦が30年ぶり5度目のV 平成最初と最後を制す/センバツ サンケイスポーツ 2019年4月3日配信
  40. ^ 履正社 打倒・奥川を合言葉に初の全国制覇 野口主将絶叫「日本一目指してやって来た」 スポニチannex 2019年8月22日配信
  41. ^ 中京学院大中京が3連覇、史上2校目 全国高校軟式野球 朝日新聞デジタル 2019年8月31日配信
  42. ^ 女子センバツ、神戸弘陵が連覇 エース・佐伯が復活の無四球完封 毎日新聞 2019年4月2日配信
  43. ^ 【女子野球】作新学院が逆転サヨナラで初V「男子も続いて欲しい」 スポーツ報知 2019年8月2日配信
  44. ^ “ストットルマイヤー氏死去 元ヤンキース投手コーチ”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ出版社. (2019年1月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201901150000166.html 2019年2月9日閲覧。 
  45. ^ “元拓大紅陵監督の小枝守氏死去 U18侍日本も指揮”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ出版社. (2019年1月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201901210000234.html 2019年2月27日閲覧。 
  46. ^ “倍賞千恵子の弟・倍賞明氏が死去 元日産自動車硬式野球部監督”. サンケイスポーツ. (2019年1月26日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190126/geo19012605000012-n1.html 2019年2月11日閲覧。 
  47. ^ “MLB初の黒人監督フランク・ロビンソン氏死去 83歳”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年2月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/08/kiji/20190208s00001007079000c.html 2019年2月9日閲覧。 
  48. ^ “二刀流のドン・ニューカム氏死去”. 朝日新聞デジタル. (2019年2月20日). https://www.asahi.com/articles/GCO2019022001000969.html 2019年2月27日閲覧。 
  49. ^ “東久邇信彦氏が死去 昭和天皇の孫”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年3月20日). https://www.sankei.com/life/news/190320/lif1903200032-n1.html 2019年10月6日閲覧。 
  50. ^ “近藤昭仁氏 死去 80歳 元横浜、ロッテ監督 大洋ルーキー時代に日本SではMVP”. スポニチアネックス. (2019年3月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/28/kiji/20190327s00001173594000c.html 2019年3月28日閲覧。 
  51. ^ 斎藤章児さん死去 79歳 農大二27年間率いた名将 甲子園に6度 アーカイブ 2019年4月4日 - ウェイバックマシン - 上毛新聞 2019年4月4日
  52. ^ Glenn Stephens - Wiley Funeral home & Cremation service(英語)2019年5月6日閲覧
  53. ^ “カープOBの青木勝男さんが死去 後輩たちの4連覇&日本一を願い”. デイリースポーツ online. (2019年5月17日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/05/17/0012339885.shtml 2019年5月21日閲覧。 
  54. ^ “元近鉄兼任監督・小玉明利さん死去 83歳 通算1963安打の巧打の三塁手”. スポーツニッポン. (2019年5月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/05/21/kiji/20190521s00001173034000c.html 2019年5月21日閲覧。 
  55. ^ 阪神のレジェンド外国人投手バッキーさん死去 日本で通算100勝/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年9月14日閲覧。
  56. ^ 元巨人の金田正一さんが死去 前人未到400勝投手」『』(日刊スポーツ新聞社)、2019年10月6日。2019年10月6日閲覧。
  57. ^ “阪神OB 山本哲也さん死去 85歳 通算854試合に出場”. デイリースポーツ. (2019年10月16日). https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/16/0012794512.shtml 2019年10月16日閲覧。