久保康生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久保 康生
阪神タイガース コーチ #84
Kuboyasuo 20160320.JPG
2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県飯塚市
生年月日 (1958-04-08) 1958年4月8日(59歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト1位
初出場 1978年7月18日
最終出場 1997年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

久保 康生(くぼ やすお、1958年4月8日 - )は、1970年代後半から1990年代後半にかけて活躍した元プロ野球選手投手)。現役引退後は、大阪近鉄バファローズ阪神タイガースで投手コーチを務めている。

経歴[編集]

福岡県飯塚市生まれ。柳川商業高等学校では2年生の時、1975年春の選抜にエース加倉一馬の控え投手として出場。1回戦で堀越高に敗退し、自身の登板はなかった[1]。同年夏は加倉が右翼手に回り、投手として県大会決勝に進出するが、小倉南に敗れる。翌1976年夏の甲子園にはエースとして出場。三重高を降し3回戦に進出するが、PL学園の中村誠治投手(早大日産自動車)と投げ合い0-1で惜敗[2]。高校同期に一塁手立花義家がいる。

同年のドラフト近鉄バファローズに1位で指名され入団。エース級の背番号「16」が与えられた。入団4年目の1980年に速球派として頭角を現し、プロ初勝利も挙げて先発ローテーション投手の仲間入りを果たした。1982年には自己初の2桁となる12勝を記録。しかしその後は不調が続き、段々と登板機会も減少する。1988年5月に中谷忠己との交換トレードで阪神に移籍。

移籍当初は先発要員として完投勝利を挙げることもあったが、1990年以降は中継ぎに専念し、同年セントラル・リーグ最多登板を記録するなど、長く阪神の中継ぎとして活躍した。1994年オフにはフリーエージェント(FA)を行使し、翌年も残留。1996年シーズン途中に金銭トレードで近鉄に復帰し、翌1997年限りで現役引退。

打撃も良く、パリーグ時代は打席に立ってないが、セリーグ1年目の1988年には18打数7安打・打率.389、翌1989年には16打数6安打・打率.375・1本塁打を記録している。プロ入り13年目での初本塁打は当時もっとも遅い記録であった。

引退後は1998年から2001年まで近鉄二軍投手コーチ、2002年から2004年まで同じく一軍投手コーチを務めた。2005年に阪神に移って一軍投手コーチとなり、同年のリーグ優勝に貢献した。翌2006年は一軍バッテリー総合コーチ、2007年2008年は一軍投手チーフコーチを担当した。2009年に高校の先輩である真弓明信が阪神監督に就任し、その下で久保は一軍投手コーチとして投手起用の采配を揮ったが、真弓の退任に伴い2011年限りで辞任した[3]2012年6月から9月まで、韓国プロ野球・斗山ベアーズの二軍で投手インストラクターを務めた後、その指導力と育成の手腕を再び買われて阪神タイガースに復帰。2013年に二軍チーフ投手コーチ就任[4]2017年まで、阪神での指導を継続したが、今シーズン限りで退団することが発表された[5]

人物[編集]

妻との間に長男、長女、双子の二女・三女の計4人の子がある。双子の姉の久保啓子・妹の久保宣子・長男の久保圭プロゴルファーで、それぞれ2008年(啓子)・2010年(宣子)・2012年(圭)にプロ入り[6][7]。長女と2007年に結婚した上井邦浩もプロゴルファーというゴルフ一家である。

コーチとしては長身の右投げ投手、それらと似た要素の強い外国人右腕投手への指導や欠点修正などに定評があるといわれており[8]ランディ・メッセンジャーが中継ぎとして結果を残せず、退団の可能性もあった中で先発として起用した[9]ジェイソン・スタンリッジからも慕われている。

山本和範とは近鉄で同期入団同士であり、1982年に山本が近鉄を解雇された際、知り合いのバッティングセンターを山本に紹介した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 近鉄 6 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 67 15.2 16 3 5 0 0 8 0 0 10 10 5.63 1.34
1979 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 46 10.0 17 5 1 0 1 6 0 0 8 8 7.20 1.80
1980 34 10 4 0 0 8 5 3 -- .615 555 130.1 130 24 45 1 3 69 4 0 61 58 4.02 1.34
1981 42 17 5 1 0 9 11 8 -- .450 713 165.1 166 23 71 1 4 78 1 0 78 75 4.09 1.43
1982 26 22 15 2 1 12 9 1 -- .571 748 176.2 165 27 68 4 2 75 3 0 81 76 3.86 1.32
1983 29 20 5 0 0 5 10 2 -- .333 598 142.1 134 26 52 1 4 46 0 0 83 72 4.55 1.31
1984 36 8 2 0 0 5 6 2 -- .455 546 124.2 125 20 52 4 7 51 2 0 73 66 4.76 1.42
1985 30 1 0 0 0 2 1 0 -- .667 256 54.1 63 9 30 2 7 26 2 0 49 46 7.62 1.71
1986 20 7 2 1 0 4 3 0 -- .571 288 69.2 62 13 27 1 2 41 3 0 31 27 3.49 1.28
1987 12 3 0 0 0 0 2 1 -- .000 94 21.2 27 4 6 1 0 11 0 0 16 13 5.40 1.52
1988 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 3.0 3 0 3 0 0 1 0 0 4 4 12.00 2.00
1988 阪神 23 9 2 1 0 4 2 0 -- .667 295 68.1 74 9 25 0 2 36 1 0 31 31 4.08 1.45
'88計 25 9 2 1 0 4 2 0 -- .667 309 72.2 77 9 28 0 2 37 1 0 35 35 4.33 1.44
1989 14 8 0 0 0 2 2 0 -- .500 223 49.1 54 9 25 6 1 55 1 0 30 28 5.11 1.60
1990 55 0 0 0 0 3 3 3 -- .500 334 84.0 71 13 29 4 0 89 3 0 38 38 4.07 1.19
1991 37 0 0 0 0 6 3 6 -- .667 252 59.2 51 8 25 6 1 39 1 0 22 21 3.17 1.27
1992 11 0 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 63 14.0 12 3 10 1 0 16 1 0 8 8 5.14 1.57
1993 34 0 0 0 0 4 0 2 -- 1.000 227 53.0 43 5 23 1 1 53 1 0 23 20 3.40 1.25
1994 50 0 0 0 0 4 2 1 -- .667 298 69.2 63 7 26 2 5 56 0 0 26 24 3.10 1.28
1995 45 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 272 60.0 66 13 27 5 6 55 3 0 42 39 5.85 1.55
1996 近鉄 21 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 124 31.0 30 3 6 1 1 23 0 0 8 8 2.32 1.16
1997 18 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 86 19.1 19 3 8 0 3 13 2 0 13 11 5.12 1.40
通算:20年 550 106 35 5 1 71 62 30 -- .534 6099 1422.0 1391 227 564 41 50 847 28 0 735 683 4.32 1.37
  • 表中の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 16 (1977年 - 1988年途中)
  • 48 (1988年途中 - 1996年途中)
  • 6 (1996年途中 - 1997年)
  • 80 (1998年 - 2004年)
  • 84 (2005年 - 2011年、2016年 - )
  • 88 (2013年 - 2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ コーチの退団について 阪神タイガース公式サイト、2011年10月25日。
  4. ^ 【阪神】久保2軍投手コーチ就任 日刊スポーツ、2012年10月16日。
  5. ^ 来季のコーチ契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ メッセンジャー抹消の裏に阪神首脳陣“ガマンの限界” 東京スポーツ
  9. ^ 阪神・メッセ、“恩人”久保2軍投手チーフCと4年ぶりに再会 サンケイスポーツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]