矢島陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢島 陽平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県加須市
生年月日 (1990-06-16) 1990年6月16日(28歳)
身長
体重
179 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2015年 育成選手ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢島 陽平(やじま ようへい、1990年6月16日 - )は、埼玉県加須市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

巨人入団まで[編集]

小学4年生から野球を始める[1]駿河台大学4年生の時に関西独立リーグ神戸サンズのトライアウトを受験し、合格[1]。2012年の1シーズンプレーし、リリーフを中心に全64試合中39試合に登板した[2]。同年オフ、ベースボール・チャレンジ・リーグ福井ミラクルエレファンツからドラフト1位指名を受けて移籍[1]。移籍は「NPBのスカウトの目に止まるようなポイントを作りたい」という理由であった[2]。2015年、出身地の埼玉県に新たに発足した武蔵ヒートベアーズから、分配ドラフトにおいて「地元枠移籍」で指名を受けて移籍した[3]

2015年10月22日のドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から育成7位で指名された[4]

巨人時代[編集]

2016年は三軍では32試合に登板し、1勝1敗11セーブ、防御率1.53とストッパーの役目を果たしたが、二軍では6試合に登板し、勝敗なし、防御率7.88と通用しなかった。

2017年は二軍の試合には出場せず、三軍の試合も7試合にしか登板せず、0勝2敗0セーブ、防御率3.86と成績を落とした。10月28日、球団から戦力外通告を通知された。2017年10月31日、自由契約公示された[5]

現役引退後[編集]

実家の農家(ナシ栽培)を継ぐことを決め、営業の勉強として2017年12月時点では派遣社員として勤務している[6]

詳細情報[編集]

独立リーグでの投手成績[編集]












































W
H
I
P
2012 神戸 39 2 6 6 1 .250 378 79.1 96 1 35 35 9 61 45 9 0 0 5.11 1.66
2013 福井 30 2 2 1 0 .500 196 45.2 40 5 30 18 9 21 19 0 1 0 3.74 1.28
2014 22 2 2 0 0 .500 156 35.2 38 0 16 13 6 18 16 2 0 0 4.15 1.45
2015 武蔵 53 2 1 0 0 .667 216 54.1 39 2 44 16 0 10 7 1 0 1 1.16 1.02
関西:1年 39 2 6 6 1 .250 378 79.1 96 1 35 35 9 61 45 9 0 0 5.11 1.66
BCL:3年 105 6 5 1 0 .545 568 135.2 117 7 90 47 15 49 42 3 1 1 2.80 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 41 (2012年)
  • 15 (2013年 - 2014年)
  • 46 (2015年)
  • 021 (2016年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 福井ミラクルエレファンツ 矢島陽平 - 独立リーグドットコム(2013年6月22日)
  2. ^ a b 矢島陽平投手(22)=新入団 振れる腕武器に上を - 福井新聞2013年3月30日
  3. ^ 分配ドラフト結果のお知らせ - 富山サンダーバーズニュース(2014年10月24日)
  4. ^ 育成ドラフトでも8選手 - 読売ジャイアンツ(2015年10月22日)
  5. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  6. ^ “【巨人】引退の矢島、実家の梨園継いで“第2のゲンちゃん”目指す”. スポーツ報知. (2017年12月29日). http://www.hochi.co.jp/giants/20171229-OHT1T50232.html 2017年12月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]